2016年07月27日

桜井誠候補VS左翼新聞記者


 桜井誠候補VS左翼新聞記者

 反日の歴史観を痛打した桜井誠候補の新保守主義

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

 

a

 この選挙期間でこのような瞬間を目にすることは奇跡に等しい。候補者が敵対する人間を車上に招き討論するなど、これまでになかった光景であり、桜井誠という人間の度量の広さを示した。

 先ずはこの点はもっと評価されるべきであり、これまで売国マスメディアが繰り返し批判してきた排外主義者でも排斥主義者でもない、真の民主主義思想に立脚する信念を持つ人間であることを証明した。

 即ち、敵との対話を拒否するのではなく、互いの主張を述べあうことによって、聴衆の判断を仰ぐという、まさに民主的手法であり、それを今回の都知事選挙で実際にやって見せたことは、実に素晴らしい事であり、これで桜井誠候補の「英雄伝説」にまた新しいページが付け加えられることとなった。

 さて、この討論というか、対決シーンは桜井誠候補の圧勝に終わった。それをこれから説明したい。神奈川新聞の石橋記者は桜井誠候補の質問に対して、旧来戦後左翼が繰り返してきたことを、いつものように語っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 桜井誠候補

 「韓国人は70年前に日本人が酷いことをしたと非難するが、70年前の日本について何故、我々が責任を取らないといけないのか?」

 左翼新聞記者

 「当時、私達は生まれてないので直接的な責任はないが、過去の歴史を否定したり、捻じ曲げたり、なかったことにした時は、新しい責任が生じてくると思う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 謝罪と賠償を何度も何度も要求し、それでも終わらない。もういい加減にして欲しい。それが現在の日本の若者の偽らざる心からの叫びだろう。この声をマスメディアは圧殺して来た。長い間日本の若者は沈黙を強いられて来たのだった。

 この事に桜井誠候補は激しく反発、マスメディアを批判し韓国や支那・中国に対する批判を強めている。これに対する左翼記者の答えは全くつまらないものだった。

 それは一言で表現するならば、支那・朝鮮がこれまで何度も言ってきたことを代弁する論理でしかなかったからだ。

 日本のナショナリズムへの芽生えは<歴史の健忘症>

 この言葉です。

 支那・朝鮮などと結びつく左翼マスコミは、日本に対して常に戦前の軍国主義を持ち出し、日本は戦争の加害者だったことを忘れようとしている・・・・などと批判してそれを許さないなどとしてきた。

 今回の左翼記者はこの一部外国勢力の言葉を代弁しているに過ぎない。一部の外国勢力と書いたのは、他の多くのアジア諸国の人々は大東亜戦争を侵略戦争だと見なしていない。

 アジアに対して行われてきた欧米列強の植民地支配に対して、アジアの解放と民族の独立を掲げて戦ったのです。インドネシアでもインドでもそしてビルマ、ベトナムにおいても、日本兵の一部は日本軍が敗北したのにも関わらず、現地に残って戦い続けて独立を勝ち取った。

 それが何よりの証拠であり、日本が侵略する為だけの戦争などと言った戦勝国史観の押し付けに、若者は疑問を持ち始めている。

 左翼記者は車上に挙がって、下で桜井誠候補の演説を聴こうと集まった400名以上の大衆の姿を見ても、この旧来からの自分達の持論を繰り返すしかなかった。

 それはまさに戦後左翼の敗北のシーンだった。その映像は今後も長く残り拡散されて行くでしょう。

 何が変わったか、左翼は知ろうともしない。いや出来ないのだ。日本に再び軍国主義が復活することなどあり得ない。世界中で誰よりも平和の尊さを願ってやまないのが我々日本民族だ。

 左翼記者は「新たな責任が生じてくると思う」と言ったが、その新たな責任とは何か?それは左翼が勝手に作り出し、若い世代に押し付けるものだろう。

 しかし、若者はそれを断固として拒絶する。それが桜井誠候補が始めたこの新しい保守運動なのであり、だからこそ20歳代の若者の支持率で旧来左翼の鳥越をも凌ぐ支持率を得ているのだ。

