2009年01月30日

初めて明かす義勇軍創設と私の立場

連載・『赤報隊』と『日本民族独立義勇軍』

初めて明かす義勇軍創設と私の立場

 前のエントリーで書いたように、私は田舎で実家の農作業をしている所にまで兵庫県警の警察官に来られて嫌な思いをしたと昔の話をしましたが、多くの読者の中には不思議に思われた方もおられることでしょう。

 別に私が犯行グループの一員と思われていた訳ではありませんが、犯行グループを知る立場にいた人物と見なされていたことは事実のようです。

 これまで一切自らは明らかにして来ませんでしたが、今回の連載ではそのことも含めて書いていこうと思っています。嫌なことであっても、またそれは自分の歩んできた運動歴の一部である以上、それを今さらなかったことにも出来ないからです。

 別冊宝島1582 漫画と重大証言で完全推理! 昭和・平成コールドケース

 上の写真ですが、宝島社から出ている本のようです。実は私はまだ読んでいません。「瀬戸さんと思われる人物が出ているよ」と、ある人から連絡があって知りました。

 昭和と平成の時代に起きた事件で、未解決の事件を特集したものです。この中に朝日新聞社への攻撃を続けた『赤報隊事件』も含まれており、このような記述があったようです。

 この中で、赤報隊の事にも触れられていたが、ここではナント、捜査当局が最後に絞り上げた十人の「赤報隊容疑者」がイニシャルとは言え、従来の報道よりも詳しく紹介されていた。

 「新右翼I会創設者で文化人のS」や「新右翼T軍初代議長で現在I会のK」に混じって、・・・・・・・・「新右翼T軍の創設にも関与したジャーナリストのS」がいる。

 はてさて、誰だろう(笑)

 この「新右翼T軍の創設にの関与したジャーナリストのS」とは、これは私のことです。今日はこのことに関して初めてブログで書くことにします。

 昭和56年頃、私は東京・東銀座の合同環衛ビルという所を事務所兼住まいとして、日本憂国会という名称で右翼活動をしていました。
 当時、私の元に皇心塾、一水会、北方領土奪還青年委員会の若い活動家が集まっていた。

 当時の私もまだ29才の若さでした。我々は既成の右翼団体の枠にとらわれることなく、先鋭的な運動を行なうことで意見が一致して、団体の名称を統一戦線義勇軍とすることにした。

 ※この昭和56年頃から・・・・・名称を統一戦線義勇軍とすることにしたまでの文章を正確を記して下記のように訂正しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昭和56年頃、私は東京・東銀座の合同環衛ビルという所を事務所兼住まいとして、日本憂国会という名称で右翼活動をしていました。
 当時、私は皇心塾、一水会、北方領土奪還青年委員会などに所属する若い活動家と一緒に活動していましたが、そのような活動家が横断的に結合して出来たのが「統一戦線義勇軍」という組織でした。

 資料「昭和59年1月・公安情報」を参照

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 当時の私もまだ29才の若さでした。我々は既成の右翼団体の枠にとらわれることなく、先鋭的な運動を行なうことで意見が一致して、

 本部事務所を当時私が住んでいたそのビルの6階に置き、我々はすぐさま全国の若手活動家に対して「分裂混迷の状況にある日本民族運動を再生する道は、文字通り烈火のような運動の実践の中にしかない」として檄を飛ばした。

 東京都内においても電柱などに統一戦線義勇軍のビラを張り出し、活動を全国的に展開しようとしていた。その我々の呼びかけに応じるように全国から多くの人が訪れてくることになりました。

 関西方面からも何人もの人がやって来ては、時間の過ぎるのも忘れて議論して、朝になってしまったことも度々でした。私は関西からやって来た人にも、我々の統一戦線に加わるように積極的に呼びかけていました。

 56年の11月頃だったと記憶しています。関西出身者で仲良くなった友から夜遅く電話があった。関西での動きを伝えるための電話でした。

「関西ではそちらの方に合流するのは難しい。
 こちらは独自の活動を模索している。昔から東と西では合わないんだ。瀬戸さんは東北出身だから余り関係ないかも知らないが、ライバル意識もあるしね」

