2010年10月12日

【歴史】山口二矢烈士の義挙から50年


【歴史】山口二矢烈士の義挙から50年

  中国共産党の手先・浅沼稲次郎を斬奸

ブログランキングブログランキング応援クリックお願いします。

 yamagutiotoya01                                            



































 
 昭和35年10月12日、山口二矢烈士は時期首相と目されていた社会党・浅沼稲次郎党首を屠った。その年11月2日、山口烈士は東京鑑別所の壁に「天皇陛下万歳」「七生報国」と書き残し自決した。今日その日から48年の歳月が経った。弱冠17歳という若さで、日本の赤化を防ぐという神業を成し遂げた烈士は、正に神であった。 (2008年・11月2日)

 上は防共新聞社のサイトより写真を転載させて頂きました。一昨年のものです。現在のページはこちらです。→防共新聞社

 戦後の右翼民族運動の中で、神とまで言われる存在となったのは、この人物をおいて他にはいないでしょう。三島由紀夫氏も確かに偉大な人ではあるが、私は山口烈士のほうを高く評価する。

 神という意味は、悪いものを裁くという意味での神である。本来悪い奴らは裁かれなければならない。しかし、悪党どもがのさばり、この世に<正義>が存在しないのか。

 そのような思いが社会に蔓延したときに、裁くべきものを正しく裁くものとしての存在に我々は神の存在に似たものを感じる。それがこの山口二矢(おとや)烈士だったと思います。

 yamagutiotoya03                                                   
























 このシーンを私は実際にテレビでその日見た記憶があります。当時私はまだ8歳でした。家にテレビはなく、近所の駄菓子屋に子供達が集まっていた。テレビが珍しい時代で皆その家に上がり込んで見ていた。

 その時にこのニュース報道が流れた。当時は全くの子供ですから、何が起きたのかサッパリ分からなかった。しかし、自分が大人になるにしたがいこの事件の凄さが分かった。この映像は子供の頃に直接目に焼きついているので、今でも目を閉じると浮かんできます。

 大日本愛国党は戦後史の中で一番有名な右翼団体であり、私が右翼活動をしているときには、どこに行っても「あっ! 愛国党だ」と言われたものです。それほどに名前が知られた存在でした。

 大日本愛国党の名をここまで高めたのは何と言っても、この山口烈士のこの義挙であると思います。山口烈士は何故浅沼稲次郎を暗殺したのか?

 それは当時の社会党が「アメリカ帝国主義は日中共同の敵」などと称して、日本における反米闘争を煽り日本の社会を赤化しようとしていたからです。

 もし、この義挙がなかったら今頃日本は支那・中国共産党の支配下にあって、多くの日本人はチベットやトルキスタンのように虐殺されていたかも知れないのです。

 その意味ではまさに山口二矢は救国の戦士であった。彼を世間は単なる殺人者やテロリスト呼ばわりしているが、彼こそが本当の意味での「若き英雄」であったのです。

 yamagutiotoya02             
昭和三十五年十一月二日、午後八時三十一分東京少年鑑別所は山口烈士の壮絶な死を発見して愕然となった。同所は昭和二十五年開設されたが、収容少年の自殺は始めてで、さらに、翌朝使うため支給した粉歯みがきを水に溶かし、人さし指を筆にして壁に「天皇陛下万歳、七生報国」と遺書を残していた。  

事件後、マスコミが伝えたように山口烈士の警視庁取り調べ、少年鑑別所での態度は、始終非常に落ち着いていた。鑑別所もAランク(成績、素行態度優良者)と見ており、淡々としかもはきはきした態度は自殺の様子さえ現さなかった。

犯罪青年心理研究所の最高権威を自認する同所でも山口烈士の心理状態を見抜けなかったということになる。所長は「重要犯人だから警戒を厳重にするよう」指示を与え、当直員を五人にして巡視を強化していた。午後八時点呼が始まった。烈士は東寮二階一号の単独室だった。正にこの監視時間の間隙を衝いた。シーツを細長く裂き、よって八十センチほどのヒモを作り、天井の裸電球にかけ、ベットの寝具を丸め、これを踏み台として、烈士は法に裁かれることなく、みずからの身を処したのである。

遺体は、三日朝六時半、父晋平氏に付き添われ人目をさけてひっそりと中野区本郷通りの自宅へ運ばれた。報道陣にとり囲まれた父は、「かさねがさね世間を騒がせて申し訳ない。浅沼さんや遺族の方の事を考えると二矢がかわいそうなどといえたすじあいではない。ただ親として気になるのは、あの事件のため私も職を失いこれからの生活設計に困っているということを、二矢が知り、悩んでたということだった。せめて”そんな心配はいらない”といってやりたかった」と低い声で子を想う親としての心情を語った。

無言で家に帰って来た烈士の棺の上には、鑑別所の庭に咲くダリヤの花がそっと添えられていた。

 
上の写真と文章は下記サイトから転載しました。

 http://home.s02.itscom.net/boukyou/yamagutiryakureki.htm

 私はこの上に紹介された親の気持ちを思う時、涙なくしてこの言葉を紹介できない。

>「ただ親として気になるのは、あの事件のため私も職を失いこれからの生活設計に困っているということを、二矢が知り、悩んでたということだった。せめて”そんな心配はいらない”といってやりたかった」と低い声で子を想う親としての心情を語った。

 親思いの青年だったのでしょう。心優しき青年であったからこそ、浅沼のような売国奴が許せなかった。謹んで哀悼の意を表したいと思います。


 お知らせ

 【10/12】山口二矢烈士顕彰「売国奴を討て!」全国連帯愛国行動の呼び掛け

 本年10月12日は、山口二矢烈士の義挙から50年となります。山口烈士は昭和35年10月12日に国賊浅沼稲次郎に天誅を下し、11月2日に自決されました。

 御命日の11月2日の午後6時からは、義挙の現場である日比谷公会堂において、五十年祭が斎行されます。

 そこで義挙当日の10月12日には、山口烈士の義挙を顕彰し意義を啓蒙するため、山口二矢烈士顕彰「売国奴を討て!」全国連帯愛国行動を展開することを呼び掛けます。

 呼び掛け人桂田智司、坂田昌己、福田邦宏、舟川孝、細田政一、前谷祐一郎、森川照男

[事務局]〒170−0003東京都豊島区駒込6の27の11

電話03−3918−9524(三澤浩一)

☆☆☆

 東京においては義挙当日、山口烈士の顕彰行進を左記の通り行います。日比谷公園には、義挙現場の日比谷公会堂があります。また、若手活動家を中心とする演説会も開催されます。

[日時]
10月12日(火)
12:00 集合
12:30 出発
14:30 到着
15:04 義挙の時刻
[会場]常盤公園(東京都中央区日本橋本石町4−4−3)
[順路]常盤公園〜東京駅前〜銀座〜数寄屋橋〜新橋〜日比谷公園

[演説会]10月12日(火)12:00〜
山口二矢烈士五十年祭[日時]11月2日(火)午後6時開会(5時30分開場)

