2011年12月29日

訃報・同志への最後の言葉


 訃報・同志への最後の言葉

 『花うさぎの「世界は腹黒い」2』のブロガーでもあったA氏が12月27日18時17分逝去されたことを知りました。私は参院選挙に維新政党・新風から出馬を表明する頃から、ご本人から挨拶され名刺を頂きました。

 よって本名、職業なども存知あげておりますが、ご本人は「花うさぎ」として、この愛国運動の先頭に立って来られたので、敢えて氏名をここで出すことは致しません。ただ、きもの業界関係の新聞社の社長さんであり、年齢は63歳であったという事だけお知らせしておきます。

 何と言っても真面目で物事に対する捉え方も真っ直ぐな方でした。愛国運動に参加する人に対してなら、誰とでもわけ隔てることもなく温かい目で接しておいででした。たぶん生まれつきそのような優しい性格だったのかも知れません。

 しかし、反日勢力に対しては正反対で、これを絶対に許さないといったその信念と情熱は誰にも負けない程に強いものをお持ちでした。そうでなければこれほど長期間に渡って、しかも連日様々な活動の前線に立って戦ってはこれなかったと思います。

 生前の勇姿が碧庵さんのブログにアップされておりましたのでご紹介させて頂きます。


2011-12-10_154459

 頼れる同志を、これからが反日勢力との本格的な戦いが始まろうとしている、この時点において失うことに関しては、もう言葉もありません。ただただ無念だという言葉に尽きるのではないでしょうか。多くの仲間も同じ思いであると信じます。

 私が最後となったのは外務省を嘘吐き朝鮮人や左翼が取り囲んだことに対して、我々が抗議の声を挙げた時でした。おそらくあの時にもこの写真の白いジャンパーを着ていたのではないでしょうか。私が地下鉄の連絡道を歩いて、外務省側に出てそこで日の丸を揚げたら、警備の警官に囲まれました。

 その時にたまたま道路向かい側を見たら、花うさぎさんがカメラを向けて私を撮っておられた。花うさぎさんのカメラは望遠レンズ付きの素晴らしいもので、遠くの人もバッチリ映ります。花うさぎさんはいつの場面でも、警察官に取り囲まれた時などは、その証拠となる写真を撮り続けてくれました。

 そのことが安心感を参加者に与えてくれていたと思います。

 民主党政権の瓦解をいつも願っていました。その民主党は今や離党者が相次ぎ来年3月には解散総選挙に追い込まれ、自滅して行くことでしょう。何故、その事を目にすることなく、早く逝ってしまわれたのか。

 そのことが私には悔しい。共に民主党政権の崩壊を祝いたかったのに。

 花うさぎさん、あなたが心の底から愛してやまなかった日本を守る為に、私達はその遺志を継いで今後とも、祖国日本を守る為に戦います。どうか心安らかにお眠り下さい。 合掌

 せと弘幸を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします。

Posted by the_radical_right at 07:27│ mixiチェック
この記事へのコメント
・・・合掌・・・
Posted by 赤べこ at 2011年12月29日 07:38
人が減っていくばかりなのは気のせいか?
Posted by 亡霊 at 2011年12月29日 07:44
せとさん、おはようございます

花うさぎさんの急死、本当に驚きました
今月もデモでお元気そうに写真を撮っておられたのに・・・

あらゆる保守系の活動に参加され、それを伝えられ御苦労様でした
心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by 高橋 神幸 at 2011年12月29日 08:16
5
ご冥福をお祈りいたします。
合掌
Posted by 韓朝シナ人は大嫌いだ! at 2011年12月29日 08:37
花うさぎさんのご冥福をお祈りいたします
合掌
Posted by 阿羅漢 at 2011年12月29日 09:00
5
日本を考える日本人は、確実に増えてきている。
これも、花うさぎ様ら、ブロガー諸氏の地道な努力のたまものです。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 菊十字 at 2011年12月29日 09:37
日本の片隅から 訃報に接し
心からご冥福をお祈り致します。

