2010年06月11日

11年前の予言「暗闇暴露」

  
tachiagare_bn



 
ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします。

ユダヤ陰謀論を語る。

11年前の予言「暗闇暴露」

 前回の政治セミナー「闇の権力を暴く」というシンポジウムは好評でしたので、また7月末には開催することにしたいと思います。
 あのセミナーの後で暇を見つけては、ネット上でユダヤ陰謀論を探していたら、11年前に私が盛んに投稿して論争していた掲示板がまだ残っていることに気がついた。

 その掲示板の1999年頃の投稿を見たら、我々の論争に突然「暗闇暴露」というHNで書き込みを始めた人物が現れた。余り議論にならず、一方的な書き込みだったので、我々の論争相手にはならなかったが、今回改めてこの「暗闇暴露」の投稿文を読むと考えさせられることばかりです。

328 返信 郵政三事業問題の真相 暗闇暴露     1999/12/03 00:54
327 返信 南京大虐殺、捏造された真実  暗闇暴露     1999/12/03 00:49
326 返信 やっぱり真実だった!! 暗闇暴露     1999/12/03 00:44
325 返信 最近騒がれている「弱肉強食社会」とは?! 暗闇暴露     1999/12/03 00:42
324 返信 何も知らないお人好しな日本人!! 暗闇暴露     1999/12/03 00:40
323 返信 日本経済の崩壊の日は近い?! 暗闇暴露     1999/12/03 00:38
322 返信 「ボーダーレス化社会」の隠蔽された罠 暗闇暴露     1999/12/03 00:36
321 返信 第二次世界大戦の隠蔽された真実 暗闇暴露     1999/12/03 00:33
320 返信 ユダヤの世界支配戦


 今これを読み返すと11年前の未来の予言としては、かなり正確な指摘であったのではないかと思いました。当時としては陰謀論の類でしか無く、誰も本気で相手にしていなかったが、まったくの的外れではなかったようです。

 例えば郵政三事業の問題については次のような主張がなされていた。

 真実は何者かによって隠されているから分からないのである。
 真実はごく一握りの人々にだけ知らされる物だからである。
掲示板でもやはり郵政省とか大蔵省と言ったいわゆる「国家公務員」と呼ばれている人々が、攻撃の対象にされているようだが、ずばり、この場を借りて断言しよう。彼らは真犯人ではない!!彼らは情報操作によって、一般民衆の嫉妬や妬みの標的にされているだけなのだ。

 こうしていわゆる「国家公務員」が奴らの生け贄にされて、真犯人は闇に消えるのである。さて、郵政問題の真実を暴露してゆこう。まず。 郵政3事業解体で一番喜ぶのは表向きでは日本の民間の企業になっている。その理由は、いわゆる「自由競争」や「市場開放」といった理由だ。

 だが、これは単なる真実を隠蔽するためのまやかしにすぎない。真実はもっと別なところにある。郵政3事業解体で一番喜ぶのは欧 米の”真の支配者”と呼ばれているユダヤ資本である。彼らは日本、いや日本人に対して「自由」や「平等」というまやかしで日本人を無防備 にしようとしているのだ。日本人の血と汗と涙の塊と呼べる郵便貯金がユダヤ資本の標的である。さらに恐ろしいことにだ。

 彼らは「自由競 争」「市場開放」といった名目の元に民営化した郵便貯金事業をワナを仕組んだうえで、不当に安く買いたたく。まるで1年前、あるいはつい 最近、ユダヤ資本が山一証券や日本長期信用銀行にやった手口みたいな方法でだ。これで日本人の個人資産の多くはユダヤ資本の手に渡ることになる。

 そう、名を変えたユダヤの手による略奪である。そのうえでだ。その日本人の血と汗と涙の塊と呼べる郵便貯金をすべて アメリカ(あるいは欧州)にみんな放出するようなことをするかもしれない。

 「郵政三事業民営化」はユダヤの陰謀である。奴らのまやかしにのらないようにしてくれ。さもないと、日本人の血と汗と涙の塊が跡形もなく なってしまうからなのだ!!