[会場]日比谷公会堂[参加費]1000円

[事務局]山口二矢顕彰会

 
※本日上京予定ですが、昼過ぎになるので参加は致しません。ご紹介だけです。参加者の皆様に心からの声援を送りたいと思います。


 ブログランキングブログランキング応援クリックお願いします。



Posted by the_radical_right at 08:00│ mixiチェック 検証・歴史的大事件 
この記事へのコメント
 このエントリーを読んだ反日左翼は、
 「卑劣なテロリスト・山口二矢を英雄扱いし第二、第三のテロを煽る愚劣なエントリーだ」
 と言うだろう。
 バカでも予想できる。
 冗談じゃない。
 もう既に天誅を受けて当然の売国奴が山のようにいる。
 山口烈士が生きていたら何と言うだろうか。
 「俺のあの国思う決死の突撃は何だったのか」
 こうまで侵略を欲しいままにされている現状を前にボサッと生きている日本人に彼を語る資格はなさそうだ。
Posted by 反日左翼はこう語る at 2010年10月12日 08:32
>あの事件のため私も職を失いこれからの生活設計に困っているということを

山口少年の父親は、陸上自衛隊一等陸佐という幹部将校だったそうですね。だとすれば、依願退職でも退職金や共済年金は、貧しいとはいえ、リンゴジャムを売って生計をたてている瀬戸さんよりもずっと優雅だったのではないでしょうか?(瀬戸さんの別収入は存じ上げません)

しかし、陸上自衛隊上級幹部が息子をテロリストに育てたというのでは、どんな家庭教育をしたのかと、そうとう白い眼でみられたでしょうね。仮に、瀬戸さんの息子さんがそうなっても、「ああそうですか」で終るかもしれませんが。
Posted by 中野屋 at 2010年10月12日 09:10
>Posted by 中野屋 at 2010年10月12日 09:10

 ずいぶん、皮肉ぽいコメントだな。

>Posted by 反日左翼はこう語る at 2010年10月12日 08:32

 にしてもそうだが、お前らのスタンスはやっぱし反日左翼か?
Posted by 第三者 at 2010年10月12日 09:15
俺この人、頭のおかしい人だと思ってたけど、考え改めた。今の日本のありさま見たら、この人は英雄だわ。
Posted by void at 2010年10月12日 09:25
陸上自衛隊上級幹部が息子をテロリストに育てた

愛国者そのものだ。


そうとう白い眼でみられたでしょうね。

隣の家にこの方が居たとしても、白い目などはしないでしょうね。
悪い奴を天誅するのは、悪い事ではないでしょう。

世直ししていた水戸光圀はテロリストだっか?違うだろう。
Posted by こうき at 2010年10月12日 09:31

 せと先生の今日のエントリーを読んで、先生達(有門さんも含めて)は、これまでの大衆運動志向から、大きく転換して少数精鋭の組織形態を目指す方向に替わられたのかと思いました。右翼民族派運動も最近は活発化しています。

 そのような中で先生のような経験も積まれ、極右思想を持つ人間が大衆運動から離れ、本来の民族運動に立ち返られることもまた大切ではないかと思いました。

 生意気なことを申し上げ失礼しました。
Posted by 極右ファン at 2010年10月12日 09:33
仙谷氏 “菅に外交は無理。オレがやる”
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1286846274/
Posted by a at 2010年10月12日 10:44
5
瀬戸様
詳しい情報有難うございました。
私も記事を読んで涙を禁じえません。

山口二矢様のご冥福を謹んでお祈りいたします。

自宅にて お線香をお供えさせて頂きます。
Posted by 白菊 at 2010年10月12日 10:47
5
◎「諸君は武士だろう!」赤賊調伏義挙http://acpress.exblog.jp★
10月12日・山口二矢烈士義挙五十周年記念
http://home.s02.itscom.net/boukyou/yamagutiryakureki.htm
11月25日・三島由紀夫烈士決起四十周年記念
http://guns-road.hp.infoseek.co.jp/geki/geki4.shtml
「原爆容認」を内包する卑劣な祈念館を建設させようと、「天皇に戦争責任・南京ダイギャクサツあった・東京大空襲良かった」と議会で自虐史観推進を繰り返した本島等へ天誅http://www2.bbweb-arena.com/junsei/myweb13_019.htm
1月18日・神敵本島等長崎市長調伏二十周年記念http://www.yomiuri.co.jp/feature/135th/scoop/img/3_l.jpg
(写真左から)国府正男理事長、敬天新聞社主、(故)本島を屠った若島和美副長、中尾征秀郎塾長代行http://keiten.net/articles/other/069_08.html

平成二十二年度 野村秋介先生墓前祭のお知らせご参加はどなたでもご自由ですが、ご仏前、ご供花などは、ご辞退をさせて頂きます。
日時・十月十六日(土) 午前十一時墓前祭開始。十二時終了。
場所・浄発願寺
住所・神奈川県伊勢原市日向一八一六
直会のご参加費用は、お一人七千円です。
Posted by 第万義 at 2010年10月12日 11:00
5
【10/12】山口二矢烈士顕彰「売国奴を討て!」全国連帯愛国行動
いよいよ、山口二矢烈士の義挙から50年となります。
山口烈士は昭和35年10月12日に国賊浅沼稲次郎に天誅を下し、同年11月2日に自決されました。
御命日の11月2日の午後6時からは、義挙の現場である日比谷公会堂において、五十年祭が斎行されます。
そこで今日は、義挙を顕彰し意義を啓蒙するため、山口二矢烈士顕彰「売国奴を討て!」全国連帯愛国行動を展開します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
東京においては義挙当日、山口烈士の顕彰行進を下記の通り行います。
到着地の日比谷公園には、義挙現場の日比谷公会堂があります。若手活動家を中心とする演説会も開催されます。
[日時]
一時間後いよいよ開催します!
12:00 集合(演説会も有楽町マリオン前にて同時進行)
12:30 出発
14:30 到着
15:04 義挙の時刻
[会場]
常盤公園(東京都中央区日本橋本石町4−4−3)
[順路]
常盤公園〜東京駅前〜銀座〜数寄屋橋〜新橋〜日比谷公園
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
山口二矢烈士五十年祭
[日時]
11月2日(火)午後6時開会(5時30分開場)
[会場]
日比谷公会堂
[参加費]
1000円
[事務局]
山口二矢顕彰会
電話03−3459−6555
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
boukyoupress | 2010
Posted by 第万義 at 2010年10月12日 11:05
保守の事を何も知らなかった頃にこれを見たら山口氏を悪人と見ていたでしょう。

私はもともと左派思考でしたが、創価問題に興味があってネットで調べていた所、保守や右翼についても知り、考えが180度ひっくり返って右派支持になりました。
Posted by アンチ創価 at 2010年10月12日 11:13
私はこの山口二矢のことを、「愛国者の部屋」というサイトで読みました。
犯行の跡の行動も、どの道をとって、どこそこを左へ曲がりなど、その冷静さに驚きました。
山口二矢は普段は物静かな人だが、左翼を見かけると掴みかかっていったそうです。愛国者として生まれてきたのでしょう。
今でもあの愛国者の部屋を読みたいと思いますが、残念なことに、かなり前に削除されています。
私は日本を救ってくれた人として、もう一人来島恒喜を忘れることができません。彼の犯行時の年齢も22歳だったと思います。彼がいなかったら、日本はとっくに南アフリカのように白人の天下になっています。
二人の若者に感謝です。
Posted by 一国民 at 2010年10月12日 11:26
5
「常設型住民投票条例」は着々と。
形を変えた外国人参政権を許す法案が地方議会で次々と可決されている。

