2008年11月01日

田母神俊雄空幕長論文

日本は侵略国家であったのか

                                田母神俊雄

 アメリカ合衆国軍隊は日米安全保障条約により日本国内に駐留している。これをアメリカによる日本侵略とは言わない。二国間で合意された条約に基づいているからである。我が国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したと言われるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も条約に基づいたものであることは意外に知られていない。

 日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めることになるが相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。現在の中国政府から「日本の侵略」を執拗に追求されるが、我が国は日清戦争、日露戦争などによって国際法上合法的に中国大陸に権益を得て、これを守るために条約等に基づいて軍を配置したのである。

 これに対し、圧力をかけて約を無理矢理締結させたのだから条約そのものが無効だという人もいるが、昔も今も多少の圧力を伴わない条約など存在したことがない。

  この日本軍に対し蒋介石国民党は頻繁にテロ行為を繰り返す。邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件も繰り返し発生する。これは現在日本に存在する米軍の横田基地や横須賀基地などに自衛隊が攻撃を仕掛け、米国軍人及びその家族などを暴行、惨殺するようものであり、とても許容できるものではない。

 これに対し日本政府は辛抱強く和平を追求するが、その都度蒋介石に裏切られるのである。実は蒋介石はコミンテルンに動かされていた。1936年の第2次国共合作によりコミンテルンの手先である毛沢東共産党のゲリラが国民党内に多数入り込んでいた。

  コミンテルンの目的は日本軍と国民党を戦わせ、両者を疲弊させ、最終的に毛沢東共産党に中国大陸を支配させることであった。我が国は国民党の度重なる挑発に遂に我慢しきれなくなって1937年8月15 日、日本の近衛文麿内閣は「支那軍の暴戻ぼうれいを膺懲ようちょうし以って南京政府の反省を促す為、今や断乎たる措置をとる」と言う声明を発表した。我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである。

 1928年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。「マオ( 誰も知らなかった毛沢東)( ユン・チアン、講談社)」、「黄文雄の大東亜戦争肯定論( 黄文雄、ワック出版)」及び「日本よ、「歴史力」を磨け( 櫻井よしこ編、文藝春秋)」などによると、最近ではコミンテルンの仕業という説が極めて力になってきている。

 日中戦争の開始直前の1937年7月7日の廬溝橋事件についても、これまで日本の中国侵略の証みたいに言われてきた。しかし今では、東京裁判の最中に中国共産党の劉少奇が西側の記者との記者会見で「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党で、現地指揮官はこの俺だった」と証言していたことがわかっている「大東亜解放戦争( 岩間弘、岩間書店)」。

 もし日本が侵略国家であったというのならば、当時の列強といわれる国で侵略国家でなかった国はどこかと問いたい。よその国がやったから日本もやっていいということにはならないが、日本だけが侵略国家だといわれる筋合いもない。

 我が国は満州も朝鮮半島も台湾も日本本土と同じように開発しようとした。当時列強といわれる国の中で植民地の内地化を図ろうとした国は日本のみである。我が国は他国との比較で言えば極めて穏健な植民地統治をしたのである。満州帝國は、成立当初の1932年1月には3 千万人の人口であったが、毎年100万人以上も人口が増え続け、1945 年の終戦時には5千万人に増加していたのである。

 満州の人口は何故爆発的に増えたのか。それは満州が豊かで治安が良かったからである。侵略といわれるような行為が行われるところに人が集まるわけがない。農業以外にほとんど産業がなかった満州の荒野は、わずか15年の間に日本政府によって活力ある工業国家に生まれ変わった。

 朝鮮半島も日本統治下の35年間で1 千3百万人の人口が2 千5百万人と約2倍に増えている「朝鮮総督府統計年鑑」。日本統治下の朝鮮も豊かで治安が良かった証拠である。戦後の日本においては、満州や朝鮮半島の平和な暮らしが、日本軍によって破壊されたかのように言われている。しかし実際には日本政府と日本軍の努力によって、現地の人々はそれまでの圧政から解放され、また生活水準も格段に向上したのである。

 我が国は満州や朝鮮半島や台湾に学校を多く造り現地人の教育に力を入れた。道路、発電所、水道など生活のインフラも数多く残している。また1924年には朝鮮に京城帝国大学、1928年には台湾に台北帝国大学を設立した。日本政府は明治維新以降9 つの帝国大学を設立したが、京城帝国大学は6 番目、台北帝国大学は7 番目に造られた。

 その後8 番目が1931年の大阪帝国大学、9 番目が1939年の名古屋帝国大学という順である。なんと日本政府は大阪や名古屋よりも先に朝鮮や台湾に帝国大学を造っているのだ。また日本政府は朝鮮人も中国人も陸軍士官学校への入校を認めた。戦後マニラの軍事裁判で死刑になった朝鮮出身の洪思翊ホンサイクという陸軍中将がいる。この人は陸軍士官学校2 6 期生で、硫黄島で勇名をはせた栗林忠道中将と同期生である。

 朝鮮名のままで帝国陸軍の中将に栄進した人である。またその1 期後輩には金キン錫源ソグォン大佐がいる。日中戦争の時、中国で大隊長であった。日本兵約1千名を率いて何百年も虐められ続けた元宗主国の中国軍を蹴散らした。その軍功著しいことにより天皇陛下の金賜勲章を頂いている。

 もちろん創氏改名などしていない。中国では蒋介石も日本の陸軍士官学校を卒業し新潟の高田の連隊で隊付き教育を受けている。1 期後輩で蒋介石の参謀で何応欽カオウキンもいる。李王朝の最後の殿下である李垠イウン殿下も陸軍士官学校の2 9 期の卒業生である。李垠イウン殿下は日本に対する人質のような形で1 0 歳の時に日本に来られることになった。しかし日本政府は殿下を王族として丁重に遇し、殿下は学習院で学んだあと陸軍士官学校をご卒業になった。

 陸軍では陸軍中将に栄進されご活躍された。この李垠イウン殿下のお妃となられたのが日本の梨本宮方子まさこ妃殿下である。この方は昭和天皇のお妃候補であった高貴なお方である。もし日本政府が李王朝を潰すつもりならこのような高貴な方を李垠イウン殿下のもとに嫁がせることはなかったであろう。因みに宮内省はお二人のために1930年に新居を建設した。

 現在の赤坂プリンスホテル別館である。また清朝最後の皇帝また満州帝国皇帝であった溥儀フギ殿下の弟君である溥フ傑ケツ殿下のもとに嫁がれたのは、日本の華族嵯峨家の嵯峨浩妃殿下である。

 これを当時の列強といわれる国々との比較で考えてみると日本の満州や朝鮮や台湾に対する思い入れは、列強の植民地統治とは全く違っていることに気がつくであろう。イギリスがインドを占領したがインド人のために教育を与えることはなかった。インド人をイギリスの士官学校に入れることもなかった。もちろんイギリスの王室からインドに嫁がせることなど考えられない。これはオランダ、フランス、アメリカなどの国々でも同じことである。

 一方日本は第2 次大戦前から5族協和を唱え、大和、朝鮮、漢、満州、蒙古の各民族が入り交じって仲良く暮らすことを夢に描いていた。人種差別が当然と考えられていた当時にあって画期的なことである。第1 次大戦後のパリ講和会議において、日本が人種差別撤廃を条約に書き込むことを主張した際、イギリスやアメリカから一笑に付されたのである。現在の世界を見れば当時日本が主張していたとおりの世界になっている。

 続く

<戦争に至った正しい歴史認識> 
…かなり長いので覚悟して読んでください。

http://www.flavour-house.com/honky/message/index2.html


 ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします!