 以上

 当時としてはまだ小泉内閣誕生前のことであり、郵政民営化がこの後に行なわれるなどとは、可能性としてはあったが、そう簡単なこととは誰も思っていなかった。

 しかし、現実にその後民営化は行なわれ、今ではこのことによって、日本の個人資産が海外に流出するのではないかと危惧する人は多い。その為に郵政民営化の見直しを求める国民の声も強まっている。

 さて、ある「郵政民営化は米国の長年の要求」という文章の中に次のような指摘がありました。

 日本の経済政策は、1994年以後、「米国政府の日本政府に対する年次改革要望書」の拘束を受けている。このため、日本政府は日本独自の日本国民のための経済政策をとることが強く制約されている。とくに小泉内閣は米国政府に忠実である。

 橋本内閣以後の経済構造改革政策は、米国政府の「要望書」に従って行われてきた。橋本内閣は米国政府の「要望」に忠実に従って「改革」を急いだため躓き、深刻な経済不況を生んでしまった。

 橋本内閣を継いだ小渕内閣の中心課題は、橋本内閣によってもたらされた不況からの脱出だった。このため小渕内閣はケインズ型政策をとり、財政支出を拡大し、公共事業を実施した。しかし2000年春、小渕首相の急病による退陣のため小渕積極経済政策は挫折した。日本経済の回復はもう一歩のところまで前進しながら、小渕首相の退陣のため中断したのは、日本にとって不運なことだった。

 後継の森内閣は、表面上は小渕政策の継承を表明したが、ほとんど実行されなかった。 森内閣は無策だった。

 このあと2001年4月に登場した小泉首相の経済政策は、米国政府の「要望」に忠実に従った。しかし、国民は小泉政権の従米体質には気づかなかった。大マスコミが小泉政権を過度に賛美したからである。それ以上に、タネ本である「年次改革要望書」が隠されつづけてきたことが大きな原因である。政府はこれを隠したのである。

 大新聞も「年次改革要望書」のことは最近まで一切ふれようとしなかった。私は、大新聞の編集者が、小泉内閣の意向に従って、年次改革要望書の存在を意図的に隠蔽したのではないかとの疑いを抱いている。大マスコミは年次改革要望書を隠すことに協力することによって国民の敵と化した。

http://www.creative.co.jp/top/main2749.html

 陰謀論などはマスメディアがしっかりと真実を報道しないことによって、一人歩きすることを示しているのではないか。ユダヤ・タブーによって真実が報道されないことで、今後ともこのユダヤ陰謀論が盛んにこそなれ、収まることなどないでしょう。

 次のセミナー開催までの間、この11年前の何者かは知りませんが「暗闇暴露」による「ユダヤ陰謀論」を定期的に取り上げていくことに致します。

☆お知らせ

 先日の政治セミナーのDVDが出来ていますので販売致します。一枚のDVDに約3時間半を収録している関係上、ノイズなどが入っていますがご容赦下さい。

 
flm - 4



















 定価:1500円

 お申し込みはこちら↓

 
fukushimaseto@gmail.com
 
ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします。

お知らせ リンゴジュースとジャムの販売について
 20100118144300002010011815200000                                              

注文はこちらをご覧下さい。

http://blog.livedoor.jp/
the_radical_right/
archives/52452888.html


新しい記事に入れ替えました。一度ご覧下さい。
  


 在庫もかなり少なくなってきました。後で正確な数字を掲載させて頂きます。



Posted by the_radical_right at 17:04│ mixiチェック 陰謀・謀略関連 
この記事へのコメント
『何も知らぬお人好しの日本人』
現在の平和ボケした年配者達が日本を破壊してくれました。
もはや若者達が立ち上がらなくてはいけない時期です。
政治 マスコミ宗教団体などが他国に侵され現在の年配者達は完全に愚民化しています。
政治家も脳の腐った年寄りや在日ばかりでどうしようもありません。