「そうですか、それは残念です。しかし、何か連携して運動が出来るようにしたいね。同じような名前とか、攻撃対象を同じく設定するとか…」

 そのような話をしていて、長話になったが眠たくなって電話を切りました。それから一ヵ月くらいが過ぎた頃のことでしょうか。 

 56年12月8日、大東亜戦争の開戦記念日の夜、神戸大使館が松明(たいまつ)を持った男に襲撃されたというニュースを耳にすることになります。

神戸米国領事館放火事件

日本民族独立ギユウグン声明 ダイ一ゴウ

 本八日未明 ワガグンは西南日本において米国外コウ公館をコウゲキせり。

 三十六年続きたる民族のダミンはかくて破れり。

 低ゾクレツ悪なるオウ米文物にタマシイをウバわれたる日本人達よ、今こそ民族独立のために立て、対米キュウダン文に示された日本民族の意キをヤマトダマシイを、日本民族のドレイ化をハカる内外の勢力にタタキ付けよ。

 昭和五十六年 対米開セン記念日   
日本民族独立ギユウグン

 キュウダン文

 日本民族は、日米両国接ショクよりこれまでクリ返された米国による一連の排日ブ日残ギャク行為について、心底からのイカリを込めてキュウダンするとともに、以下の各項を民族の名において、米国政府・国民に要求す。

一、バク末・ペルリ来航に際してとったホウカン外交への反省とチン謝。

一、バクマツ、明治維新にかけて日本に強要した不平等条約についての謝ザイ、およびそれにより日本から収ダツした財貨の即時返還。

一、排日移民法等、米国における日本民族への差別と迫害についての謝ザイ。

一、日本を大東亜戦争突入に追込んだ米国外交政略の公開と戦争開始責任の自認。

一、大東亜戦争中、米国在住日本民族に採った差別的ダンアツ行イへの謝ザイと原状フッキ。

一、オキナワ、長崎、広島、大阪、東京等でハンプクされた米グンによる無差別ホウバクゲキの非人道性を認めて謝ザイし、被害者およびその遺族に然るべき補償をなすこと。

一、東京裁判のギマン性ハンザイ性を認め、米国責任者の処バツおよび戦パンと称されて殺害された、あるいはダンアツされた日本人被害者の名ヨ回フクと遺族や本人への補償。

一、占領米グンが強要した「日本国ケンポウ」は米国製であることを明確化し、チンシャした上で、国際法上無効であると宣言すること。

一、低ゾクな米国文化や社会制度の強要によって日本民族の精神文化体系を組織的に破カイしたことへのシャザイ。

一、日米安保不平等条約の即時破棄。

一、日本民族ドレイ化のショウチョウたる在日米グン基地の即時テッ収。

 以上の他にキュウダンすべきコトは無数にあれどもとりあえず以上十一条を要求す。要求いれざれば、日本民族は最後の一人となれどもトウソウを継続するものなり。

 昭和五十六年十二月八日      日本民族独立ギユウグン

 

 私はこの「ギユウグン」という文字に衝撃を受けた。
 我々が統一戦線義勇軍の名で旗揚げし、檄を飛ばしたことに対して、呼応する形で関西方面の同志が決起したのではないかと感じたからでした。

 この後、日本独立義勇軍の事件は続いた。

横浜元米軍住宅放火事件
昭和57年5月6日。日本民族独立義勇軍が横浜元米軍住宅を放火。

大阪ソ連領事館火炎瓶襲撃事件
昭和58年5月27日。日本民族独立義勇軍が大阪ソ連領事館を襲撃。

朝日新聞東京・名古屋本社放火事件
昭和58年8月13日。日本民族独立義勇軍が朝日新聞東京・名古屋本社に放火。

対ソ糾弾文
昭和58年8月15日。日本民族独立義勇軍がソ連に対して糾弾。
 
 声明文は下記サイトから引用させて頂きました。

 http://guns-road.hp.infoseek.co.jp/geki/geki.shtml


 私はこれらの事件は確固たる思想に基づく戦いであると思い、これを支持する立場を当時から貫いていた。どのような会合や場所においても、この行為を賞賛した。

 よって権力側からは要注意人物として見られてきました。
 私は統一戦線義勇軍からはある事件をきっかけに抜けることになった。この件についてはいつの日か明らかにする時が来るかも知れません。

