2008年10月17日

躓いた欧米「金融市場のコントロール」が不可能に!

【連載】「世界経済の行方と今後の推移」

欧米の世界金融市場コントロール時代は終わった。


 日本の株式市場と言うか、世界の市場の動向は米国の市場に大きく影響を受けます。そこで今朝はこちらから先ず紹介します。

 NY株、一時380ドル安も終値は400ドル高 16日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は、下げ幅が一時380ドルを超えるなど大きく乱高下したが、結局買い戻し、前日終値比401・35ドル高の8979・26ドルで取引を終えた(速報値)。(読売新聞)

 資本主義の本家本元の米国のニューヨーク株式市場から始まった世界的な金融危機は、1930年代の世界大恐慌以来の深刻なものです。このことに関して、まだまだその深刻さを理解しようとせずに、楽観的に見ている人が多いと思います。

 これまでこのような金融不安は世界中で起きていました。例えばアジア・南アメリカ・ロシアなどですが、その時は米国などが主導的な役割を果たして適切な措置を講じています。

 そのような地域的な金融危機においては、国際通貨基金(IMF)が中心となって、そのような金融不安に陥った国や地域に対して、対策を実施してきたのです。

 この国際通貨基金にしても結局は欧米主導によるものでしたから、その欧米が元凶となった今回のような危機に際しては、実はこれまでの経験などは、まったく充てにならないということが分かりました。

 つまり、米国発の金融恐慌に対する処方箋は誰もが持ち合わせていなかったということです。おそらくは多くのエコノミストも、その恐慌の可能性については言及してはいたが、その対策までは考えていなかったとも考えられます。

 そのくらいの混乱ぶりであったと思います。今回の欧米の株式市場の大混乱ぶりや、その後の不安定な動きを見るにつけ、金融の先進国を自負してきた米国・欧州が受けた衝撃ははかり知れない。

 その権威は地に落ち失墜したと言っても過言ではないでしょう。

 今回の金融恐慌によって露呈した、この欧米の権威の失墜と指導力の低下が、今後の世界の金融市場にどのような影響を与える形で現れてくるかです。

 中東、アジア、南アメリカなどでは力をつけてきた国々がいくらでもあります。例えばインドやシナ・中国、ブラジルなどです。もう、このような国々は今回の混乱を目の当たりにして、独自の動きを模索することになるかも知れません。

 すなわち、欧米の金融システムに見切りをつけることは出来ないまでも、このような世界的な金融危機の再発を見越して、その対策に乗り出すことは十分に考えられます。

 いくら欧米が自分達の築いてきたルールや規範の中に組み入れようとしても、それが出来なくなるということです。しかし、このことはまた世界の金融市場にとっては大きな不安定要因となります。

 文明史的に見るならば、欧米キリスト教文明が躓いて、そこに新しい文明が挑戦するという時代に突入する時代の始まりかも知れません。

 金融は欧米が2世紀に渡って牛耳って来ました。そのヘゲモニーの交代があるとすれば、わが日本がそれに加わらない手はありません。大混乱は必至ですが、避けられない道であるならば、そこから逃げないで挑戦すべきです。

 今回の世界的な金融不安と恐慌は、我々に様々なことを教えています。しかし、その最大なものは欧米の没落が株安という衝撃となって、世界を駆け巡ったことです。

 そのことの良し悪しをここで論じても、もう手遅れでしょう。前に進むしかない。それが我々日本民族に課せられた運命であると自覚するのに、もう暫しの時間が必要かも知れません。


ブログランキング

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします!

〜新風連ブログ〜
新風連 

右派SNS「国民の総意」 



Posted by the_radical_right at 08:44│ mixiチェック 日本の新戦略 
この記事へのトラックバック
 日本経済は未曾有の停滞にあると言います。  その1番の原因は  若年労働者の減
悲惨な派遣の若者を救おう!日本の未来のために【EmpireoftheSun太陽の帝国】at 2008年10月17日 15:47
この記事へのコメント
申し訳ありません。
 意気込みは分かるのですが、国際社会における日本の台頭は有り得ません。列強と言われる諸外国と日本の差は歴然としています。経済以外の大国条件を満たしていないのです。軍事的な条件を満たさない限り、幻想の範囲内です。
 勿論、当エントリーが条件を満たした上での日本のイニシアチブである事は分かりますが…。
Posted by 右に同じ at 2008年10月17日 08:59
右に同じさんへ
民族に勇気を与え、叱咤激励しながら、士気を鼓舞するのが、私の務めです。ご理解下さい。
経済大国、政治小国、軍事弱国からの脱却こそ、我々日本民族が目指す世界戦略であるべきです。
Posted by せと弘幸 at 2008年10月17日 09:12
お返事遅れました。
 十分理解しております。
Posted by 右に同じ at 2008年10月17日 09:30
瀬戸さま、以前経済についてあまり知らないとおっしゃっていたので、
あえて、言わせていただきます。