勿論公明党なんかにたった一つの議席さえ与えない団結力が必要なのですが…
Posted by 創価対策本部 at 2010年06月11日 17:20
旧京城帝国大はソウル大の前身と認めよ。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E5%A4%A7%E5%AD%A6#.E5.A4.A7.E5.AD.A6.E4.BB.A4.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E8.A8.AD.E7.BD.AE
Posted by 牛丼並盛280円 at 2010年06月11日 18:05
フリーメーソンはかなり以前より情報公開へ熱心に動いてますよ。ロンドンのグランドロッジなどは年間3万人の見学者を受け入れ、その秘密とされていた儀式はナショナルジオグラフィックによりテレビでも公開されています。合い言葉などもネットでいくらでも調べられるのが現状です。
基本的に慈善団体で、ライオンズクラブやロータリークラブと同質のものです。もちろん、参加に当たって人種を問われることもなく、それらにまつわる陰謀論はすでに時代遅れの戯言とされています。

少しは最近のことなども調べられてはいかがですか?
Posted by 研究家 at 2010年06月11日 18:31
結局陰謀論。
Posted by あーあ at 2010年06月11日 18:51
これは陰謀論ではなく、隠された真実の暴露と評価出来るのではないでしょうか。
現実化したのは間違いありませんからね。
Posted by 吉兆 at 2010年06月11日 19:01
瀬戸先生たちの信じるような陰謀論の根源はLEO TAXIL(レオ・タクシル)の創作でしょう。この人はメンバーだった人ですが、盗作の常習者で色々な不品行もあり、フリーメーソンから除名処分を受けた人物です。
除名されてからフリーメーソンに対して次々と根も葉もない事を書き立てたのです。後に訴えられて全てが創作であった事を認めています。最後は誰にも相手にされなくなり、ひっそりと歴史から消えています。これらが現在でも流布されている間違った認識の根源です。

また瀬戸先生が信じておられるらしい金融陰謀論ですが、これも荒唐無稽な話です。フリーメーソンには発祥の地である英国王室人脈が深く関わってきましたが、彼らがロンドン・シチーを代表する金融システムを破壊するような行為に加担するような事は考えるのも無駄な話です。旧日本軍が大本営に特攻機を飛ばすようなバカげた話ですから。

以上のことから既に欧米ではフリーメーソンを陰謀の主として考えているのは「頭のネジが緩い人」という認識になり、旧来の陰謀論本は全く売れなくなっています。それを受けたダン・ブラウン氏が新刊では違った側面からの新陰謀論(笑)を書き、それなりに楽しまれて(売れて)いるようです。フリーメーソンを善として書いています。まぁ、名士たちの自己啓発が目的である慈善クラブなので、恩恵を受けている恵まれない人たちも多い団体ですからね。
Posted by 研究家 at 2010年06月11日 19:10
女参政権をなくせ!
女専用車両をなくせ!
女の労働賃金、下げるだけ下げて、下げた分全てを男性にやれ!
風俗の料金を大幅値下げしろ!貧乏人でも楽々行けるようにしてくれ!
Posted by 秀喜還暦 at 2010年06月11日 19:52
http://www.youtube.com/watch?v=ZNLEfRw_eQE

こちらではメンバーがパレードしています。エプロンというか前掛けをしている人がメンバーです。社会的階層が限定されるライオンズクラブやロータリークラブに比べると、広い階層に広がっているのが解ると思います。もちろん人種も限定されていません。
ライオンズクラブやロータリークラブがどちらも公称でメンバー120万人なのに比べ、フリーメーソンは500万人いる理由が解ります。

メンバーになるには信仰(宗派は問わない)のある男性ならば誰にでも門戸は開かれています。

日本でも立派なサイトがあったのですが、エラーが起きているようです。IT系やネットに詳しい方なら歓迎されるんじゃないでしょうか。
http://japan-freemasons.org

※同じ場所のメイスン財団のサイト
http://www.tma-japan.org/index.html

少なくともおなしな陰謀論に振り回されるよりはメンバーになったほうが有益な時間を過ごせるように思えませんか?