 左翼は日本の新しい保守主義への眼覚めやナショナリズムへ渇望を何とか止めようと必死だ。しかし、それを無自覚に戦前コースの再現として構築して、それを阻止しようと考える。

 実はそれが失敗するのです。左翼は思想的な怠慢と堕落に甘んじているとしか私には見えない。この都知事選挙において桜井候補は都政だけではなく、将来のあるべき日本の姿、「新しい国家像」とも言うべきものを示し始めています。

 その未来の日本国家には左翼が言うような「新しい責任」など無縁でしかない。もはや旧来の左翼史観など何の説得力も影響を及ぼすことなど出来ない。

 平和への新たな誓い・・・は揺るぎないものだ。それ故に支那の侵略から日本を守る為に全力で戦っているのです。支那や朝鮮と結びつく旧左翼は死滅への道を辿ることになります。

 

桜井誠オフィシャルサイト

http://www.tosyukai.net/m-sakurai.html

 

都政を国民の手に取り戻す会http://www.tosyukai.net/

4 

豊洲駅(ららぽーと付近で演説予定)

日時7月 27日 (水), 14:00 〜 15:00
       
葛西駅(西口付近で演説予定)

日時7月 27日 (水), 16:00 〜 17:00

亀戸駅(北口付近で演説予定)
日時7月 27日 (水), 18:00 〜 19:00


 桃(あかつき)の収穫が終わり、注文を受けた人への発送が完了したので、今日より上京して選挙の応援に入ります。
 
ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

Posted by the_radical_right at 07:01│Comments(20)TrackBack(1)mixiチェック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/the_radical_right/53187843
この記事へのトラックバック
この論理なら、マスコミ記者の子弟について永遠に責任追及できることになります。 捏造記事を書いた新聞社の皆さん、そういう扱いでいいのでしょうか? 神奈川新聞の記者は自分たちに適用することを望んでいるとは思えませんが。 http://blog.livedoor.jp/the_radical_r
神奈川新聞石橋記者の見解 日本の朝鮮統治【失われた日本史  にきみたまの道】at 2016年07月27日 15:37
この記事へのコメント
左翼新聞記者

 「当時、私達は生まれてないので直接的な責任はないが、過去の歴史を否定したり、捻じ曲げたり、なかったことにした時は、新しい責任が生じてくると思う」

嫌がる高校生をチョンの国に強制連行し、嘘吐き婆の前で土下座させる朝鮮ジンに改めて怒髪天を衝きます。

ラスク書簡の内容により謝る必要などこれっぽっちもないのに喚き散らす朝鮮ジン。
この醜い生き物にはマジで滅んで頂きたい。
日本が何のアクションもしなければとっくに滅んでいたものを馬鹿な日本は永らえさせてしまいました。
日本が罪なのはやはり、シナチョンを生かし続けさせてしまったという事でしょう。
Posted by 日本人は怒っています at 2016年07月27日 08:53
>過去の歴史を否定したり、捻じ曲げたり、なかったことにした

それをやってるのはどう考えても特亜人とそのシンパ共です。まさにブーメラン。神奈川ってのは警察(在日・パヨク側の言論弾圧に加担)も酷いがカスゴミも酷い地域ですね。
Posted by 素浪人 at 2016年07月27日 08:57
こんにちは、はじめまして☆
せとさんのブロクはほぼ毎日拝読させていただいております。
いつもありがとうございます。 

わたしは都民ではありませんが、桜井誠さんを心より応援しており、桜井さんの選挙の街宣動画はほとんどすべて拝見しております。

桜井さんのおっしゃることは正論ばかり、でもおそらく多くのひとがなかなか大きな声では言えないことで、溜飲が下がる思いがします。
パチンコ規制も、外国人生活保護の打ち切りも、韓国学校の建設中止も、日本人なら望んであたり前です。
なのに、そういうとヘンな言いがかりをつけられたりするので、なかなか一般人には声をあげる人がいません・・・