〜新風連ブログ〜
新風連 


右派SNS「国民の総意」 
 
 



Posted by the_radical_right at 19:39│ mixiチェック 9条・国軍 
この記事へのトラックバック
前回、購入した本について書いたのは今年の2月4日 http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_6.html であり、それから7ヶ月以上が経過している。
★大東亜戦争を仕掛けたのはアメリカとソ連だったのは100%明白になった! (最近買った本より)【草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★】at 2008年11月01日 19:44
資本主義の危機が世界規模で広がっていた時期の1917年10月、ロシア革命が発端になって、共産主義による世界革命はヨーロッパ各国に広まり成功するものと期待されていた。 その期待を強固にものにしようと作られた世界的な共産主義組織がコミンテルンであり、1919年3月...
★今の「日本国憲法」は、共産主義者によって作られた【草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★】at 2008年11月01日 19:47
「インド独立とチャンドラ・ボース
●インド独立の為に日本兵と共にイギリス占領軍と戦ったチャンドラ・ボース【草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★】at 2008年11月01日 19:47
「 小説家・森村誠一の『悪魔の飽食』(あくまのほうしょく)から騒がれ始めた「石井731部隊」。その内容は、旧満州国で石井四郎陸軍軍医(医学博士)を中心とする731部隊が行っていたとする人体実験の様子を詳しく描いており、巷で話題を呼び、その話を題材にした劇が制作...
●石井731部隊は虐殺して無い!【草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★】at 2008年11月01日 19:58
--------------------------------------- Date: Fri, 9 May 2008 11:33:54 +0900 (JST) From: "****" Subject: ●拝啓、武田鉄矢殿。正しい日本の歴史を勉強してください。 To: tegami@takedatetsuyashouten.com
★拝啓、武田鉄矢 殿。正しい日本の歴史を勉強してください。【草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★】at 2008年11月01日 20:00
 一昨晩、浜田防衛相が、海自幕僚長が「日本は侵略国家であったか」と題する論文がかつて「日本は侵略戦争をして、アジア諸国に迷惑をかけの..
幕僚長を更迭した手際のよさ【草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN】at 2008年11月02日 06:49
この記事へのコメント
極めて正論です、ただ事実を述べているだけで更迭とは一体ここは
どこの国でしょうか。おそらくはシナの属国と思われます。
いつまで日本=侵略者=悪者のレッテル貼りに甘んじなければ
ならないのでしょうか。
またそれ以外の思考をすることすら許されないのでしょうか。
マスゴミは一体どこの国のものなのでしょう。
もう戦争で負けるわけにはいきません。弱者に未来は無いのです。
Posted by 飛龍 at 2008年11月01日 20:02
各位
 田母神空幕長は自分の全存在をかけて、この戦後社会に対する戦いを決意し、その行動に立ち上がったものと理解しました。我々もそれに続かねばなりません。
 今後の田母神氏の一挙手一投足を見守って行きたいと思います。
Posted by せと弘幸 at 2008年11月01日 20:07
【社会】航空幕僚長の懸賞論文は低レベル…小学校からやり直した方がいい「日本の戦争責任資料センター」の上杉聡氏も批判-東京新聞

「わが国は日中戦争に引きずり込まれた被害者」という田母神俊雄航空幕僚長の文章に、
近現代史に詳しい学者らはあきれ顔。内容をことごとく批判し「レベルが低すぎる」とため息が漏れた。

「小学校、中学校から勉強し直した方がいいのでは」と都留文科大の笠原十九司(とくし)教授(日中関係史)は話す。
空幕長の文章は旧満州について「極めて穏健な植民地統治」とするが、笠原教授は
「満州事変から日中戦争での抗日闘争を武力弾圧した事実を知らないのか」と批判。
「侵略は一九七四年の国連総会決議で定義されていて、日本の当時の行為は完全に当てはまる。
(昭和初期の)三三年にも、日本は署名していないが『侵略の定義に関する条約』が結ばれ、
できつつあった国際的な認識から見ても侵略というほかない」と説明。「国際法の
常識を知らない軍の上層部というのでは、戦前と同じ。ひどすぎる」と話す。

「レベルが低すぎる」と断じるのは纐纈(こうけつ)厚・山口大人文学部教授(近現代政治史)。
「根拠がなく一笑に付すしかない」と話し「アジアの人たちを『制服組トップが
いまだにこういう認識か』と不安にさせる」と懸念する。
「日本の戦争責任資料センター」事務局長の上杉聡さんは「こんなの論文じゃない」と
うんざりした様子。「特徴的なのは、満州事変にまったく触れていないこと。満州事変は
謀略で起こしたことを旧軍部自体が認めている。論文は『相手国の了承を得ないで一方的に
軍を進めたことはない』というが、満州事変一つで否定される」と指摘する。
(後略)

*+*+東京新聞 2008/11/01
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008110102000087.html
Posted by kuroneko at 2008年11月01日 20:10
そうですね、日本は、情報戦争で敗戦につぐ敗戦を続けています。
昨年、精一杯の抵抗として安部総理が、「従軍慰安婦に強制性はない」と発言してくださいました。
麻生総理には、歴史問題で立ち上がって貰えれば、国民の支持が得られると思うのですが無理そうです。
このままでは、参議院選挙の二の舞です。
企業献金とかいろいろあって、歴史の真実に口をつぐんでいれば、日本が滅びそうです。
Posted by 情報戦争に敗戦 at 2008年11月01日 20:11
民主党やマスコミの思想弾圧は許しがたいですね
Posted by 成太作はアホ at 2008年11月01日 20:17
日本は侵略国家であったのか  田母神俊雄
Posted by kuroneko at 2008年11月01日 20:28
田母神氏を孤立させてはならないと思う。彼の思いは我々国民が支えるべきだ。
Posted by 情けない日本国 at 2008年11月01日 20:31
先のエントリーで、
 「だいたいが、300万円の賞金を受賞させて注目を浴びさせている点からして怪しい」
 とコメントした部分を取り消します。
 kuronekoさんのコメント(専門家や学者の批評・反応)を読み、幕僚長に他意はなかったに違いないと思いを改めました。
 事の真相など分かるわけがありませんが、この部分は取り消したいと思います。
Posted by 取り消し at 2008年11月01日 20:49
<航空幕僚長>民主、攻勢強める 給油延長法案成立不透明に
11月1日19時1分配信 毎日新聞


 民主党は、田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長=10月31日付で航空幕僚監部付=が歴史認識に関する政府見解を逸脱した論文で更迭されたことを受け、「航空自衛隊トップの戦争責任を否定する発言は許されない」(鳩山由紀夫幹事長)と攻勢を強めている。参院外交防衛委員会で、麻生太郎首相の歴史認識や浜田靖一防衛相の監督責任などを問う集中審議を要求する構えだ。インド洋給油活動を延長する新テロ対策特別措置法改正案の成立の見通しは、一段と不透明となった。

 「アジアの国々に、将来また日本が何をするか分からないという恐れを与える。政府全体の大きな責任だ」。鳩山氏は1日、千葉県印西市の街頭演説で強調した。田母神氏が4月、イラクでの空自輸送活動を違憲とした名古屋高裁判決について「そんなの関係ねえ」と発言したことも取り上げ、「政府は(当時)もっと重視すべきだった」と批判した。

 輿石東参院議員会長は毎日新聞の取材に「更迭したら終わりという話ではない」と指摘。4日の党役員会で、党としての対応を協議する見通しだ。

 参院外交防衛委で給油延長法案の審議日程は、5日の参考人質疑までしか決まっていない。民主党の同委理事は「田母神氏本人にも参考人招致などの形で歴史認識をただしたい」と話しており、審議日程が延びるのは必至だ。【上野央絵】
Posted by kuroneko at 2008年11月01日 20:56
面白い。民主党が田母神前航空幕僚長を国会に参考人招致するなら、皆んなで国会を取り巻こうじゃないですか。
 彼を応援し、民主党を糾弾出来るいい機会です。
 このときばかりは私も行きます。言い出しっぺですから。
Posted by 民主党を糾弾するいい機会 at 2008年11月01日 21:05
5
キチガイ民○党の横暴に立ち向かった田母神空幕長を応援しましょう。

リンクは瀬戸先生の説明の補足です

李王垠 李氏朝鮮最後の王位継承者。
1910 年、日韓併合に伴い、日本の皇族に準ずる待遇を受ける。
1920 年、日本の皇族の梨本宮方子女王と結婚。
軍務を重ね、1940 年には留守第4 師団長・陸軍中将に昇進
1945 年、軍事参議官に昇進し、終戦を迎える。
1970 年、73 歳で死去。
Posted by チヨゴリブツ切り at 2008年11月01日 21:12
上杉聡こそ評論家としてもレベルが低いし、人間の質も悪い。
安倍さんの時もそうだったが悪意と嫌味に満ちている。
Posted by 読者 at 2008年11月01日 21:19
スレ違いすいません。
このゴタゴタの中、池袋中華街計画の布石ともいえる動きがあったようです。

中国青年研修団、池袋「中華街」を視察―東京
http://news.livedoor.com/article/detail/3883643/

10月29日午後、青年団経済グループ25人は、張果(ジャン・グオ)総団長(中国重慶市青年企業家協会会長)と共に、近年、在日中国人が日本で最も多く集住する池袋を訪れ、現地視察の後、講演に耳を傾けた。同地区は中国人人口や中国関連店舗などの多さから、池袋「中華街」として注目を浴びている。
講師の段躍中さん(日本僑報社編集長・日中交流研究所所長)は、70万人を超える在日中国人は日本最大の外国人人口であることを説明し、中でも「池袋は交通の便がよく、中国の食料品店や中国語書店など、中国に関連した店舗が数百軒以上ある。首都圏の中国人を支える街であり、日本社会との共生を目指す街」と述べた。
講演後、団員は「日中の友好が池袋からも高まれば」「中国語新聞や週刊紙が池袋に集中していることを知り驚いた」などと感想を述べていた。
研修団は奈良・大阪を回り、ホームステイ後、11月7日帰国する予定。(編集/TH)
Posted by シナ人も驚くほど池袋がシナ化していた at 2008年11月01日 21:51
「証人喚問」は是非開いて頂きたいですね。
「村山談話」と「河野談話」が出現した背景や経緯も確り検証してもらいましょう。

国民の知らない間に、勝手な事を…この二人には「死」をもって罪を償って欲しいです。
Posted by ハタラキアリ at 2008年11月01日 22:01
なぜ更迭か?