神奈川県川崎市、愛知県高浜市、埼玉県美里町、広島県広島市、岡山県哲西町、茨城県総和町、香川県三野町、石川県宝達志水市、千葉県我孫子市、広島県大竹市、 埼玉県鳩山町、北海道増毛町、北海道静内町、北海道三石町、三重県名張市、東京都三鷹市など
で成立している。
Posted by k at 2010年10月12日 11:35
私も子供の時に、このニュース報道を親父と見ていて憶えています。自決したことは知りませんでした。
社会党(現 社民党と民主党左派)は日本共産党より右よりだと思っていましたが、本当は公明党と同じシナ共産党の下部組織だった、という事ですね。1850年のマルクスの頃は世界の人口が10億位で、今は68億、2050年には90億になるそうです。古色蒼然としたマルクス主義ではもう対処できないと思います。
Posted by 共産主義は夢・幻想 at 2010年10月12日 11:48
5
>陸上自衛隊上級幹部が息子をテロリストに育てたというのでは、
>どんな家庭教育をしたのかと、そうとう白い眼でみられたでしょうね

自衛隊ということでそう捉えがちですが、山口二矢烈士の父・晋平氏は元々は他省庁の役人で統廃合によって自衛隊に横滑りで入った方のようです。自衛隊では広報部門におられました。いわゆるガチガチの職業軍人タイプではなく、自衛隊への入隊を選択したのも戦前の軍部のような暴走がないかそのチェック機能を果たそうとしたためでした。どちらかと言うと自由主義者であったようです。ちなみに事件前には建築だか何かを学ぶため大学で学科を受講することも決まっていましたが、事件発生によって入学を取り止めています。なお、事件後は元来の夢であった役者として舞台に立つことを諦め、お菓子屋を開いたことなどが週刊誌で報じられていました。余談ながら。
Posted by 侍蟻 at 2010年10月12日 11:52
5
さらに補足です。

山口二矢烈士が事件に際して用いた短刀は山口家にあったものを用いています。父・晋平氏が護身用として常に枕元に置いていたものです。これは何も自衛官だから…ではなく、以前に賊の襲撃に遭って以来のことで晋平氏はかねがね息子・二矢に対して「賊が襲ってきた時は刀で斬るなどということは難しいから刺さねばダメだ」と教えていたと言われます。何も自衛官だから…ではなく、当時の日本人が持っていたごく当然の気概と防衛意識だと思われます。外敵に対しては速やかに戦う。そういう精神がまだ生きていた時代だったんでしょうね。山口家のみならず反日左翼勢力という外患を誘致する日本国にとっての敵を倒すために用いられました。
Posted by 侍蟻 at 2010年10月12日 12:09
吉田松陰の松下村塾で学び、高杉晋作らと共に倒幕運動に加わり尊皇攘夷派の志士として活躍し、内閣総理大臣を4度務めた伊藤博文も韓国の民族運動家・安重根に射殺されました。

知っての通り、安重根は韓国では国を救った義人として、国民的英雄となっています。
しかし、日本人の多くは、安重根のことを単なるテロリストと呼んでいます。

そして、山口二矢のことですが、おそらく右翼関係者以外では誰も尊敬していない人物でしょう。
皮肉なことに、山口二矢の行為が左翼活動の火を消さない結果に繋がりました。
所詮、自称右翼とか言ってる連中の95%は、自民利権政党下の悪行の恩恵で生計を立ててるようなものでしたからね。
右翼が一声上げると自民利権政治家は震え上がり、お金を、政治資金のごとく右翼活動費に提供してきたのです。
こんなデタラメな政治を行ってきたから国の財政は破綻し政権交代がおこりました。

しかし、自民党の悪行はまた始まってます。
利権の復活を目論んでいます。
利権政治の問題を全て小沢が悪かったとして一掃させようとしていますからね。
過去の戦争においても、日本は悪くないとか言い出したからね。
そのプロパガンダに行動保守が利用されてるだけというのが真実でしょうね。

政治モラルが確立されてれば、創価学会・総連・解同の横暴は実現できませんでした。
私が自民党のことを日本最大の犯罪集団だと断言する理由は以上のことからなのです。

保守と呼ばれる人達はいい加減目を覚ましてほしい。
このままでは、右か左かに振れるしかできない保守はまた同じ過ちを繰り返すことでしょう。

本当に日本人というのはスマートに生きることができない民族なのでしょうかね?
我々在日のように世渡りがうまくできないことこそ真の国益を損じてしまうこととなるのでしょう。
Posted by SHIN at 2010年10月12日 12:14
山口青年の行動を評価するには、まず浅沼氏の当時の主張を知るべきでしょうね。
死者に鞭打つつもりはありませんが、浅沼氏の主張は、控えめに言っても狂ってましたよ。
とにかく、当時の浅沼委員長の言動を知ってからにしてもらいたいもんです。
そうすれば、山口青年のやった意味がわかります。
Posted by 在特会ファン at 2010年10月12日 12:21
鳴霞_南京大虐殺は中国国内では聞いた事がない!
http://www.youtube.com/watch?v=QClEiD-nrJ4

蒋介石国民党軍が30万人殺し、ガス兵器(遺棄化学兵器)を使った。
1981年以後、これを日本軍のせいにしている。
【鳴霞】中国人民解放軍の正体[桜H22/7/1]
http://www.youtube.com/watch?v=YCRshjC1G38&feature=fvw

尖閣諸島(魚釣島)が中国のものという事が教科書に載ったのは1982年頃から。

南京大虐殺、従軍慰安婦、遺棄化学兵器、尖閣諸島領有権、靖国神社参拝非難などで、江沢民により中国が反日に国家戦略方針を変えたのは1980代になってからである。中国でこれらを騒いでいるのは45歳以下の若い世代だという事がわかる。年寄りは内心で変だと感じているだろう。
Posted by 国民党軍が自国民30万人を殺したのである。 at 2010年10月12日 12:44
黄金の幻影にミナゴロシを誓う至福のセブンティーン 統一協会の悪口を言う奴はミナゴロシだ→東京連合が朝鮮右翼を徹底糾弾 マークエセックス、「スナイパーが帰ってくるよ」 特に意味茄子
Posted by 問題解決 at 2010年10月12日 12:47
吉田寅次郎作、親おもう、心にまさる親心。とは、山口父息子の為にあるような。人が立場に生き、志に死ぬ、その人の人生は、幸せな人生でしょうね。早いか遅いかの違いはありますが。外国人の勢力拡大にたいする、日本人の護国精神の盛り上がりは、ある期間を経て繰り返され、外国人の図々しさも又、繰り返されて来た。衝突は立場の違いから起こる訳ですが、歴史的にも護国勢力が必ず勝ちます。shinさんの言っている世界は、国境なき人種なき世ですね。まぁ〜悪徳商人のような宇宙人が地球を攻めて来たら、理想が実現するかもね。捨てるものが多ければ多いほど、人は強くなれます。日本人と在日韓国人の違いです。
Posted by メロンの汁 at 2010年10月12日 12:53
>>そして、山口二矢のことですが、おそらく右翼関係者以外では誰も尊敬していない人物でしょう。

SHINさんの主観でしょう。

昭和40年代前半に荒れ狂った大学紛争を経験している者達の評価は違いますね、

真に暴力によって国家を転覆せんと希求していた者達(テロリスト)を、そしてそのテロ行為を実体験として知っているからです。
さらに彼等がどんなに凶暴で卑劣であったかも、


大学紛争を経験している者達の評価← これはでっち上げではなく、今、時間がく詳しく記せませんが、今年の春、小田急線代々木八幡駅にて朝、機動隊員を撲殺したとする冤罪を戦うグループと悶着を起こし、(現在でも敵は殺してもかまわない、テロ行為の正当性を主張)

