2017年08月11日

北朝鮮小型核爆弾の製造に成功


 グアム基地周辺海域に4発のミサイル発射を予告

 北朝鮮小型核爆弾の製造に成功

ブログランキング
←ブログランキング応援クリックお願いします。


e4a2b697
<せと弘幸>映像サイトは左の写真をクリックするとご覧になれます。

New   8月7日 予定、せと弘幸・せんたくチャンネルに緊急出演

 日米同盟強化、トランプ大統領支持、祖国を北朝鮮の脅威から守れ!


北への警告「厳しさ足りなかったかも」 米大統領、強硬姿勢強める

【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は10日、北朝鮮政府が「炎と怒り」で報いを受けると警告した自身の発言には「厳しさが足りなかったかもしれない」と述べ、同国に対する強硬姿勢をいっそう強めた。

 imgトランプ大統領は、ニュージャージー(New Jersey)州に自身が所有するカントリークラブで、マイク・ペンス(Mike Pence)副大統領と共に記者団の前に姿を見せた。

 北朝鮮側が自身の警告を「たわごと」と切り捨てたことに対し、トランプ氏は「厳しさが足りなかったかもしれない」と発言。「彼らは長い間、何年も、わが国にこれをしている」「いい加減に、誰かがこの国や各国の人々のために声を上げるべきだ。だからむしろ、あの発言には厳しさが足りなかったかもしれない」と述べた。

 またトランプ大統領は、中国は北朝鮮政府に核兵器開発をやめるよう圧力をかけるために「さらに多くのこと」ができるとした。

 北朝鮮はこれに先立ち、ミサイル発射計画の詳細を公表。日本上空越しに4発を発射し、米兵6000人が駐屯するグアム(Guam)周辺に到達させると発表していた。

トランプ氏は記者らに対し「われわれが愛する人、われわれを代表とする人や、われわれの同盟国、われわれ自身を攻撃しようなどと考えただけでも、北朝鮮は非常に、非常に心配することになる」と言明。「心配すべきだ(中略)彼らの身にかつて想像すらしなかったことが起こるからだ」とした。

【翻訳編集】AFPBB News

 >米朝衝突は避けられない。益々過激になる一方の言動

 もう、口だけの言い争いでは収まらないのは確実だ。前々からそのように予告してきた。日本のマスコミでは特に朝日、毎日、東京などの新聞社やテレビ局では、この米朝戦争の件についてはタブーであり、それからなるべく国民の目を逸らそうとしてきた。

 しかし、もうここに至っては無理だろう。仕事が忙しくて余りブログも書けていなかったが、この数日間の間にとても大きな事件が相次いだ。

 先ずは北朝鮮は核の小型化に成功し、既に60発もの核ミサイルが実戦配備されているという事実を報道した。これまでこの事実は伏せられてきたが、核の小型化はとっくの昔に終えており、今度はその核が大陸間弾道ミサイルに搭載されることは明らかだ。

 米国は直接北朝鮮の核のミサイルの射程範囲に捉えられた。米国国内では急速に北朝鮮への脅威が高まり、もう戦争も止む得ないという世論が湧き上がっている。

 そこに今度は北朝鮮がグアム周辺にミサイル発射」を宣言した。しかも4発も同時に発射するとその時期まで明らかにするに及んで、米朝関係は一気に緊張が高まる。

 しかも、そのミサイルは日本列島の上空を飛ぶと宣言されたので、日米両国もこれには絶対に対処しないわけには行かなくなった。

 つまり、日米は迎撃システムを持って、このミサイルを撃ち落とす以外に国家のメンツを保てない。自衛権を発動して迎撃が可能なのに、それをこれまで通り見過ごせば、日本政府への国民の信頼度は地に落ちる。

 米国大統領はグアムが攻撃されたらば、必ず報復すると宣言したし、日本政府にも迎撃ミサイルで撃ち落とすべき協力要請がだされたと思う。北朝鮮が4発撃てば間違いなく米朝開戦となる。

 

 米国と北朝鮮の戦争はもはや避けられそうもない状況ともなりつつあります。

 保守カレンダーにも掲載しました。

2017年10月22日(日) の予定  

日米同盟、強化・推進デモ

※詳細、決まり次第、発表

【主催】瀬戸弘幸


 この頃と思い日程を設定していますが、時期はかなり早まりそうな気配でもあります。仮に時期が早まってもこの日にちに決めたので、仮に戦争が始まって戦争中であっても米国支援・トランプ大統領支持デモは開催します。

 せと映像チャンネルは田母神先生裁判の時は必ず放送していましたが、いつ戦争が起きても不思議でない位にエスカレートして来たので、また毎日とはなりませんが、時間の許す限りお届けしたいと思います。

 今晩辺りから映像サイトをご覧頂きたいと思います。

 

 せと農園からのお知らせ

 CIMG0760
























 