本来ならば麻生総理や浜田防衛大臣はマスコミから田母神さんを守るべきなのでは?

本当にこの国は一回滅びたほうがいいのか...。

地方に住む一個人に何が出来るのだろうか?
Posted by ダン at 2008年11月01日 22:01
>Posted by kuroneko
>輿石東参院議員会長は毎日新聞の取材に「更迭したら終わりという話ではない」と指摘。4日の党役員会で、党としての対応を協議する見通しだ。

本当に「更迭して終わり」にして欲しくないです。談話と論文の違いは?どちらが正しいのか?当時の状況や現在までに新たに判明したことと含めて「事実」は何であったのかをはっきりとさせて、その上でこの「村山談話」をどうするか議論して欲しい。
そもそもこの談話が発表された当時の日本の政治状況が極めておかしな状況だったことも含めて考えるべきです。
Posted by 田中周 at 2008年11月01日 22:04
☆アジアの真実☆

今後は中国人同士の子供でも日本国籍が取得可能に〜
危険な国籍法改正案が成立寸前〜
Posted by kuroneko at 2008年11月01日 22:16
鳩山由紀夫がまたやってしまいました。
一体、この男は何を考えているのか、いやまったく考えていない単なるでくの坊なのでしょう。
『民主党の鳩山由紀夫幹事長は1日、千葉県印西市で街頭演説し、田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長が過去の日本の侵略行為を否定する論文を書いたことについて「諸外国、特にアジアの国々にどんな影響を与えるか、大変心配だ。将来また日本が何をするか分からないという恐れを(海外に)与えるなら、政府全体の大変大きな責任だ」と批判した。

 さらに「政府の一人ひとりが、本当にかつて犯したことに対する痛烈な反省の気持ちを持っているか、確かめなければいけない。現在(補給支援特措法改正案の審議が)行われている参院で、もっと深く掘り下げる」と述べ、国会で取り上げる考えを示した。』
なんと政府の任命責任を追求するそうだ。
Posted by ポタ at 2008年11月01日 22:23
この田母神さんのこの論文を支持します。
麻生総理はどうでるのだろうか?
ぜひとも売国奴共をはね除けて田母神さんよくいったといって欲しいです。
Posted by 三石 at 2008年11月01日 22:30
「過去の過ち、謙虚に反省を」 空幕長論文問題で韓国政府が論評

 防衛庁の田母神俊雄航空幕僚長が過去の朝鮮半島の植民地支配を正当化する論文を書いて更迭されたことについて、韓国外交通商省は1日、「論文で主張する内容は歴史の真実をごまかすものであってはならないこと」と批判する論評を発表した。「過去の過ちを謙虚に反省し、歴史の教訓とすることが国際善隣友好関係の根幹」と再発防止を求めた。

 空幕長の更迭を1日付1面で報じた主要紙は東亜日報のみ。外交通商省の論評も短く簡潔で、韓国は今のところ比較的冷静に受け止めている。(ソウル支局)(22:12)
Posted by kuroneko at 2008年11月01日 22:43
朝鮮は1637年仁祖15年朝鮮皇帝を認めたくない清(中国)が朝鮮に軍事侵攻(丙子胡乱)し降伏させて60万人の朝鮮人を捕虜にした。
以来、清から隷属を強いられ、清の最下位の属国になった朝鮮は、清からの使者を朝鮮王が「迎恩門」でひれ伏して迎える。
その酷い扱いは、「朝鮮王国実録」始め、当時の資料に記される。
朝鮮王の嘆願で、日本が清を打ち破り(日清戦争)1895年「下関条約第一条」調印で朝鮮を独立させた。
「迎恩門」を壊し「独立門」を設立1897年(明治30年)
その後、「日韓併合条約」1910年締結。「日本国朝鮮地方」となった。

1945年までのたった35年間で、何の技術も資源もない朝鮮に、借金を払ってやっただけでなく5000を超える学校を始め、奇跡と言われたほど乞食から近代化文明を作り、日本人による「朝鮮語辞典」(朝鮮日報2004年2月)が生まれた。
最近韓国で「古国旗」が発見「大清国属」の文字を削って発表した。
息を吐くようにウソをつく朝鮮人。
Posted by 武 at 2008年11月01日 22:49
日本の国籍を風船のように軽くし、ゆくゆくは国籍をなくす。これは地球市民思想と合致します。
 既に、中国マフィアや華僑が全国ネットワークを完成しています(要検索)。後は「いつ襲うか」の号令待ちじゃないでしょうか。その契機は自然災害発生時か、それとも中国の軍事演習時か、それとも日中軍事交流時か、それとも上海万博直後か、それとも立法府を完全掌握して天皇制を葬り去った直後か。
Posted by 世も末(敵との衝突は避けられないと思います) at 2008年11月01日 22:54
今回の懸賞論文による更迭の件で、売国政党やキチガイ学者らが批判しているのは分かりました。
 では、賛成・賛同している人はいるのでしょうか。もし一人もいないのであれば、日本が日本じゃなくなっている証左です。
 学者ですよ。国会議員ですよ。評論家や専門家ですよ。一人もいないのですかね。
 完全に狂ってますな。
Posted by ところで賛成派はいるの? at 2008年11月01日 23:03
この論文を読んで、
侵略云々の部分だけを抜き出してバッシングする
民主党やらマスゴミやらはアタマ大丈夫なんだろうか…
Posted by 売国マスゴミを日本から叩き出せ! at 2008年11月01日 23:10
朝鮮人は、歴史を改竄し日本を侵略者にしようとあらゆる卑怯なことをします。
☆イザベラ・バードの朝鮮紀行を韓国が改竄か?
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10131451872.html
Posted by 歴史改竄を許せない at 2008年11月01日 23:12
5
結局のところ、捏造歴史と言う武器をかざして情報戦を仕掛けて来た反日勢力に屈し、政府内部に反日野党とも繋がってる朝鮮カルトのソフト侵略を、許してる今の政府の現状が真実を述べれば弾き出されると言う、歪んだ構造が形成されてる事の問題が根底的に有るんだと考えます。

ひとえにコレ皆、東京裁判無効の受け入れを現実のものとして居ない点が諸悪の根源であります。今の政治状況下では無理ですから、我々国民がマッカーサー証言の報道に関し、既に沖縄では済んでるその報道を本土の国内にも報道させるべく大々的国民運動で成就させ、政治課題に持ち込んで無効の確認宣言をしない限り、同じ事の繰り返しで益々ヌカルミに沈み込み日本は確実に侵略されて来ると考えます。
Posted by もう一つの危機管理 Buster21 at 2008年11月01日 23:15
こうしましょう。国籍法を平気でいじくり回すキチガイ立法府を糾弾するしかありません。
 そこで、
)萋交代で数百人が国会を取り囲み抗議する
△修琉戮帽餡餠瓩にテントを張り全員が住み込む
食費その他の経費は世界戦略研究所が支出する
せ抻者たちは世界戦略研究所にカンパする
 どうですか、名案でしょう。あはは。
Posted by 最後の手段 at 2008年11月01日 23:28
中国「侵略美化に憤慨」

 【北京1日共同】中国外務省の姜瑜副報道局長は1日、防衛省の田母神俊雄航空幕僚長が過去の侵略戦争を正当化する論文を発表し更迭されたことについて「自衛隊の現役の高官が公然と歴史を歪曲し、侵略を美化したことに非常に驚き、憤慨している」と批判する談話を発表した。
 一方で「日本政府が表明した態度と既に取った措置は知っている」として、田母神氏を即座に更迭したことを評価。日中関係を重視し、これ以上は事を荒立てないようにする思惑があるとみられる。
 姜副局長は「日本軍国主義が侵略戦争で中国国民を含むアジアの人民に重大な災難を与えたことは疑問のない歴史的事実だ」と指摘。
 その上で、歴史を正しく認識して対処することが両国関係発展のための政治基盤だとして「中日両国は関係の大局維持に、ともに努力するべきだ」と強調した。

共同ニュース2008年11月1日
Posted by kuroneko at 2008年11月01日 23:29
論文内容は、憂国のみなさんをよろこばせるものだったかもしれないが