「実は俺、フリーメーソンのメンバーなんだよ」

すごくカッコイイじゃないですかw
Posted by 研究家 at 2010年06月11日 19:59


我こそは「保守」と思われる方、必読ですよ。

“When time shall have softened passion and prejudice, when Reason shall have stripped the mask
from misrepresentation, then justice, holding evenly her scales, will require much of past censure and
praise to change places. ”
Radhabinod Pal 『Dissentient judgment of Justice Pal : International Military Tribunal for the Far East』
「時が、熱狂と、偏見をやわらげた暁には、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとった暁には、その時こそ、
正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに、その所を変えることを要求するであろう。」
ラダビノード・パール「パール判決書」原文の結語。

・小学館『パール真論』小林よしのり / ・小学館文庫『パール判事の「東京裁判」日本無罪論』田中正明
ttp://matodoga.blog24.fc2.com/blog-entry-195.html

あわせて読みたい『沖縄論』『昭和天皇論』小林よしのり
Posted by 『日本を貶めた10人の売国政治家』幻冬舎新書 at 2010年06月11日 20:08


≪在日本大韓国民団が推進する「外国人参政権」≫

『外国人参政権という売国法案』小林よしのり / 【ゴーマニズム宣言】小学館 -SAPIO-
http://www.youtube.com/watch?v=CNdrAFjhjt4

あわせて読みたい『日本を貶めた10人の売国政治家』幻冬舎新書
Posted by 小林よしのり『希望の国・日本』絶賛発売中♪ at 2010年06月11日 20:14
  ↑
【訂正】≪在日本大韓民国民団が推進する「外国人参政権」≫



Will 7月号必読! 要チェックですよ。
マスコミが報道しない民主党政権下での韓国の動きを見過ごすな!
竹島が危ないぞ!

|●|2月22日は竹島の日

・韓国人デモ隊が、日本大使館前で、日本の国鳥であるキジを虐殺!
http://www.youtube.com/watch?v=tn6Bv59_5-4
http://www.youtube.com/watch?v=epjcWY4p_Bs&feature=related
Posted by 小学館『パール真論』 / 小林よしのり必読! at 2010年06月11日 20:26
<郵政民営化を検証する>

おすすめ本
紺谷典子(こんや・ふみこ)著
『平成経済20年史』幻冬舎新書
本の中身紹介はココで観られるよ。
  ↓
【参考動画 Google ビデオ】
『博士も知らない日本のウラ』
出演:紺谷典子氏 / 宮崎哲哉氏
http://video.google.co.jp/videoplay?docid=6952545350538202640&ei=Os5nS8rkHIyKwgPYzeRG&q=%E7%B4%BA%E8%B0%B7%E5%85%B8%E5%AD%90&hl=ja#
Posted by 紺谷典子 『平成経済20年史』幻冬舎新書 at 2010年06月11日 20:31
結局亀井は辞職したけど、今後どうなる郵政及び日経平均。
Posted by 慶互 at 2010年06月11日 21:02
ユダヤが世界を支配するぐらいの実力があるのは教育の力。
彼らの教育は徹底している。子供に本を読ませる。音読、訓読。
子供に質問をさせる、考えさせる。無理やり聖書やタルムードを暗記させるくらい読ませる。
土曜日は安息日で何もしないし出かけないが、勉強はしてよい。
土曜は家族で一日中。勉強、勉強、勉強。読書、読書、読書三昧。
日本人とは大違い。テレビ、パチンコ、レジャー、ゲームで一億総白痴だもの。国も滅びるよ。
Posted by 凡人 at 2010年06月11日 21:26
年次改革要望書はこちらからも要望できる双務的なものだ。
こちらからも要望すればいい。
それにご丁寧に要望どおりにしなくても出来ませんでしたで済む。
国益に照らして要望するところはして、出来ないところはやらずに理に適う、国益に適うところを協力し合って改革すればいいだけのこと。
向こうにも改革させればいい。
アメリカ側も要望してくれという声もある。
そうした上でお互いの信頼があるのではないか?
これを以てただのアメポチだと言うのは間違いで、要望しないこと国益に照らし合わせて改革を進めないことに問題がある。
憲法の問題もそう。アメリカ側にすれば主権を回復した時点で自分達で憲法を作り直すだろうと思ったが、日本は後生大事に守っている。こういう間抜けは最初は子供のような素直さが好かれるが、やがてただの馬鹿と思われる。当たり前の話。
陰謀とかなんとか言う前に政府はすることがあるのではないかね?
アメリカ憎し、バックのユダヤこそが悪の総本山という前に日本が出来る限りの外交と自主的に行動とることが大事。
とりわけ、国防は基本中の基本。自国は自国で守ることを前提にする。その先に日米同盟があると認識すべきだ。
外交も軍事同盟も嵌められたなんてのは被害者意識のたっぷりつまった妄想。例え向こうの陰謀(ある意味外交)に嵌められた事実があってもとりあえず脇において、しっかりした外交戦略を持って堂々と渡り合え。
Posted by にし at 2010年06月11日 21:28
ユダヤ陰謀論は金融運命論や金貸し宿命論と言い換え可能ではなかろうか。わかんないけど。それから、陰謀論を、単なる陰謀論じゃんフン!と足蹴にするのは勿体ない気がする。足蹴にしたところで陰謀論は消えないし。実際世界は陰謀に満ちているわけだし。わかんないけど。
Posted by / at 2010年06月11日 21:41
 年次改革要望書も思いやり予算も結局は<憲法+安保>体制=自民党なのです。民主の<憲法−安保>の亡国路線は論外ですが、<−憲法−安保>へと戦略を確定していかねば、この国は対米従属でいつまでも国益をアメリカに吸われます。

