2007年04月30日

農作業日誌

b698bcb4.jpg

農作業日誌・復活した昆虫

 今日は一日暑い日でした。最高気温が28度を記録したようです。上半身は下着一枚でも平気でした。それでも汗ばんで何度か顔を拭きました。この暖かさでリンゴの花もかなり進みました。

 朝に続いて、農業のことについて書かせて頂きたいと思います。今日驚いたのは、大きな熊蜂が突然、私の目の前に現われた時でした。思わず脚立から落ちそうになりました。

 リンゴにはたくさんの花が咲きます。その花に皆実をつけさせるわけにはいきません。大きなリンゴをつくるには花摘み、実摘みと何回か行なって適当な個数を残すわけです。

 この摘花作業中は養蜂業者の蜜蜂がブンブンという音を立てながら飛んでいます。花を指でちぎって落とすのですが、その指にも平気で止まります。

 蜜蜂は可愛い感じですが、急に目の前に現われた熊蜂は2cmくらいの大きさです。むっくりした体系を真っ黒な細い毛が包んでいます。子供の頃はよく見かけましたが、最近は余り見ませんでした。

 かぼちゃの大きな花の中に、この熊蜂が入った所を、この花のつぼみを手でつまんで、熊蜂を中に閉じ込めて遊んでいた子供の頃を思い出しました。

 熊蜂は閉じ込められると暴れ出して、つぼみを食い破って出てきます。性格はおとなしく刺されたことはありませんが、もし刺されたら身体が大きいのでかなり腫れ上がったことでしょう。

 よく注意して見ていたら、蜜蜂やこの熊蜂の他にも、名前が分からない小さな蜂が数種類いました。かつてはこのように多くの蜂を見ることはありませんでした。

 やはり低農薬消毒が徹底し、この開花時期には一切消毒をしません。そのような努力が昆虫をまた甦らせているのかも知れません。私が中学・高校生の頃は、蜂を見かけることがなかった。

 全生徒が学校を休んで人工交配を手伝ったものです。しかし、今では人口交配を行なっているリンゴ園はありません。自然を大切にする農業が少しづつ広まっているようです。

 さて、農本主義についてネットで検索していると、次のようなブログを見つけました。この表題には思わず、なるほどと納得させられました。私がいつも考えていることでした。

 私は現代の農本主義とは環境主義であると考えています。日本農業を守るためには、環境税を新設し、それを農業の振興に回すべきと考えています。

 農業こそは日本の豊かな自然を守っているのです。そのことについては以前お知らせしたことがあると思います。水田の保水力は環境に役立っています。

 そのブログを紹介します。こちらの方は「環本主義」という主張をしていらっしゃいました。

http://ec.tea-nifty.com/blog/

 2006年10月20日 (金) 「環境カウンセラーの独り言」

108 農本主義から環本主義へ

 またまた新しい言葉を作ってしまいました。表題の農本主義という言葉は、じつは投稿者の作った言葉ではありません。資本主義が最も華やかだった頃、それに批判的な立場の人が農業こそを社会の中心に据えるべきだとして作られた言葉葉でした。またかつてデモクラシーが声高に叫ばれた大正時代には、人民を政治の中心に据えるべきだとする「民本主義」が掲げられたこともありました。

vこれを真似て、環境おじさんを自認する投稿者は、「環本主義」という言葉を作ってみました。これは「資本主義」や「経済主義」に対抗する言葉でもあり、社会の仕組みの基本に環境保全を据えるという考え方です。

 もっと過激な言葉では、「環境ファシズム」や「環境原理主義」なる言葉もありますが、「環本主義」はもう少しソフトです。これは、社会の規範や価値観の中に、より環境にやさしく暮すという視点を持ち込むものだからです。

 生活スタイルの見直しという意味では、正確な意味でのLOHASに近いとも言えます。一方「環本主義」の実践は経済主義とは、反対の方向に距離を置くわけですから、多分「お金」とも距離が遠くなるはずです。投稿者は、自ら進んで失業することにより、身をもってこの事を考え続けています。

 ・・・・・・・・・・・・・・ ここまでが引用 ・・・・・・・・・・・・・・

 農本主義を現代の社会にマッチしたものへと進化させ、それを提言していきたいと思います。コメント欄に投稿してくれた「意思を告ぐねこさん」とも、チャットで会話をした際にも話をしましたが、環境問題こそ人間社会にとって最大の問題であると思います。

 そう言えば、農作業を終える頃、盛んに蛙が泣き始めました。明日は雨かも知れません。しかし、なぜ、蛙は天気が分かるのか不思議です。

お知らせ
 これより国民の総意とニコニコでチャットに入ります。時間のある方はおいでください。

ブログ・ランキング!応援クリック御願いします!