経済問題の話は止めた方がいいのではないでしょうか。

ところで最近ジャーナリストから社会運動家に肩書きを変えたのは理由があってのことですか。

危なくなってきた日本を守ってください。
Posted by 篤姫 at 2008年10月17日 09:35
>欧米の世界金融市場コントロール時代は終わった。
残念ながら、ありえません。
金融は、信用取引であり、嘘つきの国々では、成立しません。
国債を無節操に乱発する国々でも、成立しません。
例えば、金融の知識のある人なら、キリスト教国しか信用しません。
嘘をつくことが罪と国民が信じ、嘘に対して大きな裁きをする国々しか信用されません。
アジアの国々では、シンガポールが最も信用があります。日本は、次???
>経済大国、政治小国、軍事弱国からの脱却
通貨の信頼は、さらに、経済力と軍事力により作られます。
日米安保条約の存在が日本の信用の要です。
Posted by かなめ at 2008年10月17日 09:42
現在の経済の乱れのようなものは今までの資本主義社会の中に
中国やインド・ロシア・ブラジルなどなどの国々が豊かさを求め
始め参加し始めた事が発端であるのではないのかと私は考えています

豊かさを求め始めた国々の需要の高まりが石油の高騰を招き
また、イラク戦争を契機としてアメリカのエネルギー国家戦略の
見直しによりバイオエタノールの推奨などの要因による食料の
高騰やそれら関連商品の値段の高騰によるインフレ物価などが一因
して消費者マインドの低下などが重なっているのではないのかと
私は常々そのように思っております

多くの要因が絡み合って起こりうる経済の荒波は人間のコントロール
の効かない未知の出来事も有るかと思いますがいままで蓄積してきた
人類の英知がこの難局をこれからも乗り越えていくものだと私は
見ています 少し楽観的であった方が景気というのは市場にいい影響を
与えることがあるのではないでしょうか





Posted by kuroneko at 2008年10月17日 09:46
篤姫さんへ

世界経済を考えるエントリーは皆さんと共に学ぶということです。そのような意味でやっています。

ジャーナリストから社会運動家

このことは昔を思い出したということです。最近自称ジャーナリストなどと書く人がたくさんいますが、昔は読売新聞などは立派に認められており、自称ではありませんでしたが、今は社会運動家の方が似合っているということです。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51493819.html
Posted by せと弘幸 at 2008年10月17日 09:51
欧米の経済もやばいが
日本もやばい
しかも先行きの希望が見えないし
Posted by 京 at 2008年10月17日 09:56
直接記事には関係ありませんが・・・

今日は祭日、神嘗祭です。

新穀を伊勢の大神宮に供え奉られる御祭典であって、勅使を神宮に差し遣わされ宮中においても 天皇陛下先ず神宮に遥拝あらせられ、次いで賢所において御親祭を行わせ給います。

私ども日本人一同は、今日のこの日の大切ないわれに深く想いを致し、一日を過ごさせていただきましょう。
Posted by せと弘幸blog「日本よ何処へ」読書会 at 2008年10月17日 12:30
Yahooのニュースにのっていたのですが、

中川財務大臣が日本国旗を会見にかかげたことに

批判をした愚かな記者がいるようです。

この記者を公表する権利があるのではないでしょうか?