 しかし、そのことを今明かしても、もう余り意味はないので書かないことにします。ただ、私としてはかけがえのない私の部下を失ったという自責の念なのか、今以って悪夢に襲われ夜目が覚めることもあります。

 私はこの『日本独立義勇軍』が今回告白手記を書いた人物と、どうしても同じ人物、もしくはグループであるとは思えない。
 また、朝日新聞本社銃撃事件では確かに犯行声明は「日本独立義勇軍 別働 赤報隊」となってはいました。阪神支局銃撃事件は、それまでの事件と比べて余りにも乱暴と言うか暴力性がむき出しになって違和感を持っていた。

 もし、今回の銃撃を告白した人物と、日本独立義勇軍が別組織であれば、長年私が抱いていた違和感は解消される。是非そのことを私は今回の「告白手記」者に伺いたいものである。

 

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。


 

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/  



Posted by the_radical_right at 21:15│ mixiチェック 検証・歴史的大事件 
この記事へのトラックバック
1947年、2・1ゼネスト宣言文を紹介。公務員の皆様は愛国心いっぱい。現代の公務員も見習ってほしい。
愛国的だった左翼労働者たち【憲法改正社】at 2009年01月30日 22:34
腹が立つほどネタが多すぎる。。マスコミの麻生総理イジメに便乗している日本人は後で本当に泣きを見るよ。マスコミは牛耳られているから、朮..
安倍前総理に対するニュースは、アサヒられていたんだよ。【ねぇ知ってたぁ?】at 2009年01月30日 23:23
この記事へのコメント
5
朝鮮人は日本人を陥れることに全力を注ぎ生きています。
彼らの多くが日本人を殺そうと思ったり、騙そうと思ったりしています。
よくネットで調べて下さい。
分かりますから。
特に女子は気をつけて下さい。
朝鮮人を隠し、甘い言葉で誘い何万人もの人間が被害に会っています。
統一教会だけでも、6500人の大和撫子が行方不明になっているのですよ!
こんな現状を見て、奴らを許せますか?
朝鮮人に娘を取られた親の身にもなって下さい。
馬鹿げた一部の政治家が、外国人参政権などとふざけた事を言ってますが、国がやらないのなら、国民が責任を持ち、朝鮮人を差別し、葬る以外ありません。
徹底周知をお願いします。
Posted by 朝鮮は思った以上に日本に蔓延している at 2009年01月30日 21:22
↓この騒動でパチ屋など韓国資本スポンサー怒らせたから、マスコミは朝青龍総批判だった。今は業界全体批判か?

韓国人金記者「日本での差別はひどかったでしょう?」
朝青龍「いや、別になかったっス。」
金記者「隠さなくてもいいですよ。 どんな差別にあいましたか?」
朝青龍「いや、だから特になかったっス。」
金記者「 特に ってことは、やっぱりあったんじゃないですか?! どんな差別でした!?」
朝青龍「だから、無えって言ってんだろ! このキムチ野郎!!」

詳しくは
朝青龍「キムチ野郎」発言とは何か?
で検索してみると裏事情が分かる。
日本中どこもかしこも火病の暴挙です。
Posted by 日本国!キムチのいいなりか? at 2009年01月30日 21:37
放火や火炎瓶襲撃と、阪神支局銃撃事件とでは

そんなに違和感を感じるものなのでしょうか。

多分、私を含めて多くの人はそうは感じないと思います。
Posted by 読者 at 2009年01月30日 21:46
多分だけど、日本民族独立ギユウグンと、
阪神支局でショットガン撃った連中は、違うと思える。
まず、阪神支局の連中は、覆面してたって言う。

名前と顔を残したい若者、昔の実行する連中は、顔を隠さないで テロをやったものだ。

せんせ達は、普段の街宣活動で覆面してやった事が、あるだろうか?
多分無い。合法の範囲にあるにしても、行動に対し顔と名前を晒す。
何故隠さないのか?恥ずかしくないのか?って問うならば、
「たわけ」と怒られることだろう。

ショットガンは、猟を行うところから 横流し等の手を摂るにしても
そう云った脈があるか疑わしい。

案外、昔の知り合いさんが、困った事情の揚句
ヤクザの親分の提案に乗った。但し、恥ずかしいから覆面した

もしくは、有名な連中のせいにしてしまえって事で 粛清を行った
(いやになるくらい、ありきたりだ)

