2008年12月23日

アナーキストさんと天皇論争

 「神」「天皇」「国民」の間に溝はないその 

  アナーキストさんとの「天皇論争」

64 名前: >瀬戸弘幸さん 投稿日: 2000/05/22(月) 11:55
以下の質問にお答え下さい。

1.天皇、もしくは、天皇家の人権について。どう思うのか?

2.漂泊系の非農耕民族や、山岳民族、太平洋戦争以後も戸籍を
  持つことを拒んだ人達、アイヌ、琉球人など。到底、天皇を
  あがめていた思えない人達(空くまで私見だが)については
  どう考えているのか?

3.現実に「神」「天皇」「国民」の間に、大きな溝があると考
  える人達について、貴方の宗教観を提示してどうするつもり
  なのか?
87 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/23(火) 08:09

次に私への質問に対して
1.天皇、もしくは、天皇家の人権について。どう思うのか?

天皇自身にもっと語る自由があって良いと思っております。
我々世俗一般の人間とは明らかに異なった、哲学的視点をお持ちの筈だ。
一般の人の場合はどうしても私心を捨て切れず我欲が出る。
例えばどんなに学問を積んでも、平民的な成り上がりの心情は何処かには 残ってしまう。よほどの狂信者でない限り、何処かで変節するし、また変節 しないくらいのドグマニストだと、これはこれで怖い。

要するに天皇は卑しくないのだ。幼少の頃よりそのような環境で育ち 、そのような教育を受けている。 但し、それはどのようなものだと聞かれても私は東北の百姓の生まれなので 知らない。
天皇には私心がない、そのような天皇でもっと語ってもらえれば、ミクロ的な 矛盾などはマクロ的な視点より解決できるかもしれない。 少なくとも貴重な参考意見となろう。

88 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/23(火) 08:10

2.漂泊系の非農耕民族や、山岳民族、太平洋戦争以後も戸籍を 持つことを拒んだ人達、アイヌ、琉球人など。到底、天皇を あがめていた思えない人達(空くまで私見だが)については どう考えているのか?

このことは日本が単一民族か否か?或いはそのような少数派に対して
どのように考えるか、とも通ずる質問と考えます。

この点もこの2ちゃんねるでは私はまだ討論したことがないので、 一度やってみたい討論であるとは考えております。 さて、お尋ねの件ですが、アイヌ民族が崇めていたのは日本の神と 言われるものとは明らかに違います。琉球も同じでしょう。

この事については私のHPでも討論しているように、我々は西欧近代化の流れ やキリスト教の普及によって滅ぼされた土俗的宗教の重要性を 再認識すべきとしております。
米国インデァン呪術なども議論しながら、自然を神とするその祭礼の意味を 現代社会に問い直そうとしております。

91 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/23(火) 08:44

さて、ここで整理させて頂きたいと思います。これまでに投稿された方には 大きく分けて二つの意見があったと考えます。
先ず、一つは天皇を「ゴキブリ」とか「早く絶滅してくれ」とかという人達です。 この人達の考えの根底には天皇は特権階級であり、今日の社会では許されない存在だ という心情があるのではないでしょうか。

次にせっかく定着した象徴天皇制を守った方が、天皇家の将来や日本の ことを考えた場合、その方がベターであるとの考えです。

では、私の方から問題を提起させてください。

民主主義は確かに自由と平等が基本です。そんな今日いわば特権階級と見られ がちな天皇の存在は果して、我々大衆階級と対立するものなのか?
例えば皇居の問題ですが、人によっては公園にしてしまえという議論も
確かにあります。 皆さんはどう思われますか、特権階級と大衆階級について論じてください。

次に象徴天皇についてです。そもそもが占領軍作成の英語原文にあった 「シンボル」の直訳だそうです。では「シンボル」とはどのような意味での シンボルなのか? 象徴天皇を守れ!といわれる方に是非とも説明を求めます。

118 名前: アナーキスト 投稿日: 2000/05/24(水) 03:25

「皇族絶滅」発言をした者ですが、瀬戸氏も煽り発言に対して 大人の対応をしている事ですし、氏に敬意を表して少し真面目 に議論に参加してみます。 以後、このスレッドではアナーキストを名乗ることにします。

91において、瀬戸氏は2つの問題提起をされましたが、今回は 特権階級と大衆階級について私の意見を述べさせてもらいます。 象徴天皇制と「絶滅発言」の真意については別に書きます。

私は、個人の資質や能力によらない、生まれや人種による身分 階級を一切認めていません。何故なら、もし「高貴な生まれ」 だからといって特権階級を認めてしまうと、同じ論理で「卑し い生まれ」だと被差別階級を認める事になるからです。

「法の元の平等」を原則とする近代民主主義国家において、こ れは到底容認されるべきことではありません。その意味で、世 襲制を基本とする特権階級である天皇制は、民主主義の理念と は根本的に相容れないものであると言えます。

122 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/24(水) 08:57
>アナーキストさんへ
あなたのような方との討論は望むところです。 互いにその思想をぶつけ合い同時代を生きる者として、共に考えていければと思っています。

あなたの考えは民主主義と天皇の存在は矛盾するという考えですね。
日本国憲法は民主主義憲法であり、そこにはルネッサンス以来の人間平等主義があります。

しかし、人間平等主義を絶対のものとはしていませんよね。ただ人間は平等であるべきとの 理想によって貫かれてはおります。 平和主義も同様です、理想を語り目指すことを否定するものではありません。

しかし、憲法とはそのような理想主義によってだけできていない、というのも事実なのです。 事実天皇の存在はまさにそのことで、日本の実状という具体的なるものを十分に考慮した結果でした。 つまり、「人間平等」というのは一つの理念としてはあっても、 それが現実を縛ってしまうものでは決してありません。

私は理念としての「人間平等」に立つことの素晴らしさを悪いことだと申し上げる気はありません。 しかし、現実は全ての人間が現実の社会の中で平等などと言うことが果たしてあるのかと思う一人です。

人それぞれ能力に差があり、努力するものとしないものとで又差が生じる。 平等とはとても簡単なものではないでしょう。

 
124 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/24(水) 09:20

 そこで天皇の問題となります。天皇の地位は日本国民の総意に基づくとあります。 現実に日本国民は天皇を必要としているから、一見「平等主義」に反すると思われがちな 天皇の存在が憲法で規定されました。

一体何故だと思われますか?