こちらは20代を含む4名、相手は数十名、その経過を昔の知人達に話、又その時点でも若い人達に事の意味を話し、偶然にも山口氏の話もでました。

団塊の世代からは見事、の評価も多くあり、若い世代の捕らえ方は単純ではありませんでした。何しろ、機動隊員を撲殺した正当性を主張し今でも、その方法論を形を変え実践する、を聞いてしまったのですから、

山口氏は左翼の持つ危険性を看破していたのでしょう。


なお、代々木八幡事件での機動隊員の死因は撲殺ではなく、乱打された後、火炎ビンを投げつけらた故の焼死です。

(彼らは撲殺、撲殺といっていましたがね、)

>>保守と呼ばれる人達はいい加減目を覚ましてほしい

民主に入れた人たちはいい加減目を覚ましてほしいですね、

極左テロリストは形を変え戦略戦術を変え民主の中に入り込んでいるのですから、












Posted by 誤自等 at 2010年10月12日 13:04
ワタクシも山口二矢氏のその真意はともかく、テロリズムを賛美する気にはとてもなれませんね。
山口二矢氏の行動力と意志の強さを賛美するのにはやぶさかではありませんし、政治家たる者、常にこうした目に逢う緊張感が発言に際し必要だとは思ってますが、事件そのものを賛美する気には到底なれません。
暴力はいかんとかそういう事ではない。
こういう事を肯定して、どうして例えば創価学会が行う非法行為などを難ずる事が出来ようか、と思うのです。
山口二矢氏の行動は単独であり、日本の行く末に想いを馳せた真摯なものだった、というのは結果とは別の話であって、結果は自分の気に入らない意見を言う者の強制的かつ恒久的な排除、抹消です。
朝木明代氏の事件との違いは、朝木事件の場合は下手人に組織力があって犯行の隠蔽が可能であり、山口二矢氏の場合は単独で逃げも隠れもしなかった、というだけです。
それだけでも大きな違いだ、と言う人も居るかも知れませんが、目的が手段を肯定するという考え方には賛成出来ません。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 13:46
>SHINさんの主観でしょう。
保守政党の過ちをよく考えてみてください。
実際、地方の自治体ではまだ自民党がしぶとく勢力を堅持してますからね。
彼ら自民党政治家が何故売国奴かということを1つだけ教えておきます。

未だに地方自治体の予算というのは国庫金(交付金・補助金)という中央政府の既得権でしか成り立たないのです。
自民党議員というのは、地方の借金・公務員給与をいかに国から獲得するかしか考えていません。
未だに捏造した需要予測の元、経済活性化という名目のために無駄なものを作ろうとする動きが多いのです。
日米安保1つとっても、国防的観点より箱物作りに重点がおかれています。
特亜の恐怖など全て自己に都合よく解釈しているだけです。
真の国益が見えない、たかりがうまくいく知性しか自民党にはありません。
戦後60年かけても自主独立の精神すら起こらなかった日本という国こそ狂ってますよ。
世界最大の借金大国にさせた自民利権政治家は腹を斬らなければならないぐらいの売国奴なのです。

Posted by SHIN at 2010年10月12日 14:00
山口二矢に関しても1つだけ言えることは、真の知性を獲得する前に右翼に仕立てあげられたことです。
知性を獲得すれば、一切のバカバカしい殺人行為など躊躇するものです。
山口二矢が考え、ひとたび成長していれば無意味だった人殺しなどしなくてすんだのです。
山口二矢はまだ目覚めていなかっただけです。
右翼と言われる人々がしばしば愚鈍であったりするのはそのためなのです。
彼らは明らかに知性を欠いておりますから・・


加藤紘一宅焼き討ち行動

もちろん政治家の中には、いちいち我々と会う必要があるとは考えない者もいるだろう。
現にこれまで、加藤代議士に対する民族派の抗議声明などは頻繁に届けられてきた。
ところが加藤代議士は、「脅迫を受けている」と被害者面をするだけで、我々の抗議声明に無視を決め込んでしまった。
これでは、言論で生きようとする政治家として失格ではないのか【防共新聞社】

明らかに知性を欠いてますね。
誰がゴロツキ暴徒集団と話し合いなど持つものでしょうかね・・
Posted by SHIN at 2010年10月12日 14:01
>>SHINさん


じゃ、民主党のやってる事はどう説明をするワケ?
Posted by まい at 2010年10月12日 14:03
中国総領事館が
新潟市に15000平方メートル(4500坪)
名古屋市に10000平方メートル(3000坪)
取得要請中  抗議活動を!

中国以外にこんなに広い領事館を日本に持っている国はない。目的ははっきりしている。
とりあえず中華街、本当は軍事基地目的でしょう。

http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-756.html#commentUn
Posted by 中国の治外法権阻止を! at 2010年10月12日 14:15
戦後の自民党政治を、
重箱の隅ばかりつつくような歪んだ粘着質で
いかに下品に悪し様に貶め、誹謗中傷したとしても

現政権の基地外、無能無策ぶりを擁護することなど
到底「不可能」なんです。

故に、それでも繰り返し「不可能」に挑戦し続けるコメントには
不快さというよりむしろ虚しさや哀れみを感じざるを得ないのです。
Posted by 歪んだ知性に酔いしれる者たちへ at 2010年10月12日 14:22
浅沼稲次郎氏の「米国は日中共同の敵」発言にどんな真意があるかは判りませんが、昭和25年の段階でのアメリカからの日本への再武装要請には「アメリカよ、自分勝手もいい加減にしろ。」という気持ちが、心ある政治家に湧き上がったとしても不思議はない、と思います。
戦前、戦中の日本はひたすら中国大陸の赤化を防止せんと、中国に関与し続けました。死活問題だったからですね。
その日本の行動に何かと口を挟み、果ては「世界平和に対する陰謀」と決め付けたのはアメリカです。
ところが敗戦で日本の中国への関与が無くなった途端に起きたのが中華人民共和国の成立と朝鮮戦争です。
結局今度はアメリカが中国に関与しなきゃならなくなった。
「小学校以下のワル」だと決め付けて日本の武装解除を進めたのはアメリカだ。
自分達が困ったら、途端に今度は「自主防衛だ、MSAだ。」か。ふざけるな。
アジア情勢に関してあれだけ日本を貶める事を言ったのだから、自分達だけで何とかしろ、というのが60年安保闘争だと思ってます。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 14:30
>まいさん
世界には、全く埃のたたない国が存在します。
かつてのソ連、今のロシアです。
フルシチョフは、初めてインドを訪問した時、タージマハールを見学に行きました。
そしてその途中で土埃のつむじ風が立つのを見ました。
フルシチョフは車を止めさせて降りると、つむじ風の真ん中に立って喜びました。
「私はとても運がいい。今までこんな経験をしたことがないからね」と・・

ソ連には雪はどっさりあっても、埃はないのです。
フルシチョフにはうっとりするような体験だったのです。
ちょうど日本人が雪の中にいる時のように。
まいさんだって、ヒマラヤで雪の上を歩いていることを想像するだけで興奮するでしょ?