 さて、郵政ですが、国家公務員の相続体制擁護はできません。陰謀論によって反米や反ユダヤでいくら郵政改革はいけないことといわれようが、平沼や亀井の利権としている、相続可能な公務員という仕組みはいけないと思います。
それと、公務員の非効率はやはりだめです。そこがどうなるのかという問題とユダヤ陰謀論とのせめぎあいが欲しいですね。

 郵政見直し論者はそこをまったくといっていいほど触れません。そこをも論の組み立てに入れないと説得力がないです。

 せとさんも、反米路線へ舵をきったようですね。賛成です。

それと、郵政問題は、どっちに転ぼうがたいしたことは無いので、どうでもいいというのがわたしの結論です。それよりも、<−憲法−安保>勢力の拡大と連帯が望まれます。

 小沢は民主を割って出て、安倍は自民を割って出て、亀井、平沼らと保守連立を!というのをtwitterで呟いています。

 

 
Posted by けんぶつ at 2010年06月11日 21:56
折角長い間、勇気に感謝と尊敬をしておりましたが、

ユダヤ陰謀論ですか?

完全に失望と嘲笑に変えさせていただきます。

呆れて物が言えません。

  サラバだ!
Posted by きしめん at 2010年06月11日 22:44
>きしめんさん

別にアンタに去られても瀬戸さんは痛くも痒くもないだろう、

黙ってりゃ出てけばいいのに、、、何様?
Posted by 馬鹿!!! at 2010年06月11日 22:48
 皆さん 拡散希望

この数日の集中によって日本の運命にも大きく左右するような気がします。
自民党の代表質問と併せて、中山先生は日本再生に絶対必要な政治家ですので、宜しく要請の方をお願いします。

拡散《非常事態発生:国民不在の選挙対策へ民主党に天誅降る!》
この数日の集中しだいです。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
 @@@中山成彬(なりあき)先生の擁立をお願いしていください@@@
★★★来週早々には、自民党も最終的に参議院選挙立候補者を発表すると思われますので、何卒宜しくお願いいたします。

★自民党宮崎県支部連合会:会長 中村 幸一氏
http://www.miyazaki-jimin.jp/
Tel.0985-23-3820 Fax.0985-28-6329
ご意見:
http://www.miyazaki-jimin.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=info
@@@@@@@
★★★この日本の危機をギリギリで守れるのは、覚醒されていらっしゃる皆様方が、一丸となって一つの目的に集中する以外に方法はありません。

いまの目的は一つ、NHKの実況中継に狙いを定めて、自民党代表質問に照準を合わせてください。

緊急拡散《危機一点突破は、NHKの実況中継を狙う以外に打開策がない!》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-37.html
Posted by 拡散希望 at 2010年06月11日 22:57
きしめん at 2010年06月11日 22:44 は、これまでの支持者が離れていく印象を与えようとしてるんしょ