これこそが日本という国家が日本であり、他の西欧諸国とは違う点です。 これがフランスやドイツ、アメリカだったらどうでしょう?
「人間平等主義」を取り入れても、そこには大した問題は起きなかったのです。

では日本が何故この「人間平等主義」を取り入れた際に、他の諸国とは違ったのか? それは日本という国家の成り立ちや国柄といったものが考慮されたからです。
これを「国体」などと言えばまたまた批判がきそうですが、それは歴史的事実であって これを覆すことは占領軍であっても出来なかったということです。

では、それは戦後半世紀を過ぎた今日でも実状は同じなのでしょうか? 少なくとも天皇制を否定する人は少数派に過ぎません。 明確にこれを否定している政党は日本共産党だけです。

その理由を考えて見てください。一つの西欧流の理念ではどうすることも出来なかった 歴史の重みというか、日本民族の主体がそこにあった事を、 私は誇りにこそ思え、決して恥ずべき事だなどとは一度も思ったことがありません。

それはこの日本という国に生を受け、この日本で育ち、やがてはこの日本と云う 国の土に帰っていく日本人だからです。

アナーキストは私も若い頃は憧れました。一切の権力の呪縛を嫌い、自由奔放に生きられたら、如何に最高であるか。 しかし、現実には国家があり、我々はその国家で生きることを試されているのです。

131 名前: アナーキスト 投稿日: 2000/05/24(水) 23:27
>瀬戸氏

とりあえず、122及び124での氏の意見に反論しておきます。

>人それぞれ能力に差があり、努力するものとしないものとで又差が生じる。 >平等とはとても簡単なものではないでしょう。

この点に関しては、氏の意見に全く同感です。
能力のある者はその能力に見合っただけの代価を受け取って当然であり、 個人の資質を無視して「結果の平等」だけを求めるのは、才能と努力の 否定に他なりません。

私が特権階級としての天皇制を否定するのは、その地位が本人の資質に 関係無く世襲制によって決定されるからです。世襲制には能力も努力も 必要無いですから。

>そこで天皇の問題となります。 >天皇の地位は日本国民の総意に基づくとあります。

本当に国民の総意に基づいているかは、憲法第1条制定時に国民に対し て民意を確認した事実がないので「判らない」のではないでしょうか?

少なくとも、現在ではこのスレッドに決して少なくない数の天皇制拒否 の意見が挙がっている事から見ても、もはや「総意に基づく」状態では
ないのは明らかだと思います。

「天皇制を否定する人は少数派」というのは、瀬戸氏の嫌う暴力団右翼 が天皇制に異を唱える意見を封殺する暴力装置として働いていたから故 に否定意見がタブーであった事を考えると額面通りに受け取ることは出 来ないです。

それと、占領軍は天皇制を廃止「出来なかった」のではなく「しなかっ た」だけという可能性もあります。事実確認ができない事象についてそ
の是非を議論していても不毛なだけなので、この辺にしておきますが。

>その理由を考えて見てください。

上記のように、前提条件の認識において氏と私には見解の相違がありま すので、「その理由」というのは私の立場からは成り立ちません。
あえて何か言うとすれば、「日本民族のアイデンティティは世襲制によ
る個人を引き合いに出さなければ説明できないほど脆弱なものなのか?」 といったところでしょう。

133 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/25(木) 07:41
アナーキストさんへ
あなたと19番さんの意見が立場は違っていても、天皇制に対する否定的な 見解としては非常にわかりやすい。感情的な天皇嫌いの方もおられようが、 その人達に対しては反論のしようがない。まさか、私はとにかく好きですでは討論に なりませんからね。

そこで、もう暫く討論を続けたいと思うのでよろしくお願いします。
>「日本民族のアイデンティティは世襲制によ る個人を引き合いに出さなければ説明できないほど脆弱なものなのか?」

アイデンティというか民族のルーツというか、確かにそれを語るには天皇家の存在を 抜きに語ることは日本の場合は不可能です。 それは置いておいて、これからは批判を承知で<深みにはまる>事にします。

あなたが言わんとするところは、能力や努力と関係のない身分とその世襲についての ご不満であると考えます。 また、これは個人的な動機によるものとは思いませんので、より政治的或いは 社会的な見地から検証することにしましょう。

ずばり、万世一系の問題です。あなたも聖徳太子や古い時代の天皇が日本の政治の 中で果たした数々の功績を否定するものではないでしょう。 この遥か大昔は天皇家が日本の指導的立場であったことは紛れもない事実です。

問題なのは、その天皇家の血筋というか血統が貴ばれ、その血統によって皇位が 維持されてきた点についてでありましょう。
実はこの万世一系を生物学的あるいは遺伝学的に説明しようという試みが なされていますが、そのような考えでは長い歴史の中では矛盾を来たさないわけには いかないでしょう。

私は故にこれを理念とみます、つまり生物学上の一系の意味とは同列ではないということです。 この理念によって世襲はなされてきました、では外国には例を見ないこの万世一系という 理念とは何であるのか? それを考えてみたいと思います。

134 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/25(木) 08:12

 私はこの転載された冒頭のスレッドでも、愛国党の今は亡き赤尾総裁の言葉を紹介しました。
「天皇が偉いのではなく、それを守ってきた我々が偉い。」
ここでこの意味をもう一度考えて欲しいと思います。
何故に天皇は人々から崇められてきたか、それは一つの権威として歴史上に 君臨できたからです。人々は良くも悪くも“権威"を求めひれ伏すものなのです。

ひれ伏すという表現が嫌であれば、礼を尽すとでも言いましょうか。
そのような存在は人間社会の中では決して珍しいことでなく、ごく自然に 行われてきたことです。この権威というのは実に便利なもので、これが ある事によって社会が平穏であったり秩序が保たれたりします。

では、その権威の中身は一体何で在るのか?

為政者はそれを民衆支配の道具として使おうとした事実もある。 しかし、それにはその権威というものが、誰にでも認められた存在でなければならない。 そこで導き出せる結論は"権威”とは信頼と尊敬である。
これがなければ権威などすぐにも吹き飛んでしまうであろう。

日本人は天皇という存在が万世一系という日本独自の理念として、 それを信頼し尊敬し、その権威を守りとおしてきました。

西欧社会では権威とは唯一絶対のキリスト教のローマ法皇によって、各国の王様に 与えられました。しかし、その王とは個人的には善人や賢人や英雄であった。 西欧ではより善人や賢者、英雄が現れる度に前者は駆逐され、革命という手段 によってその連続性は断ち切られた。

対して、我が国では最初から基準が善人や賢人、英雄とは違ったもの
つまりは血統であったが故に、国家の同一性、無窮性が維持されてきた。

これが他の西欧の近代国家と日本の大きな違いです。

この国家の成り立ちを認めない、悪い見本と見るのか。 それとも、それを日本独自の国家のありようとして大切なものと 考えるのか。 まさに、そのことが現在討論されている、私と反天皇性論者の 違いではないでしょうか。

148 名前: アナーキスト 投稿日: 2000/05/26(金) 22:37

瀬戸氏への反論を続けたいと思います。

まず、瀬戸氏のおっしゃる「万世一系の理念」を「権威装置としての 天皇制の連続性と自己同一性」と解釈する事を前提とした上で以降の 論を展開します。

まず、天皇制が「一系」であるというのは、日本の歴史上、南北朝時 代が存在し、権威装置としての天皇制が2つに分裂した時点で終了し ています。同時に、その無窮性もまた崩壊しています。
「こちらの天皇が正統だ!」
「いや、こちらの天皇こそが正統だ!」
などという権威に、無窮性は求めるべくもありません。
熊沢天皇問題などはその残滓と言えましょう。

次に、天皇制の権威を「万世一系」の連続性で説明しようとすると、
「初代天皇」の権威の論拠が説明できません。

瀬戸氏は「"権威”とは信頼と尊敬である」とおっしゃっているので 初代天皇の権威は「信頼と尊敬」が根拠になっているものと思われま すが、そうなると信頼と尊敬を集める対象でさえあれば血統は関係無 い事になり、氏の「西欧ではより善人や賢者、英雄が現れる度に前者 は駆逐され、革命という手段によってその連続性は断ち切られた。」 の発言での西欧権威と差別化できなくなるので、日本の特殊性を説明 する論理としては使用できなくなります。