だから、民主党が政権を獲得した時代、世界状況、そして真の国益としての有効性をまず考えてみることなく、単純に「外国人参政権付与」を日本国乗っ取りだと信じ込んで、民主党を打ち壊しにかかったりしないことだ。
Posted by SHIN at 2010年10月12日 14:36
>Posted by 歪んだ知性に酔いしれる者たちへ at 2010年10月12日 14:22

あなたは木しか見えないからですよ。
森が見えないだけです。
大元の過ちの根源を見る勇気がないだけです。
Posted by 真実 at 2010年10月12日 14:42
著書『暴かれた中国の極秘戦略』で中国共産党政権による台湾乗っ取り戦略を描いた
袁紅冰氏が来日。台湾乗っ取り戦略の現況とともに、中国の対日本戦略を語ります。

尖閣諸島沖の衝突事件以来の日中関係の背後にあるものとは何か、そして中国はいっ
たい何を狙っているのか? 中国共産党政権内など中国内に余人をもって替えられない
情報網をもつ袁紅冰氏ならではの講演が聴けることでしょう。

■日  時: 2010年10月28日(木) 18:30〜21:00(18:00開場)  定員70名

■会  場: 文京シビックセンター 区民会議室 5階会議室C

■使用言語:中国語(通訳有)

■主催: まどか出版

■お問い合わせ・お申込み
 mail予約 adm@madokabooks.com [件名 袁紅冰講演会 お名前 ○○○]
 電話予約 TEL:03-5814-9292    まどか出版 イベント係まで

■参加費: 500円

[講演者略歴]
袁紅冰(えん・こうひょう/Yuan Hongbing)
Posted by 333 at 2010年10月12日 14:46
秋惜しむ
人を恐れぬ
高さかな

Posted by 八 at 2010年10月12日 14:52
>>アジア情勢に関してあれだけ日本を貶める事を言ったのだから、自分達だけで何とかしろ、というのが60年安保闘争だと思ってます。

東西冷戦時代の共産主義運動であり、それが挫折し、次の世代へ刷り込みが行われ、より先鋭化した活動、すなわち暴力革命を目指す形で開花したのが70年安保でしょう。
当時、ほぼ全国の大学に極左暴力革命を謳う赤い旗が翻りました、挫折に終わった60年安保との明確な相違です。

そして追い詰められ、最後に咲いたあだ花が日本赤軍です。


Posted by 誤自等 at 2010年10月12日 14:54
仙谷由人官房長官は12日午後の衆院予算委員会で、尖閣問題を巡る中国への対応について「あらゆることを想定し、大国として台頭しつつある中国と戦略的互恵関係の中で付き合っていかなければならない。どう折り合いをつけ、(中国に)国際的なコモンセンスの輪の中に入ってもらうかが課題だ」と語った。

そのうえで、「弱腰だとは思っていない。しなやかにしたたかに対応していく『柳腰』だ」と述べた。

自民党の石原伸晃氏への答弁。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE3E0E2E5E38DE3E0E3E2E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

まずは、自民党が培ってきたヘタレ弱腰土下座外交の撲滅からでしょう。
中国を泳がせるぐらいの器量で日本の国益に邁進してほしいものですね。
Posted by 将来の日本国の真の国益のために at 2010年10月12日 14:58
リチャードさんの、チャイナ私史感が、炸裂しています。訳せば、小沢一郎と中国が大好きだ〜!以上です。
Posted by 正体みたり中華豚まん。 at 2010年10月12日 15:01
自民党政権下におけるアメリカ追随型のシステムがいかに日本に合わないか国の財政状況が明らかにしてくれましたからね。
日本独自の政治システムをつくるべき! 
勇気と自信と正義を国民に与えてほしいものです。
そもそも民主党を選んだのは日本国民です。
尖閣問題も含めて民主党のやる事は民意なのです。
ここの読者は、いちいち文句を言うな!
Posted by 統括 at 2010年10月12日 15:10
口と耳が不自由なホームレスの男性に熱湯をかけ、大やけどをさせたとして中学3年の男子生徒(14)が逮捕されました。
警視庁によると、先月18日、少年は以前から男性に石を投げたり、水や洗剤をかけるなどしていて、それがエスカレートして熱湯をかけたということです。少年は「反応が楽しくてやった」「やりすぎた。石を投げるくらいにしておけば良かった」と容疑を認めているということです。
【〜以上抜粋〜】

本当に世も末だ。子供は国の宝というが、この中学生は将来国のお荷物にしかならないことだろう。

昨日は二日酔いで仮死状態だった、在日の「SHIN=統括」という知性を欠いたゴロツキが今日は湧いているな。
生活状態が大変乱れているようだ。トマトを水耕栽培しているという本人の話も信じられないが、大方、生活保護を貰って日本で生活をしている在日の一人なんだろう。先の中学生同様、この「SHIN=統括」という在日も日本のお荷物以外の何者でもない。こんなゴミ以下の汚物は日本から消えて欲しいものだ。
Posted by 虎 at 2010年10月12日 15:12
ワタクシは何も浅沼稲次郎氏が正しかった、とか、60年安保闘争が正しかった、と言いたいんじゃありません。
時代の文脈というものがある、と言いたいのです。
戦前、戦中に生きて、その当時の事を充分に周知していた人達が現役でおられた頃の右派左派というのは現代のそれとは大分様相が違う、と言いたいのです。
社会党に右派と左派があったくらいですから。
今の右派と左派というのは日米安保体制を無条件で認証している、という一点では大した違いはない。
例えば現在の左派は憲法第9条を賛美する。
これは日米安保体制を無条件に賛美している事と同義です。
第9条が敗戦処理におけるアメリカの日本の武装解除の理屈である以上、それを賛美し堅持するという事はそういう事です。
敗戦間もない頃は、その日米安保条約の捉え方に右派と左派の違いが出た。
なぜなら冷戦がまだ勃興期であり、自由陣営と共産陣営の対立がまだ鮮明では無かったからです。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 15:14
2万人“女性狩り”強制手術…中共の非道に怒り頂点
http://dogma.at.webry.info/200705/article_21.html
Posted by 情報 at 2010年10月12日 15:44
>青木洋一

>山口二矢氏の行動は単独であり、日本の行く末に想いを馳せた真摯なものだった、というのは結果とは別の話であって、結果は自分の気に入らない意見を言う者の強制的かつ恒久的な排除、抹消です。
>目的が手段を肯定するという考え方には賛成出来ません。

このエントリーの意味するところが貴方には伝わっていないようですね。

>ワタクシは何も浅沼稲次郎氏が正しかった、とか、60年安保闘争が正しかった、と言いたいんじゃありません。

もう少し冷静になって読み返してみてはどうでしょうか。
Posted by 暇つぶし at 2010年10月12日 15:46
5
以下、問題の中国人の子どもとウチの子の会話

ウチの子「ねー、チベット人 殺したところ見た事ある?」
中国人の子「ウン、ちょっとミタ。オモシロイ。血がデテタ。」
ウチの子「うわーーー・・・。殺すのは、いかんよ!」
中国人の子「チベットじん、うざい。ニホンではコロスことわるいケド チュゴクではいいこと。」
ウチの子「オモシロイとかありえんし」(ドン引き)
中国人の子「来年1月か2月、ニホンとチュゴクたたかう。チュゴク、強い」
ウチの子「中国、これから日本 乗っ取るつもりでしょう?」
中国人の子「ウン、のっとる」

この話を聞いた後の私は怒りと恐怖で体が震えました。
自分の直感が確信へと変わった瞬間でもあります・・・。

**************************************************

言っときますけど、これ、マジですから
どうしますか?
お花畑でも、肉食でも何でもいいから、真実を見て、今何が起きてるのか、早く気づかないと!!