よくある工作
Posted by at 2010年06月12日 00:01
5
 郵政民営化も、郵政民営化見直しも、結局お上がルーピーなら、”国民の貯蓄が全て放出されるのに変わりが無い”と言うことに、多くの国民が気付くべきなんでしょうね。自民も民主も、所詮、奴ら陰謀家のダブルスタンダードで手駒にすぎなかったんですよ。陰謀論がもし本当に正しいのなら、今後世界経済は大混乱に陥り、怒涛の如く戦争になります。そして混乱を終息させるために新世界秩序(世界統一政府)が形作られます。いつの時代も真実が暴露されると、その信憑性を下げる偽情報が陰謀家の手下によって拡散されるようです…発言者へのレッテル張り・人格攻撃なんかも行われますしね。疑り深い方は、どうぞ、生暖かく見守っているのが良いんじゃないですかね(笑)。本当にその様なことが起こるのか?とね。
Posted by 陰謀のセオリー at 2010年06月12日 00:10
5
日本は、戦後国内に情報工作がメディア、教育、政界、金融にまで及び、反日組織、カルト組織などの攻勢にあっています。問題は、そのことを知らない国民が多くいることです。国体の維持さえ危なくなっています。

日本人は、あまりにも人が良すぎました。これからは、国内にいる日本解体工作勢力との戦いを本気でやる覚悟が不可欠です。でないと、日本が日本でなくります。
Posted by bingo at 2010年06月12日 00:42
■陰謀

世界に広がる防犯という名のエレクトロニクス監視社会

体制に逆らう者はガスライティング(ギャングストーカー)により精神障害者に仕立て上げられるか、虞犯性の高い人物として市民社会から排斥されるか、犯罪者に仕立て上げられていく。

そのためのインフラとして監視カメラ、GPS。
軍需産業に代わってセキュリティ産業の台頭。




Posted by 市民 at 2010年06月12日 00:49
ユダヤの陰謀論なるものが存在するのか否かは別にして、年次改革要望書は、に触れることは大切ですな。共生社会だの言ったところで、世界各国が、自国の生存をかけて自国の国益を相手国にのませるために抗争しているのが世界の現状でしょ。一昔前、グローバルスタンダードなる言葉が飛び交っておりましたが、結局は自国に有利な手法を、世界基準にするための戦いが行われているだけ。
Posted by 反総体革命 at 2010年06月12日 03:57
年次改革要望書は、→ 年次改革要望書   訂正
Posted by 反総体革命 at 2010年06月12日 05:07
年次改革要望書は、→ 年次改革要望書   訂正
Posted by 反総体革命 at 2010年06月12日 05:09
これは嬉しいエントリーです。

いままで瀬戸さんのブログを読んで引っかかっていたのがユダヤの問題です。なぜ取り上げないのか。ユダヤの手先なのかも。。。杞憂が吹き飛びました。

もう一つお願いがあります。統一協会を批判されているのは評価できます。しかし被害に遭うのは統一協会そのものよりも、関連組織で洗脳されて気がついたら信者にされるパターンが多いと思います。もし被害を食い止めようとするならば、これらの偽装団体を一般の人に知らせる必要があります。それらに街宣活動はできないでしょうか。そうすると行動する保守のバックに統一協会がいるなどとネットのデマに騙される人も減ると思います。よろしくお願いいたします。
Posted by 何度かお目に掛かりました at 2010年06月12日 08:20
ニダヤ続出w
Posted by i at 2010年06月12日 12:24
「暗闇暴露」の投稿文、読みました。

かなりの情報通。そして高い分析力。普通の人ではないでしょうね。
私が以前郵政改革を調査したとき、2001年以前(小泉就任以前)から年次改革要望書に郵政改革案が盛り込まれていた、ということが分かりました。また、1990年代半ばにはすでに要求されていたという話も聞きます。

