2011年10月23日

フルボ酸4


フルボ酸4


さらに明らかになるフルボ酸

 

個々の細胞が、適切に栄養が行き渡っている状態ならば、アミノ酸、酵素、その他の代謝に必要な要素を沢山作り出すことが可能です。それぞれの細胞はそれに加えて、自身のエネルギーを燃焼させ、細胞を維持し、自身の酵素タンパク質を作り出し、自身を複製させます。全身の代謝は個々の細胞によって続けられる代謝の総計であることを理解しなければなりません。

 

pic成長、維持の為の栄養素

科学者は、人間が健康な生活を続けるためには成長や維持のために最低90の栄養素を継続して供給しなければいけないと定義しました。これらの栄養素はアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどが含まれています。これらの栄養素が我々の細胞に入ってきたとき、生命活動の基礎が築かれます。代謝の仕組みの基礎は、たいていの場合、まったく異なる種族であっても同様に働いています。

人間は細胞内で8個のアミノ酸を作り出す事が出来ます。すべての代謝機能は、とても複雑で細胞の中で行われています。もし、これらの成長と維持に必須な栄養素の供給が止まってしまったら、これらの代謝機能は停滞してしまいます。供給の滞りが長引けば、病気になったり欠乏に関連する症状が現れます。

 

病弱な土、病弱な植物、病弱な人間

かつて、私達の自然で豊かな土壌は、そこに生息する微生物によって作られるフミン酸とフルボ酸を十分な量に含んでいました。それらは、植物にミネラルやその他の栄養素を運搬していました。現在の農業の目的は、販売可能な製品を大量に作り出すことです。食品の質は、大量生産のための犠牲になっています。生産業者は、生産量によって収入を得ているので栄養素の含有量はあまり重要ではありません。病気をコントロールして収穫高を上げるため、過剰な窒素系肥料が土壌にばら撒かれます。このような生産方法は、土壌の固有の微生物を死滅させます。それはフミン酸、フルボ酸を死滅させることになります。

 

消え去るミネラル

土壌の微生物が死滅してしまうと、植物に必要な有機ミネラルを無機ミネラルから変換することが出来なくなります。窒素系肥料の過剰な使用は、植物のタンパク質の生成を阻害し余剰なアミノ酸を作り出し、害虫を引き寄せる原因となります。害虫は病弱な植物を食べるために生まれてきたので、この環境は害虫の食料を増やすことに繋がり、害虫の増殖を引き起こします。生産農家の反応は、この病弱な植物を守るために多量の殺虫剤や殺カビ剤を撒くことになります。これにより、植物にミネラルを運搬するのに必須な有益な微生物の活動は阻害され、そして死滅させられることになります。

 

危険な食品

この貧弱で殺虫剤を多量に含む商品は、生産農家が最終目的とするお金に換わります。有機的要素はわずかに残っているが、栄養素が欠乏し、殺虫剤、除草剤などからの化学物質を大量に含む、栄養的に貧弱な食品が食卓に並びます。味もない有機ミネラル・栄養素の欠乏した食品を、皮を剥き、茹で、過剰に調理をします。そしてこうつぶやくのです。「どうして私は病気になってしまったのか?」と。

 

img_soilビタミンとの関係

ビタミンやミネラルの摂取を増やすということが、病気の治療の解決策であると言われています。しかしながら、覚えておかなければいけないのは、ビタミンやミネラルは特別なミネラルの補因子やフルボ酸なしには、細胞でそれらの代謝機能を有効利用することは出来ません。

 

細胞膜の透過性と吸収

フルボ酸の最も強力な特徴は、ビタミン、ミネラルの吸収率を上げることです。どんなサプリメントやビタミンでも、体にとって利益があるのは吸収されたときです。フルボ酸は、ミネラルを有機またはイオン形態へ変換することによって、ミネラルの細胞膜の通過または運搬しやすくさせます。栄養素が、フルボ酸複合体に併合されると生理的に活発、有効になります。

 

フルボ酸との関係

フミン酸とフルボ酸は生命体に驚くべき効果があります。フルボ酸は、沢山のミネラルをキレート化、もしくは結合して、細胞内で使われる生理的に有効な形態に変化させます。これらの希少ミネラルは、細胞内でビタミンの触媒作用としても働きます。加えて、フルボ酸は最も有効なビタミンの細胞内への運搬能力を持っています。

 

酵素との関係

酵素は触媒として働きます。化学反応自体には変化がありませんが、反応速度を高めます。酵素は複合タンパク質からできています。酵素は、ビタミン、ミネラルのための生命力です。酵素の活動なしでは、胃の中では食料は単に腐敗するだけで、排泄は止まり、思考は停止し、我々は死にます。

細胞レベルでは、グルコースの燃焼には何種類かの酵素の反応が必要です。個々の細胞は、適切に栄養素がいきわたっていれば完全な代謝をするための酵素を自身で作り出すことができます。ある研究ではフルボ酸が細胞内での酵素の反応を上昇させ、酵素の発達を最大限にすることが知られました。

フリーラジカルと抗酸化物質

もし健康な肉体を手に入れることがあなたの目標なら、フリーラジカルからの攻撃から身を守らなければなりません。

ここ最近における、空気中、食品、水中でのフリーラジカルの急激な増加は、我々の体の防御機能にとてつもないストレスを与えています。我々のフリーラジカルに対する最初の防御機能は、十分なフリーラジカルの駆除者、抗酸化物質の供給にかかってます。

フリーラジカルは非常に反応性が強く、不安定な物質で、1個以上の不対の電子を持っています。それらは体中を循環し、組織に被害を与えます。組織を破壊し、さらには、傷つけられた細胞が感染や病気または癌にかかりやすくしてしまいます。

フルボ酸には劇的にフリーラジカルの効果を取り除く作用があります。これはフルボ酸には潜在的に癌、老化、しわ、関節炎など、酸化によって引き起こされる障害から身を守るのに役立つことを意味しています。

 

抗酸化物質

ここ数年でフリーラジカルを除去する物質を選別するのに、非常に大きな労力が費やされてきました。健康産業の全てがこの労力に加わり、ほとんど全ての健康食品会社が可能な限りの製品を供給しています。フリーラジカルには3つの区別があります。そして、フリーラジカルの駆除として知られるものには沢山あります。ビタミンACE、ガンマーリノレリック酸、アルファリボ酸、システイン、グルタチオン、セレニウム、CoQ10などがよく知られています。それぞれの抗酸化物質は違った種類のフリーラジカルを駆除することが知られています。正しい抗酸化物質を正しい量、またそれに必要な補因子を取るということは非常に難しいことです。

 

抗酸化物質の働き

フリーラジカルと供給する抗酸化物質は、フリーラジカルの不対の電子を中和する電子を持ち、フリーラジカルと反対の電極を帯びていなければなりません。

 

フルボ酸はスーパー抗酸化物質

フルボ酸は強力な天然の電解質で、どんな形のフリーラジカルでも除去してしまいます。電子化学的に受容体、供給体のどちらとしても働きます。プラスに電荷したフリーラジカルには、マイナスの電荷の不対電子を供給しフリーラジカルを中和してしまいます。同様にマイナスに電荷したフリーラジカルには、プラスの電荷の不対電子を供給しフリーラジカルを中和します。フルボ酸は両方向のスーパー抗酸化物質として働きます。

画像は
http://fulvio-fucoidan.com/products/fucoidan/fulviosan/index.html
http://warasaien.com/page14
より引用しました。



Posted by the_radical_right at 11:40│ mixiチェック