石橋記者との動画も見ました。
ただ、わたしの個人的な意見としては、完全な敵陣に一人で乗り込んでマイクを握って発言した石橋記者には敬意を示したいと思います。
彼の言ってる内容にはまったく賛同できませんが、その堂々とした態度はなかなかいいものだとおもいました。
有田先生なんてコソコソ逃げてましたもんねw

一方、桜井さんの支持者なのでしょうか、ひたすら石橋記者に向かってヤジを飛ばす人たちがいて、逆に桜井さんの足を引っ張っているのではないか、との印象を受けました。
主張する内容は違っても「相手に敬意を表する」ことを忘れてはいけないと思うのです。
自分の気に入らない相手を罵るばかりでは、シールズなんかと大差ないと思われても仕方ありません;;

桜井さんが、もしそのヤジを少しでもたしなめることをしていたら、もっと、なんていうか、いわゆる「普通のひと」の支持も集められるような気がしました。




Posted by ななこ at 2016年07月27日 09:27
3のななこさんが書かれている様に自分も石橋記者の発言時に静かに聴いて貰う事を指示された方が良かったのではないかと感じています。

あの発言には、ムカツキがありますが…
Posted by 桜井さんありがとう at 2016年07月27日 10:22
5
鹿児島県マーメイド

「二千円紙幣が普及すると、韓国および共産シナが日本国沖縄県を乗っ取り及び占領することに不都合なので、日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社は、二千円紙幣ネガティブキャンペーンを展開していました」

【FAXやメールだけでなく内国官製葉書(手書き用、インクジェット用)52円でも抗議をお願い致します!】

・ドイツ公共放送ZDFで報道済ですが、
沖縄県で米国軍基地反対運動(米国軍追い出し韓国軍共産シナ軍呼び込み)しているのは、帰化未帰化在日韓国人と入国韓国人と帰化未帰化在日韓国人マスコミ(沖縄タイムス、琉球新報)です

・ふうちゃん@鹿児島県 様 コメント 平成21年7月X[X]日 加筆済み
二千円紙幣が普及すると、韓国および共産シナが日本国沖縄県を乗っ取り及び占領することに不都合なので、日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社は、二千円紙幣ネガティブキャンペーンを展開していました。

・参考
二千円紙幣は、
[1] 第26回先進主要国首脳会議(沖縄サミット)および平成12年(西暦2000年、ミレニアム)を記念して、平成11年(西暦1999年)に首相小渕恵氏によって発案され、平成12年(西暦2000年、ミレニアム)7月19日に自民党森 喜朗政権で発行されました。
[2] 日本銀行法第46条及び第47条並びに日本銀行法施行令第13条に基づき発行された普通紙幣であり、記念紙幣ではありません。
Posted by A敦子 at 2016年07月27日 10:48
別の人気ブログ東アジア黙示録というところに、瀬戸先生のご活躍(サポート)がさりげなく、本当にさりげなく書いてあり、ああこんなところにも応援者があるのかとちょっと涙ぐましく感じた次第
事情があって見に行けないのが残念です
Posted by ななしさん2 at 2016年07月27日 10:57
●●●国難の正体、外からはグローバリズム、内からは反日在日勢力

グローバリズムと反日在日勢力の目的は同じ、日本の文化、伝統、歴史など国体を破壊し、日本が日本でなくなることです
国家や国籍など関係ない、国境をなくし人の移動を自由にするグローバリズムと、
多文化共生(強制)、国民より市民、地球市民といったリベラルサヨク思想の行き着く先は同じです

国家の価値や民族の価値、それらのナショナリズムを否定して世界を統一すること、
つまり世界政府を樹立し、世界中どこでも画一的な世界を実現することです
共産主義もグローバリズムも、元々国を持たなかったユダヤ思想であり、
どちらもごく一部の者だけが支配する世界を目指すことに変わりはありません
現在では、共産主義がグローバリズムに衣替えしました