もし「暗闇暴露」が一般人なら、当時から自民党のホームページを隈なく読んでいたということになりますが、それは有り得ないでしょう。読んだだけではあの指摘はできません。すると元金融業か知識人か。
特に私が気になったのは、ただの関係者にしては文章を書き慣れていることです。それほど上手くはないが読まれることに対して神経を使っている。つまり「伝えたくて」書いている。本気の人ですね。ひょっとしたらこういう人は今でもどこかで書いているかもしれません。

ユダヤから始まって、戦争になり、政治になり、最後は郵政。投稿時間を見ると短期間だから、元々書いておいたものを連続で投稿したようです。この人本人の筆なのか、他からの引用なのかは分かりません。
作品も読まず勝手なことを書きますが、都知事だったらこういうこと書くのでは?などと考えてしまいました。
Posted by 耳 at 2010年06月13日 02:12
「陰謀論」の錯誤
http://sessai.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/__222f.html

■ 政治評論の世界における「鬼子」の一つが、「陰謀論」である。「ウィキピディア」では、最も一般に知られたフリーメーソンとユダヤの「陰謀論」について、次のような紹介がされる。
  □ フリーメイソン陰謀論
 石工ギルドから発展した親睦団体フリーメイソンが、実は世界中の戦争を引き起こしていたり、政治権力を操っていたとする考え。歴史上の重要人物にフリーメイソン所属者が多いため、最も人気の高い陰謀論である。
  □ ユダヤ陰謀論
ユダヤ人が秘密結社を通じて手を結び、世界(ことに経済)に影響力を及ぼしているとするもの。昔から存在した陰謀論であり、日本ではユダヤ=フリーメイソンの陰謀が説かれることが多く、ユダヤ陰謀論を説いた本が海外で問題にされたこともあった。偽書とされる「シオン賢者の議定書(プロトコール)」が有名。
 最近の日本政治でも、こういう「陰謀論」が示される、曰く、「小泉純一郎の郵政民営化は、日本の資産を外資に譲り渡そうとしたものだ」。「小泉は、安倍晋三の擡頭を抑えようとして、解散・総選挙に打って出た」。こういう具合である。
Posted by at 2010年06月13日 12:03
 ところで、何故、こうした「陰謀論」が蔓延るのであろうか。それは、単に「判りやすい」からである。特に「陰謀論」に走る知識人に特徴的なのは、「自分こそが事の真相を知っている」という姿勢で物事を語ることである。人間の世界は複雑なものであるけれども、その複雑な世界の様相は、「陰謀論」に走れば一挙に簡単に説明できることがある。第一次世界大戦後のドイツでは、「ドイツの苦境の理由はユダヤ人の陰謀によるものだ」という雰囲気が、ナチスを培養した。そして、そうした「解」を見つけたという想いは、少なくない知識人には途方もない快感を与えるものなのである。
 しかしながら、凡そ政治を語る際の準則は、「『結果』から『意図』を逆算することはできない」ということである。
 マックス・ウェーバーの著書『職業としての政治』には、次のような記述がある。
 「善からは善のみが、悪からは悪のみが生まれる」という心情倫理家の議論は、人間の行為にとって決して真実ではなく、しばしばその逆が真実であり、これが見抜けないような人間は、政治のイロハもわきまえない未熟児である」。マックス・ウェーバーの議論の本質は、「人間の世界では『意図』と『結果』は乖離する」ということである。従って、現実にある「結果」が何らかの「意図」によるものだと直接に断ずることは、できないのである。
 雪斎は、政治評論の真贋を見極める最も手っ取り早く、かつ確実な方法は、その評論がそうした「陰謀論」の傾きから免れているかどうかを判断することだと思っている。そうした「陰謀論」の色彩を持つ政治評論などは、ウェーバーの言葉を借りれば、「政治のイロハもわきまえない未熟児」の議論と呼んで差し支えない。この種の政治評論は、「話半分に聞いて済ませればよい」代物なのである。
Posted by at 2010年06月13日 12:04
 こうした「陰謀論」は、昔日は進歩・左翼系知識人の専売特許であった。曰く、「世界平和の実現を阻んでいるのは、武器で儲ける軍需産業が強い影響力を持っているからである」。「ジョージ・ブッシュは、石油業界の意を酌んで、石油利権確保のためにイラクに攻め込んだ」。万事、この調子である。そして、今や、保守・右翼系知識人の中にも、「陰謀論」に走る御仁がいる。曰く、前にも紹介したように、「小泉の郵政民営化は、日本の資産を外資に譲り渡そうとしたものだ」。「小泉は、安倍晋三の擡頭を抑えようとして、解散・総選挙に打って出た」。よくもまあ、これだけ想像力をたくましくできるものである。雪斎は、拙ブログでの「遊び」ならばともかくとして、実際に原稿料が支払われる活字メディアでは、このような憶測と思い込みだけの文章を書く気にはならない。
 それならば、雪斎も「陰謀論」に走って、「お噺」を作ってみよう。次のようなものは、どうであろうか。

