2017年01月14日

田母神先生裁判報告パート2


 田母神先生裁判報告パート2

 田母神先生の証拠調べは完了

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。
    
     setoicon <せと弘幸>映像サイトは左の写真をクリックするとご覧になれます。

 new! 田母神俊雄氏 裁判傍聴レポート「検察証拠書類の多くを撤回!」【詳細版】平成29年1月13日

 >鈴木新、水島関係の証拠、合わせて十数件を撤回する(検察)

・裁判長と検察、弁護団の合議のうえで↑が決定。
・鈴木と水島の証言・証拠がいかに信用性に欠けるかという客観的証明。
⇒水島、鈴木が提出した証拠資料では公判を維持できない(不利になる)、
証拠価値がないと検察が判断し取り下げたということ。
・裁判長が「これで一連の証拠調べは終了」と宣言。


new! 島本順光氏 裁判傍聴レポート「水島社長の証人請求!追求の場になるのか?」平成29年1月13日


島本は共同正犯への確認質問に対してすべて否定。
検察は『田母神+島本』の共同正犯の根拠をどう組み立てるのか?

島本弁護人は鹿児島の今村氏を証人として喚問したいと申請。(新たな展開)
島本弁護人はチャンネル桜の水島氏を証人として喚問したいと申請。
(追求の場面になるのでは?徹底的に島本氏と対決してほしい。検察は未承認)



 昨日で田母神先生への証拠調べは全て終了した。私のこの裁判の報告は秋ごろから始まったが、この段階でチャンネル桜の水島社長の発言を常に注視してきた ウォッチャーさん達の目にはどのように映ったのか?それを2ちゃんねるの田母神先生のスレッドから紹介して見ましょう。

 
   ひぐらし ◆
2017/01/14(土)
私は、いくらなんでも、水島社長が「番組」で、あからさまな嘘をつくことはないではないのではないか、と思ってきました。
解釈の違いのある場面で、「そう解釈した」ということは、誰にでもありえます。

しかし、水島社長は、

・「選挙の残金を移したらどうか」と言った
 これを田母神氏に言われて、「大嘘つき野郎」と田母神氏を罵り、土下座しないと許さないとまで言いました。
 しかし、「スタッフにいわれて」、「選挙の残金を移したらどうか」と言ったことを思い出した。
 にもかかわらず、「残金を移せと言ったわけじゃない。頑張れ!の口座で管理したらどうかといっただけ」と意味不明な言い訳。

・選挙運動の「報酬」を払いたいと言ってきたときに
 「違法だ。みんな逮捕されるぞ」
 そう言って追い返したのは、「明らかな嘘」だったようです。

 「そんなの(事後買収が犯罪であること)小学生でもわかる」と高清水女史とうなずき合っていたようですが、水島社長が「事後買収という犯罪を知らなかった」のは確定ですね。

そして、田母神氏は、逮捕時の嫌疑は事後買収でした。横領で逮捕されたわけではなく、結局、横領疑惑は不起訴&検察審査会でも不起訴相当。
水島社長が田母神氏を告発したのは「主として横領」だったはずですし、事後買収についても、水島社長の証言が裁判では検察が取り下げる。

私としては、もう、この昨日の段階で「勝負あった」と思わざるを得ません。

922 :
ひぐらし
>>921
つまり、私は水島社長は、都合の悪いことには「口をつぐむ」だけ、とごく最近まで思っていたんです。
まさか、そこまで嘘をつくのか。顔出しして。

しかし、実際には、恐ろしいほどの嘘つきだった。
金を持ってきたから追い返したなどと、自社の番組で顔をさらしながら、「平然と嘘」をついていた。

これは、私の「人間観」を壊すほどの衝撃でした。
ここまで、「平然と嘘をついて、他人を貶めることができる」人間がいるのか。
本当に衝撃でした。

923 :

>田母神氏は、逮捕時の嫌疑は事後買収でした

横領の方は拘留期限を待たずして早々に「立件せず」と発表されていたにも
かかわらず、水島一座は「これから大きいの(横領)が来るから」と
嘯いていました。
この人ちゃんとニュースをチェックしてるのかなと疑いたくなるほど
ずれたコメントで、あれが無知からくるものなのか、わざとなのか
分からないけれど、そのせいでいつまでも横領のイメージがついて回った
のは事実ですね。
水島の狙いはそこだったということでしょう。
田母神=横領のイメージをつけたかったのだと思います。

924 :
右や左の名無し様

>>923
追加:
水島の意図的なコメントに加えて、水島経由情報で書いたであろう
産経新聞の記事がいかにもチャンネル桜寄りで気持ち悪かったのも
今回の事件の特徴ですね。
毎回、記事を保存しながらムカついてましたw 

 以上

 さて、昨日の裁判の報告とは別に私の印象なども含めて書いて見ます。

 なぜ、最高指揮官である田母神先生は「お金を配る」ことに対して、部下にハッキリと「駄目だと」断らなかったのか?