Posted by 某所より転載 at 2010年10月12日 16:20
このエントリーの意味するところに賛成しかねる理由を書きました。
その理由を述べる事がこの件では非常に大事な事だと思ったからです。
一つには山口二矢氏の行動が政治的なものを動機にしている、という理由からです。
どんな事を政治的に実現するか、という事に関しては実現する手段も政治的に検討されるべきだ、と思うからです。
山口二矢氏の日本政治に対する真剣さを思えば、これは真面目に検討するべきだ、と思うのです。
そうでなければ17歳にしてこの動機とは偉い、という事にしかならないと思います。
それは山口二矢氏にとって不本意な事ではないでしょうか。
もうひとつには昭和35年当時の日本における浅沼稲次郎氏と社会党の立ち位置も検証しなければ、社会的事件としての浅沼委員長刺殺事件は現代では捉えにくかろう、と思いました。
昭和35年に至るまでの日本の経緯が、時代背景としてこの事件に決定的に重要だ、と思ったからです。
時代背景がこの事件を捉える場合に重要だと思ったからです。
上記二つがエントリーに賛成しかねる理由だったのでこういう事になりました。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 16:29
日本国民は政府に対して防衛力の強化、スパイ・テロリストを厳しく取り締まる法律・組織の制定を要求するべきだと考える。
Posted by A at 2010年10月12日 16:53
>中国総領事館が
新潟市に15000平方メートル(4500坪)
取得要請中  抗議活動を!
>とりあえず中華街、本当は軍事基地目的でしょう。

http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-756.html#comment

新潟市長篠田 昭↓ここ直リン「市長への手紙」フォーム
https://www.city.niigata.jp/tegami/mail1.html
例>
表題) 万代小学校跡地を 中国総領事館に売却は中止としてください。

中国を中心として考えると新潟は真正面に位置していて直線で来れてしまう場所です。港はあるし、空港あるし、なんで新潟が欲しいのかこれで十分分かるわけです。
しかも新潟市が、万代小学校跡地(約1万5000平方メートル)を 中国総領事館に売却しようとしています。
中国以外こんな領事館を日本に持っている国はありません。もうお気づきのように北京や上海から一直線で来れる新潟に 人民解放軍をかくまうことだって出来る広さなのです。軍事基地になりうるのです いやもうそのためなのだと意識しなくてはいけないです。
万代小学校跡地(約1万5000平方メートル)を 中国総領事館に売却は中止としてください。付近の商店街もこの流れに乗って中華街を誘致しようと動いているようですが、中華街で一時は客足が伸びるでしょうが、すぐに飽きられます、活性化になりません。その後治外法権化した中華街を軍用目的に切り替えるはずです。中国側は戦略的に計画を進めています。
新潟中華街構想は建前で軍用目的が本当です、万代小学校跡地(約1万5000平方メートル)を 中国総領事館に売却中止してください 。
Posted by 抗議メールの例 at 2010年10月12日 17:13
 浅沼殺害時に山口がポケットに入れていたとされる遺書の文面は以下の通り。



 汝、浅沼稲次郎は日本赤化をはかっている。自分は、汝個人に恨みはないが、社会党の指導的立場にいる者としての責任と、訪中に際しての暴言と、国会乱入の直接のせん動者としての責任からして、汝を許しておくことはできない。ここに於て我、汝に対し天誅を下す。 

   皇紀二千六百二十年十月十二日  山口二矢

http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1840003/
Posted by 転載 at 2010年10月12日 17:23
例えば昭和35年当時には反共左派という存在がありました。さすがに容共右派というのは居ませんが。
左派だと容共だという先入観が今はありましょう。
しかし当時は共産主義に反対する左翼というのが居たんです。
例えば市民団体的正義にことごとく反対する左派勢力なんて今じゃ想像付かないでしょう。
そんな存在が当時はあったんです。
今でいうところの「ネトウヨ」のような事を言う左翼が居た訳です。
当時は右派左派が日本の針路における政見の違いじゃなく立場の違いだったからです。
だから当時の社会党は右派と左派で分裂しかかってました。
これ一つとっても今の右派左派の目では当時は捉えらきれない訳です。
それを理解しているのとしてないのでは昭和35年の浅沼事件の捉え方に大分違いが出てきてしまう。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 17:24
5
>SHIN

自民党民主党は、目糞鼻糞でしょう
どっちも駄目だ

>青木

民主主義に生きる者として、思想信条から人を殺して言論を封じるのは、到底肯定できない
青木さんに同意
人を殺すのが許されるのは、国を守るために戦うときだけ
だけどもそれすら許されないのが日本
亡国だから
Posted by 韓朝シナ人は大嫌いだ! at 2010年10月12日 17:30

>世界には、全く埃のたたない国が存在します。
>かつてのソ連、今のロシアです。
>フルシチョフは、初めてインドを訪問した時、タージマハールを見学に行きました。
>そしてその途中で土埃のつむじ風が立つのを見ました。
>フルシチョフは車を止めさせて降りると、つむじ風の真ん中に立って喜びました。
>「私はとても運がいい。今までこんな経験をしたことがないからね」と・・

>ソ連には雪はどっさりあっても、埃はないのです。


>Posted by SHIN at 2010年10月12日 14:36



SHINは

支那と朝鮮のしもべだけじゃなくてロシアのしもべでもあったのね。

何のため昔のお話もってくるの?

現在はモスクワでさえ、埃どころか煙と灰で死者まで出ていますよ。






Posted by SHINはロシアのしもべ at 2010年10月12日 17:33
ちなみに、「健全なテロルのないところに健全な民主主義はない」と三島由紀夫は言ったらしいですよ。
Posted by Sahara at 2010年10月12日 17:58

私が抱きついてゆくと三島さんは急に体の向きを変えて抱き返してきて
小さな声でささやいた。
「しばらくぶりだったね、会いたかったよ。」
、、、、懸命に三島さんの首から、胸、腹に、強いキスを浴びせかけていった。
、、、三島さんはこちらが驚くほどの、甘えた子供のような声をほとばしらせた。『三島由紀夫、剣と寒紅』
三島と福島次郎の最初の出会いから15年後、幾多の紆余曲折を経て
ふたりは奔馬の国でまみえる。三島事件のおよそ4年前1966年、昭和41年8月27日、熊本、「ホテル・キャッスル」。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/mishima03.htm

人生は祭りの夜のように、あっという間に過ぎて行く、
神も教祖も天皇も王も、国家も民族も、どこにも在りはしない、
そのような卑小で笑止なものに入れあげる時間など、
どこにもない。
そのようなものに価値を与え、ぶら下がり、すがりつくのは、
楽なことかもしれないが、何の意味もない。
宗教、民族、国家などという薄汚いかたまりを、まず捨てることだ。
そのような小汚いものにしがみつく、
情けない男になっては、生まれてきた意味すらない。
1999年11月25日
三島由紀夫の少女のような喘ぎ声と、響き渡る高音の笑い声が、
狂いかけた列島にこだまする。

森田必勝などは「共産主義者に魂を売った。」という理由で除名処分にし、そのことを「日本学生新聞」にデカデカと載せていた。、、、
Posted by do at 2010年10月12日 19:05
どんな理由があるにせよ、人殺しと自殺者を英雄視はできません。