Posted by ハリマオ at 2016年07月27日 11:35
(続き)
日本は、戦後GHQにより自虐、反日(国家が敵)のサヨク史観で日本国民が洗脳され、公職には多くの共産主義者が就きました。
その思想は現在、政治行政、司法、教育、メディア、労働界、宗教界、文化人とあらゆる所まで進んで影響を与えています
今、戦後70年かけてGHQが生み出した反日サヨクやお花畑を利用して、日本乗っ取りを画策しているのが敗戦利得者である在日朝鮮人であり、
既に多くの帰化議員など行政やメディアだけでなく国政まで内部侵略されている状態です

グローバリズムと在日朝鮮人の侵略、日本乗っ取りが同時に行われており、これが日本の国難の正体です
移民受け入れろ、インフラなど外資に売ったらいい、金が儲かれば反日でも構わない、外国人も平等になど、すべて日本を破壊する行為です
在日朝鮮人が享受する異常な数の生活保護や通名など多くの在日特権、パチンコ利権、朝鮮学校への補助金、あげくの果ては参政権寄こせ
移民など受け入れれば、天皇いらないという同じような反日連中が増えるだけ、日本が日本でなくなるだけです

国家観のない日本人が、日本を滅ぼします
Posted by ハリマオ at 2016年07月27日 11:36
瀬戸 様
 
貴兄のブログを、社会の実情を少しでも知るため、拝読しております。
有難うございます。   
さて、今回の都知事選で「ジャパン・ファ−スト」の言葉が、公選の
候補者から、聴衆の都民に、国民に向け、各演説会場で連呼されております。
この現象に正気なる時代への変動が始まる瑞兆の言葉と感じました。
「ジャパン」、この言葉は、以前、嫌いでした。
何故か。それは世界を、残酷に、植民地化した白人が名付親と思っていたからです。去年、それは誤りだと気付き、気持ちは変わりました。
それは、ジンギスカンの建てたモンゴル帝国に来た西洋人が、当時の支那人が日本を「ジッペン」と呼び支那を「チ−ナ」と言ったのを、其々、ジャパンとチャイナに聴き取ったことを知ったからです。
「日本」は、「ジッポン」とも読めます。であれば、「ジャパン」の究極の名付親は、支那の皇帝に「日出ずる処の天使・・・」と宣言した聖徳太子ではないかと思い到ったからです。「日本」の意味は「日出ずる処」です。ジャパンは、ジッポンであり、ジッポンは日本でした。
聖徳太子は、大国隋の煬帝に対等の外交を要求し、これを実現しました。
今回の都知事選は、時代の要請として出るべくして出た言葉、「ジャパンファースト」であり、この言葉を宣言できる人は、桜井候補だけでしょう。支那に、朝鮮・韓国に対し、対等に、言挙げ出来る人は桜井候補だけでしょう。でなければ、外国人生活保護問題、民団・総連課税問題、歌舞伎町の治安問題等は解決できません。
最後になります。弁士瀬戸様のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。



Posted by 竹下 洋史 at 2016年07月27日 11:53
因みに70年とは戦後と云う節目を指しますね。

戦後以前を指せば我が国のやった事は国際的にも間違った事とはされ無い、弱にく強食を良しとする当時の世界に於いて間違ったとされるなら、其れは戦争に負けた事を指すにしか過ぎない
現在に於いても型は変わっても同様に弱肉強食で有る事に変わりは無い。

まーこんな事言ってもお花畑化し過ぎた我が国国民には通用せんでしょうけどね。
Posted by 民草 at 2016年07月27日 13:39
桜井さんの真っ正面から議論しようとする姿勢。それを伝えるせとさんのブログ記事も臨場感たっぷり。読んでると、なにやら新しい政治勢力の息吹きを感じます。なんとかこの流れが大きなうねりになってほしい。願わくは、せとさんに、諸葛孔明のような軍師になっていただいて、これからも桜井さんを補佐してほしいものです。
Posted by 銀河を越えろ at 2016年07月27日 15:46
選挙制度といい、マスゴミ報道といい、けいさつ対応といい
日本はまったく民主主義でないのが
明らかになりましたね