まあ なんにせよ、人に歴史ありって事ですな〜。
Posted by 慶互 at 2009年01月30日 22:44
日本独立義勇軍と、赤報隊の声明文の論調が、全く違うのを感じます。
前者は非常に格調の高いものを感じますが、
赤報隊の声明文に「われわれは日本人である」を枕詞にするところは、日本人に成り済ますのが好きな特亜人臭さが滲み出ています。
そして、新右翼の創設者に帰化人と思しきイニシャルがありますが(間違っていたら御免なさい)、瀬戸さんは知っていたのでしょうか。
新右翼の一水会が北朝鮮シンパなのは、その民族的共感なのでしょうか。
Posted by 市民 at 2009年01月30日 23:04
一水会の鈴木邦男氏はあやしいと思っていました。
名前に「邦」とありますが、
失礼ですが、顔も朝鮮系に見えるんですよね。
一水会鈴木邦男氏と田原総一郎とのつながりも気になります。
Posted by まいまいかぶり at 2009年01月31日 00:11
こらこら、他所の団体さんをつつくのは、程々にしときなさい。
Posted by 慶互 at 2009年01月31日 00:22
日本人右翼をよそおい犯罪を重ね、その罪を純粋日本人右翼に擦り付けてきいた朝鮮組織があった事がわかったのですから、ただ事ではありません。そのせいで瀬戸さんも警察からあらぬ疑いをかけられたとおっしゃっています。

これを機に、再び純粋日本人が汚名をきせられたり、騙されないようにするためにも「日本人右翼をよそおう朝鮮人右翼」と「純粋日本人保守」をはっきりさせる事が大切だと思います。
Posted by まいまいかぶり at 2009年01月31日 00:38
いささか、本題とはズレますが、
前出の「キムチ野郎」って表現が面白かったので、・・・
朝青龍って人、僕にゃあスゴクいい人だなぁ〜って、思います
Posted by レンタル携帯の末坊 at 2009年01月31日 00:57

田母神氏の後援会に行ってきました。

田母神氏は、今現在の日本の国防について
お話をされていたのですが、かいつまんで話させて頂きます。
以下のような事を仰ってました。

 峭駛瀕呂叛萓攻撃能力、この2つの力があってこそ軍隊なんです」
◆崙本は国防能力はありますが、先制攻撃能力がありません。それでは、相手に通用しない」
「いくら受け身(防衛力)があっても、壊滅的な打撃を相手に与える力がなくては、相手は攻撃の手を緩めない」
ぁ岾砲鮖つという事は、通常戦力が相手国より10倍あろうが、100倍あろうが、核を撃たれると負けるんです」
ァ屬世ら、北朝鮮は1個か2個の核でも保有してるんです」
Α崙本が核を持つというと、アメリカは絶対に反対してくるでしょう、だからこそ日本はこの『核保有』というカードを、外交交渉に使えるんです、米中に対して、『あれを持って来い、あれをやれ!これをしろ!そうでないと、核保有するぞ!』と、脅して色んな難しい交渉も出来るんです』
А屬世ら絶対に、日本から核を持たないなんて馬鹿なことは言っちゃいかんのです。向こうとしては願ったり叶ったりになりますからね」

それからこんな事も仰ってました。
田母神氏:「横田めぐみさんの拉致事件も、あの福田赳夫元総理大臣が、『人命は地球よりも重し』などと言って、日本赤軍のテロ行為に負けて、16億円の追い銭を与えて逃がしてしまった事にも原因にあると思いますよ。それまでの日本はシナや朝鮮に舐められるような行為はなかったが、あの福田さんの発言の後に、横田さんは拉致され、それ以降もドンドン拉致被害者が続出していますね。」




Posted by 椿 at 2009年01月31日 01:05

追記

田母神氏:「よく日本のマスコミや政治家らが、日本の領海を侵犯してくる中国や北朝鮮の不審船を撃ったら、すぐに戦争になるとかなんとか騒ぎますが、そんな事はありません!!むしろ撃ってやった方が、向こうも大人しくなるんですよ」

あと文民統制に関して

田母神氏:「もし自衛隊員をサッカー選手に例えるなら、バトミントンしか知らないコーチらに、『あれをしろ!これをしてはいけない!』なんていうような、滅茶苦茶な支持をされたりしてるんですよ。これでは自衛隊の能力は弱体化するばかりです」という事も仰ってました。