それでもなお「万世一系」の論理を使用しようとすると、「天皇の血 筋は神代から続いている」などの宗教的論理を用いるしかないですが、 そうすると今度は他の宗教的権威との差別化ができなくなるので、こ れまた日本の特殊性を説明する論理としては使用できなくなります。

結論:
「万世一系の理念」では天皇を中心とする日本の特殊性を説明できない。
以上の結論を導き出すための前提条件として、瀬戸氏の発言しか使用し ていないことにご留意下さい。

157 名前: アナーキスト 投稿日: 2000/05/27(土) 19:51
>瀬戸氏

148でもって「内部矛盾のある論理では議論できない」と打ち切ってしまっても 良かったんですが、それではこの議論の本質に迫ることは出来ないので理念レベ ルの話をしようと思います。

おそらく瀬戸氏は天皇制に日本民族の安定性と秩序の象徴を発見したのだと思い ます。
「安定性と秩序こそは日本民族の美点である。」
「それを象徴する天皇制が政治機構(国家)として歴史上に君臨してきたが故に、 国家と民族の概念は日本人にとって一体である。」

だからこそ、瀬戸氏は国家社会主義を主張しているのではないでしょうか? 瀬戸氏が「象徴」天皇制の議論を振ってきたのも、この辺りを確認するためで しょう。

>この国家の成り立ちを認めない、悪い見本と見るのか。
>それとも、それを日本独自の国家のありようとして大切なものと
>考えるのか。

そう、私はまさにそこに日本民族の病理と業を垣間見るんですよ。
私は、「日本人」である前に「人間」です。そして人間が人間であるためには デカルトの「考える葦」発言を持ち出すまでもなく、自ら思考する意思を持た なければなりません。

そして、権威という物が絶対性を掲げるが故に思考停止装置として働き、人間 ¥性を失わせる。それが政治機構と結びつくと巨大な強制力となる。更に日本に おいては、常に時の権力者が天皇を思考停止装置として利用してきた。

だからこそ、天皇制は私にとっての打倒対象なんです。

私が「皇族絶滅」発言をしたのは、権威装置としての天皇制を完全に破壊する ためには、天皇制が世襲制であるために制度と個人が不可分であり、制度だけ 廃止しても血統が存続する限りいつかまた復活する。ならば絶滅させるしかな いではないか、という理由です。殺さずにすむならそれに越したことはないん ですが。

176 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/27(土) 21:45
アナーキストさんへ
あなたが日本の歴史、いや天皇の歴史について相当の知識を有していながら それを否定的な主張を展開する時の根拠としてしか、それを見ないのは非常に残念に 思います。

しかし、それもあなた自身の思想から発するものであれば、 私としてはそのように考える方もおいでになるのか、と言うしか言葉がありません。

「果たしてしからば敢えて問う、日本歴史上における南北朝の歴史や如何に。 国民の一部は正統の皇室たる南朝に忠勤を励み、他の大部分は潤統たる北朝の旗風に 靡いたではないか・・・」この文は里見岸雄先生のものです。

里見先生は「天皇とプロレタリア」をもって一大センセーショナルを巻き起こした人です。 軍国主義が高まっていた頃、陸軍士官学校の生徒の中にも、 何故、天皇は「現人神」なのか?万世一系などというが、それは信じられるのか? と言った疑問の声が彷彿していたそうです。

確かに南北朝に分裂して争った事実を否定する事は出来ません、しかし、それをもって 無窮性が崩壊したと結論づけるのは早計過ぎるのでないでしょうか。

この問題はそれを信奉するものにとっては理解できても、信奉しない第三者にとって の広い意味での肯定や支持を得ることは非常に困難なことです。

なぜならば、この議論を突き詰めていけば、「天皇陛下の為に死ぬ」という 意味まで行くからです。現実に半世紀前、日本人はそうした。

しかし、この「天皇陛下の為に死す」は信奉しない人には絶対に理解の
範疇を超える事でしょう。 147よりは157のほうに議論を進めたほうが有意義な議論が出来ると思います。

179 名前: アナーキスト 投稿日: 2000/05/29(月) 01:21
>瀬戸氏

総論的な議論は終息に向かっていると思うので、今回は各論的な反論でも。

>人々は良くも悪くも“権威"を求めひれ伏すものなのです。

まあ、カルト宗教にハマる人間も多いですから一概に否定できませんが……。 しかし、同時にまた、人間とは本能的に自由を欲する生き物なのです。
戦前の天皇が現人神と呼ばれた時代でさえ自由民権運動が発生した史実は その証左でしょう。

>147よりは157のほうに議論を進めたほうが有意義な議論が出来ると思います。

147じゃなくて148なんですが、その辺は置いておいて。
確かに、解釈論に終始すると「ポストモダニズム」スレッドみたいになってしまいま すからね。ただ、理念レベルの話だと、最終的な結論ってどうしても「見解の相違」 になってしまうので、もう少し具体的なレベルの議論にしたい所ではあります。

>この問題はそれを信奉するものにとっては理解できても、信奉しない第三者にとって の広い意味での肯定や支持を得ることは非常に困難なことです。

結局、天皇制を支えているものってある種の「信仰」ですからね。
外野から見た場合、宗教にしか見えないです。

で、仮に瀬戸氏の主張を全面的に肯定したとしても、このスレッド のタイトル『「神」「天皇」「国民」の間に溝はない』は現時点で は成立しないです。何故なら、そこには「宮内庁」という厳然とし た壁が存在するからです。

180 名前: 瀬戸弘幸 投稿日: 2000/05/30(火) 06:49
アナーキストさんへ
番号を間違えておりました、申し訳ありません。
いかがでしょう、このスレッドでの続きを、21世紀の天皇制はどうあるべきか? と題して、パネルディスカッション21世紀に日本の方でやりませんか。 そちらに投稿を続けます。 又、このスレッドで発言をなされていた方もおいで頂ければと思います。

 http://ebi.2ch.net/sisou/kako/958/958624785.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 8年前の議論です。当事の2ちゃんねるには、今のように相手を罵倒するだけの投稿ではなく、互いの立場を認め合いながら、討論を進めるだけのマナーが残されていました。

 今日の2ちゃんねるには残念ながら当時の面影さえもありません。今回これを読み返して見て、当事を懐かしく感じました。このような方々は今どうされているのか、再び論を交えて見たいものです。

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします!

〜新風連ブログ〜
新風連 


右派SNS「国民の総意」
     



Posted by the_radical_right at 18:39│ mixiチェック 極右2ちゃんねる論争 
この記事へのトラックバック
http://s04.megalodon.jp/2008-1223-2348-02/www.geocities.jp/tappingtech/yamai.html統合失調症なんか存在しない、政府の陰謀だ、と主張される方が。瀬戸さんや支持者諸氏と同じ言い回しが散見されて面白い。普通、そんな病気があっても無くても関わりが無い限りはどうでも...
見えない敵と見たくない敵【めくるめく集団ストーカー被害者の世界にようこそ】at 2008年12月24日 00:07
東アジア反日武装戦線-連続企業爆破事件で無実の日本人を殺戮し、天皇殺しをも企てた奇形左翼の思想が歪に変化して現代日本に充満している。殮.
東アジア反日武装戦線と当世反日日本人【憲法改正社】at 2008年12月24日 03:37
この記事へのコメント
以下の文をコピペして拡散して下さい!!!
   ↓
「【潰せ!】 反日サヨクが名古屋で南京虐殺記念館の資料を借り受け展示しようと画策!