 残ったお金に関しては諸橋会長や岡野氏らから、参院戦に出馬するならば「使わないで取っておきなさい」とアドバイスを受けており、本人も2千万円は余りにも大きすぎると、島本・鈴木の両名に話していることから、本心としては配りたくない事は明らかだった。

 これはこの法廷で何度も話されており、お金を配る時に共同謀議したとか、共同正犯などと言っているのは絶対に有り得ない事だ。

 では考えられる理由を二つだけ上げておきたい。

 ☆選挙後にお金を配ることが違法だとは知らなかった。

 この点は最後に弁護士が田母神先生に聞いている。

 知っていれば「何を言っているのか」と叱責して直ぐにも止めさせた。

 これは当然そうしたことでしょう。もう一点は田母神先生の証言から私が勝手に想像したことです。

 ☆役人としての長い間に培って来た経験を優先させてしまった。

 お金を配りたい・・・と島本・鈴木両名に言われた時に、上司である自分の意向を伺いに来たと思った。この時に明確に「自分は反対」だと言って意思を表明しているので、部下はその言葉を忖度し、「配らない、そんな多額のお金は出さない」だろうと判断した。

 この時にはまだ盟友と思っていた「水島社長へ相談しなさい」と言っているのもそのためである。

 このような判断は最高指揮官として、どうだったのかは議論の余地は残るところだろう。しかし、最高指揮官というものは、部下が言って来たことを最初から明確には否定しない。

 自分が反対の考えを持っていたとしても、明確には否定しなかったのは、一旦は話を戻すことによって再考を促し組織が混乱しないように収集する考えであった旨を語っています。

 最高指揮官ならば、部下に命令すれば良いものと我々は思いがちだが、それを「口に出してはいけない」事と田母神先生は仰った。

 組織のトップまで上がった人物の言葉として、この考えが部下に「やるな!」とは言えなかったのではないか?

 私はそのように感じた次第です。

 

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

Posted by the_radical_right at 06:31│Comments(16)TrackBack(1)mixiチェック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/the_radical_right/53216926
この記事へのトラックバック
ブログ「私的憂国の書」は昨今の韓国国内での日韓合意破棄の動きについて、「泣く子は餅を一つ余計もらえる」の体現であるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 日韓合意破棄の指向は、南鮮の諺「泣く子は餅を一つ余計もらえる」の体現である http://yu
日韓合意崩壊後の韓国とどう渡り合うべきか?【祖 国 創 生】at 2017年01月16日 07:27
この記事へのコメント
島本氏の著書にも書いてありますが、田母神氏は部下を信頼し
「全部任せる」という方針だったようです。
「その代わり、失敗した時は責任とれよ」と付け加え、部下の責任ある行動を
期待し任せることで信頼関係を保っていたようです。
Posted by GM at 2017年01月14日 07:05
2014年、都知事戦後の状況を押さえねば見えてこないものがあります。

頑張れ日本で数年来活動を共にしてきた田母神氏と水島氏の間柄ですが、
ここにいては自由がきかないと田母神氏は感じていたことでしょう。

そこに腹心石井氏との繋がりから島本氏が現れ、自衛官出身の田村議員(防衛省格上げ等の実績)の元秘書とあって、田母神氏は進む道を決めたと思われます。

都知事戦後は水島氏と島本氏とで、田母神御輿の綱引きがあったのではないでしょうか。
この状況にあって、島本氏は新しい田母神事務所のメンバー獲得のために動く必要があったはずです。
それが必要経費や政治団体としての人件費であり、過ぎた都知事戦への協力謝礼ではない。

島本氏の動き、自分の手元の田母神氏を連れ出した事への恨みが、水島氏にはあったろうと推察します。
Posted by けぶり at 2017年01月14日 08:12
>そこに腹心石井氏との繋がりから島本氏が現れ、自衛官出身の田村議員(防衛省格上げ等の実績)の元秘書とあって、田母神氏は進む道を決めたと思われます。