結果は、更迭という事実を残した、これを覆さない限り、情報戦に負けたことにほかならない、しっかり見つめてほしい

この騒ぎのせいで、またあらたに、自虐史観の肯定がでてきてしまうのだ

情報戦という、戦いを知らなければならない、無駄死にをしてはいけない
Posted by 孝彦 at 2008年11月01日 23:36
母の話だと私は生まれて最初に発した言葉がこれだそうです。
 流石は先見の迷い子。
 いや真面目な話。私がネット活動を初めて直ぐに使った言葉の一つ。後は「朝鮮汚染」など。
 結構、造語はしていますが、流行った試しがありません。
Posted by 情報有事 at 2008年11月01日 23:46
この論文は反日左翼の人々が目に触れないように隠してきた事実を詳細に調べて述べたものです。
こういう事実を知られることは、困る者がいるわけで、東京新聞などは何処かの大学教授をつれてきて否定のコメントだしている。

これは三島さんの記事の一部ですが、私達はこの論文をしっかり頭に叩き込み、さらに日本の歴史を深く知ることが大事ですね。
そうすれば桜井良子さんのように何を言われても毅然と反論できるのです。
Posted by 読者 at 2008年11月01日 23:46
敵が勝った。日本が負けた。ウソが罷り通るこのおぞましさ。武器を手にしたい。あらゆる面で怒り爆発寸前。
(軽々しく言うな)
(こういう批判は的外れだと思いますよ)
(どれほど怒っているか)
Posted by 集団自決2審も日本側敗訴 at 2008年11月01日 23:56
田母神俊雄空幕長論文の趣旨に賛成です。大東亜戦争に至る歴史上の重要な問題点が簡潔明瞭に述べられ、それには多くの真実が含まれていると思う。
所謂GHQ史観に染まった化石頭の評論家はほっといて、新しい歴史認識としての「叩き台」にするべき論文なのでは、という気がします。

但し、国内外(特亞3カ国というよりも特に米国が大きいが)の現状を考えると、今回の政府の処置はやむを得ないかも知れない。

 ただ、張作霖列車爆破事件の真相については、コミンテルンの工作説は「極めて有力」でも「有力」でもないと思う。「再検証は必要」程度ではないだろうか?近衛首相時代の情勢悪化についても、内外のコミンテルンの策動の影響は大きいだろうが、それを把握・対処できなかった我が国の責任もれっきとしてあり、「我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」とばかりも言ってられないと思います。(但し、その「引きずり込む」圧力は国民党軍だけでなく記述されているように、中共軍・コミンテルン・その他大変なものだった)
 近衛内閣時の日独伊三国同盟も、昭和天皇は強く反対されていたと思うし、(当時の松岡外相も日米戦争を避ける意図だったにしろ)残念に思う(所詮後智恵だが)。
Posted by 月影兵庫 at 2008年11月02日 00:00
マスゴミは、正しいことを発言する人をなぜここまで貶めるのか?
第一権力者になったつもりか!!
私たちは断固立ち上がらなければならない。

Posted by kuni at 2008年11月02日 00:02
せと先生、お疲れ様です。
早速ですが、これはまずいです。
幕僚長の主張は、「シナ事変は蒋介石の先制攻撃で始まった」という点は正しいです。(第二次上海事変)
しかし「太平洋戦争は外国に仕組まれた」というのは間違いです。ただの陰謀論ではずるがしこいシナ人には勝てません。
反米、ユダヤ陰謀論とかに誘導されて「夷を以って夷を征す」をされてしまいます。
仏領インドシナ進駐(フランスが追い出されたわけではない)、三国同盟参加がアジア解放なわけがありません。
真珠湾攻撃も日本海軍が自分の意思で、入念な準備をした先制攻撃です。
早急に兵頭先生、別宮先生らを招いて勉強会などを実施して、余裕のシナが仕組んでくる西側諸国分断工作に対抗しなければなりません。
Posted by 火竜 at 2008年11月02日 00:06
資料の提示はスペースと手間の関係で省く。

 すみません。疲れたようです。二、三日休暇を取りたいと思います。
 先のエントリーで限界でした。

(一人浮いているというより、疲れていて説得力のある真面目な書き込みが出来ないという事です)
(一人浮いているのはヤフーで慣れっこでしたが、あそこは敵しかいないので浮いていて当たり前ですが、ここで浮いているのは問題です)
(どうも風邪を引いたようです)
Posted by いやいやそうじゃない at 2008年11月02日 00:13
先ほどKTVから帰ってきました

久々に面白い文面が出てきましたね
しかし下品な事はその通りと思います
みなさんは、あーって思うと思います、が
9.11は誰もが???って思う部分がありますが
公式的には発表通りになります
なので残念ですが、どう言おうと公式的には
政府の発表通りになるでしょう・・・
これが世界の常識でしょう
日本は正直すぎます
とても良いことですが他の国はこの反対です
これを知るべきです

今中国は豊かに成りました
なので旅行で来てください
ちょっと内陸に入ってください
戦後の日本と同じです(もしくは30〜40前の日本と同じ)
かなり引くと思います
その昔何を略奪する物があったでしょうか?
なんだか分からないまま騒いでいる左翼の人のどうぞ
中国内陸旅行をお勧めします
(衛生的にもかなり・・・きついです 今はすでに2008年です)

日本嫌いの左翼の人へ
駐在人より

PS・・・シナのKTVは面白いよ こんな仕事しか無いよここには・・・
Posted by 駐在員 at 2008年11月02日 00:28
リンク先を一気に読んだら日付が変わっちゃいました。
昭和一桁生まれの日本人でありながら、なぜか自虐史観の影がちらつく実家の親父に、印刷して送りつけてやろうと思います。
今はそれ以上の感想を書く気力もおきません。
よーくわかりましたが、冷や汗がでますね・・・
Posted by JUM一郎 at 2008年11月02日 00:30
国会に田母神長が呼ばれる?
民主の鳩山ま〜たくだらないこといってます。

なんか国会取り囲みたいなあ。

せと先生。先導してくれませんか?
Posted by やれやれ at 2008年11月02日 00:43
おい!公明党の山口!「再教育が必要」やと?あほか!?堂々と正論延べられた空幕長ならびに自衛隊員に対して失礼なこと言うなボケ!
お前らが崇拝する「池田大作先生」は現在も、嘗ての日本軍がやってもいない「虐殺」やインフラ整備や教育の普及、奴隷制度の撤廃を推進して朝鮮を立て直した大日本帝国政府の偉業を「植民地支配」と捻じ曲げ激しく糾弾してシナ、朝鮮の関係者らに律儀に謝罪しとるよなw
お前ら公明=創価こそ、きちんと歴史学び直せ!お前らこそ「再教育」の必要が有るのと違うのか!?w

↑同じような文章をヤフーニュースにコメントしたところ、暫くたって消されました(苦笑)
こちらだったら大丈夫のようですね(笑)
Posted by 中朝韓粉砕 at 2008年11月02日 00:50
5
Posted by 最後の手段 at 2008年11月01日 23:28
>>
どうですか、名案でしょう。あはは。
<<<

コレを辛抱出来ないからオチコになるんだょな。。。
本能で行動する人種はチャンコロにまで侮蔑されちゃうんだよなー。
Posted by もう一つの危機管理 Buster21 at 2008年11月02日 01:29
国連人権委「日本、慰安婦問題謝罪すべき」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=106742&servcode=A00&sectcode=A00
Posted by 弱腰外交の結実 at 2008年11月02日 01:31
  不思議ですねー
勉強不足で戦争に至る経緯は くわしくはしりません。
  でもですよ
日本人が 日本の正当性を主張する。そしたら 日本人が にっぽん人が
ニッポン人が 袋だたきにして 追放する、
 ふつう 逆でしょう まったく この国はどうなってんだろう。
 ほんと
 日本よいずこえ〜〜   だわ= 
Posted by 六 at 2008年11月02日 01:55
5
幕僚長の論文は右左関係なしの、本当の事実を書かれただけです。
偏った意見と批判しますが事実を書いて偏っているとは言語道断。
さすがは自国民に偏った歴史を教育する某国の手先どもですな。

しかし最近は言論の自由がありませんね。
メディアや政府が個人の思想を封じるのは憲法違反では?
ドイツや欧米諸国の様にナチス思想の禁止が憲法や法律に明記されているなら、思想批判や何らかの処分を与えるのは分かりますが。
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 02:43
ちょっと書き直します。