皆さんの御協力のおかげで名古屋市の後援は外されたが、
催しの阻止は出来ず!

詳しくは
http://soumoukukki.at.webry.info/200812/article_4.html
を!

この反日売国の催しを画策している輩の一員に日教組と労組と生協が絡んでいる。

この様な催しの開催はなんとしても阻止しなければならない!

引き続き皆様の御協力を承りたく御願い致します!!!

 【呼びかけ人・賛同者】
・天野鎮雄 http://www.gekiza.com/member/shizuo_amano.html
・名古屋市職員労働組合 http://www.758ssk.jp/
・やそすけ http://yasosuke.net/
・エフシー・テック(株) http://www.fctec.co.jp/
・富士ツーリスト http://www.fujitourist.co.jp/
・日中友好協会愛知県連合会 http://www.nittyu-aichi.jp/
・堀田さちこ http://www12.ocn.ne.jp/~sohyagi/hotta.html 
    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
売国奴のコイツらに抗議のメール・電話・FAXをどんどん入れて中止に追い込みましょう!

詳しくは
http://soumoukukki.at.webry.info/200812/article_4.html
を!」
Posted by 通りすがりの草莽人 at 2008年12月23日 19:00
瀬戸先生、今晩は。

創価学会集団ストーカーが性懲りもなく、つけまわす毎日です。

私の母親は創価学会の狂信者で、天皇陛下のことを「あんなのが

いるから日本が駄目になるんだ。」とよく言っていました。

勿論、創価仕込のセリフです。

池田大作は自分のことを日本の国主だとほざいているそうですね。

天皇陛下をとるか、池田大作をとるか学会員にアンケートしてやり

たいもんだ。

2ちゃんの荒らしも、創価が組織的にやっているのでしょう。
Posted by 読者 at 2008年12月23日 19:19
読者さん

スト−カ−される原因は何ですか。
同じことを書かれている方が多いので、みんなで訴えれば良いと思うのですが、どうでしょうか。

Posted by 主婦 at 2008年12月23日 19:30
>スト−カ−される原因は何ですか。

北朝鮮系極悪朝鮮人の日本人に対する

異常な憎しみでしょうw

池田大作をよく観察すれば?w
Posted by 読者 at 2008年12月23日 19:36
極論からすると、戦前からあった日本式アナーキズムの行き着いた先が関東軍の暴走なら、日本人によるアナーキズムの実践は大変な間違いを生む。
その満州国の夢破れた関東軍の残りカスどもが北鮮を建国せしめ、今なを皇国日本に反攻していると考えれば、日本式アナーキズムは徹底的に駆逐されるべきである。
Posted by ナナシ at 2008年12月23日 19:39
フランスは王を殺して民主主義を作った。
日本は王を遺して民主主義を作った。
この違いは尊重していいものだと思います。
Posted by ao at 2008年12月23日 20:14
日本人はやはり天皇制を必要としていると思います。
日本人は宗教がないと言いますが、そんな事は実際無くて、やっぱり自然と色々なものに神がやどるとか、死んだら魂はあの世へ行くとか、あるのだと思います。
神道がその土台だったと思いますが、今は色々な宗教の影響を受けて、一般の日本人の中では変わってしまいました。根本の所は変わっていませんが。

で、その神道を束ねるのが天皇である訳で、だからこそ常に天皇を担いだ方が正義とされてきたのだと思います。日本人である以上、やっぱり天皇が至上の存在に成ると思います。もし天皇制を無くすのであれば、日本は二千年に渡る歴史をある意味否定する事になると思います。
Posted by Surnivers at 2008年12月23日 21:13
天皇制という国家統治システムを日本国民が容認し続けている間においては天皇制という世界にも類例のない国家統治システムは存続し続けると思う  
日本国憲法と天皇制の関係については神話の時代より綿綿と続いて来た国家統治システムである天皇制から見て明らかに事後法であり日本国憲法を現在の平等思想でその位置付けをしようとするなら多く軋轢を生む事は避けられない事である
平和の時代のおいても、また、有事の際においても天皇制という日本国民の精神的な国家統治システムが双方を内包せしめる寛容的な構造にあるために現在において天皇制に変わる日本国民総意の精神的支柱にあたる国家統治システムは現在の日本には天皇制以外は存在せずこの先にも取って代わる国家統治システムは望めないのではないのかと私は考えます
Posted by kuroneko at 2008年12月23日 21:18
>相手を罵倒するだけの投稿ではなく、互いの立場を認め合いながら、
>討論を進めるだけのマナーが残されていました。

悪口罵詈雑言で異論を唱えるもののを罵倒する支持者を放置し、
意に沿わぬ発言を削除しまくる瀬戸さんにそれを言う資格は無
いです。

まず御自分から襟を正してはいかがでしょう?
Posted by 通行人 at 2008年12月23日 21:47
今日のエントリーを見ました。
いろいろと難しい言葉も出てくるのでいろんな勉強をしないと
なかなか理解できないでしょう。わからない単語は飛ばしました。

そんな素人である僕の考えからの感想ですが・・・
全体的にはせと先生の考えがなじみましたね。
そもそも天皇・皇室が「終了」してない以上、
残すか消すかの二つしかなく歴史は残ったのですから
残すほうに動くべきだと思います。
おそらく天皇制(便宜上こう書きますが)反対はソ連誕生事に
大量化したものだと思うのですがそこがもううさんくさいものを
感じます。実は僕自身皇室が消えても今の日本人はなんとも
思わないのではないか??と思ってるのですが
(あくまでも僕は天皇肯定派です)そこから考えると
このアナーキストさんの「天皇殺し発言」はもはや独りよがりの
戯言ととらえました。何故なら「日本人がなんとも思わないのなら
天皇家をほっとけばいいし」「消すことで大混乱化するなら
消してはいけないから」です。両方とも天皇家に危害を加えることでは
ないはずです。

つづく
Posted by やれやれ at 2008年12月23日 21:55

あめすべらぎ(天皇)の産せる日を言祝ぐ。

      たかまより あめすべらきみ
      いでまさん くにたまのおの
      むすぶいのちは
 
21日は冬至でした。
古代人は太陽と月の恵みによって万物が生かされて居ると知っていましたから、太陽の上る位置がだんだん下がって来るととても不安でした。
この日を境に陽が又上って来て安堵する。冬至はもっとも重要な祭祀儀礼の始まりでありました。クリスマスも本来はそれでした。