   ◇ 宰相・小泉純一郎の陰謀
 平成17年6月、総理官邸に中曽根弘文、平沼赳夫の二人が極秘に呼ばれた。小泉は中曽根に告げた。「中曽根君、今の郵政法案を参議院で否決してくれないか…」。中曽根は青ざめた表情で答えた。「否決…ですか」。小泉は、冷然と言い放った。「解散の名分を必要としているのだよ。郵政法案成立の後にも求心力を維持しようと思えば、何時かは解散をしなければならない。そのタイミングが今なのだよ…」。そして、小泉は平沼に告げた。「平沼君には、『ヒール』役を引き受けてもらおう。そして、暫く『地下』に潜ってもらう。今度の選挙では、民主党の存在感は徹底して消さなければならない」。選挙の推移は、小泉の狙い通りになった。その選挙では、小泉「構造改革派」と「造反派」の対立構図だけが強調されて、演出された。結果は、286議席獲得という空前の大勝であった。
Posted by at 2010年06月13日 12:06
 選挙後、「ヒール」役を演じた平沼は、当然のことながら将来の復党含みで党紀委員会から「離党勧告処分」を受けて、暫く「地下」に潜った。「本当に大事な人材は、裏に隠しておく」。その原則が平沼にも適用されたのである。
 数年の歳月が経ち、小泉が既に退陣した「永田町」では、中曽根は参議院自民党の首領としての立場を青木幹夫や片山虎之助から引き継いだ。平沼は、当初の手筈通り自民党に戻り、今は麻生太郎総理後継の一番手と目されている。そして、平沼の後には安倍晋三が「真打」として控えている。郵政政局の折、自ら「ヒール」役を引き受けて「造反派」として振る舞った中曽根と平沼の「忠誠心」は、このようにして報われたのである。ある日、今は政界からも引退し音楽(オペラ)評論家としても活動している小泉のところに、新聞記者が訪ねてきた。「あの郵政政局の時に平沼氏との間に密約があったという噂が流れているのですが…」。小泉は答えた。「ん。何の話かね…」。
       … end
 「陰謀論」で物事を考えれば、この程度の噺は、簡単に「捏造」できるのである。「陰謀論」の馬鹿馬鹿しさを体験するには、丁度良い噺である。あーあ、書いていて馬鹿馬鹿しかった。この噺を「そうかもしれない…」と思って読んだ方々は、気を付けましょう。そういう方々は、「M資金」などという与太話に騙されやすい性質かもしれない。
 そこで一首を詠んでみる。

 陰謀の 絡む噺に 実はなし 先の事など 誰も判らぬ
                              ―雪斎
Posted by at 2010年06月13日 12:07
昨年鳩山邦夫氏が、「カンポの宿」の売却で騒いだころ、郵政民営化が行わ

れ株式が上場されたならば、外資に買占めに会い、郵便貯金が乗っ取られる

と、煽った保守系議員のブログがあった。

それを心配して、本当に郵便局から、下ろして預け変えた人がいた。

他にも「陰謀論」が、「日本の水源が中国に買い占められている。」

まだあり、「イタリア・スイス間で、米国国債証券を所持した、日本人が調

べられている」

みんな、トンデモ陰謀論。

保守系が疑いもせず、真に受ける。

Posted by 陰謀 at 2010年06月13日 20:51