そして私も一番懸念していた自衛隊派遣については、

「もし自衛隊員を派遣するならば、それ相応のキチンとした装備をつけて私は送り出してやりたい。そんな丸腰のままで撃たれて死んでも仕方ないようなそんな条件の下で、私は自衛隊員達を送り出したくはない」と仰ってましたが、私も心の底から同感でした。

結局日本を守っているのは「憲法9条」などではなく、
『自衛隊という軍隊』が日本を守ってくれているのだと思いませんか?。

そして、厳しく辛い訓練を受けた「優秀な戦闘のプロフェッショナル」を失うことは、日本にとって大きな損失だと私は思います。
どんなにお金を積んでも、これだけの優秀な軍隊を直ぐに作り出せるものではありませんから。

勝手ながら、長々と色々な事を述べてしまいましたが、
一応、私が印象に残り覚えている「田母神氏の言葉」を書かせて頂きました。





Posted by 椿 at 2009年01月31日 01:07
当時共産党と勝共連合・統一協会の抗争が凄かったらしい。
第二赤旗の朝日新聞が、共産党と同じ姿勢で勝共連合・統一協会を叩いたのは言うまでも無い。
擬装右翼、街宣右翼(実体は韓国朝鮮人暴力団)と居留民団(幹部は暴力団親分)が、韓国全体への批判と捉えてファビョったあげく、テロに走ったのかも知れない。
そして日本人右翼団体の犯行に見せかける為、日本民族独立義勇軍の名を騙ったのだろう。
朝日新聞がテロに見舞われた後、韓国マンセーの姿勢に変わったのは、テレビ局が朝鮮総連、民団から執拗な嫌がらせを受けて、韓国マンセー番組を流している状況とダブらせる。
Posted by 平和主義 at 2009年01月31日 01:26
この判決はどうするのかね?


警視庁の副署長だった男性(66)が、インターネット上のホームページ(HP)に、1995年にあった女性市議の転落死について男性が指揮した捜査はデタラメだったなどと記載されたことは名誉毀損に当たるとして、同HPを運営していた都内の市議2人を相手取り400万円の慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、市議2人に10万円の支払いを命じた東京地裁判決を支持、市議の控訴を棄却しました。
Autocrat Watcher


ここで声高らかにこの問題で他殺だと叫んでいた連中は逃げれんよ?
まさかこの判決の意味理解出来ない訳は無いだろうに。

Posted by ログナー at 2009年01月31日 02:19
統一戦線義勇軍の創設に関わっていたとは凄いですね。
朝鮮テロリストを追わないで、無関係の瀬戸さんをマークするとは、日本の警察は何をやっているのかと言いたいですね。
Posted by 日本刷新 at 2009年01月31日 02:30
ログナーさんもコメしてますが、その件についての瀬戸サンの感想やこれからの対応を知りたいものです。
Posted by ばかきらい at 2009年01月31日 05:17
公安警察は保守系人物に日々情報を入手しようとして接触を図って、そのしつこさ、いやらしい質問の仕方から皆に内心嫌われていると思います。公権力を持っているから、皆あからさまに言わないだけです。一般人が同じ接触の仕方、質問をしたら、罵倒されるでしょう。公安警察は日に日に保守系人物から嫌われて、内心警察支持でなくなっていく日本民族を作って行く事をその活動目的にしているのかとも思ってしまいます。保守系日本民族に対する変な接触の仕方は、結局警察全体にとってマイナスではないかと思います。国民の噂とか評判を馬鹿にしてはいけません。口伝を馬鹿にしてはいけません。その公安警察から不快な対応を受けた人にも、信頼の於ける友人、親族がいるのですよ。その友人・親族は公安警察から受けたその人に対する仕打ちを自らの事の様に感じるのですよ。これが何を意味するかです。
Posted by 濫用 at 2009年01月31日 05:22
5
スレ違いですが、朝青龍のキムチ野郎発言は今持って痛快です。