最近、太陽も月もハッとするほど美しい輝きを見せています。
それに気づいた人も多いでしょう。今地球は嵐に翻弄されていますが、
宇宙は既に透き通ってきています。
実は、間もなく太陽系惑星は一列になって巡礼の旅を始めるのです。
銀河系の生みの親カミは、その中心に座すと思われます。
惑星の巡礼は1万年に1度位の周期で、その近くを通過しぐるっと回って来るのです。フォトン・ベルトを通過するという説もあります。
人類はそれによって一段と進化したものに成るのだと言います。
人類が築いた汚らしいものは全て無くなってしまい、地球ごと素晴らしく美しく甦り、美しいものだけしか残されません。
Posted by 鈴音 at 2008年12月23日 22:00
みなさん、天皇制と言わず「御皇室」と言いましょう。
Posted by レイ at 2008年12月23日 22:01
・・・つづき・・・・

まあ僕からいわせれば創価の池田大作大先生や民主党を
なんとかしたらどうだ?って感じです。反天皇信者たちには。
そんなに権力・権威が不必要ならば今の上位を打倒してほしいですね。

・・・僕の考えとしては単純に「権威・権力者・善悪天秤説」を
持ってまして「悪い奴はだれであれ叩き潰すべき」というものです。
池田大作大先生と天皇陛下どっちが悪いことしたか????
あるいはしようとしてるか????・・・考えるまでもないです。
これを考えたら屁理屈になるだけです。つまりそういうことです。

自分はサヨクだったころ天皇皇室に興味なくむしろアナーキストさんと
やらと同じ考えだったかも知れません。(まあそこまで反天皇信者では
ありませんでしたが)けどいろいろあって日本が好きになりました。
危機感を感じ取ったのです。ソ連誕生前まで本当の悪人は日本に
いなかったと思います。本当の悪人がいるならそれは皇室抹殺を
目論むものだと思います。何故なら無害に危害を加え混乱を引き起こす
可能性を助長することになるからです。

信長も天皇殺さず生臭坊主殺しました。
Posted by やれやれ at 2008年12月23日 22:11
>Posted by 通行人 at 2008年12月23日 21:47
>まず御自分から襟を正してはいかがでしょう?

瀬戸さんのブログほど反論者(しかもかなりの人格異常者がほとんど)のコメントを受け入れている所はないと思うけど。
しかも、時々コメントまで返してくれて。

襟を正せと言うぐらいなので、もっと寛容で懐の深いブログを沢山知ってるんでしょうね。
一度のぞいてみたいので、ぜひ教えてください。
お願いします。
Posted by taizou at 2008年12月23日 22:20
天皇が日本人の日本人として有らしめている存在であると思っています。
神道の長であり、日本人の要である。日本人も真実の天皇家のルーツ的な歴史を知らない。(ユダヤ的な状況証拠は、沢山あるが)
125代2700年近くも続く皇統を単なる特権階級として考えるのは余りににも歴史に根ざさない左翼的残簿な現世利益的発想である。
左翼は、王統の撲滅を叫ぶが、其れは、ヨーロッパに於ける君民との搾取によるもので日本のように搾取のない君民共治が上手く行っている国家に対しては必要の無い事だ。
今でもそうだ天皇は象徴ではあるが、其の元で政治屋政府と官僚が日本を仕切っている。今は、ダメな文民がし切っているため毅然としたところが皆無だが、昔から天皇の下で為政者が政治をしており、なんら不都合はなかった。
特権階級と言うならば、葬式しかしない寺の坊主ではないか?
自由平等を叫んだのは、国を喪失した流浪のユダヤ人なんだ。
日本人は、国土もあり、段階を踏んだ秩序の元に君民共治を行ってきた稀有な国家である。
歴史的背景も違う日本に左翼革命の本だけを読んで同一線上で話をするのはおかしい。日本が進んでいる状況を学んでほしいものだ。

Posted by 行くぜ!まだまだ at 2008年12月23日 22:20
あともう一つ書かせてください。

僕も詳しくはないですが
日本のアイヌや琉球の宗教(?)についてですが
これは神道もアイヌや琉球の神様も経典はないんですよね・・・??

たしかケルトやらなんかの西洋の・・・・忘れましたが
ドルイド教???これも経典ないのではないでしょうか????
自然なんたらというやつ・・・・

日本は数万何千年という歴史があり長い間かけて養ってきたものが
あるはずです。神道やアイヌ神や琉球神もひょっとしたらもとは
ひとつかもしれません。帝国主義がなければ沖縄とも北海道とも
うまく付き合ってたかもしれないし帝国主義になっても僕はうまく
付き合ってるとおもいます。実際に彼らは日本人ですから。
変なのは在日朝鮮人だけです。彼らは朝鮮半島人であり日本列島人では
ないです。シナ大陸人も違います。日本を語るときは長い歴史を無視
してはいけません。それを崩すのは「間違いなくソ連誕生後の考え」です。

天皇とは経典のない「宗教」をまとめる類まれなる存在かもしれません。
ただ・・・もしも経典があったとしてもそれを緩和する存在という
ことも言えるかもしれません。日本の仏教もまたしかりでしょう。
Posted by やれやれ at 2008年12月23日 22:27
>Posted by 行くぜ!まだまだ at 2008年12月23日 22:20さーん

神道には聖典がありましたか?
Posted by めろん at 2008年12月23日 22:51
神道の経典として、中臣の祭文は有名。
Posted by 権兵衛 at 2008年12月23日 23:02
<宇宙を創造したカミとはどの様なものか>

「カミ」の本体は、最も根源的な最もミクロの物質である。
微細な素粒子をずうっと追求していけば最終的には「カミ」を構成する究極の源流子に至りつく筈である。
しかし残念ながら人類にはその能力は与えられていない。
人類がカミに進化してゆければ幾らかわ近づける。この分野はやはりカミの子孫が活躍する場になるだろう。

<カミは宇宙をどの様に創造したか>

カミは宇宙のシステムを構築する為の永い思惟から目覚めて、
一粒の静止した水の玉を生んだ。
それに一息吹きかけると「オ」と「メ」が生まれ回転し始めた。
  
 オ=雄=陽=+=正=軽=火=天
 
 メ=雌=陰=−=負=重=水=土

互いに引き合いながら反発する二つの相対する特性が、回転する中で初元の粒子が少し大きな粒子に凝る。それは又次の粒子に凝る。この際限も無い営みの中であらゆる元素が生まれ、宇宙に充満した。
                        つづく
         
Posted by 鈴音 at 2008年12月23日 23:04
民主主義の国に天皇がいてはいけない理由が
よく解らない。
民主主義の上に成り立つ差別等、山ほどあるでしょうに。
結局は大衆の支持が有る限りにおいて良し悪し問わず
存続し続けると思う。それが民主主義の一面。
死刑制度なんかも大衆の支持があればあっと言う間に
無くなるはず。他の国がどうとかは関係ない。
日本人が必要と感じていれば無くならない。
もし仮に天皇制が無くなる時が将来訪れるのならば、
その時の日本(日本人)は既に形骸化したモノに
成り下がっているだろう。そんな日本(日本人)に私は
全く魅力を感じない。まあ、そんな事はあと1000年
は無いだろうが。
             素人ながらにコメントしてみました。
Posted by ヒデ at 2008年12月23日 23:08
>Posted by taizou at 2008年12月23日 22:20

taizou氏へ
http://ameblo.jp/tg016450/
↑を精読し是非ご感想をお聞かせ下さい。
Posted by 通行人 at 2008年12月23日 23:20
<カミは宇宙をどの様に創造したか> つづき