せと先生、いつもお疲れ様です。
早速ですが、これはまずいです。
幕僚長の主張は、「シナ事変は蒋介石の先制攻撃で始まった」という点は正しいです。(第二次上海事変)
しかし「太平洋戦争は外国に仕組まれたものだ」というのは間違いです。
こうした陰謀論では、ずるがしこいシナ人には勝てません。かえって反日工作に利用されます。
工作員によりユダヤ陰謀論や国際金融資本陰謀論に誘導されて、なぜか敵がシナからアメリカにスライドし、孫子の言う「夷を以って夷を征す」をシナにされてしまいます。
日本の仏領インドシナ進駐(フランスが追い出されたわけではない)、三国同盟参加はアジア解放でも何でもありません。ナチスドイツは人種差別主義を露わにしていました。
真珠湾攻撃も日本海軍が自分の意思で、入念な準備をした先制攻撃です。
早急に兵頭先生、別宮先生らを招いて勉強会などを実施して、シナが仕組んでくる西側諸国分断工作に対抗しなければなりません。
シナが静観しているのも、日本側の自爆と見ているからです。
Posted by 火竜 at 2008年11月02日 02:56
田母神!またお前か!
「そんなの関係ねぇ」発言。
参議院議員の佐藤正久の支援団体に政治献金。
で、今度は耐震偽装のアパグループが主催する懸賞論文に応募か。

品は無いし、規律もまともに守れないし、
こんな野郎を将官にする自衛隊は、ほんと根本的に腐ってるな。
Posted by カレスキア at 2008年11月02日 03:49
追記すいません。

アメリカの陰謀もありますが、それに匹敵する程のソ連陰謀もあると思います。
詳しい事を語ると長くなるので語りませんが、アメリカだけが仕組んだ戦争でもないという事です。
アメリカや欧米諸国の植民地政策、ソ連の領土拡大野心、支那の領土統治を駆けた国民党や共産党の争い、などのとてつもない思惑の為に日本が巻き込まれたのが正しい事実だと思います。
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 03:51
「朝鮮民主」党(笑)鳩山は「(中国人韓国人に対し)日本国民は一切批判してはならない、心にも(私心)思ってはならない!」と街頭で熱弁していた。
一方で、日本人拉致犯罪者の韓国人には『釈放嘆願書』に署名し、韓国の反日集会には進んで参加、我が国の国旗を汚い靴で日本の政治家が踏み付けている。

韓国は竹島を侵略し、対馬や沖縄や北海道まで「韓国領だ!」などと公言。

さらに日本文化を禁止排斥して日本のTVには図々しく出て来る韓国人達。

日本人は戦後、どんだけなめられてるかわかる。

また在日チョンによる日本人殺害がおきた。何故韓国に謝罪と賠償をさせない?日本のTVは「下着泥棒」の報道。

昨日も、今日も、毎日毎日「日本はカンコクブーム!!」なんだそうだ。昨日も深夜遅くにまでNHKは韓国ドラマを熱心に放送。日本国の電波と日本人の受信料で。
Posted by もはやTVは日本人の敵!! at 2008年11月02日 04:25
>>カレスキア
その腐っている自衛官に、あなたは、守ってもらえてる!!
もし、嫌なら、日本から出て行け!!

>>火竜
兵頭二十八のブログ見たことある??
Posted by 民族派しょこたん12号 at 2008年11月02日 04:57
いやーー。
久しぶりにGJですね。
自衛隊が健全であることが証明されて良かったですね。
がんばれ自衛隊。
Posted by kuni at 2008年11月02日 05:09
中・韓というより、冒頭からGHQとアメリカに喧嘩を売っていますね。
ただのたか派論文なら、クビになられた時点でシャンシャンになるはずですが、アメリカを敵に回したので鳩山さんが必要以上に発狂しているのかも・・・と思いました。
Posted by 読んで思った at 2008年11月02日 05:14
ホントに風邪を引いたようだ。ここ6〜7年、風邪など引いたことはなかった。タバコの味が変わったから間違いない。さて、どなたから、「本能で行動するからオチコになる」とのご指摘があったが、オチコはない。風邪が原因だ。怒りという感情を抑える日本人の特技には感心する他はない。ところで、この件、読売社説を読むと、やっぱりマズイ点もなきにしもあらずだな。「赤い保守」とはいえ、一応新聞社説だからね。
Posted by 疲れは風邪が原因(論文が問題視された背景もあるが、論文自体にも問題はありそう) at 2008年11月02日 05:50
私がかねてから主張している事の一つに、「戦争責任の有無と時効」がある。要旨は以下の通り。
 「人類史において、民族間、国家間、宗派間などの争いで、『実質的な責任』を追及され、謝罪や賠償を要求され続けた民族、国家、宗派があったろうか?」
 恐らく日本だけだ。これは戦勝国による「半永久的な日本支配」であり、「敗戦レジーム」と呼ぶに相応しい。
※問題の論文にも、その一端が窺える。
Posted by 風邪で寝込む前に(何処の国が戦争責任を半永久的に負っている)(いい加減に目覚めよ!) at 2008年11月02日 06:11
論文を批判するには、読まなきゃならん。普段から政治や歴史に興味のない主婦や若者も、これを読んだら考え方に何らかの影響が出るわな。左翼さんらには、其がたまらんよな。無視する訳にも行かず、さりとて騒ぎ過ぎて、得意の憲法九条縛りで洗脳したはずの世代が戦後教育に疑問符を投げ掛けるきっかけになってしまう。
特亜と米国メディアも、満州事変の解釈を主な問題点にしているが、真珠湾攻撃の陰謀には言及せんな(笑)
Posted by ナナシ at 2008年11月02日 06:18
Yahooのトップに毎日新聞の煽るような長い記事が、ずらずら〜と掲載されています。
そして、中・韓が猛反発を開始しました。
一方で中国は、「迅速な対応がとられたのでこれ以上の関係悪化は避けたい」構えのようです。(サーチナ参考)

毎日新聞などが、拳を下ろしかけている中国を更に煽るか否か、あと数日は注目せねばなりません。
もし、沈静化しつつある中国などを更に煽るようであれば、「マスコミ」の煽動を疑って構わないと思います。
Posted by そして案の定、、、 at 2008年11月02日 06:22
(米国は言うに及ばず)先の世界大戦後、一体中共は何人の自国民を虐殺し、餓死させただろうか。一体何人の他国民を虐殺しただろうか。ソビエトは終戦後、一体何人の日本人をシベリア抑留で虐殺しただろうか。韓国はベトナム戦争で一体何人のベトナム人を虐殺しただろうか。これ皆、(先の大戦が終了した)戦後の出来事である。日本の戦争責任を問う資格など全くないのだ。
 だいたいが、列強の植民地支配が問われた事があるか?
Posted by ましてや虐殺国家に非難される謂われはない(いい加減にしろ!戦勝国どもよ!) at 2008年11月02日 06:24
中国や韓国の政府当局者も、全文読み上げて批判できんわな。内容が思い切り過ぎていて、しかも現役高官が書いたと知っては、恐ろしくて迂濶にいつものようにヒステリックな声明を出せんみたいじゃな。

Posted by ナナシ at 2008年11月02日 06:34
 正しい! 航空幕僚長の論文は正しい、
どこがまちがっているのか、ブログ第7位の「天木直人」さんは、指摘してから
批難すべきだ。さすが高学歴の外務省出身者というべきなのだろうか、
彼等は日本に生まれ一体どこの国の人間として育ったのかと疑うばかりだ。
しかも、天木ブログにはコメント欄もない、ずるい人だ,

、、瀬戸先生、故朝木議員、そして日本の情けない現状について献身的な行動力に感謝するばかりです、日本の真の姿を知るたびに、瀬戸先生ならびに西村先生の行為のまことの意味がわかります、尊敬しています,

どうか、お身体に気をつけてください、
Posted by サラリーマン at 2008年11月02日 06:38
拳を下ろす中国、煽るマスコミ、さてどうなるでしょう?

航空幕僚長:中国政府は「迅速な更迭」で“一応の納得”http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081101-00000019-scn-cn
>冒頭部分にある記者の質問部分でも、「日本政府は、(田母神・前航空幕僚長の論文を)政府の立場と、日本がアジアに対して行った植民地統治と侵略を深く反省して詫びた、『村山談話』の精神に背くものだとの考えを公に示し、迅速に更迭したが、この点を中国側はどのように評するか」などと、やや不自然なほど長く、日本政府の動きが中国政府を納得させていることを示唆する内容が盛り込まれている。

【毎日新聞】田母神・空幕長更迭:「信念で論文書いた」 過去に「そんなの関係ねえ」
http://mainichi.jp/seibu/seikei/news/20081101ddp041010014000c.html?inb=yt
Posted by 煽動体質? at 2008年11月02日 06:40
昭和初期の出来事も、歴史もほとんど知らない
また知ろうとも思わなかった者にとって、この論文は
読みやすく、理解できました。

政府関係の意見と違う見解とありますが。
政府は、村山談話を踏襲。とあります。
村山総理は、社会党。
自衛隊は社会党の考えに沿う。と言う事?

