2017年07月17日

せと農園からのお知らせ

せと農園からのお知らせ

桃の注文予約を受付を開始します。


ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします



 有田ヨシフ議員や神奈川新聞記者・石橋学君より、無料で宣伝してもらっているので、今年は昨年以上の桃の販売が出来るのではないかと楽しみにしています。

 CIMG0925
























 今週末から収穫が出来ると思います。

 CIMG0928品種は福島の代表的な品種のあかつきという桃です。昨日、西日暮里の駅でイベントに参加していたら、業者の方が、大田青果市場から購入して来た「あかつき」をかなり高価な価格で販売していました。

 見ていると中玉以下の小玉が一個250円で4個で1000円という価格でした。

 このような会場で販売される場合は送料がかからないので、それでもスーパーなどよりは安価なのでしょう。結構売れていたようです。

 先ずは昨年のブログから紹介しておきます。

 
福島の桃(あかつき)の贈答用はかなり高価です。

 y-shaddy_161236813まだ、当方の桃は収穫できないので、写真は他のサイトから取ったものを紹介しておきます。

 2キログラム(7個〜8個)で3500円となります。

 3キログラム(9〜11個)で4000円 送料込み

 原産地福島のあかつき桃はJAふくしま未来では4、400円で販売されています。
 
 400円はお安くしておきました。

 5キログラム(15〜18個) 5600円 送料込み

 こちらも6000円でJA福島未来では販売しているので400円安くしています。

 贈答用は送料込みの価格です。

 近くなったら市況などを見て、値段は上下しますが、上がることはありません。現在贈答用はクール便で送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 家庭用の桃の販売予約も本日から受付します。

 これは昨年の写真です。


CIMG0135CIMG0136










 
 

 昨年は大きい桃も小さい桃も一緒でしたが、今年は大きい桃と小さい桃は別々に詰めます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こちらは今年の価格となります。昨年と同じです。


 家庭用の低価格桃 

 中玉  6個〜8個入り 3キロ 1700円 送料別

 中玉 12〜15個入り  5キロ 2700円 送料別

 小玉 18〜20個入り  5キロ 2500円 送料別

 
尚、小玉も中玉も比較的数量確保は可能と思います

 現在の発送予想日は次の5日間です。

 7月21日。24日。26日。28日。31日もあります。短期間なのでお早めに申し込み下さい。

 桃の熟しかげんで期日は変更となります。

 ※尚、家庭用のものはクール便ではありません。遠方(九州、四国)はクールの方が良いかも知れません。その場合はその旨希望して下さい。クール便代金は別途となります。

 家庭用のびわがとても美味しい

 ☆特別に注文者に明日1日だけの発送となります。☆

 CIMG0929























 昨年は自分は食べませんでした。今年余りにも暑く、畑で水分補給の意味で食べたら、これがとても美味しかった。甘すっぱい味で水々しい。

 昨日長崎の友人に手伝ってもらったので、食べてもらったら本当に懐かしい味で美味しいと言った。路地びわです。長崎が産地としては有名です。

 他のサイトなのですが紹介します。

季節限定販売!!【露地栽培】長崎びわ【e-ながさきどっとこむ】

 栽培しているわけではありません、本場の人間が味については太鼓判を押しました。二本あるので、来年は本格的に販売しますが、今回は送料入れて2千円です。但し東北、関東、信越地方の皆様に限定しての販売となります。量ですが20個以上30個までにします。


 先着順ですが10箱までくらいでしょうか?多く収穫出来るようなら、又明日の昼にあげます。


桃の送料です。3キロも5キロも同じとなります。


 東北 関東 信越         602円    この地域の皆さんだけは550のサービス価格となります。

 北海道 北陸 東海 近畿    823円

 中国 四国 九州         1023円

 沖縄                 1337円


 


注文はメールにて受付します。

 fukushimaseto@gmail.com
 


Posted by the_radical_right at 18:42│Comments(3)mixiチェック
この記事へのコメント
リンゴもシンゴジュースも、桃も。先生は皆においしいものを食べさせたいと思ってつくってるから、商売っ気がなくてまわりが採算はとれているのかしら?と心配してしまいます。

 毎日汗だくになって、愛情込めて育てた作物は瀬戸先生の息吹そのものです。
愛国者のみなさんにおいしく食べていただき、幸せを感じてほしいです。

 いいじゃないですか‼ 自分で汗水垂らして作った作物を売って活動資金にして何が悪い‼ 自分のために使うお金より日本のために使っているお金のために農作業をしているのですよ。
 先生。もう、あとはナノテクゼリーの第二弾、今度は誤解のない商品をつくったらいかがですか?!(^^)! 瀬戸先生。暑い中ありがとうございます。そして、頑張りすぎないで、お体を一番で。日本のために、ありがとうございます。

 櫻花さん、せんたくせん。蜜さん、みなさん、ありがとうございます。‼
また、協力して和気あいあいと、時にはなごみましょうね。
Posted by おいしそう at 2017年07月17日 19:42
小生の生まれ故郷もビワ栽培が盛んです。ビワの葉は病知らずの健康食材だとか言いますね。そのせいか両親が毎日ビワ茶を飲んでいます。独特のコクが有ってうまいです。
Posted by 素浪人 at 2017年07月17日 23:45
 有田が「瀬戸農園差別主義」って皮肉ぽく言ってますが、「農園」を仕事でやってるすべての人に失礼な話です。
 仮に一般人が言うならまだ、質のよくない揶揄として通りますが、有田は国会議員です。
 瀬戸さんは日本第一党最高顧問とはいえ、現時点では議員ではありませんから。

 時に、今、食の安全が問われているんですね。
 必要以上に過敏になったり、潔癖で虫が食ってるから嫌だとか言うのは論外といえますけど。
 スーパーなどの野菜や果物売場にも、地元農家が収穫した野菜が、生産者のシールと共に売られております。
 農協なども地元の野菜があり賑わいます。
しかし、農協なら安心と言いたいのですが、実際のところ、生産者が仕入れた土や種や肥料に農協の利権が優先され、ちょっと出どころに不安があります。
もちろん、他国生産品の粗悪ものでも、さまざまな生産者が働いてはいますが、はっきり言っていいに加減作ってるのもあります。
それに比べれば、国内品は格段に品質が良いものですので国内生産品は応援したいです。

 瀬戸さんの作物は、生産者の方針などもブログで話しているので、日本人にとって安心の作物、まさに生産者が見える野菜や果物ですね。究極の贅沢品です。
 瀬戸さんの野菜の宣伝文を見ると、「売れりゃいい」とか、「不味いけど客は素人だからごまかしちゃえばわからない」といういい加減な気持ちではなく、買った人みんなに「喜んで食べてもらいたい」という、日本農家の基本が見えますね。
まあちょっと銀座なんかの贈答高級店の果物に比べると不揃いですけど、野菜や果物は生き物、すべてが金型で作ったように揃っているほうが珍妙なのです。。

 有田は値段の高いもの食ってるでしょうけど、こういう質のいい野菜を知らないのでしょうね。
Posted by アップルパイをまた頼みます  at 2017年07月19日 20:41

コメントする

名前
URL
 
  絵文字