軽いものは火の玉と凝り、太陽が生まれた。
重いものは土と凝り、星が生まれた。
またカミはカミの分身を銀河に配した。
銀河のカミは星星にカミを配した。
地球に配されたカミの名を天御中主(あめみなかぬし)と言う。

天御中主はまだ姿の無いカミであり、天と地を分かち、
海と陸を分け、野山を作り、あわうみを作った。
万物の種を蒔き、人の種をまいた。
最後に次のカミを残して去った。

このカミの子孫が延々と今上天皇に繋がる故に万世一系というのです。
此処は大事な所なので続けますから、必要な人はコピーしてください。
                        つづく
Posted by 鈴音 at 2008年12月23日 23:54
天皇陛下お誕生日を御祝いいたします。
”アナーキストさんとの「天皇論争」”は、非常に参考になります。
このアナーキストさんは、実に真っ当な左翼(というかアナーキスト?)だと思いました。そういう人は最近あまり見かけない気がします。

非常に難しいテーマだと思います。自分は西洋かぶれだった方ですが、西欧の文化・歴史を知るほどに却って日本文化や歴史のよさが実感される気もします。

日本では実際の権力と距離を置いた形の権威が永く保たれてきた、そのこと自体も奇跡だと思えます。天皇家を抜きにした日本の歴史も文化も考えられず、もそもそのようなものであったならば、より悲惨な歴史や文化であった確率が高かっただろうと感じています。
 その権威は決して暴力的に強制されたものが本質ではないと思う、そのようなものであったならば、必ずどこかで消滅しているはず。それが歴史の実相だと。
むしろ、自然にあるいは自発的無意識レベルで尊ばれてきたことが大きいのでは? 現代で考えるならば・・・特権階級というより、むしろ、とても余人の真似の出来ない御公務、責任あるお立場としか思えないところです。(つづく)
 
Posted by 月影兵庫 at 2008年12月24日 00:05
(つづきです)

そして、その権威というものはけっして、思考停止の上に成り立っているものではないと思われます。そのように思う人は、宗教自体をカルトのように考える人が多いと思われますが、それはあまりにも皮相的な捉え方だと思います。
 また、アナーキストさんの・・・『もし「高貴な生まれ」 だからといって特権階級を認めてしまうと、同じ論理で「卑し い生まれ」だと被差別階級を認める事になるからです』・・・は、非常に明快ですが、上述したように特権階級というのも疑問であるし、差別ということでも強制でもなく「ある特殊な家柄を尊ぶ」ということが、国民の総意であることは有り得ると思う。それこそが文化・伝統の要素でもあると。さらに言えば、職業に貴賎なし(実際には言い切れるものでもありませんが)ということからいって、一般に「卑しい家系」などというものは長い歴史でみれば、実際には有り得ないんじゃあないか?と感じたりします。
 象徴天皇の象徴についても、単なる印とか名目のようなものでは決してなく、むしろそこには、「精神的な柱」といったような要素が含まれることは当然だと感じます。国際的には君主として遇されることが多いことからも、例えば・・・「戦場において命がけで国旗を守る」といったような、そのようなものがあると感じます。
Posted by 月影兵庫 at 2008年12月24日 00:06
めろん氏
>神道に聖典はありましたか?
神道には、聖典は有りませんが、有名な神社には、口伝と言うのがありまして一子相伝になっており、父から息子に伝えるもので、家族内に於いても父子以外は、秘密になっているそうです。
それに神社には、神殿はなくご神体と言うのがありますが、山が多いですね。
神社には、通常本殿しかありません。推測ですが、本殿とは、書物を収めたかもしれません。例えば、トーラーの巻物とかがあったのかもれません。
神仏習合になって、其の辺りが曖昧になりましたが、山岳信仰の人々の特徴と、現ユダヤ教(古代ユダヤ教)の姿は、似たものがあり、牛若丸のからす天狗も山岳信仰の姿と、手に巻物を持っています。我々は、よく虎の巻きといいますが、本当はトーラーの巻物ではないでしょうか。それから、仏教にしても最初から経典はなく、インド南部に伝わったキリスト教のバイブルの影響だと言われています。おまけに数珠(ロザリオ)もお香もそうです。
最近TVで沖縄地方の海底遺跡で、地中海文明の痕跡が発見されていますが、それらの人々は、フェニキア人ではないかと推測されています。
話は飛躍しますが、九州の隼人とホテル名でハイアットホテルという国際的なホテルがありますが、ハイアットの意味解る方いらっし増すか?何か関係が有るように思うんです。それに、日本と中東は、地名、人名共に同じ響きの単語が多いことに気付きませんか?支那、朝鮮では、殆どないのに中東に限って多いです。
Posted by 行くぜ!まだまだ at 2008年12月24日 00:18
>Posted by 行くぜ!まだまだ at 2008年12月24日 00:18さんへ

「船」と、書く「漢字」も舟に八つの口と書きますよね?不思議よね!

see you


Posted by めろん at 2008年12月24日 00:50
天皇神話と類似した神話は、世界中にあるようです。
実話から来ているのか例え話から来ているのは、わかりません。
しかし、世界中から出土するオパーツは、古代に偉大な文明が存在した可能性を示唆しています。
神話
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/
インド・ラーマ超文明と古代核戦争
http://www.asyura.com/sora/bd9/msg/385.html
オーパーツ
http://www.actv.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/01_sensi&kodai/01-01_o-parts.html
仏教の思想と信仰
http://homepage2.nifty.com/k-katsunori/pdf/pbuddhism2005.pdf
Posted by 神話世界 at 2008年12月24日 01:02
<カミは宇宙をどの様に創造したか> つづき

軽いものは火の玉と凝り、太陽が生まれた。
重いものは土と凝り、星が生まれた。
またカミはカミの分身を銀河に配した。
銀河のカミは星星にカミを配した。
地球に配されたカミの名を天御中主(あめみなかぬし)と言う。

天御中主はまだ姿の無いカミであり、天と地を分かち、
海と陸を分け、野山を作り、あわうみを作った。
万物の種を蒔き、人の種をまいた。
最後に次のカミを残して去った。

このカミの子孫が延々と今上天皇に繋がる故に万世一系というのです。
此処は大事な所なので続けますから、必要な人はコピーしてください。
                        つづく
Posted by 鈴音 at 2008年12月24日 01:08
プレアデスの事実と虚構――フォトン・ベルト神話を打ち砕く
http://www.kotono8.com/2004/09/24pleiades-in-fact-and-fiction.html
どうも、フォトンベルトは、単なる冗談だった?
現代科学のビックバン宇宙論も信じるにたらない理論ですし、
宇宙の本質は、人知を越えています。
逆に、天皇神話をすべて否定するのもどうかと思います。
インド古代の宇宙論は、現代宇宙論より壮大な面もあり、
なぜそのような宇宙論が誕生したのか謎です。
Posted by 神話世界 at 2008年12月24日 01:24
『船』という漢字の起源はノアの箱舟から?