このことを国民に知らせる必要があるとおもいます 。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000069-jij-pol
Posted by レイ at 2008年10月17日 15:53
物価の高騰で低所得者層が円で安全な食品を購入するのが難しくなってきています。国民が円に頼らず国民通貨を使って日本の農家が作った安全な食品と交換できるシステムがあれば良いなといつも思います。国民通貨ができれば良いと思いますが、それと同時に日本の農家は私たちの手で守るべきだと思う重要課題だと思うので、通貨と変わるものと交換できることで農家を助けることができればいいなと思います。国が自由貿易や中国食品輸入をやめてくれないなら、国はもう当てにならないということだから、国民が手に手を取り合って日本の農家を守らないといけないと思います。
Posted by のん at 2008年10月17日 15:57
4
日の丸を掲げて批判ww


財務省会見場に「日の丸」を掲揚(10/17 13:56)
 財務省は十七日、中川昭一財務・金融担当相の閣議後会見を機に会見場に日の丸を掲揚し、会見を主催する財務省の記者クラブ・財政研究会(北海道新聞社など国内外の新聞、放送、通信各社が所属)の一部の記者が「国民の中には違和感を持つ人もいる」などと抗議した。会見自体に大きな混乱はなかった。中川財務相は「世界に発信する場という認識で国旗掲揚は当然だ」と述べた。

 財務省は国旗国歌法に従った措置であると事前に説明。財政研究会は九月末から対応を協議したがまとまらず、賛成、反対、態度保留などの意見を添えて「慎重に判断を」と財務省に求めていた。中央省庁では既に、首相官邸、外務省などで会見場に日の丸を掲揚している。

 国旗・国歌法が成立した一九九九年、当時農林水産相だった中川氏は農水省の会見室に国旗を持ち込み、記者クラブとの間で問題になったことがある。

Posted by あ at 2008年10月17日 16:04
例えば、国民組合を作って、会社は給料の何%かをクーポンで支払う。クーポンをもらった組合員は、それを使うと日本食品と交換できる。と言うような感じです。^^A

Posted by のん at 2008年10月17日 16:07
5
東京世田谷の某有名公園のトイレに『自分は集団ストーカーを受けておりその加害工作員には複数の警官もいる』と書きなぐられていました。
そこにその警官の氏名であろうか 枝 ○栄と書かれていた。実際には○の部分の書いてましたが・・・ 嘘であってほしいですがとてもイタズラには思えません。
本当に事実なら先日逮捕されたわいせつ行為など比べ物にならないほどの大問題です!
表に出ることより出ないことのほうが悪質で重大な問題を含んでいるような気がします。
集団ストーカーとは在日や創価のやる事とのようですが警察官に在日創価はダメでしょう。
事実としてもある一部の方達の行いだと思いますが一番信頼を置くべき存在がそれでは国民はいったい何を信じればいいのですか?

Posted by 集団ストーカーは犯罪です! at 2008年10月17日 16:27
>のんさん
地域通貨は、一見よさそうですが、不可能です。
農家は、肥料(窒素リン酸カリ)、農薬、農具、種などを円で購入しなければなりません。
肥料の原料(鉱石)は、アメリカと中国しか産出しないものがあります。
世界的に、国民の食料を生産できなくなってきたため、
肥料の原材料が輸出禁止になりつつあります。
それを、無理に購入しようとすれば、高額の代金が要求されます。
日本は、積極的な人口削減とゴミ、下水から資源を回収する技術開発が急務です。
また、やる気のない農家を守るのでなく、農業に真剣に取り組む農家を守るべきでしょう。
また、若者が、農業に参入する道を開くのも大切です。
公務員の50%を首にし、かわりに農業従事者を公務員化するのもよいかもしれません。
Posted by かなめ at 2008年10月17日 16:31
お金の換わりに流通させるものなので、大掛かりな組織化が必要だと思います。当然、農家は使い物にならないクーポンをかき集めても何の意味もありません。なので、色々な業種が組合になってくれることが条件だと思います。農家が、肥料、農薬、農具、種などをクーポンで購入できるようにします。クーポンがぐるぐる回転するように知恵を使って煮詰めないといけないと思いますが。。

国に頼っても今の状況では、農家が公務員になる前に農家をやめてしまうと思います。農家は賃金が安く重労働の挙句、外資に市場をかっさらわれているのです。米価がすごい勢いで下落しています。海外に技術指導して、日本の素晴らしい技術も市場も外資に全てかっさらわれている状況はかなり深刻で、農家は切迫していると思いますよ。農家を助けないといけないと思います。

Posted by のん at 2008年10月17日 16:47
追加:農家はやる気がないのではありません。苦しめられて挙句仕方なくやめているのです。
Posted by のん at 2008年10月17日 16:49

食糧自給率向上の課題と展望

ライスショック´

http://video.google.com/videosearch?q=%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF&emb=0&output=rss