社会党は、自衛隊は違憲だ!と言ってました。
自衛官が自衛隊は憲法違反だと?
なぜ、村山総理は、違憲である自衛隊の最高指揮官になったのでしょう?
 
昭和初期の出来事、日本政府、憲法と自衛隊、知れば知るほど
よく分りません。
Posted by まみこ at 2008年11月02日 06:48
5
日本にある唯一の責任は、敗戦した責任のみだ。
もしあの戦争で日本が勝ってれば、支那やソ連の大虐殺はなかったはずである。
侵略した責任などは全く無い。

政府は今こそ戦後に虐殺された皆さんに、敗戦後に支那やソ連を戦勝国として権力を強くさせてしまった事にお詫びをすべし。

これこそサムライの心だと思いますが。

皆さん私の意見どう思いますか?
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 07:03
〉雅美さん
 そうです。
 私のように長々と説明する必要はありません。バカな自虐史観に洗脳されたブサヨや、もともとが乞食・アウトローの糞半島棄民がいるから説明しなくてはならない。
 戦後、日本統治を「敗戦レジーム」という枠組みの中で実施し、『ゆすり・たかり』をしてきた「ハイエナ」どもが戦勝国らですよ。
※終戦直後に日本国内、朝鮮半島、中国、シベリアで日本人大虐殺があった事も知らされていません。
Posted by 勝てば官軍負ければ賊軍 at 2008年11月02日 07:16
5
>勝てば官軍負ければ賊軍

政府が日本が敗戦した事に対する国民への謝罪ってした事ありますかね??

私はよく戦勝国(支那など)への謝罪は聞きますが、自国民に敗戦の謝罪を聞いた事ありません。

敗戦の将語らずではすませられない。

あの敗戦は日本史上最も恥じる行為である。
当時の軍部や政府の政策はおかしい。
石原寛爾中将の様な賢明な方を何故更迭したのか。
日本の自尊心を壊した敗戦の責任は重大である
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 07:29
何回読んでも当たり前のこと真実をいっている、これが適切でないと言うなら、今まで嘘を言ってきたのがばれたからだろう。嘘を言っていた政治家
マスコミ 言論人がこぞってけしからんと騒いでいる。そして中国 韓国
この大嘘はき国家も真っ青になりけしから?真実を言うなけしからんだろう。
Posted by 佐助 at 2008年11月02日 07:32
終戦直後の占領統治はGHQで、東京裁判という茶番劇まで用意し、実際の戦後の日本統治については、米国ワシントンで「戦勝国会議」が取り決めていました。日本政府が敗戦を自国民に詫びる機会があったとすれば、GHQが去った後の国会だと思いますが、天皇が敗戦当日に詫びていますから、それを以て完了という見方も出来ます。
Posted by 勝てば官民、負ければ賊軍 at 2008年11月02日 07:38
5
追記
侵略戦争から平和の大切さと、日本の暴虐行為から学ぶなどという架空物語を語るのはおかしい。
この戦争で敗戦した事から日本は何故負けたのかを、各地域別に詳細に分析し、その敗戦の原因を正し、更に強い真の独立国家にするというのが筋ではないだろうか。
戦前日本が全て悪いで否定だけでは向上などないに等しい。

左翼の気違いじみた嘘からしか学ばなかった日本人ばかりになった日本の未来こそ今の現状であろう。
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 07:46
5
>勝てば官軍負ければ賊軍

あの素晴らしい敗戦の弁を何故、戦後政府は常に継承してないのでしょうか?
日本は耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び降伏したんですよ。
この苦悩こそ日本の戦後の総意であります。
それなのに、村山・河野談話の様な馬鹿げた謝罪談話を継承して政府方針にしている政府はおかしい。
私は謝罪談話の相手は国民だと思っています。
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 07:54
〉雅美さん
 結局、戦争という究極の殺し合いは勝たないとダメなんです。
 学ぶべきは、「如何に戦争に負けたらあかんか」「如何に勝てない戦争をしたらあかんか」という事です。
 その勝てない戦争に捲き込まれた日本ですが、果たして勝てないとわかっていた戦争を日本から仕掛けるほど愚かだったのか。いや違うのではないか。仕掛けたのは国内に潜入したスパイや工作員、そして対戦国ではなかったかというのが論文の主旨。
Posted by 勝てば官民、負ければ賊軍(スペースが足りない→この論文の主旨ではないでしょうか) at 2008年11月02日 08:10
>勝てば官軍負ければ賊軍

貴殿が指摘している点を戦後政府が全く野放しにしているのが非常におかしい。
敗戦から学ぶ事が間違っているのでは(笑)

国会、政府、国民の間にスパイが多数いるスパイ天国・日本は馬鹿じゃないか。
また戦争に巻き込まれるよ。
それも今度は各地でテロが起きます。

私の主旨はおおまかに理解はして頂けましたでしょうか?
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 08:21
先ほど、違う掲示板を見ていたのですが、
そこでの、書き込みの中で、間違いを指摘している書き込みがありました。
>>竹島を実効支配となっているが、(実行)の間違いだと思う、、、、、
と、あと5,6ヶ所指摘していました。
私のもっている、コピーされた物は ちゃんと実行になってました。

昨日の夕方のTBSのニュースでも 秦郁彦先生は
『そうですね、いくつかの間違いがあります。細かいことですが、
 日付と人の名前、まず、ここの1936年は1937年、、』と
おっしゃっていました。  秦先生や、漢字の間違いを指摘した人は
違う文書を見ているのでしょうか?

TBSが秦先生に、年数と名前を書き換えた文書を見せて、コメントを
テレビで流した。 
なんて、考えは、妄想?ですか?
Posted by まみこ at 2008年11月02日 08:29
〉雅美さん
 私の「敗戦レジーム」という枠組みから考えれば、日本政府がおかしいのは当然です。だから、「主権回復を目指す会」その他の様々な有志団体が創られているのだと思います。

----

 あなたの主旨はだいたいですが分かりました。「戦争に負けたらあかんか」の次のステップまで踏み込んで主張されていますね。賛成です。
Posted by 勝てば官民、負ければ賊軍 at 2008年11月02日 08:30
5
>勝てば官軍負ければ賊軍

貴殿の様な素晴らしいお方に賛成して頂き非常に感謝致します。
ありがとうございます。

貴殿との情報交換は非常に有意義ですよ。

よろしければこれからも積極的に情報交換致しませんかね?
よろしければお返事ください
Posted by 雅美 at 2008年11月02日 08:36
〉雅美さん
 ありがとうございます。でも、私に期待するより他の参加者のほうがよっぽど情報通ですよ。私のコメントは偉そうに読めるから毛嫌いされています。
 「一人浮き世の素浪人」
 こんな感じ。
Posted by 勝てば官民、負ければ賊軍 at 2008年11月02日 08:41
5
なめ猫氏も書いておられるね