『ノアの箱船には動物たちが、清い動物は7ペア、清くない動物は1ペアずつ載せられました。では人間は何人乗っていたでしょう。
ノアと妻、ノアの3人の息子とそれぞれの妻、計8人でした。箱船の人口は、八人だったのです。
それで、丸木舟、渡し舟など小型のフネを表す舟に八の口で、大型のフネを表す船という字になるのです。船という字の起源は、ノアの箱船だったのです。』


Posted by kuroneko at 2008年12月24日 01:38
兵頭二十八先生の見解を貼らせていただきます

地理は文化を決定し、文化は歴史を決定します。
大陸文化は科挙と易姓革命になじみますが、日本はそうではありませんでした。

それを担保し続けるのが、過去にルース・ベネディクトだけが南太平洋島嶼文化との一致として理解ができた「神聖首長」たるわが天皇家の歴史です。
これはとうぜん、紀元前何世紀にもさかのぼった文化で、その文化と不可分の政体が、朝鮮に国家らしきものができるよりも何百年も早くから日本列島内に確立していたからこそ、あとあとまで大和朝廷は大陸文化の易姓革命(間接侵略)を拒否しぬけたのです。

武家政権は、神聖首長制度こそが、大陸からの直接/間接侵略を防止する合理的防御機能であることを直観で把握していました。今日、多くの保守派が、コミンテルン1927/32テーゼだけを問題としているようですが、
大陸の脅威とコミュニズムは関係ないのです。そんなものは本質ではありはしない。大陸の脅威とは易姓革命と不可分の文化であり、それは地理からくるもので、マルクス以前から存在し、マルクス以後もあり続ける脅威なのです。
Posted by 火竜 at 2008年12月24日 02:11
この大陸の混沌から日本を防御するシステムが神聖首長の制度です。
この制度があるから日本社会は混乱せずに近代化することができ、近代軍隊を持ち、社会の安全を保つことができました。
天皇制がなくなれば日本はたちまち大陸と同じ永遠無限の混沌地獄にひきこまれてしまうでしょう。
『平家物語』は仏僧が書きましたが、日本の天皇制だけは永久不滅であると絶叫しています。
その意味は日本の国防と社会安定にこそありました。

大陸から長期にわたり徐々にもたらされた危険な文化のひとつが、
政治リーダーではなく、試験エリートによる国政をよしとする思想です。
シナ式の科挙に酷似した文化が、明治以降の日本に移植されました。
そして秀才官僚は無意識に神聖首長を俗化しようとします。これは文化の必然なのです。

皇室を廃せむとする勢力…。
それは、皇室制度がある限り日本に革命は起きないと見抜き、意識的に皇室廃絶を謀ったスターリンだけの話ではないのです。
日本国内の秀才官僚は、無意識に、天皇の地位をうかがわずにはおれない。
それが大陸に生じた科挙文化というものなのです。
Posted by 火竜 at 2008年12月24日 02:12
間接侵略を防いできた神聖首長という伝統文化
Posted by kuroneko at 2008年12月24日 02:29
つづき 万世一系のカミの系譜。

天御中主ノカミ =地球を整えた初発のカミ。
1)クニトコタチ(国常立命)衣食住の事々を教え、整える「ト」の法を
         を定めた。常世国の建国。
2)クニサツチ
3)トヨクンヌ
4)ウビチニ・スビチニ 一夫一婦制の結婚儀式と家制度の始まり。ひな祭
            り。稲作の始まり。
5)オオトノチ・オオトマエ
6)オモタル・カシコネ
7)イサナギ・イサナミ
8)アマテル・ムカツヒメ 天照神は男であったからオカミという。
  (天照神)           女であればメカミである。
9)オシホミミ・タクハタチチヒメ
10)ニニキネ・コノハナサクヤヒメ
11)ホオデミ・トヨタマヒメ
12)ナギサタケウガヤフキアワセズ・タマヨリヒメ
13)カンヤマトイハワレヒコ・ヒメタタライソスズヒメ
   (神武天皇)=人の世の初代

神武以前を神話とし、天照神を女神とすり替え、妃たちを抹殺し、史実を改竄したのは聖徳太子として実名は残さなかった渡来人です。
古事記、日本書紀以下全て捏造の歴史です。
世界は日本から始まっているのに、日本人だけが日本の神の世を知りません。此れだけの物象が有るのに、未だ大陸起源を言う。盗人猛々しいですね
記紀の呪縛から脱皮しなければ、何時まで経っても迷妄の中ですよ。
「ホツマツタエ」こそ天御中主に始まる正史なのです。
Posted by 鈴音 at 2008年12月24日 03:28
5
内容が内容なんで文書力は高くとも、内容的には低レベルだ。
全員が全員そうではないが、人の文書をまともに読もうともせず、都合のいい所しか読まない奴が多いので、2ちゃんねらーの大半は文書の理解力がない。
人を叩いてばかりの悪党が多いし、マトモに話しようともしないし、特にネットウォッチ板という所は、醜い書込みが多すぎて、とてもじゃないがマトモに通えるような所ではない。完全にイカれているよ…
Posted by チヨゴリブツ切り at 2008年12月24日 07:32
天長節 広報活動(草莽愛知 名古屋駅東口 20年12/23)
http://jp.youtube.com/watch?v=abVSsCZJk-Q&feature=channel_page

天長節 広報活動(草莽愛知 名古屋駅東口 20年12/23)
http://jp.youtube.com/watch?v=FfbymMm2cFc&feature=channel_page
Posted by 動画 at 2008年12月24日 07:40
天皇は特権階級?

自由も無い。仕事はハード。愚痴も言えない。過度のプレッシャー。そんな職業産まれた時に決定付けられるなんて、ある意味つらい。でも、日本人の象徴として清廉であろうと努める苦労は民衆の支持によるところも大きいと思う。天皇という存在は日本固有のものであり文化そのもの。これは長い間に時代や政治システムや価値観が変わっても日本人の根底に流れる意識が天皇制を支えているからだと思う。つづく‥
Posted by ヒデ at 2008年12月24日 10:21
わしもチヨゴブツギリさんに同意。これまで常連ユーザーが何度も世間を騒がす事件をやらかしても、何の反省も無く凶悪なまでに匿名性を保護し続ける2ちゃんねるに於いて、アナーキストだろうが自称なんちゃらと宣い、表に出れぬが討論だ俺様の意見にまともな反論レスを付けなければ貴様の負けだのとやらかす連中の正体は、昨今世間を騒がしている掲示板殺人予告ネラーが捕まってみれば脛かじりの無職者ばかりと言う哀れな事実。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 10:25
つづき‥

そんな天皇制を画一的な1時代の政治システムや価値観で捉え批判など、1時期に油の為だけに捕鯨しまくっていたにも関わらず、要らなくなれば急に可哀想だからとか頭が良いからだとかの感情論で反捕鯨の立場に翻意し、他国の文化にまで介入している奴らと何処に違いがあるのだろう?こいつらはまた時代が変わればまた違う事を言い出す事は容易に想像出来る。
Posted by ヒデ at 2008年12月24日 10:33
ナナシさんは、匿名性で保護された脛かじりの無職者なのですか?
本名をなぜ、名のらないのですか?
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 10:56
わしもつづきを…

