2007年08月30日

千葉県の環境行政のデタラメぶり

41080feb.jpg

首都圏政治問題『千葉編』

千葉県九十九里浜町

「硫酸ピッチ」不法投棄事件その2

放置されたフレコンパックの処理をめぐって

 千葉県の環境行政は実にいい加減だ。これは役人だけの責任ではなく、堂本暁子知事にも当然責任があることは言うまでもない。ものごとを解決しようとする意気込みが全く感じられない。

 「いずれ何とかなるだろう」「誰かがやってくれるのではないか」
 
そのような考えで先送りが行なわれている。担当者は自分が担当である内は何とか誤魔化して先送りにしようとしか考えていないのだ。

 前回、このエントリーを見ていない方は、下記でご覧になってから続きをお読みください。

 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51600447.html

 私が取材をしてこの問題を千葉県の環境生活部に伝えてから、もう1年以上が経過した。にも関わらず事態はまったく同じで放置されたままになっており、現在その土地を所有する人に対しても、何らの通達一枚届いていないというから驚きである。

 前回に引き続き経緯を追って説明することにします。

 九十久里浜町の藤下という所に水産加工会社があったが、業績不振によって倒産、事業主は行方不明となってしまった。その直後、この会社にお金を貸していたとする人間が現われ占拠した。

 この債権者と名乗る人間が占拠している間に、何処からか「硫酸ピッチ」入りのドラム缶480本が運び込まれたのです。そのまま放置され周辺住民から異臭や吐き気がするという訴えがあって初めて行政は動き出しました。

  平成15年6月末  水産加工会社「藤重商店」が倒産

  平成15年7月    債権者「丸紅商事」の関係者が占拠

  平成16年5月    千葉地裁競売決定・執行官現況調査

  ※この時点ではまだ「硫酸ピッチ」は発覚していない。


  平成16年9月    公明党吉野秀夫議員が9月議会で質問

  平成16年10月   千葉県環境生活部が無害処理を行なう

  平成16年10月   千葉地裁執行官第二回目の現地調査

 この千葉地裁の現況調査報告書の中に、どのような処理が行なわれたのか。それが詳しく記載されているのでそれを紹介しながら、この処理問題について言及することにします。

 執行官現地報告書(第二回目)

1.千葉県の行政代執行によって中和された硫酸ピッチの入ったフレコンパック(一袋1トン入り)が334袋放置されてある

2.「スラッジ」と言われる汚泥等が入っていると推測されるフレコンパックが90袋放置されている

3.中和作業が終了して間もないのか異臭が感じられた

 裁判所が競売物件として指定した場合、その物件の管理責任は裁判所から委託をされた執行官に帰属する。例えば競売物件に第三者が立ち入った場合、それを排除する権限を持つのは、もはや登記上の所有者ではなく、執行官である。

 執行官は「硫酸ピッチ」という危険物が運び込まれたことは知らなかった。この「硫酸ピッチ」をこの現場で処理させ、ここに放置することを承諾したのか、或いは後で県が運び出すと思って処置を認めたのか。

 そのことがこの問題の今後大きな争点になると思います。この点についてはこの追及レポートの最後で私の見解を述べることにしたいと思っています。

 執行官は関係人への調査を開始して陳述書として、これを裁判所に提出しています。簡単に重要な部分を紹介しましょう。

 君塚某(原文のまま) 平成16年10月15日

 私は千葉県生活部廃棄物課監視指導室の職員です。現在、硫酸ピッチが流出していることから、それを無害化にすることを前提として、建物内の有毒ガスの濃度を下げて排出する準備をしています。

 有毒ガスを抜いた後に建物内に入り、中和作業を行ないます。5日から作業に入り、18日には毒ガスの除去作業を終わらせ19日から中和作業に入りますが、いつ終了するかは現時点では不明です。

 吉田 宏生

 私は千葉県から本件の処理を依頼されたジオテクノス株式会社の社員です。中和作業が終われば人体に害になるガスは発生せず、建物は密閉性が高いので外部に漏れることはないと思います。

 徳力 修  平成16年12月7日

 私は千葉県環境生活部廃棄物監視指導室の職員です。「フレコンパック」という袋に入れ、その状態のままで建物内に置いておく。県の方が処分まですることはない。

 「硫酸ピッチ」を入れたフレコンパック以外の中身の分からないフレコンパックが存在する。

 ※ここで初めて執行官はこの処理された残滓物が無害とはいえ放置されることを知った。しかも、廃棄物監視指導室の職員が「中身のわからない」としたフレコンパック90袋も存在していることを明らかにしたのである

 ところで、この千葉県の職員と現場の九十九里浜町役場の環境課の人間の執行官に対する問いに対する答えは全く違っていた。この食い違いからこの問題の解決を遅らせることになったと言えるでしょう。それは後で触れることにします。

 海野 幸司

 私は九十九里浜町役場環境課の職員です。県が行政執行により中和した硫酸ピッチはフレコンパックに入れ物件9の建物内、及びその周囲に保管している。

 ※この「保管している」という言葉の意味が、役所が保管していて最後まで責任を持つものと執行官は理解してしまった。

 この千葉県環境生活部の担当者の「県が処分することはない」という放置する意味とは明らかに違った意味合いに取れる。

 更に「建物内に置いておく」という陳述も「建物及び周囲に保管している」と微妙に食い違っていた。  (次回に続く)

 

ブログ・ランキング!