右派SNS『国民の総意』  新風連

【ニコニコ動画】
 
画面を押して再生にご協力お願いします。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1558
 



Posted by the_radical_right at 18:53│ mixiチェック 自然の再生と共存(御皇室) 
この記事へのコメント
極右評論も、差別主義や排外主義の流布扇動ばかりしてないで
こうゆう、社会性のある話をしていれば少しはマトモにも
思えるんだろうけど、東京に舞い戻ってくるとおかしく
なっちゃうんですか?
Posted by 東京は日本晴れ at 2007年04月30日 19:19
こんばんは

農林業の高齢化が進んで農地も森林も荒地が増えたりしてますが

政治の教育により、もっと農林業が重視され、多数の若者が農業についてくださることを期待したいです

人間の生活の上での基本である食糧を単に経済的に効率がいいという理由で
海外にまかせっきりにするという

日本人に実は多大なリスクをかけるという危ないことがないよう期待します

環境税もいずれなくなる石油とか、多大な費用がかかるゴミとか資源を無駄にする使い捨て製品とかにかけて欲しいと思います
Posted by 意思を告ぐねこ at 2007年04月30日 19:33
はじめまして、
極右評論をいつもROMしているものです。

管理人さんが、農業を自分自身で
やってみて、現実的に日本の食糧問題を
解決するには具体的にどういう政策を
たてたらいいのか。

あったらブログで、
かいてくれませんか。

私の場合は、
市民農園や、学校農園などを
自治体などが推進しやすくするように
市民農園法などをつくり 一般人に農業を
身近にすることから始めたらいいのではないかと、
思っています。

食糧問題をまだまだ先の話だと
安穏と構えず、今から少しでも
備えないといけないと思います。

管理人三のコメント 待ってます。
瀬戸さんがんばってください。ではまた
Posted by 雨男 at 2007年04月30日 19:53
以前聞いたような気がするあやふやな話なんですけど、最近の野菜は種が取れなくなっていて種は米国から買うとか。??

それと、皆さん土は植物から出来るって知ってましたか。
私は最近まで、石や岩が長い年月をかけて土になるって思ってたので知ったときはかなりおどろきました。
Posted by りり at 2007年04月30日 20:39
実家にミルトスという木を数年前に移植してから、春になると小さい花がたくさん咲いています。
その時期には、ミツバチがその花に群がり、今まで見た事が無いような状況になります。
また、子供の頃には見た事が無い蝶(九州・四国あたりに居た蝶)が、山陰地方まで飛んでくるようになっています。
温暖化の影響かもしれませんが、自然の豊かさを感じる事が出来て良い事です。
Posted by とおる at 2007年04月30日 21:01
私はミクシィの農業関係のコミュ歩いていますが、
農業従事者に不利な政策が多いとか。
ここを何とかせにゃあ。
Posted by 通りすがり at 2007年04月30日 21:59
食べ物は基本です。
 輸入物 何を食わされるか分かったものではない・・

 中国産・・・ 毒菜といわれています
 中国人(上流は)は日本から輸入した野菜を買っています ブームとか

 外食用に入っている中国野菜はなんなんだ?

 冷凍食品も 原産国が書いていないものは危ない!!

 野菜ジュースも・・   見て!! 原産国 書いていますか?

 目先の安さで買って とんでもない 病気になったほうが 金かかりますよ・・・
Posted by あきつ at 2007年04月30日 22:05
ミミズは、地上の生命を維持する面で非常に有益な役割を果たしています。
"彼ら"の活動は、どんな面でわたしたちに益となりますか。

"彼ら"の掘る穴によって、土の通気と水はけがよくなります。ミミズの糞は、
有機物と容易に結合し、『腐葉土』を作り、土地を『肥沃』にします。ミミズの糞の組成に関し「有機園芸と豊作」という本は、次のように述べています。

『厚さ15堕の上層の土(表土)に比べるとミミズの糞には、硝酸塩が5倍、
置換性カルシュウムが2倍、置換性マグネシウムが2.5倍、有効リンが7倍、
そして置換性カリウムが11倍多く含まれている』

日本の土が、"彼ら"にとって決して墓場ではなく、居心地よい住処であり続けてほしいですね。
Posted by ミミズ-極めて有用な僕 at 2007年04月30日 23:35
私の祖父も農業をやっていて、たまに手伝ったりするのですが、
あまり具体的には、やり方が分かりません。
昔は、農業の事をそんなに重要に考えてなかったのですが、農地を持って
いてその土地を相続するという事は、普通の勤めに出ているサラリーマンが
新たに農業を始めるなんて、ほぼ不可能に近いんではないかと思うように
なりました。
これからは、仕事が休みの日にしっかり手伝いをして、体で覚えていかなく
てはと感じています。
Posted by マシャ at 2007年04月30日 23:59
5
農業の重要性は認識しているのですが、中々素人には手が出し辛い様に感じます。特に中年の独身者に取っては(苦笑)
まぁ覚悟が足りないのは多分にありますが。

東京は日本晴れ氏
差別主義とか私はあまり聞いた事無い主義なんですが、どんな主義なんですかね?
差別+主義とか何でもかんでも差別するって事ですか?
どうせ答えて頂け無いでしょうが(笑)
Posted by Fact at 2007年05月01日 00:05
私も福島県にはよく車で旅行します。
 たいていは裏磐梯の紅葉か冬のスノボですが・・・
 26日は三春の滝桜を見物してきました。
 本当にリンゴ農家が多いですね。
 稲作農家は
 大規模化と小規模化の両極に分かれて行くようですが
 リンゴ農家の規模は家族経営が適正なのでしょうか?
Posted by 柳生すばる at 2007年05月01日 00:19
日本の伝統的な風景は消えて欲しくないですねぇ。
Posted by 有頂 at 2007年05月01日 00:58
昨日のニコニコチャットお疲れ様でした!
またお会い出来る日を楽しみにしています。
Posted by 24 at 2007年05月01日 07:03
風景こそが日本のほこりです!!
Posted by アイドル画像 at 2008年01月16日 00:01