それを考えれば、皇室を無くせば皆が平等な世界が実現する等と、馬鹿馬鹿しい持論を基本的理念とした自称アナーキストもやっぱりお里の知れない「2ちゃんねら」に過ぎん事を忘れてはならんわな。

電車男をヒットさせた、毎日新聞を追い込んだと自負するのは構わんが、しかし掲示板に書き込むだけの「2ちゃんねら」風情が賤しくも御皇室を貶め否定するなんざ許容出来る悪ふざけではないわ。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 11:08
>人の文書をまともに読もうともせず、都合のいい所しか読まない奴が多いので、2ちゃんねらーの大半は文書の理解力がない。
ナナシさんは、チヨゴブツギリさんの主張↑のような方ですか?
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 11:15
〉ナナシ

つまり貴様のような奴の話じゃい。
ここは、貴様が逃げ込んでいる掲示板と違って煽りと小競り合い厳禁の個人のブログじゃい。
スッ込んどれ小僧。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 11:16
とまあ少々乱暴な書き方をしましたが、クリスマスにお里が知れないだの無職者だのと無慈悲な言葉を選んだ事を恥じて懺悔しておきます。
傷ついた君、ごめんなあ。
はい。終了。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 11:31
他の人が読んで不愉快になる自己満足なだけの書き込みは、削除したほうがよい。
管理人様、ナナシ、ナナシ兇僚颪込み削除をお願い致します。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 12:33
確かに「ナナシ」の書き込みは不快です。
削除したほうがいいです。
歴史認識も滅茶苦茶だし只の馬鹿でしょう。

天皇陛下は静かに敬うものです。
Posted by 瀬戸さんファン at 2008年12月24日 13:55
5
http://6234.teacup.com/seiron/bbs/75 田光 投稿者:サンデージャポン 投稿日:2008年11月29日(土)18時15分37秒   通報
じゃ明日サンデージャポンで討論しようじゃないか来いよ〜恐くって来れない腰抜け
》記事一覧表示
新着順:10/83 《前のページ | 次のページ》 /83 新着順 投稿順

Posted by チヨゴリブツ切り at 2008年12月24日 14:32
柳生髑髏国旗以来満足に討論もせずにいい加減なことを書いて
逃げまくっている瀬戸さんは言うことが違うねえ
Posted by JIN at 2008年12月24日 16:03
〉瀬戸さんファン=ナナシ

なんだこりゃ。自演と言う馬鹿丸出しか。下らん真似するな無職者。
ここは、貴様が普段から慣れ親しむ2ちゃんねると違って個人のブログだから煽りや小競り合いは厳禁だと書いただろ小僧。
わしの歴史認識?関東軍の残りカスが北鮮建国に関わったかも知れんだろ。
貴様の都合の悪い話だろうが知った事か小僧。
2ちゃんねらで無職者のアナーキストは最悪だな。
気に障るか?仕事見つけろよ。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 16:13
>ナナシさん
匿名がいやなら、まず自分が本名を出してください。
他人を非難する一方、自分は、匿名というスカートの陰に隠れているのは卑怯です。
匿名は、インターネットの言論の自由を守る最も重要な砦です。
少し勉強し、頭を冷やして下さい。
瀬戸先生の言葉「ネットの匿名性の自由は、選挙における投票の匿名性と同じように、国家が国民に対して保証すべき権利である。」
☆匿名性とプライバシー問題
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51257603.html
☆「匿名」とジャーナリズム精神
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51267983.html
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 18:26
>ナナシ

貴様が頭を冷やせ。
しょうもない自演までしくさりおって下らんわい。
それにわしは、スカートなんぞはいとらんわい。

今日は、とりあえずクリスマスじゃい。久しぶりに家族が揃ってわしを中心に上っ面でも和むんじゃこれから。
他の常連さんらもそうじゃい。
粘着に付き合ってられるかい。

頭を冷やして明日にせい。
以上。
Posted by ナナシ at 2008年12月24日 18:50
アナーキストなる左翼連中は理屈をこまねいて皇室、日本を貶めようとするが、理屈じゃないんだよね。歴代将軍も皇室を破壊しようとすれば出来たけどしなかった。皇室は歴然とあった、この日本が誕生してからずっとあった。今になって必要ないといえる根拠は欧米諸国の理屈にのって、欧米諸国の考えに乗るこそが知識人であるかのレベルの低い想像力でしかない人間の限度でしょう。日本はすばらしい国だと誇りももてず、かわいそうな人だけど他国からみれば本当に良い国ですよ。理屈なんていいよ。日本の歴史から見ればほんの一時期にあった戦争がすべてのごとく語るのはフェアじゃない。天皇は国民の上部に存在して、国民の中の差別とは一緒には考えられない。国民の中の問題で天皇の存在を認めることが差別を生むなんてのは貴方の偏った考えからしか生まれない。自分と天皇を比較するなんてことがないから。もう一度言うけど理屈をこまねいて天皇批判しても俺たち日本人の心には純然と天皇閣下は存在し続けるですよ。そしてどんなことがあっても守り続けなければならない存在なんです。貴方がどんなに理屈をこまねいても日本を愛する限り守り通すのが日本人です。
Posted by 反アナーキ at 2008年12月24日 20:38
>taizou氏へ
>http://ameblo.jp/tg016450/
>↑を精読し是非ご感想をお聞かせ下さい。
>Posted by 通行人 at 2008年12月23日 23:20

年末で忙しくてレスが遅れました。

質問の意味が理解されていないみたいなのでもう一度言います。
瀬戸さんよりも、反論者から逃げることも無く、感情的にもならず、寛容に対応しているブログがあるのかと聞いてるんです。
それなのに、瀬戸さんのブログとは規模が天と地ほど違うし、あんな一握りの変質者しか訪れないようなブログをじっくり読んでみろといわれても読めません。
こちらまで変態になっても困るんで。

しかし、せっかくなので反瀬戸さん系のブログに関して今まで思ってたことを一言だけ言わせてもらいます。
今まで何度か見たことありましたが共通している点が見受けられました。
それは、どのブログも内容が本当にくだらない屁理屈のオンパレードであることです。
内容は、はっきりいって本当にカスです。

瀬戸さんは、確実に社会悪である証拠が腐るほどあってもタブーとされ、野放しにされてきた巨悪と、自分や自分の組織のためじゃなく、世の中のために体を張って対峙してきたパイオニアです。
それによって巨悪の影響が弱められ、直接的にも間接的にも、かなりの人々が助けられていることは、どう考えても事実です。
ゆえに、瀬戸さんを非難する限りは、その貢献を打ち消す以上の反社会的行為を、瀬戸さん自身がした場合に限られます。
それを、まったく誰の役にも立たない、しょうもないあら捜しばかりをして足を引っ張っているんだから、それだけで反社会的行為です。
そんな暇があったら、自分や自分達だけのためじゃやなく、世の中のためになることを少しでもしろ!と言いたい。

以上、言いっぱなしで悪いけど、忙しいのでこれでレスはこれで終わらせてもらいます。
反論あれば、好きなだけやっといてください。
Posted by taizou at 2008年12月24日 21:46
>taizou氏

やはり逃げましたねw

ちなみに貴方の「質問」の意味は十分理解しています。
貴方の思考は理解に苦しみますが・・・
Posted by 通行人 at 2008年12月25日 00:19