Posted by のん at 2008年10月17日 17:03
経済の問題で米国に信頼があるという人がいるが、少なくともこのレバレッジ金融崩壊で大きく損なわれたことを知っておくべきだろう。
今までのような絶対的な存在、世界経済の中心の位置からはズリ落ちて行く。
それがどの程度で止まるかに議論の余地はあるとしても落ちた後は嘗ての位置に戻らないという事実は変わり無い。膨大な金を掻き集めて操るレバレッジは崩壊し、後には実態経済に基づく貸借の地味な金融しか残らないからだ。IMFなぞとうの昔に不信と憎悪の対象に成り果てている。
そして経済問題は一つのことに過ぎない、米国はブッシュの愚行によって世界に対する軍事行動、米国が盟主として世界を牛耳る威信を大きく損なった、それこそが問題なのだ。
Posted by 丸目 at 2008年10月17日 17:16

未だに冷戦型の圧倒的な超大国だった米国にすがろうという人がいるようだが、いい加減幻想は捨てることだ。
かつて米国の裏庭だった南米はすでに反米の巣窟である。中ロとの力も相対的に縮まっている。
援助だけで言うことを聴く貧しい国はアジアを中心に減少の一方だ。
イラクで少々体勢を立て直した所で中東が親米になることは最早あり得ない。
仮にイラクから手を引いたところでアフガンがまたぞろ泥沼化し始めている。
米国がまともな戦争を起こすことなど10年経たないとできっこない。
必然的に独裁国家には妥協を重ね続けることになる。
さらに重要なのはこの経済危機で次期大統領がオバマにほぼ確定したこと。
米国は今後世界のことを顧みない内向きの国になっていくだろうし、そうならざるを得ない。

北朝鮮のテロ認定解除も極東から手を引くに際して中共への当て馬として核保有の暴れ馬を置いておく、その程度のこと。
完全に逃げ腰で米国は北鮮に言うことを聞かせる影響力など何も持たないのだから、その場の都合で北鮮が中共やロシアに付けばそれでお終いである。
欧州は内向きの防御体であり、自らの脅威であるロシア、裏庭であるアフリカ以外に口以外の手は出さない。
こういった機会を中共が利用しない、米国に頼っていればどうにかなると考え続けるとしたらただの愚か者である。
Posted by 丸目 at 2008年10月17日 17:16


抗議に行きましょう!!なぜ政府が国旗を掲げてはいけないのか?
聞きましょう。

北海道新聞・東京支社

〒105-8435
東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館1階
Posted by ぴい at 2008年10月17日 17:22
米国では四割、仏国では七割もの農家への直接所得補償が行われている。

http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=760
アイルランドでは98%!さすがにこれは行き過ぎたが・・・
自由貿易の陰でどこの国も農家への直接補償を行っていた、だからどこの先進国の農家も生き残っている、田舎は保たれているのだ。

ハッキリ言おう!
日本の食を守り、崩壊する地方・僻地を守るために公共工事を止めて農家・漁師へ直接補償すると!
Posted by 丸目 at 2008年10月17日 17:34
記者クラブなんてブッブセばいいんですよ!
これが、日本の報道が閉鎖的と言われる最大の原因なんだし、記者クラブの運営の一部は税金が流用されてる。
反日マズゴミなんて要らねえ!
Posted by ハタラキアリ at 2008年10月17日 17:41
偽りの豊饒...農業崩壊1

http://jp.youtube.com/watch?v=9_YqcW4jJsc&feature=related




Posted by のん at 2008年10月17日 17:42
偽りの豊饒...農業崩壊2

http://jp.youtube.com/watch?v=0V6Wo-CihSE&feature=related


Posted by のん at 2008年10月17日 17:48
福沢諭吉は「学問のすすめ」で
百姓とは「米を作って人を養う」と説いています。
お百姓さんは、大事な存在だったんですね。