不正選挙も横行しているようですね
Posted by ブラック国家 at 2016年07月27日 18:31
瀬戸先生

何年か前、池袋チャイナタウン構想反対集会に参加した者です。集会では毎回のように大声で文句をつけてくる支那人が何人もいましたが、その都度、言いたいことがあるんだったらここに来て堂々と言ってみろとしてマイクを渡そうとしていましたね。そのうち実際にマイクを握った何人かについては、日本語が不自由だった上にやたらと興奮していて議論にすらなりませんでしたが(そもそも向こうに主張できるようなことは全くなかったはずですが)、それでも、衆人環視の中で来て喋っただけでも度胸があるとそれなりに評価されていましたね。

今回の記事を拝見し、このようなことを思い出しました。
Posted by みいちゃん at 2016年07月27日 20:55
我々が必要としてるのは、シナや半島の代弁者では無く、我々日本人の声を代弁する桜井候補のような日本人が必要なのだ。

石橋記者は逃げずに堂々と選挙カーに上がる事に応じた。敵ながら大したものか。
これは桜井候補の懐の深さがあったからこそ実現出来たのでしょう。

神奈川新聞は、歴史観で間違った事を書かなければ一部は認める部分もあるのだが…惜しい事だ。
ブラック企業問題や貧困など、日本人の勤労者や社会的弱者に立った記事を書くのであれば誰も咎めはしない。

Posted by ハヤト at 2016年07月27日 20:58
トルコのようにクーデターを起こさないでほしいです。
Posted by あ at 2016年07月27日 21:21
こんばんは、瀬戸先生

エントリーとは関係ありませんが、五月蝿いのでこの場を借りて一言

こら、創価朝鮮外道ども、
アパートのまわりに手下の車を張り込ませるな!
私が部屋から出てくると、じわーっと動き出してな
何度も同じことをしやがって!
女子供を使うな、集団ストーカー
Posted by 読者 at 2016年07月27日 21:23
5
選挙の応援お疲れ様です。新宿と上野で拝見しました。
フェイスブックである人が、桜井さんの応援はしない事にしたと言う人がいて、理由が桜井さんの行動の動機が「怒り」だからと言うのです。そしてそれがサヨクと同じであると。また私たち日本人は和を大切にするので、敵対する人に突っかかるのは違うのでないかとの理由だそうです。
私は全くこの人は間違っていると思います。サヨクの動機は怒りではなく支那朝鮮に媚びているだけなのです。和を大切にするののは日本人だけに通用する事ですね。相手を上か下かでしか見ない支那朝鮮人達には通じません。
間違っている事、許せない事は断固たる態度で望まなければ負けてしまいます、今までの様に。
桜井さんのような人が国民の目を覚まさなければ、それこそ憲法9条改正あるいは自主憲法制定など出来ないと思います。
私はもっと日本人は怒らないといけないと思います。
残りの選挙戦で多くの人の賛同を得られる様私も頑張ります。
Posted by みやこ at 2016年07月27日 22:05
戦争では北海道や那覇沖縄の方々が一番犠牲になられたのは本当?なぜなんでしょうか?
また
満州事件により命がらがら日本に亡命してこられた人々は日本に助蹴られたと思います
そういう友情を知らず反日して時間と自分無駄にして気の毒に思いますね
一部のメディア
支配層は十分に考え方あらためてほしいです
Posted by 狐とタヌキ at 2016年07月28日 17:40
お疲れ様です。済州島43事件の誤りでした。

日本ばかり責めてたかり外交
こんな茶番が通るのは何ででしょうか
不思議でなりません

お身体におきをつけて
下らないメールですので表示はいいです
先ほどの下らないメールの誤りをお伝え申しました。
Posted by 狐とタヌキ at 2016年07月28日 20:53
あなたは戦わない場合、あなたはそれが勝つためにあるのか分かりません。
Posted by Wallpaper at 2017年03月15日 11:45

コメントする

名前
 
  絵文字