浅沼がそのまま生きていたとして何ができようか。
浅沼自身は昭和天皇・皇室を敬愛していたことでも知られ、
雑談中に昭和天皇を揶揄する発言をした新聞記者をいきなり怒鳴りつけたこともあるという。

赤尾は死の3カ月前、二矢について次のように語っている。
「普通、共産主義に反対なら、共産党の委員長をやるのが本当でしょう。それを社会党の委員長を狙うなんて、16、7ぐらいの青年が気がつくこっちゃないんだ。これはぼくのイデオロギーなんだ。それを、山口君は若い青年だから思い詰めてやっちゃった。だからあの事件は思想的にはぼくの影響ですよ。山口君が愛国党を出たのは、一部には赤尾敏に愛想をつかしたんだと、悪口を言う奴がいるが、そうじゃないんです。山口君は、一緒に出て行った中堂、吉村の二人に引っ張り出されたんですよ。山口君は出てから一人で何度かうちへ来たの。それでぼくは「君は何も知らんで連れ出されたんだから、いつでも戻って来ていいよ」と言った。ところが、3人でうちを出るときに、一緒に運動をやると約束したので、山口君だけ戻ると裏切りになるでしょう。青年だから、純情だから、戻れなかったんですよ。」

これが本当でしょう。
担ぎ上げて英雄視する者どもは朝鮮人のそれのようだ。


Posted by 名無しさん? at 2010年10月12日 19:49
昭和35年といえば、西暦では1960年か。もう、既にアメリカの支配下に入っていますね。しかも、アメリカが今よりも一番豊かな時代ですよ。この青年がこんな悲惨な事件を起こさなくても、日本は今とさほど変わらなかったと思いますよ。こんなことが許されるのなら法律はいりません!
Posted by 信じられない at 2010年10月12日 20:00
山口二矢。烈士はどう見ても朝鮮顔。左目の焦点が合っていないのは、マインドコントロ-ルの副産物。ミンスの缶も同じ。
Posted by 朝鮮朝顔 at 2010年10月12日 20:04
>弱冠17歳という若さで、日本の赤化を防ぐという神業を成し遂げた烈士は、正に神であった。

17歳で大学生だったというのが不思議ですね。
Posted by 市民 at 2010年10月12日 20:55
>彼を世間は単なる殺人者やテロリスト呼ばわりしているが、彼こそが本当の意味での「若き英雄」であったのです。

私はそうは思いません。
このような考えは、特殊な仲間内では認められても、世間は絶対に許しません。
万一、この記事に感化されたバカ者が同じような事件を起こしたら、管理人様はどう責任を取るのでしょう?
Posted by 呆 at 2010年10月12日 20:58
アカ市長粉砕、モトジマぶっころギャー! ムショ行きブラヴォー!!!

って言うのとは、天地の差があるわな。
Posted by 慶互 at 2010年10月12日 21:06
こんばんは、瀬戸先生。

Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 13:46 に全面賛同します。

とても私には、ついて行けない世界です。
Posted by 読者 at 2010年10月12日 21:40
この時代 テレビ局新聞局こそ 真のテロリスト集団でした(20世紀歴史群像)
Posted by 三番茶 at 2010年10月12日 21:58
しかし山口二矢氏と二矢氏の父君に、現在の日本人から次第に消え去っていっているものを見る事も確かです。
「世間を騒がせて申し訳がない。」
という発言と
「浅沼さんと遺族の方々を思えば二矢が可哀想だなどと言えた義理はない。」
という発言に接する時、現在から失われたものを見た時の寂寥感を覚えます。
当時は公的に発言する場合には自分よりも先にまず世間を置いた。
そういう人が当たり前であった。
行状をさて置いて開き直る人間は普通の人間とは見なされなかった。
モンスターペアレントというものを知る現在から山口二矢氏の父君の発言を見た時、そのモラル、謙虚さに非常に打たれるものがある。
そしてその中でもささやかに表現される親子の情というものには、やはりこちらも落涙を禁じ得ません。
この親にしてこの子あり。
山口二矢氏もまた、自分の行為に浮かれる軽率な人間ではなく、淡々と留置に従い、何より自分の行為の結果としての親不孝を悔い、自身の命をもって詫びる、という戦後の17歳にしてまるで戦前の活動家のような葛藤と潔さを見せる。
これは昭和35年にしてもめったにある事じゃありません。
こういうモラルと身の処し方というのは現在では全く見られなくなったものだと思います。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 22:00
>青木洋一さん

殺された人の無念や残された家族、親族、友人、その他関係者のことは考えないのですね。残念ですが、人殺しはそれ以下でもそれ以上でもありませんよ。
Posted by 冗談じゃない at 2010年10月12日 22:17
>冗談じゃない氏

人殺しを非難する根拠は何か?
戦争で、敵兵を殺すのは、物理的には殺人だ。これは悪か?
世界中の人々に問うて見よ。あざ笑われるのがオチだ。
同様に、国難に臨み、奸賊・朝敵どもを殺すのは、どうか?
奸賊を殺すのに、その家族のことよりも、国を救うことを優先するのが、どうして悪いのか?
Posted by 素浪人 at 2010年10月12日 22:47
殺された人の家族、親族友人、その他関係者の事より、まず取材に来られた自分の迷惑、犯行に及んだ自分の子供への手放しの味方面、或いは他人への責任転与、または社会への呪詛、そうでなければ沈黙をもって答える、というのが最近よく見られる犯罪者の親のパターンです。
そうして最近の犯行者も、動機が明確ではなく、明確ではないから責任は免れると思い込んでおり、自分自身の身の行く末より他に悔いている事は何一つなく、従って何の反省もない、というのがパターンです。
ここには自分の身の外にある公の概念が全く見られず、そうしてかかる態度あるのは、かかる態度を普段から世間が許しているからだと愚考します。
なるほど現在ほど暴力行為をただそれだけの理由で否定する時代もない。
しかし同時に制御されない個人的な激情に、今ほど無防備な時代もないと思います。
Posted by 青木洋一 at 2010年10月12日 22:53
>素浪人さん

あの〜、私は、エントリー記事にある山口が犯した殺人を言っているのであって、戦争とかの殺人の話には言及していませんが・・・、なぜその様に話が飛躍するのか本当ンに不思議だ(失笑)
貴方に言っておきます。さよなら。
Posted by 冗談じゃない at 2010年10月12日 23:06
>冗談じゃない氏

貴方が、『人殺し』と、一般論的に書かれていたので、例を挙げて反論したまで。それ以上の意味は無い。
Posted by 素浪人 at 2010年10月12日 23:59
基本的にまともな人はレスに沿ったコメントをしていると考えるべし、頭がおかしい在日やそれに群がってコメントをする人たちはその限りではない。
Posted by だよ。 at 2010年10月13日 00:38
三島さんや山口氏を貶めるコメントをする者は後で必ずしっぺ返しが来ますよ。
Posted by 忘れた頃にね at 2010年10月13日 01:34
山口親子の日本人が失いかけている日本人の精神のお話を含めて、
青木洋一さんに賛同します。
瀬戸さんファンの私ですが、
このエントリーに関してはすんなり受け入れることができません。
社会党の浅沼稲次郎委員長(当時)が
もし山口少年に殺されていなかったら、
日本は間違いなく赤化するということですが、
もっと深く掘り起こしてご教授いただきたいです。
Posted by ブロック塀 at 2010年10月13日 01:40
>三島さんや山口氏を貶めるコメントをする者は後で必ずしっぺ返しが来ますよ。
Posted by 忘れた頃にね at 2010年10月13日 01:34