早朝からブログを更新され 護国活動の様子を的確に
知らせて下さり 素晴らしい方だと感服していました。
残念で悲しくてなりません。
Posted by 一主婦 at 2011年12月29日 09:45
はなうさぎさんには一度もお目にかかった事はありませんが、ご冥福をお祈りします。

フジテレビは本当にやっつけたいです。
反日国(具体的には韓国)には滅法甘く、親日国に対しては嫌がらせの限りをつくす国益無視のテレビ局。
台湾人の王貞治氏の横に中国の五星紅旗を並べてみたと思ったら、今度は、親日のブータン国王夫妻を物まねで馬鹿にする。
右翼でなくてもデモをやりたくなりますね。

フジTVがブータン国王を侮辱 ネットで話題に
http://blog.goo.ne.jp/toki_1/e/eb1ec601175cffe6e1ff358e2c4efb3e?fm=rss
Posted by 弔い合戦しましょう。 at 2011年12月29日 09:58
花うさぎ・・・うつくしいお名前です。これまでのご活躍が必ず新しい活動家を生み出してくださるでしょう。心底からご冥福をお祈りいたします。合掌!
Posted by 潔 at 2011年12月29日 09:58
花うさぎ様のご冥福をお祈りいたします。
魂が志を受け継ぐ皆様と共にありますように。
Posted by 俺は俗物?! at 2011年12月29日 10:35
ただただ残念でなりません。
花うさぎさんのご冥福をお祈り致します。
Posted by 穏健派市民 at 2011年12月29日 10:37
少し存じ上げてたが突然聞いてびっくりしました、黙祷。。。




それに比べて、これ↓みてよ、この破廉恥なバカ!もう免許剥奪していいよ。

「反日韓国工作フジテレビが親日ブータン国王を侮辱挑発!国際問題へ発展か」

http://news.2chblog.jp/archives/51664006.html
Posted by 合掌・・・ at 2011年12月29日 10:50
皇室を侮辱するのは日本はなかった。陛下がいらっしゃる国だから。
最近、NHKが陛下への尊敬語を一般レベルまでいつの間にか下げて堂々と報道してる。フジテレビもNHKも多数の韓国朝鮮人を採用し、こんな有様だ。
日本国民が反対し偏向してるとこれだけ抗議、怒りが殺到してるのにテレビ局は知らぬ顔。それどころか「どこが悪い?」「嫌なら見るな!」「おんもしれー、やってみろよ!!」などとまるでヤクザまがいの対応。電話を取っても名乗らないのは企業でマスコミだけ。今や小さな町工場ですら「はい、担当のOOです」と電話口で必ず名乗るのに。電話にはでない、名乗らない、日本国民にケンカ腰、いったいこいつらの存在理由って何なのか。


12月28日NHK総合2:10
MJ presents 東方神起スペシャル2011 MUSIC JAPANがお送りする東方神起のスペシャル番組。
彼らの曲はもちろんのことスペシャルなトークもお届けします。東方神起が人気のゲームにチャレンジします。
Posted by 報道しない自由なんて日本と中国朝鮮だけ at 2011年12月29日 10:57