応援クリック御願いします

右派SNS『国民の総意』

の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。



Posted by the_radical_right at 09:25│ mixiチェック 政治・官僚・企業腐敗 
この記事へのトラックバック
九十九里町の旧水産加工会社で放置されている硫酸ピッチ問題。 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51610525.html いよいよ明日、九十九里町長選挙の投票日ということもあってこの記事をとりあげます。 以下、平和党賛助党員の方の知恵を引用拝借し...
九十九里町の旧水産加工会社で放置されている硫酸ピッチ問題【平和党公式ブログ(代表・大坂佳巨 低学歴・低収入・低血圧)】at 2007年09月01日 16:29
九十九里町の旧水産加工会社で放置されている硫酸ピッチ問題。 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51610525.html いよいよ明日、九十九里町長選挙の投票日ということもあってこの記事をとりあげます。 以下、平和党賛助党員の方の知恵を引用拝借し...
九十九里町の旧水産加工会社で放置されている硫酸ピッチ問題【平和党公式ブログ(代表・大坂佳巨 低学歴・低収入・低血圧)】at 2007年09月01日 16:37
この記事へのコメント
民主党の姫井氏にスキャンダルだそうです。また、小沢一郎氏の政策秘書に公職選挙法違反の疑いがあるといったニュースもネットでみかけました。民主党はいったいどうなっているのでしょうか。横峯氏のことといいこれでは、自民党のことを批判することもできないと思いました。
Posted by すずめチュン at 2007年08月30日 12:36
所謂保守王国にこういう怠慢が多いんですよね。

知事や市長が多選する事による弊害といいますか

よどんだ水は腐るといいますか

かといって、革新的な知事がこられても困るのですがね(苦笑

だから、これからは国会議員→知事という流れが出来ると

面白いと思うんですが・・・。
Posted by 萌えたろう at 2007年08月30日 17:01
瀬戸さん、お弟子さんこんにちは。

軽油には軽油取引税が賦課されます。リッター当たり32.1円もの負担となる都道府県税を誤魔化すために、不正軽油が違法に製造され流通する。
本来、A重油や灯油には、軽油との識別を図るためクマリンと云う一種の蛍光塗料が添加されておりますが、苛性ソーダや硫酸をA重油や灯油に混ぜると容易にクマリンを分解できる。こうすればクマリンの含有が判定できず証拠隠滅が図れるからです。
その過程で生成される廃棄物が所謂“硫酸ピッチ”です。重油や灯油の含有成分に、クマリンと反応し切れず残留した硫酸を含んでおりますので強酸性を示す。ドラム缶などで保管しても容易に腐食させてしまいます。また、水と反応することで有毒な亜硫酸ガスを発生させ、人体に深刻な害を齎します。
(続)
Posted by 怒る小市民 at 2007年08月30日 19:35
(承前)
千葉県では、硫酸ピッチの投棄や放置に真剣に取り組んでこなかったために、悪徳業者に目をつけられ、今や一大産廃投棄場と化している。
この行政の不作為は、一つ担当者のみならず、堂本知事の重大な怠慢であることは論を俟ちません。徹底的に糾弾し、責任の所在を明らかにすると共に、悪徳業者への罰則を強化し、不正軽油の販売が“割に合わない”ものにせねばなりません。
因みに、硫酸ピッチの処理費用はドラム缶一本当たり10万円を越えるそうです。不法投棄した当事者である業者が支払う筈もなく、行政代執行による処理費用は税金で賄われる。一部の不届き者が税金を誤魔化すために不正軽油に手を出したツケを、血税で補填すると云うことに、釈然とせぬ思いを拭えません。
Posted by 怒る小市民 at 2007年08月30日 19:36
このようなわかりにくいけど重要なことを問題に出来る
レベルの高い方こそ国政に送り出したいものです。
Posted by かんた at 2007年08月31日 21:35
最近は、悪者を批判するのはけしからんとかいって悪者を擁護したり、
法律違反をするのは、規制がきついからだといって、
規制をゆるくしたり、悪がはびこる世界になってしまいましたね。
日本には、悪を追求する瀬戸弘幸様が必要であるとともに、
有害なものは体に悪いとか、腐っているものも悪いという
当たり前なことしるぐらい賢いように教育の強化により、小学校から身につける必要があるのではないでしょうか?
Posted by _ at 2007年08月31日 21:51