近所のおじいさんも「中国のは食わせたくない」と
孫にせっせと、米や野菜を送っています。
農業って、ほんと大事ですね。

Posted by 田 at 2008年10月17日 18:17
今回の金融危機は、
ヽ壁佞韻凌頼性の低下
 低所得者向け住宅ローンのような危険な金融商品を作った。
 金融商品を複雑化し、危険な金融商品がどこに潜んでいるか誰も理解できなくなった。
金あまり
 世界中の余剰資金(資源国資金、年金など)が利益を求めてうごめいた。
6睫戮閏腟繊紛睛算埔譴療卩邁宗
 一攫千金のため、目がくらみリバレッジを5倍くらいが常識なのに、
 30倍まで高めてしまった。
☆リバレッジ
http://appdevet.blog88.fc2.com/blog-entry-18.html
最大の被害者は、ヨーロッパの銀行?アメリカに損害賠償すべきです。
ただ、金融市場が絶対悪なのでは、ありません。
金融システムは、歴史をたどれば、気候変動で農作物が不作になったとき、
農民や商人が破産しなくてすむような保険システムとして誕生しました。
正常な運用がされるなら、世界経済は、持ち直すでしょう。
Posted by かなめ at 2008年10月17日 19:29
関係ない話で恐縮ですが、今TBSの夕方のニュースを見ていたら、ただの男のアナウンサーが「さっさと衆議院を解散してください。」みたいなことを言ったと思うのですが、私の聞き間違いでしょうか。????
Posted by ひまじん at 2008年10月17日 19:34
追補予算で、住宅金融支援機構出資金200億円追加決定。2011年迄後僅かじゃが、間に合っておるんか余計に払わされているか、確か総額1兆5千億以上の補填になる筈じゃったが。
毎年一般会計から消費税の0.15%分は確実に投下されておったから、十分過ぎてお釣りも手に剰る状況じゃろよ。反日民主が解散を早めたいばかりに黙って通過させてやがるわい。
この調子で2次補正は、更にガッツリと行くな麻生総理は。良!
Posted by ナナシ at 2008年10月17日 19:54
TBSはサブリミナル手法が得意な創価企業です。

「報道特集」でオウム真理教の麻原の顔を押入
「イブニング、ファイブ」の731部隊報道に
当時の安倍元首相が関与したかのように、ポスターをサブリミナル。

「華麗なる一族」で公明党の宣伝をサブリミナル。
「子供マンガ」に池田大作の顔をサブリミナル。

見る価値のない局ですね。
Posted by ムーン at 2008年10月17日 20:18
またまたまた批判してるな、永田は…

http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/758767/
Posted by 西村 at 2008年10月18日 00:49
東京市場の空洞化:日本株の売買の約6割を外国人投資家が占める
↑アメリカ以上の株価激震の原因
↑一般個人投資家の株式離れが加速(投資が危険すぎる)
(そもそも配当をまともにださないで個人投資家を軽視した日本企業の自業自得)

ドイツ連邦議会と連邦参議院:総額5千億ユーロ(約70兆円)の金融救済法案を可決
フランス政府:総額3600億ユーロ(約49兆円)の金融危機対策を法制化
↑国力を考慮するとアメリカ以上の大損害?
☆ユーロを買おうか迷っているうちにユーロが大暴落。投資は、むずかしい。
Posted by 日本の金融市場の空洞化 at 2008年10月18日 07:56
続き
日本の金融市場が育たない理由:
ヽ惺散軌
 株式投資、起業などの教育が十分行われていない。(愚民教育)
 ↑個人投資が、ほとんど行われず、貯金へ。
 (無駄な公共事業。中国へ寄付(投資?)。)
銀行などの投資能力が無い(,原因)
 日本の金融資産が海外の有能で信用ある投資ファンドへ。
 その結果、海外勢力は、日本人の金融資産で日本企業を買収支配。
昔、外人が、「日本の国は、国民を不幸にするシステム」とか言っていた。
Posted by 日本の金融市場の空洞化 at 2008年10月18日 08:11
一つレベルを下げて視点を変えてみますと、例えば原油価格の急落は、家庭や企業には朗報だという指摘もあります。
ガソリン価格の低下が輸送・流通コストを下げることにもなるでしょうし、それが消費に反映されるのではないかということです。

今般の金融危機に関するアナリストの関心は、私たち一般人同様この「負の連鎖」が「どこまで」そして「いつまで」かということに尽きるようです。
内需の落ち込みにしても「個人消費」と「設備投資」が大きなファクターとなるでしょうし、まだまだ予断を許さない状況が続きそうです。

ちなみに土地と株に関しては、来年の春頃まではその動向が不透明であるというのが共通認識であるようですね。
Posted by せと弘幸blog「日本よ何処へ」読書会 at 2008年10月18日 09:33