>NHK総合 2010年7月25日(日) 9〜9.54放送
「解放と分断 在日コリアンの戦後」
という番組の中でのある部分
現在の東大阪朝鮮初級学校を映す
NHKナレによると、ここは吉田茂により閉鎖されたが閉鎖後も
夜間学級などで民族教育の火をつなぎ現在にいたっているとのこと
この日全校児童を集め、劇が上演された
サイレンが鳴り、炎の中を逃げまどう朝鮮人
その朝鮮人をこん棒で殴りつける日本の警察
「アボジー」と泣き叫ぶ朝鮮人の少女
そこに拡声器の声
「繰り返す、我々は朝鮮学校を認めない、ただちに解散しろ」
その劇を食い入るように見つめる朝鮮人のこどもたち
幼少期から、すさまじい反日教育をする朝鮮学校
というのは本当のようだ、日本人を憎むようになるのも当然だ
NHK的には、朝鮮人の民族教育を弾圧する悪辣な日本
という切り口での放送だったが
ではなぜ朝鮮人が弾圧されたのかを意図的に欠落させていた
当時吉田茂は朝鮮進駐軍による暴虐に苦悩していた、GHQの記録だけでも
4000人の日本人が殺されている、この朝鮮進駐軍を組織していたのが
朝鮮総連、朝鮮総連が日本で民族教育、反日教育をしようと作ったのが
朝鮮学校、当然日本としては、この組織壊滅に動くのは当然のこと
この放送の一週間後の8月3日、民主党により朝鮮学校の無償化が決まった
Posted by 追記 at 2011年12月29日 10:57
花うさぎ様は残念ながら存じ上げてはおりませんが、とても素晴らしい愛国者を 亡くされた悲しみに 胸が痛みます。
心よりご冥福をお祈り致します。
さて、問題の媚中政党反日反米極左民主党の野田首相が、シナ中共の国債を購入した事で問題となっております。政権誕生から既にアメリカより『テロリスト認定』されていた政党でありますが、ここへ来て再びアメリカをとことん敵に廻すとは、本当に愚かな馬鹿ったれ軍団としか言い様がありません。アメリカは日本とは同盟国ではありますが、彼らを心底怒らせることの怖さを左翼どもは理解してないのでしょうかね?いつか必ずアメリカからの報復攻撃があると、桜井会長もおっしゃっております。番犬は屋敷の飼い主が高級なエサさえ与えていれば、 飼い主に噛み付く事はありませんが、空腹のままにさせておけば、右手左手両足 最後には心臓めがけて噛み付いてくるでしょう。
仙台にパンダが来るそうですが、そんなものは要らない!
『パンダには罪はないですが』
やくざ国家の中国共産党に媚びまくる反日反米極左政党民主党よ!
アメリカからの報復は、貴様らの責任だ から全員議員辞職せよ!!!

Posted by ま−こ at 2011年12月29日 11:00

貼られた写真を見て、涙してしまいました。

少し上の遠くを見てみなさんと一緒に歩く花うさぎさん

いつもカバンを提げて、手にはカメラ
カバンには小さなZ旗が付いているときもある。

毎朝「花うさぎ・世界は腹黒い」のブログに前日の保守活動の報告を載せられました。

年に数回程度しかデモや勉強会に参加できないsnowdropにとって

花うさぎさんのブログを見ることが、日々できる保守愛国活動でしたのに・・・本当に悲しいです。

ピューリッツァー賞でしたか、報道記者に与えられる賞は?

花うさぎさんのブログはご自分で撮影、取材し、記事を書かれてうpされる。

真の報道であると思います。ゴミと呼ばれても、自らの手足、目耳鼻・・・で取材もせず警察発表をただ「受け売り」している今の報道
先日の新橋でのtamagawaboatさんの抗議についてもバイアス垂れ流ししかしないマス「ゴミ」でした。

それとはまったく出発点が違う、真の報道をされた方だと思います。

『真の報道賞』を花うさぎさんへ
Posted by iza snowdrop at 2011年12月29日 11:01
ご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by kuma at 2011年12月29日 11:13
私も最後は14日の外務省前でした。

多摩川氏のプラカードを掲げているところに
お声かけ頂き、何枚かの写真も撮って行かれました。

プラカードの出来も「イイですね〜」と
褒めて下さってましたよ、多摩ちゃん。


佐藤カメラマンほどお話しする時はありませんでしたが
あれが最後の言葉でした。

合掌

Posted by 櫻井 at 2011年12月29日 11:23
デモに参加すれば良かった。
ご冥福をお祈りします
Posted by らんち at 2011年12月29日 12:14
5
花うさぎさんと会話したことはないですが、デモでお姿を拝見したことがあります。
寂しいっすよぉ・・・
花うさぎさんのご冥福をお祈りします。