亡くなった方を貶める意味でコメントをしている方はいないと思いますけど、

そんなことより、どこぞのカルト信者にそっくりですよ。

脱会したら不幸になるぞ〜(笑)
Posted by ヤダヤダ at 2010年10月13日 01:57
正義のヒーローなんて物語の中だけだと思っていました。
でもそんな人が現実にいたのですね。
Posted by zero at 2010年10月13日 03:15
5
>青木洋一さん
>10.10.12 22:00
>10.10.12 22:53


同意
深い考察に感謝です
勉強になります
Posted by 韓朝シナ人は大嫌いだ! at 2010年10月13日 05:32
著書『暴かれた中国の極秘戦略』で中国共産党政権による台湾乗っ取り戦略を描いた
袁紅冰氏が来日。台湾乗っ取り戦略の現況とともに、中国の対日本戦略を語ります。

尖閣諸島沖の衝突事件以来の日中関係の背後にあるものとは何か、そして中国はいっ
たい何を狙っているのか? 中国共産党政権内など中国内に余人をもって替えられない
情報網をもつ袁紅冰氏ならではの講演が聴けることでしょう。

■日  時: 2010年10月28日(木) 18:30〜21:00(18:00開場)  定員70名

■会  場: 文京シビックセンター 区民会議室 5階会議室C

■使用言語:中国語(通訳有)

■主催: まどか出版

■お問い合わせ・お申込み
 mail予約 adm@madokabooks.com [件名 袁紅冰講演会 お名前 ○○○]
 電話予約 TEL:03-5814-9292    まどか出版 イベント係まで

■参加費: 500円

[講演者略歴]
袁紅冰(えん・こうひょう/Yuan Hongbing)
Posted by aaa at 2010年10月13日 07:24
国を貶める国賊はどんどん殺処分すべし! 山口二矢烈士、アッパレ!偉大なり! 今の腐った、この国には彼のような烈士が数多く必要である! この期に及んで、ゴチャゴチャ吐かす左翼のクソガキは、全員叩っ切ったほうがいい!
Posted by 伊達 at 2010年10月13日 17:55
ざっと見て、モトジマ右翼の人達はエントリについて何か言うかと思ったら
宣伝コピペだけだったりする。
Posted by 慶互 at 2010年10月13日 19:26
丑虎こんじん様の如く見事な征伐行動なり。

この方を青年の神として、毎年奉納する神社を作り、日本の正統なる
民主主義の保守に努めようではありませんか。殺人を翼賛するという意味ではなく、
青年が国家を守ったという、その精神に対する崇敬である。


訓練された見事に刺し、徹底された訓練による脇差しの抜刀、
戦闘力のある鉄心のある日本刀、鋼を二枚にした最高の日本刀【おそらく10万程度のものだと思われる】
Posted by 弘 at 2010年10月13日 20:22
この青年、片目のようですな。だとするならば、あの構えはプロ中のプロであり、
どこかの組織ではなかろうか。

青年愛国座頭市と名付けよう。

神社奉納をしてくれれば、募金を出してもいい。

この当時はこれでしょうがない時代であった。左翼は爆弾だったしな。
Posted by 弘 at 2010年10月13日 20:26
いつも瀬戸さんの ブログを楽しみにしていますが、今回の件に関しては
賛同できません。
たしかに、日本社会党が 中国共産党と友党であったのは事実ですが
殺人を美化することだけは、例えどんな理由があっても肯定出来ません。
伊藤博文を殺害した安重根が 韓国 北朝鮮では英雄とされています。
日本でも、桜田門外の変 忠臣蔵 二二六事件など 所謂クーデター仇討ちなど美化する傾向もありますが、国を思う気持ちが殺人という方向に向かわせたとしても、主義主張が違うから 殺すと言うことは、伊藤博文を殺害した安重根を称えるのと同じです。
江戸時代 戦国時代なら ともかく、法治国家である以上殺人ではなく他の方法言論で述べて欲しかったです。
Posted by ヨシタカ at 2010年10月14日 01:48
ありがとうございます
Posted by 三澤浩一 at 2010年10月15日 23:41
大事なことは、それが日本の歴史を守ったか否かということである。日本の歴史精神を承継しているかといういうことである。

殺人はいけないとか、どんな理由があろうと人殺しは人殺しだとか、それは現代日本人の流行の価値観に過ぎない。

日本赤軍のハイジャック事件のとき、その要求に屈し服役犯を釈放した福田首相が「人の命は地球より重い」と言ったことと何等変わらない。ただの腑抜けである。
腑抜けであると同時に、日本の歴史を真に知らないものが言うことである。
Posted by 七生 at 2010年10月18日 03:48
桜田門や忠臣蔵、二二六と安重根を同列で語るとは・・・。
日本人もとうとうここまで来てしまった。
「いい人」面で理屈を並べても、国は救えないのである。
お子ちゃまランチでも食ってせいぜいチャイナコリアの悪口言ってガス抜きしてるのが関の山である。
Posted by 七生 at 2010年10月18日 11:28
〉知性を獲得すれば、一切のバカバカしい殺人行為など躊躇するものです。

安重根のことか?
Posted by 知性 at 2010年11月02日 17:58
5
《朝敵本島等長崎市長銃撃義挙 平成2年1月18日》
 「天皇に戦争責任がある」と議会で発言した本島等長崎市長に対し天誅を下す。
 《司法・報道に対する銃撃 平成2年8月15日・平成3年3月1日》
 報道の公平性を忘れ、自らの社会への影響力も考えず利益追求と偏向報道を繰り返す長崎新聞社並びその弊害を認めない長崎地裁に天誅
 三島由紀夫烈士http://guns-road.hp.infoseek.co.jp/geki/geki4.shtml檄文
http://home.s02.itscom.net/boukyou/yamagutiryakureki.htm
 「昭和天皇陛下」が御闘病中で有るにも係わらず、卑劣な「原爆容認・戦争犯罪論」で自虐史観推進を繰り返した本島を銃で「調伏」した義挙。http://www2.bbweb-arena.com/junsei/myweb13_019.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/135th/scoop/img/3_l.jpg
 http://www.tendensha.co.jp/syakai/syakai160.html
 (写真左から)国府正男理事長、敬天新聞社主、(故)本島を屠った若島和美副長、中尾征秀郎塾長代行http://keiten.net/articles/other/069_08.html
Posted by 敬天 at 2011年06月19日 19:34
5
私は東京への無差別焼夷弾爆撃事件や、広島・長崎原爆投下を『ざまーみろ』とか、『ショ〜ガナイね』と宣う気など毛頭にないし、国益を損ねるバカタレへの天誅も支持している。

★藤岡信勝氏推薦・ 大東亜戦争はルーズベルトの錯覚から始まったhttp://www.tendensha.co.jp/daitoa/dai362.html
第六章 東京大虐殺と広島・長崎大虐殺
第七章 ザ・レイプ・オブ・横浜(占領期・米軍犯罪)


 www.yomiuri.co.jp/feature/135th/scoop/img/3_l.jpg
 www.tendensha.co.jp/syakai/syakai160.html
 (写真左から)国府正男理事長、敬天新聞社主、(故)本島を屠った若島和美副長、中尾征秀郎塾長代行keiten.net/articles/other/069_08.html
Posted by ★★★★★蛆テレビ完全終了のお知らせ at 2011年08月19日 20:00