三島事件が思い起こされると。
Posted by ウオッチャー at 2008年11月02日 09:48
1
畜生!クズ!
Posted by テイコク at 2008年11月02日 11:01
田母神空幕長の書いておられる歴史的事実はおそらく正しい。また、この論文の最終的主張であるところの「自主国防力の確立」は全く妥当な主張であります。ただ事実関係の立証が十分であるとは言えません。論述に深みも不足していました。空幕長の論を否定するつもりは毛頭ありませんが、真理の探究という面においては高いレベルには達していなかったと思います。
何故、そのような曇りが生じたのか?文字数制限など諸事情もあったのでしょうが、最大の問題は「侵略国家」というものを巡る善悪観念への拘りが大きすぎたからではないかと思います。善悪に拘り過ぎると真理の光は曇るものではないでしょうか。まさに戦前の日本政府や日本軍が全く正当かつ善なる判断を繰り返しつつ、結局は国を破滅させてしまったことに通じると思います。そういう意味では空幕長もまた戦前の帝国軍人のレベルを超えることは出来ていなかったと思われます。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 13:36
また、空幕長の行為は素直なものではありませんでした。結果や効果、リスクなどを考え過ぎて、つまり勝ちや負けを気にし過ぎて、自分が本来素直に行うべき役割を外れたことを行ってしまっているからです。まぁ社会で円満にやっていこうとすれば人間の行為など通常そんなものばかりになるのは必然なのですが、今回の場合、どうやら空幕長は意識的に職や社会的身分を捨ててまで行為に及んでいます。そこまでするのならば、論文を投稿するなどという回りくどい、本来空幕長が本分とするのではないようなことを以て職を賭するのではなく、どうせ職を擲つのならば、軍人らしくクーデター計画でも立てていただきたかった。
過激と思われるかもしれませんが、現在の日本の状況があのような小論文一つで何も変わるわけがありません。あんなもので日本の空の守りの重鎮たるべき人が職を賭するのは感心しません。軍人、武人が職を賭する、いや、そもそも武人ならば「職=命」と心得るべきで、それはもちろん武人である以上は自己の生命だけでなく、あえて他者の生命も場合によっては奪うという罪を被る覚悟も負うべきで、まさにあらゆる意味で「命を賭けて」軍人が社会に一石を投じるという思いが空幕長にあったとしたなら、それは軍人として(善悪など度外視した)最も素直な行動は、あのような抽象的な論文を書くことではなく、まさに具体的な軍事的クーデター計画の立案、そして実行であるべきであったと思います。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 13:37
もちろん失敗のリスクは極めて高く、また失敗した場合はもちろんのこと、成功した場合でも大変な非難を受けるであろうし、後世に亘って極悪人扱いされる可能性もあります。また実際、戦前の例のように、後に大きな禍根となる可能性もあります。しかし、それでもあえて軍人が己を擲って行動するのならば、その素直な形はあのような文章ではなく、軍事的行動であるべきであったと思います。クーデターを殊更に推奨しようというわけではありません。ただ、あのようなことで空自のトップが辞めるべきではないということであり、そこまで覚悟があるのならば、何故クーデターという選択をしなかったのかということを言いたいのです。結局は勝敗や効果、リスク、自己の評判、善悪観念などに縛られて、真に素直で自由な行動には至らなかったということでしょう。
なお、こういう論であるならば、例えば2・26事件の青年将校たちを肯定するのかということになるかもしれませんが、彼らは当初の動機である「困窮した東北の農民を救いたい」というものは素直なものでしたが、結局はクーデターに天皇を利用するために近代天皇制度に関する神儒混淆的な善悪観念に拘り、硬直化していき、曇っていきました。それが彼らが失敗したのみならず、やや魅力を感じさせない存在へと堕していった大きな原因であり、そういう点において彼らを肯定は出来ません。むしろ三島由紀夫の行動のほうが素直で自由であったといえるでしょう。(三島は2・26事件の青年将校を肯定していますが。但し、彼らと天皇との関係性については否定的です)
Posted by 土民 at 2008年11月02日 13:37
一言で言えば、空幕長の行動は武人らしくないし、間違いなく(なめ猫氏のブログにあるような)三島由紀夫の激に応えたようなものではないということです。三島が自衛隊員に呼びかけたのはクーデター決起であり、論文を書くことではなかったからです。現在の自衛隊には幕僚長を筆頭に武人は存在しないのかもしれない。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 14:06
正義など実現しなくてもいいのだが、現在の明らかに不自然な日本の国の形を正して自然で真っ当な国にしてもらいたいものだ。そのために武力を有効活用するのが武人のやるべきことであろう。武力が無ければ出来ないこともある。国民から武力を取り上げて武力を独占している立場が軍隊である。だから軍隊でないと出来ないこともある。現在の日本の状況は言論の力では変えられるようなレベルではない。幕僚長は武人でありながら妙に言論や民主主義に過度の期待をしておられるのか?国民意識の変化に期待しても今の日本は変わらないと思う。もし国民の力で国を変えたいというのなら、まずは国民に武力を返してもらいたい。そうすれば革命を起こして国を変えてみせる。それが出来ないというのなら、軍がクーデターを起こしてもらうしかない。どうも幕僚長は平和ボケしてしまっているようだ。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 14:15
今回の空幕長の投稿論文はとても読みやすく出来ていると思います。
たぶん小中学生でも理解できるレベルの文と言ってもおかしくないくらいです。
なので、議論が大好きな大人の方からすれば少し物足りない感じがするのでしょう。
しかしこれは我々全ての日本国民に対しての問いかけのような気がします。

僕の個人的な感想としては、「全くの正論」であります。
大東亜戦争で戦死された僕の祖父の墓前にお供えしたいくらいの論文です。
Posted by 平成の志士 at 2008年11月02日 14:25
それにしても、「行動する保守運動」を標榜するこのブログの賛同者の方々が、このような(軍人本来の意味で)非行動的な軍人をあまり過度に讃美するのは、あまり感心出来ることではありませんね。もちろん幕僚長の論自体は正しいもので、それを更迭する政府は間違っているので、政府批判の文脈で幕僚長を擁護するのはいいと思いますが、軍人としてあまり褒められた行動ではないのですから、それ以上讃美する必要は無いでしょう。武人なら戦場で死すべきであり、投稿した論文で更迭されて働き場所、死に場所を離れるべきではありません。士道不覚悟でしょう。まぁ今回の件を羞じて幕僚長が切腹でもして果てるというのならば武人の面目躍如というところでしょうが。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 14:27
土民氏>底の浅い論文よりもクーデターを!

正論です。村上・河野の悪意を葬り去り、この国を敗戦のくびきから解き放ち、世界諸民族の自立と解放を勝ち取るべく、クーデターを行うべきです。

多言はいらない、放送局と国会を取り囲み、議会を停止し、憲法を作り替え、まともな国にこの国をするだけです。

自衛官は決起せねば無用の長物となるか、米軍の下請けか、支那共産党軍日本方面軍か、いずれ日本民族のための軍ではなくなる可能性が大きい。

 文断から武断へ!

文化大革命中の日本という認識は明確に三島を意識した反革命決起へいたる意図をうかがわせはするが、今後の行動が自衛隊及びこの国の将来を左右するのは間違いない。

自衛官よ、決起せよ!

日本民族とともに国会を包囲しよう!

Posted by けんぶつ at 2008年11月02日 15:40
時期尚早
Posted by 日本人 at 2008年11月02日 17:27
>>日本人

時期尚早・・・その通りでしょう。クーデターなど起こしても成功するはずがありません。しかし成功しないからやらないということでいいのでしょうか?「時期尚早」と言い続けて何もやらない。小賢しい計算ばかりして何も行動を起こさない。時々、この幕僚長のように威勢のいい論文でも書いて悦に入っていればいいというのでしょうか?おそらく1ミリも社会を動かすことは出来ないでしょうね。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 17:43
60年以上、「時期尚早」と言い続けて何もやらなかった。その結果が現在の日本であり、現在の武人なき自衛隊です。それで本当にいいのでしょうか?そろそろ根本的に考え直す必要があるのではないでしょうか?戦後保守派の在り方は間違っていたと思います。
Posted by 土民 at 2008年11月02日 17:48
大陸の方たちは極力謝りません。自分がやったことが間違っていたと指摘されても何とか正当性を主張します。
島国の人たちは、間違っていなくてもよく謝ります。あいさつから謝っている人もいます。本人はそんなつもりはないのでしょうが、、、島国人の間なら謝りあうので問題はないのですが、大陸の人と島国の人が話をしたら謝らなくて自分の正当性を是が非でも主張する人と悪くなくても相手の気分を害したのならとりあえず謝る人という図式が出来上がってしまうわけです。

もう日本は謝りすぎて自分の正当性を主張しても相手にしてもらえない状況なのでしょう。
田母神俊雄氏の論文は読んで涙が出てしまいました。
命を張って未来を築こうとした人たちの気持ちに触れたような気がしたからです。

日本の正当性を主張してしまったら、日本は裕福でることができなくなってしまうんでしょうね。。
中国にアメリカに媚を売らなければ裕福でいられない、ニートもニートでいられない。
今の裕福さを手放す覚悟がなければ、正当性は主張できないし、強気な外交もできない、拉致被害者も帰ってこないというわけですね。。
迷いますね、、、
信念をとるのかお金を取るのか、、、

けど誇れる国がほしいのは確かなんですがね。
Posted by はじめてのkuma at 2008年11月03日 16:27
>実は蒋介石はコミンテルンに動かされていた。
>1936年の第2次国共合作により
>コミンテルンの手先である毛沢東共産党のゲリラが
>国民党内に多数入り込んでいた。
>コミンテルンの目的は日本軍と国民党を戦わせ、
>両者を疲弊させ、最終的に毛沢東共産党に
>中国大陸を支配させることであった。

コミンテルン好きだな。田母神w
旧ソ連に生まれてたら良かったのにw
Posted by ふひゃひゃ at 2008年11月03日 19:10
5
誇りを忘れた民族には滅亡が待っているだけです。
うつつのような経済は、絶対に長続きしないものです。
うかれているうちに外堀を埋められたら、笑い話ではすみません。

誇りさえ残っていれば、人間はどんな苦境からも立ち上がれるものです。
敵は、そこを狙っているのです。
Posted by すず at 2008年11月04日 01:06
5
連続投稿すみません。