花うさぎさんの願いは、打倒反日左翼!
打倒反日朝鮮人!日本民族を守る!などなどと思われます。

12月31日は「韓流紅白をぶっ飛ばせ」デモに参加して、花うさぎさんの分も頑張って悪しきNHKを打倒したいと思います。
花うさぎの魂もデモに来て下さると思っています。
Posted by 核武装せよっ!ここは日本だっ! at 2011年12月29日 12:17
5
訂正します。

花うさぎの魂

花うさぎさんの魂



Posted by 核武装せよっ!ここは日本だっ! at 2011年12月29日 12:22
奇しくも、北の将軍と同じ時期に
この世を発たれた、花うさぎさん。

しかしあの世で互いに顔を見合わせる事はないでしょう
何故なら魂のレベルが違いすぎるので
同じ世界に行くことは無いと思います

夫々どのような世界に行くかは
ここの読者なら皆知っていると思います。

正しい日本人のスタンスをご伝授いただき
ありがとうございました、ご冥福をお祈りします。
Posted by 占い師(masashi) at 2011年12月29日 13:08
花うさぎ様の御冥福を、心よりお祈り申し上げます。
Posted by まり at 2011年12月29日 13:12
花うさぎ様の御冥福を、心よりお祈り申し上げます。

花うさぎさん
通夜:12月30日 午後6時〜
告別式:12月31日 午前11時00分〜
式場:コムウェルホール高円寺
住所:東京都杉並区高円寺南2-2-2
   丸ノ内線 東高円寺駅2番出口徒歩5分
Posted by 残念無念 at 2011年12月29日 13:20
3
各位 故花うさぎさんへの弔意を有り難う御座いました




故人を罵倒する書き込みがありましたので おしらせします

投稿者:葉虫
IP:61.23.40.77

言いたいことがあるなら本人が生きているうちに 本人に面と向かって言え
Posted by 管理部 at 2011年12月29日 15:17
5
日本の心を気高く保たれたまま、逝ってしまわれた…今になって涙が止まりません…

愛国の心、忘れません!
花うさぎさん、ありがとうございました

Posted by まかろん at 2011年12月29日 16:27
パソコン始めて眼にした花うさぎさんの
「世界は腹黒い」の警句が印象的でした。
無抵抗な羊に成り下がった日本人に
理解して貰いたい言葉です。

この数年保守言論人の若くして亡くなる例
が気になっています。
正面からは来ないで後方から何でもやる奴らです。
何でもやるという事は、考えられる悪の手段を
使い分けて何処からでも攻撃するということ。
「後ろから攻める業は、彼らにあり」

目覚めた日本人なら、立ち向かうことは簡単です。
戦前の武士の魂を保った日本人に戻ればよい。

武士の魂を持ち続けた
花うさぎさんの御冥福をお祈り致します。
Posted by 三点射 at 2011年12月29日 17:20
この女性の口の悪さもさることながら、大変な事態になっているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=jDJM4jl8JIw&sns=em

いわゆる集団ストーカー!
Posted by 堕落社会 at 2011年12月29日 17:42
愛国家の突然のご逝去遺憾です。謹んで故人のご冥福を祈るとともに、日本を護ることをあたらめて誓います。
Posted by ゆうじ at 2011年12月29日 18:29
「二代目花うさぎ」を襲名する人物が現れる事を願う
Posted by 問題解決 at 2011年12月29日 18:43
   朝鮮戦争からは、一瀉千里かな?
    ---------------------
第二次世界大戦後、初めて戦われた大きな戦争は朝鮮戦争です。
朝鮮半島での戦闘そのものの枠組みは、
基本的に前の戦争と大きく変わりません。