この辺が水島氏と島本氏の決定的な違いですね。
水島氏はとにかく目先の選挙で当落関係なく資金集めが第一目的だったのか、
必要な人件費(ウグイス嬢や警備員)の登録も制限し、田母神氏にコート類を
買えと勧めておきながら「選挙なんか高が2週間くらいなんだから、スーツは1着、
ネクタイも1本か2本でいいのに」と110万程の買い物にケチをつけ、挙句のはてに
200万のスーツを買ったなどと数字を盛って嘘をついて貶めた。

田母神氏は都知事選を皮切りに国選に打って出ようと決めたわけだから、
1着のスーツとネクタイだけで政治活動ができるわけがないのは常識で考えても分かること。

水島氏は田母神氏をお金を集める看板として利用することしか考えていなかったから
自分が担ぎあげたにもかかわらず、平気で政治生命を潰すような事が出来たのでしょう。
Posted by GM at 2017年01月14日 08:46
皆さん水島社長は金が目的なんだと仰る

それも大いにあるでしょうけれど、水島・ch桜もまた日本会議の大所帯に連なる組織です

水島から離れ島本秘書に寄るという事は、
日本会議から遠のいて小沢人脈に田母神氏という強烈なキャラクターが参画するという事です

「潰せ」という号令がかかるでしょう
Posted by けぶり at 2017年01月14日 10:31
瀬戸弘幸 先生

いつもありがとうございます。

最後のところ、こころに沁みました。 本件の最も肝心のところに触れたから、と思うからです。

私は優勝した閣下の懸賞論文を読んで以来、50冊を超える著書のほとんどを読んできました。 

閣下は部下との信頼関係をとても大事にしていました。 災害や紛争地域に送ること、それはあるいは死地への任務となるかもしれない。 その任務を命令しなくてはならない。 彼らにも両親、妻、子供がいるのです。「後のことは心配するな」と言われなかったら、彼らはどういう思いで行くのでしょうか?
戦地に向かう部下が信頼してくれる上官でなくて、どうして彼らを送れるのか、と。

閣下は日本の国防の最高司令官です(勿論その上に防衛大臣、総理大臣がいる訳ですが)。 命を賭けて戦地へ向かってくれる部下がいるからこそ、そこで初めて日本を守れる。 最強の国防軍にすることが彼の使命だからです。

で、私は思います、それは他の一般の民間企業、お役所でも基本的には言えるのではないかと。
任せる、余程明らかな間違いでなければ任せる、それは組織にとって非常に重要なのではないかと。
部下は自分を信頼して任せてくれる上司がいるからこそ頑張れるものだと思います。

逆に、なんでも報告、相談、そして上司も細かいことに口を出す、そういう関係はどうなのか? 現場の複雑な問題をよく知るのは担当者です。 よく知らない者が余計な口出しをすると混乱に拍車をかけます。 

自分で考え抜いて行動する、この上司に恥ずかしい思いをさせたくない、全員一丸となったそういう組織は強いと思います。
そういう強い組織をつくるためになにより腐心していたのが閣下であると思います。

瀬戸先生のまた熱いご意見を楽しみにしております。

寺島 拝

Posted by 寺島 孝 at 2017年01月14日 12:33
|譱挙区制から小選挙区制にしたせいで、官僚に対抗できる「族議員」を生み出せなくなったこと
∩挙区支部長の選任という権限で、党執行部の権限が強化されすぎたこと

この点については間違いなく小沢一郎が悪い。


Posted by Bad at 2017年01月14日 12:38
先生、田母神元幕僚長謀略事件を題材にした著書購入します。
以上です。
Posted by まきまき at 2017年01月14日 14:50
本当に追求すべきはレンホウの選挙違反(二重国籍虚偽)であり、ガソリーヌの地球5周分ガソリン代使用疑惑のはずなのに。
それらは完璧にスルーされて、田母神先生だけが小さな疑惑でも執拗に叩かれ続ける。
これが弾圧でなくて何なのか?
国民は良く分かっている。
Posted by とおりすがり at 2017年01月14日 18:31
小沢一郎と言えば。

朝鮮の大学で講演し、学生に日本人への民族浄化を奨励し
たり、中共では、人民解放軍の野戦軍司令官だと公言した
りするような人間が国会議員ですものね。日本は狂ってる。
Posted by daichan at 2017年01月14日 19:59
5
せと先生、いつも迅速詳細なレポートを本当にありがとうございます。
せと先生の誠実さと行動力に、改めて頭が下がる思いです。