カネのために、親や祖先を売る民族には、
世界は誰も味方してくれません。
軽蔑が待っているだけです。
気づいたときには、その「オカネ」も逃げていることでしょう。
Posted by すず at 2008年11月04日 01:09
田母神ってキチガイは自分のすべてをかけたと?w
退職金6000マン円全額もらってるくせに損まったくないだろ
このキチガイは名売りしたいだけだろ
あんな小学生以下のレベルの論文笑止千万
糞ウヨさっさとしね
Posted by くそウヨの歴史観ワロス at 2008年11月04日 10:06
小日本戦争反省しないなら
断交してもう一回戦争やろうじゃないか
全員殺してやるよ
Posted by 小日本しね at 2008年11月04日 10:08
1
インテリの装いで、無徳な奴
Posted by kasol at 2008年11月04日 12:05
国民の生活が大変な時に税金から6000万ものうのうともらってんなよ。論文賞金も含めて。
国益損ねる事しかしてねーじゃん。
退職金返上したらほんとの愛国者だよ。
管理人都合の悪い書き込みだけ削除すんなよ。
Posted by おい at 2008年11月07日 09:22
河野議員発案の国籍法改正案についてですが、絶対反対してほしいです。
国籍の安売りで外国人が押し寄せるだけでなく、海外の子供達の人身売買にも繋がってしまうのではと不安です。

近藤崇晴裁判官の傍論
「仮装認知を防止するために,父として子を認知しようとする者とその子との間に生物学上の父子関係が存することが科学的に証明されることを国籍取得の要件として付加することは,これも政策上の当否の点は 別として,将来に向けての選択肢になり得ないものではないであろう。」 生物学上の父子関係が 存することが科学的に証明されることを国籍取得の要件として付加すること 準正要件に、『DNA鑑定が必要だ』と言ってることになります。

(最高裁判決が曲解されて)今法案を飲まざるを得ないと議員が感じるならば、それを否定する根拠(上記)を教えることで、きっと力になれるはずです。どうかお願いします。
また、この改正反対への緊急集会のようなものはないのでしょうか?
反対署名のサイトは止められてしまい、国民の意思表示の場が無くなってしまいました。

関連動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5152617

Posted by at 2008年11月09日 09:02
退職金をもらうのが妬ましいだけの人がいるみたいですね。
幕僚長の立場にいて論文発表できるのでしょうか?(人の退職金額をいちいち並べ立てて騒ぐ人が幕僚長にまで出世できるとは思えませんが。)

小学生みたいな論文というだけなら簡単ですよね。
Posted by at 2008年11月09日 09:08
↑すみません書きかけ投稿してしまいました。

「幕僚長の立場にいて論文発表できるのでしょうか。」
ではなく
「そう言ってる人達は幕僚長の立場にいて論文発表できるのでしょうか。」
でした、ごめんなさい。
Posted by at 2008年11月09日 09:13
あんたの言ってる論点がよくわからん。
麻生の高級バーに関してはたいして叩く気にもならんが、こんなキチガイに6000万円も払うって日本の国庫にはホントに埋蔵金があるんだね。
いま生活が苦しい人たちがどれだけ日本にいてるのか知ってるの?
その分を給付金に上乗せしろって言いたい。

「幕僚長の立場にいて論文発表できるのでしょうか。」
まったくもってその通りです。
恥ずかしくないのかね?
Posted by 0 at 2008年11月09日 15:42

鳩山由紀夫夫妻と対談した田母神俊雄さん
http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0411_wine.pdf

その他、浜田靖一現防衛大臣も参加している
日本を語るワインの会 APAグループ主催

これ、明日バラされたら民主党恥モノじゃないの?
Posted by 陰ながら応援 at 2008年11月10日 13:23
3
朝日と中韓が日本に押しつける自虐史観がもたらす負の遺産に比べたら、6千万円なんてちゃっちゃなもんだろ。
自分が貧乏だからって難癖つけるその精神の方こそ貧乏そのもの、醜いものだと何故分からないのかな。

明治の日本人は貧しくても心は豊かだった。
先人を見習え。

田母神氏は腐った政治家に代わって立ち上がっただけ。
中韓にごまするだけの政治家しかいない日本は不幸だね。
Posted by PP at 2008年11月11日 13:05
朝鮮人が勝手に作った「五箇条のご誓文」(日本人が払う、あらゆる税金を

朝鮮人の商工会を通せば経費になり、税金を払わなくてもいい)を無くせ。

日本に密国して、日本人から金を巻き上げ(パチンコ、サラ金、風俗)蔓延り(暴力団、右翼)さらに在日特権で日本人よりも優遇されている。

全部、日本から出て行けば、子供でも日本がきれいになるのは想像出来る。
Posted by 悪人は祖国へ帰れ at 2008年11月11日 14:06
君には介護の必要な身内の存在や明日の暮らしにも困る派遣社員の気持ちなんてわからないんだろうね。それを僻みと思える精神の方がよほど醜くない?国から出てるお金を厳しくチェックするのは当然だよ。
俺は正直おかしいと思う。

「明治の日本人は貧しくても心は豊かだった。」

だったら退職金返上してから主張すればいいじゃん。
そっちの方が日本のためになるよ。
政治家がごまするってるというより国益に反するから言ってるんでしょ。
本当に日本の事考えているならこんな馬鹿な作文をあの立場にいて書けないと思う。どっちが負の遺産だよ。

Posted by はぁ at 2008年11月11日 14:10
「退職金は生活が苦しいので使わしていただく」

へそで茶がわく。ウソつけ。
Posted by かっとび at 2008年11月11日 15:54
4
退職金がどうとか抜かしている輩は媚中親韓の衆参議員にまず己の襟を正せと直接メールなり送りつけて奴らを辞職させるなりきっちり正してから田母神氏を非難せよ!他人を非難する事しか出来ない輩は物事の順序さえ判らないボンクラの集まり♪村山の馬鹿が騙し討ちで成立させた妄言を国民に知らせた田母神氏には6千万でも安い位だと思う!浜田アホ大臣の議員報酬を没収し報償金として上乗せし三倍にしてやりたい位だね!
Posted by 斬 at 2008年11月11日 17:06
3
初めて読んだ感想は、「信じられない」。でもこれだけ大事になると真偽を検証する必要がある
Posted by ババロア at 2008年11月11日 18:20
5
なぜ田母神幕僚長が退職金自主返納しないのか教えてやろう。よく聞けボンクラ共?
てめぇの主張は間違ってないとの意思表示なんだよ。金額になんか目がくらんだわけではないんだよ。返納すりゃ負けて自らの主張を取りやめる事になるだろが。馬鹿共が、
Posted by ヒデ at 2008年11月11日 18:35
てか、田母神叩きやってる政治家こそ、
対中ODAのキックバックを返納しるって。
Posted by w at 2008年11月11日 21:18
1
国に従属してる自衛隊の上官が
国の公式見解と違う事主張していいの
Posted by    at 2008年11月11日 21:48
売国・左翼ウザすぎ
消えろ
Posted by さー at 2008年11月11日 22:09
つぶしてみろよ(笑)
Posted by 消えろ小汚い在日 at 2008年11月11日 22:14
間違い

総連の「五箇条のご誓文」は日本人は税金をまともに払ってるのに、朝鮮人は、朝鮮の商工会に通せば、経費になる。
Posted by 悪人は祖国へ帰れ at 2008年11月11日 22:25
5
なぜ田母神幕僚長はあの論文を書いて出したのか最後に教えてやろう。政治家が卑屈な教育を受けた二次世代の馬鹿共の中、我々自衛隊は最後の武士道継承者として国民を守る為捨て身の覚悟で世に問うたのだよ。それとクーデター起こすとか言ってた基地外に申す。田母神幕僚長の意思に背くので逝って良し!
Posted by ヒデ at 2008年11月11日 23:39
あんたの方が基地外だよ。いまどき逝ってよしって…。
Posted by あ at 2008年11月12日 00:42
引用下手すぎ。
退職金で、大学に入学して、論文のかき方を勉強しなおしたほうがいいと思います。
Posted by ば at 2008年11月12日 02:05
韓国のことわざ

一緒に井戸を掘り、一人で飲む
Posted by 武 at 2008年11月12日 02:34
自虐史観を批判する心ある人の多くが田母神論文を支持されているようですが「日本が侵略国家と言われるのは濡れ衣」とかいった一部の文章に踊らされているのではないでしょうか?

戦争は勝てば官軍、負ければ賊軍、これは今も昔も誰もが知っている真実です。であるのに、大東亜戦争前の日本は、蒋介石ごときに裏切られ、コミンテルンの青二才どもの謀略にひっかかって、戦争をはじめ、そして負けてしまった、なんていうのは、あまりにも当時の日本政府および軍をバカにした新自虐史観としか言いようがありません。
田母神氏ならば、中国が侵略してきて日本という国が地球上から消えてしまっても、あれは中国の陰謀にひっかかっただけで日本は悪くなかった、日本の歴史は世界に誇れる輝かしいものである、と論文を書くのではないでしょうか?
Posted by 田母神論文は新自虐史観か? at 2008年11月16日 01:57