だが火病キムチ野郎がこの発言に逆切れして朝青龍バッシングしたんだなって今頃気づきました。
Posted by 憂国者 at 2009年01月31日 05:40
頭がぴ〜さん、あの店って弱い立場なの?
Posted by カルト創価学会は世界の悪 at 2009年01月31日 07:43
5
・対馬市が自衛隊増強を防衛省へ陳情 〜政府はこのような心配を地方にさせるべきではない〜

http://ameblo.jp/lancer1/entry-10199474238.html
Posted by r at 2009年01月31日 07:51
瀬戸さんがそういった組織を立ち上げておられたこと初めて知りました。
私はそのころは、大阪にいましたが知りませんでした。これを読んでいて
知っていたならな〜とつくずく思います。左翼全盛期朝日新聞が
正義の味方ずらして闊歩していた。なにしろ朝日の天声人語が企業 公務員試験に出ると言われろくでもないものを読んでいった。
今考えても腹立たしい時代だったが、またこれを繰り返そうとしている。
憂国者さんが朝青龍のバッシングいわれているが、そのとうりですよ
キムチ野郎といったから、キムチに汚染された野郎にバッシングされている。朝青龍負けるなとエール送りたい。
Posted by 佐助 at 2009年01月31日 08:05
これは非常に貴重なお話ですね。
統一戦線義勇軍創設に関わったせと先生の、「阪神支局銃撃事件は、それまでの事件と比べて余りにも乱暴というか暴力性がむき出しになって違和感を持っていた」という感想は重大な意味があると思います。
バブルから90年代は韓国語訛りの右翼街宣車が多かったですが、朝日新聞が犯人を見つけられないというのも怪しいです。
Posted by 火竜 at 2009年01月31日 08:32
今度は別宮先生のサイトから一部転載させていただきます。

日本の失敗の原因は「独善」でした。
蒋介石の「中国が発展できないのは外国のせいだ」が支那事変の根本原因であって、これを正すには、国際的に、すなわち先進各国が協調するしかなかったでしょう。

近衛文麿は外国人と筋道たてて話すことができない男でした。
根は父親譲りの大アジア主義に染まっていた一方、オスカーワイルドを訳すほどの英語通でした。
また支那事変緒戦に並行して2・26事件恩赦問題がありました。昭和天皇以下全員が反対する2・26加担者を恩赦しろというんですね。
これとは別に血盟団首領で団琢磨暗殺を命令した井上日召を自宅(荻外荘)に住まわせました。この人も6年程度の刑期で仮釈放されました。テロにたいしては現在のNHKほどの感性しかなかったのでは?

井上日召の同志で鹿児島に日蓮宗僧侶をなのっていた重信という男がいて、その娘が重信房子です。
Posted by 火竜 at 2009年01月31日 08:49
5
>井上日召の同志で鹿児島に日蓮宗僧侶をなのっていた重信という男がいて、その娘が重信房子です。

火竜様

これは初耳でした、貴重な情報有難うございます。

でもこれで言うと重信家や重信房子は日本人でしょうか。てっきり重信房子は朝鮮人と思っていました。なにせ赤軍派、反日極左のリーダーですから、そう思わざるを得ませんがね。
Posted by 憂国者(本人) at 2009年01月31日 11:57
赤軍派、重信房子を応援する会は、社民党にあります。

福島瑞穂、辻本清美らです。北朝鮮にいる日本赤軍(日本刀で機長を脅かし、飛行機を乗っ取った)をも応援していて、悪名高いピースボートを作った人達です。

彼女らは、「何でも日本に反対デモ」をする、およそ日本人とは思えない人達です。

先日、辻本は民主党の近藤昭一と一緒に「国立国会図書館法を改正法案」を提出。
これは、表向き平和調査局設置ですが、戦争開戦の過程から「日本人で無い者」への徴用、就労、性的行為の強制、生物兵器、非人道的な行い等、日本人の悪行を徹底的に調査、特定国の学識者にも関与させ、日本に延々と謝罪と賠償をさせるというもの。
Posted by こんな人に一票投じる人は後悔する at 2009年01月31日 13:45
赤報隊=統一教会(勝共連合)との説は根強いものが有りますね。朝日新聞名古屋支局で使われた散弾銃がどうかは解りませんが、統一教会系の企業の「一和産業」では散弾銃や自動小銃等を作っていますし、紛争国にはそれらを輸出していましたからね。

当時は朝日新聞による、統一教会の「霊感悪徳商法」や「合同結婚式」などの反統一教会キャンペーンを展開してました。
創価は「銃などの武器」は作って無いみたいですけどね。悪という意味では比較できないですけど。
Posted by 日本人 at 2009年01月31日 14:12
読んでいないのに引用w
Posted by すごい at 2009年01月31日 14:48
>Posted by すごい at 2009年01月31日 14:48
>読んでいないのに引用w

?????