Posted by hitom at 2017年01月14日 20:37
この島本というひとは自分の息子の選挙にも関わっていると聞きますが、息子の選挙費用と田母神さんの選挙費用をごちゃ混ぜにしてしまったのではないですか。
この人さえ居なければ思うと本当に残念です。
田母神さんの妻子のことを思うと、複雑な気持ちになります。
今は桝添が居なくなって、小池知事になって良かったと思います。
桝添リコール活動は、桜井さんや菊川さんの功労は大きかったと思うし、それがなかったら今の小池知事も誕生してなかったと思うと、桜井さんたちの好影響で小池知事が誕生したのかなと思うと、日本第一党は小池知事と相性が誕生良いのではと感じます。
共通の政策に関しては共闘して欲しいです。
Posted by 日本第一党と小池知事は相性が良いのでは。 at 2017年01月15日 02:50
島本氏が息子と田母神氏の選挙費用をごっちゃにしたという論拠は?

田母神 島本
桜井 小池 瀬戸

間をさくような唐突な書込に違和感を覚えました。
Posted by けぶり at 2017年01月15日 02:57
[長い名前の人 at 2017年01月15日 02:50]
>この島本というひとは自分の息子の選挙にも関わっていると聞きますが、息子の選挙費用と田母神さんの選挙費用をごちゃ混ぜにしてしまったのではないですか。
>この人さえ居なければ思うと本当に残念です。
>田母神さんの妻子のことを思うと、複雑な気持ちになります。


島本氏の御子息の選挙は2011年4月の墨田区議選(落選)でしたが、
2014年の都知事選に時空を越えてどのように関わるのですか?
いい加減な情報で島本氏と御子息の名誉、信用を毀損するようことは
書かないほうがいいですよ。

島本氏の存在と田母神氏の家族関係の間には何の因果関係もありません。
お子さんといってももういい歳の大人です。
夫婦のことは親兄弟でも分からないということが理解できるはずです。
Posted by GM at 2017年01月15日 06:45
せと先生、早速のご報告ありがとうございました。

>・裁判長と検察、弁護団の合議のうえで↑が決定。
>・鈴木と水島の証言・証拠がいかに信用性に欠けるかという客観的証明。
>⇒水島、鈴木が提出した証拠資料では公判を維持できない(不利になる)、
>証拠価値がないと検察が判断し取り下げたということ。
>・裁判長が「これで一連の証拠調べは終了」と宣言。


鈴木氏と水島氏の提出した証拠が悉く不採用、撤回とか驚愕してしまいます。
原告の証拠を悉く撤回とか。。。開いた口が塞がりません。
告訴受理、立件、逮捕、何か月にも及ぶ人権侵害違反すれすれの
長期拘留の結果が「水島原告の証拠不採用、撤回」ですか。
今になって逮捕される以前の田母神氏の供述に関する尋問に集中しなければ
ならなくなった事態になっているとか、検察側の失態も笑いごとじゃないですね。
安易に告訴を受理した検察の責任者は誰だったのでしょうか。
今日本が直面している様々な利権問題が絡み、緊急事態を成している
過渡期を浮彫にしたような「とんでもない事件」ということでしょう。

水島氏には島本氏と今村氏公判を合わせて3回程の証人喚問じゃ実現する
のでしょうか? 水島氏は選対本部長という立場にいた人物ですから、
彼らの弁護士側としては至極当たり前の要求でしょう。
検察側が要求を拒否できるわけがないし、もし仮に拒否という
ことになれば、この事件に纏わる闇が相当深いという証として
みるべきでしょうか。


ひぐらしさんのコメント:
>これは、私の「人間観」を壊すほどの衝撃でした。
>ここまで、「平然と嘘をついて、他人を貶めることができる」人間がいるのか。
>本当に衝撃でした。


同感です。
Posted by M at 2017年01月15日 10:56
×水島氏には島本氏と今村氏公判を合わせて3回程の証人喚問じゃ実現するのでしょうか?

〇水島氏に対して島本氏と今村氏公判を合わせて3回程の証人喚問をリクエスト。
 実現するのでしょうか?
Posted by M at 2017年01月15日 11:01
5
悪いけど、小沢氏と同じ、壊し屋の臭いしかしないな。

彼女の着地点が見えない。

このブログで2,3年前に築地の話出てましたよね?

こんなケチのつく所ではない所に新たに作るべき。

その頃の話からすると、カジノ用地になるのでは?

汚染物質が出る出ない以前に、ケチの付く場所で市場を営むべきではない。

市場側は、汚染のない、新たな土地を望むべきでは?
Posted by 小池女史は… at 2017年01月16日 05:26

コメントする

名前
URL
 
  絵文字