既に核兵器は存在していましたが、実際に使われることはなく、
多少新型にはなっていましたが、前の戦争の延長戦のような戦いでした。

ただ、この戦争の後半は38度線前後の陣地戦となり、
戦闘の様相は、第二次世界大戦どころか
第一次世界大戦を思わせるような姿に変わっています。

問題は、そこにありました。

もともとソ連軍式の砲兵火力戦を重視する北朝鮮軍は、
開戦直後の進攻作戦でも、その後の戦いでも
野戦砲兵火力を頼る傾向が強かったのですが、
アメリカ軍もまた、それ以上に
野戦砲兵の火力によって北朝鮮軍を撃破し、
膨大な火力の投入と引き換えに友軍の人的損害を減らすという、
それこそ第一次大戦以来の考え方で砲弾を消費し始めます。

ところが、ここで問題が発生します

物量の豊富なはずのアメリカ軍で砲弾の供給が逼迫してしまうのです。
アメリカは第二次世界大戦時に積み上げた膨大な在庫を持っていましたが、
小さな戦争くらいは、この在庫砲弾で全て賄える、との予想は
戦線の膠着で覆ってしまいます。

このため1951年後半を迎えると
「砲弾の供給見通しがつかず火力戦が戦えない」という、
アメリカ軍始まって以来の危機が訪れます。

逆に北朝鮮軍と中国軍は、ソ連流の火力主義を手本に作られた軍隊ですし、
その軍備は主にソ連から供与されたものです。
戦線の膠着と共に野戦砲兵はどんどん強化され、
その密度は、ほぼ2倍に増加しています。

砲弾の補給に悩むアメリカ軍と砲兵の強化が進む共産軍という、
かつてない構図の中で、果ても無い地上戦が続いたのが朝鮮戦争でした。
Posted by 戦後ドイツの「我が闘争」=満洲人 at 2011年12月29日 18:52
ゆく年くる年で
知恩院で除夜の鐘の直前に
「偏向報道を止めろー!」
叫ぶと、
スゲー事になりそう・・・
Posted by シッパル at 2011年12月29日 18:54
>シッパル

テレビ局が喜ぶでしょうね。
Posted by 暇つぶし at 2011年12月29日 19:15
5
ご冥福をお祈り申し上げます。

そもそもブログランキングを見始めてまだ半年もたっておりませんが、花うさぎ様のブログから、花うさぎ様の国を思う気持ちをいつも感じることができるすばらしい人物であると思っておりましたので、非常に残念です。これから日本の将来、子孫のためにすばらしい国をつくる意志は我々に任されたと思い、私も微力ながら頑張っていきたいと思っております。

花うさぎ様見守っていてください。未来の日本を守るための戦争に必ず勝ちます!
Posted by のりじい at 2011年12月29日 19:16
民主党政権は実質崩壊しています。
解散せず政権の座に居座っているだけです。
Posted by もう民主党は選挙で勝てない at 2011年12月29日 19:17
5

『花うさぎ』という可愛いらしいお名前から、
女性の方だと思っていたのですが、男性の方だったのですね・・・。

勇気ある愛国者の方がお亡くなりになるなんて、大変残念でなりません。

どうか天国にお行きになっても、英霊方と一緒に、
この日本の行く末をお守り下さい。

心からご冥福をお祈りいたします。
Posted by 椿 at 2011年12月29日 19:21
花うさぎさん亡くなられる。世に惜しい人は早く亡くなられる。行動を律したお方であり、正義感溢れる人であられた。まだまだ活躍していただきたい人でありましたのに無念であります。

日本のこれからを見守ってくださいと言わずにはおれない。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by kusaba at 2011年12月29日 19:21
せと様更新感謝しております。
23日に天皇誕生日の行進に参加して、いつもの花うさぎさんの姿を見ていたので、訃報が残念でなりません。正義感が強く、芯が強い、温かみのある方だとお見受けしておりました。
私が出来るせめてもの恩返しは保守活動を続け、ご皇室と日本の伝統文化を守ることだと思います。
花うさぎさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Posted by 反日マスコミ国外追放 at 2011年12月29日 20:45
日本は必ず、日本人の手に。
花うさぎさんのご冥福をお祈りします。