読んでも、読んでいなくても、紹介するために載せれば引用です。
Posted by 語録 at 2009年01月31日 15:02
カルト創刊学会は世界の悪さんへ

細々とやってる店に対し何の根拠もなく、集団で襲撃したり、嫌がらせをする事を世間様では、弱いものイジメと言うんですよ。

やっても良いという根拠があるのかな?
(^^)
Posted by ぴ〜なっつ at 2009年01月31日 15:29
あと絡んでくる箇所が幼稚過ぎ。

万引き冤罪説そのものが否定されたのだから、あの店に対してセトセンセー達が行った事は全て的外れだったと…

普通の、真っ当な日本人は謝るよね?
(^^)
Posted by ぴ〜なっつ at 2009年01月31日 15:42
で前にナノが謝れば裁判にならないで済んだ訳だが結果がまあ上に書いた判決が出たと。

でナノは謝るの?謝らないの?
Posted by ログナー at 2009年01月31日 18:29
>各位
しばらく自粛していましたが、復帰したいと思います(かといって自省が終わったわけではありませんが)。
昨年声をかけてくださった方々には感謝しています。

先日靖国神社へ初詣に出かけました。特攻勇士の像の前で拝んだのですが、その時に目の前が真っ赤になりました。血の色、というか血ですね。血が湧いて見えました。こういうのは初めてです。まるで英霊達がなにかを伝えてくるようでもありました。自分は思うのですが、もし彼らが話せるならいくらでも言葉が出てくるのではないでしょうか。
現在の社会は端的に言えば「今生きている人たちの意志や投票」によって動いています。しかし自分としては先人方々の思いをなにか形にしたい、実現したい。そのような願いが年々強くなっています。人を殺すような方法を採る方もいますが、それが本当に正しいのか自分には分かりません。ですが結局行き着くところはまず願うことなんだと思います。
「愛国心」、などと言えば他人は馬鹿にしたような顔をしますが、自分の国の良さ、美しさを発見しそれを誇りとする行為がなぜいけないのでしょう。我々は己の生命を国へ捧げた者たちの子であり孫であります。自分の国を愛するのはごく自然な心ではないでしょうか。我々の祖父や父がごく自然に持っていた心が今の我々に欠けているということに、自分はいくらかの悲しみを覚えます。

(話は変わりますが、区別を図るために今後の投稿名を変えようと思います。里見義と関係のある言葉にしようと思います)
Posted by 耳 at 2009年01月31日 20:16
>耳様
耳様のコメントにより、私の頭では到底気付くことができない事に気付かせていただいた事、大変ありがたく思っております。
耳様の復帰を心より歓迎致します。
Posted by アントン at 2009年01月31日 21:49
耳さん

日本を思う人は数多くいます。

コメントを投稿せずとも、私の親戚らのように、見て確認し、只今の情勢を把握、また違う場所にて、あるいは仕事の関係で、相手が全てを知らずとも、一部の話をされる事もあり、「あの人も知ってた」と徐々に浸透していることを感じます。

いくら新聞やテレビが誤魔化そうとも、心の通う人間同士の会話が、一番身近であり、仕事や趣味の繋がりで、結びつきが出来ているのです。

「せとのプログ」を新しく訪問する人のために、皆様も新鮮な、分かりやすい情報をどしどし載せて下さい。お願いします。

Posted by 国思う読者 at 2009年01月31日 22:57
5
瀬戸さんが紹介してくれた宝島社の本、明らかに親共産臭いですね。
赤報隊は取り上げても直前の大韓航空事件を無視している点。拉致関連もそうですがあの編集者達の脳内ではこれらは全部解決済みだとほざいてるのでしょうか?

半島で遊びに行ってる軟弱中曽根も…

竹下に圧力をかけろ。貴殿のあやまちとおなじことをさせるな。
竹下のやりかたをみてはずすかどうか決める。日本人であることを忘れるな。
Posted by チヨゴリブツ切り at 2009年02月11日 12:10