Posted by 海 at 2011年12月29日 21:05
5
面識こそ御座いませぬが『敬礼ゞ』
Posted by 桜花 at 2011年12月29日 23:28
花うさぎさんは本当に素晴らしい活動をなさっていました。私は都内在住なので30日の通夜には行かれそうなので、花うさぎさんにもう一度ご挨拶にいくつもりです。「まだ成仏しないでください。ゴーストになって私達と一緒に戦ってください。」と伝えたいです。
Posted by 30日の通夜に行きます。 at 2011年12月30日 00:14
花うさぎさんの訃報に接し、御冥福を心よりお祈り申し上げます。

其の愛国活動に改めて感謝申し上げるとともに、護国の鬼として日本をお守り下さい。

私は忘れません。花うさぎさんという素晴らしい愛国者がいらしたこと、ブログを通じて沢山の大切な事をお教えいただいたこと、そして其の愛国の情は私の心の中に生き続けます。

有難うございました。

合掌

PS:瀬戸様、お知らせ有難うございました。
Posted by 忠 at 2011年12月30日 00:43
パソコンだろうがテレビだろうが携帯だろうが画像盗聴出来る、ウイルスに因らない
テンペストによる電磁波盗聴は存在するよ。

ただ、その機材が矢鱈と高価だから普通は使わないけど、経費に出来る自営業の基地外と
スパイの仕事で使う人は買う

それと

人が減ってくばかりと言うか、新しいのが出て来ない。
私は…立ち上げようにも、首都圏に住んでないし暇がない。



Posted by 亡霊 at 2011年12月30日 09:16
花うさぎさん、大好きでした。
やすらかにお眠りください・そして私たちを見守っていて!
Posted by 雪 at 2011年12月30日 14:22
フジテレビ「笑っていいとも」ブータン国王夫妻の物まねに、非難殺到
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1229&f=entertainment_1229_011.shtml
フジテレビで28日に放映された、「笑っていいとも! 年忘れ特大号2011」で、劇団ひとりさんがAKB48の秋元才加さんとともに、ブータン国王夫妻の物まねを披露した。しかし、これが国王夫妻を侮辱したとして、インターネットを中心に波紋が広がっている。

  2ちゃんねるでは、「これ、ブータンの人が見たらどう思うだろう」「超えちゃいけないライン完全に超えてる」「ブータンに申し訳ない」「局がどうかしている」などと非難の声が上がっている。

Posted by h at 2011年12月30日 17:43
花うさぎさんからは沢山のことを教わり勉強させて頂きました。
落ち込んでても花うさぎさんのブログで不思議と勇気づけられました。
大好きなブロガーさんのひとりです。
とても残念でなりません。
Posted by マツコ at 2011年12月30日 18:02
本当に悲しい。瀬戸様のブログとともに毎日愛読させてもらっていたのに・・・
願わくば皆様とともに民主政権打倒・崩壊を目にし、祝杯をあげたい、そしてその時にあらためて花うさぎ様のご冥福を祈ります。
Posted by 炎絡 at 2011年12月30日 21:12
花うさぎさんの通夜に行ってきました。
明日の告別式には行けないので、今日お別れのご挨拶をしてきました。
安らかなお顔でした。
棺の中にはタバコが2箱添えられていました。
やはりタバコは健康には害があると思います。
本当に残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 花うさぎさんの通夜に行ってきました。 at 2011年12月30日 21:13
時に優しく時に厳く風のように去った花ウサギさん、寂しくなりますね。
心よりお悔やみ申し上げます。
Posted by イチロー at 2011年12月31日 12:43
5
合掌
Posted by 佐藤健 at 2012年01月01日 10:53