今度の桃は(まどか)という品種です。大玉が多いのですが家庭用として中玉も販売します。前回と同じように受付します。

 価格ですが、昨年と同じです。贈答用は送料込の値段となりますので、あかつきの場合と異なりますので間違わないようにして下さい。 下記が昨年のお知らせです。

 贈答用もあります。値段少し下げました。

 2キログラム(7個〜8個)で3000円となります。

 3キログラム(9〜11個)で3500円 送料込み

 5キログラム(15〜18個) 5000円 送料込み

 贈答用は送料込みの価格です。


 家庭用の低価格桃 

 中玉  6個〜8個入り 3キロ 1700円 送料別

 中玉 12〜15個入り  5キロ 2700円 送料別

 小玉 18〜20個入り  5キロ 2500円 送料別

 「あかつき」と違い日持ちします。 

家庭用の低価格桃  中玉 13〜15個入り  5キロ 2700円 送料別 小玉 16〜20玉個入り  5キロ 2500円 送料別 桃の送料です。3キロも5キロ(2箱まで)も同じとなります。


 東北 関東 信越         602円    この地域の皆さんだけは550のサービス価格となります。

 北海道 北陸 東海 近畿    823円

 中国 四国 九州         1023円

 沖縄                 1337円


 


注文はメールにて受付します。

 fukushimaseto@gmail.com
 


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

Posted by the_radical_right at 13:19│Comments(15)mixiチェック
この記事へのコメント
瀬戸顧問、お疲れ様です。

私の勝手な希望なのですが、日本第一党に2019年の参院選に出馬してほしいです。

全国比例には、桜井党首に出馬して頂いて桜井党首が当選したら、1年間は頑張って頂いて、2020年の東京都知事選に立候補する為に、参議院議員を辞職して貰っても結構です(日本第一党の一枚看板の桜井党首が6年間も参議院議員として拘束されて、身動きが取れなくなるのはマイナスだと思うので…)

桜井党首が過去の参院選での個人名での最多得票数を獲得した、浜四津敏子(公明党)の182万票を超えたら、政界に激震が走るでしょう。

いずれにせよ、全国比例で得票率が2%(約120万票)を越えて、国会議員が1人誕生したら、日本第一党に約1億円の政党交付金が入ってくるので、衆院選の比例の11ブロック全てに候補者を立てる事も可能になって来ます。

日本第一党の認知度UPには講演会やポスティングより、国政に打ってでるのが一番、効果的だと思います(参院選の直前にサプライズ的に出馬すると発表するよりも、1日でも早く2019年の参院選に出馬すると発表した方が、党員のモチベーションも保てると思います)

是非とも、瀬戸顧問のご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。
Posted by 小林 at 2017年08月11日 13:30
CHF スイスフラン -0.27% 0.9600
金先物CME 1,291.89 ▲0.14% +1.79 14:06

北朝鮮リスクの影響か昨夜のNYダウが大幅下落しました。
その影響からか欧州も下落しアジア市況はベトナムを除き大きく下落しています。
世界同時株安の様相を呈してきたのか、スイスフラン対ドルと金先物が上がり始めてます。
どうやら市場はアメリカと北朝鮮の戦争をかなり警戒し始めて来たようです。

北朝鮮のグアム攻撃はかつての日本の真珠湾攻撃なのかもしれません。
北朝鮮にグアム攻撃させてアメリカ国内世論はおろかアメリカを盟主とする陣営の世論を喚起して対北朝鮮殲滅に踏み切ろうとしているのかもしれません。
北朝鮮攻撃はアメリカだけではなく数か国が連合軍として参加するかもしれません。
Posted by 市民 at 2017年08月11日 14:22
米国も北朝鮮を攻撃できない理由がある。北朝鮮に軍事攻撃をしなかったのは、北朝鮮が攻撃を受けたら、韓国のソウルが間違いなく火の海になる


2017年8月11日 金曜日
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ae340b9e2ac9a14045ccbfd4d797f7f4

北朝鮮とアメリカのブラフ合戦は続いていますが、双方とも本気で戦争をするつもりがない。すれば韓国人や北朝鮮人が死ぬことになり、戦争が終わったあとも後始末が大変だ。戦争は戦わずして勝つことが一番の上策であり、アメリカもその方策を模索している。

しかし現状を黙認しているだけでは北朝鮮の挑発行動はやめない。金正恩を抹殺できれば一番いいいが、金正恩は地中深くの防空壕に潜ってしまってどこにいるのかもわからない。
Posted by blog at 2017年08月11日 15:33
[2171]NHKの大河ドラマ「女城主 直虎」について

投稿日:2017-08-11

7月22日記。副島隆彦。
私は、このNHKの「女城主 直虎」のドラマに出てくる、この女たちを描くことで、 これから起きるだろう、来年4月と予定されている北朝鮮への、アメリカ軍と中国軍への攻撃、小さな戦争に賛成して、日本の女たちも、戦争に動員されろ、という 密かな観点から作られている国民扇動ドラマのひとつだ、と考えた。

こんな 歴史資料もはっきりしない、「女城主」などいなかったろうに、それを「ドラマですから」でやっている。どうせ、始めかっらパッとしない人気で、視聴率もほとんど無い歴史物ドラマと思われていた。のに、戦争賛美、扇動の雰囲気で、女たちを今よりも、もっと凶暴化させようとして、それなりの人気が出ているらしい。これで若い男たちが、ますます なよなよと、女化か、ゲイ化する。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

「女城主 直虎」の 直虎が、女だった証拠の文献は、どうも無いようだ。

「テレビのドラマなんだからいいじゃないの」で無理やり作って、それで、国民歴史教育として、いつもの国民洗脳をやっている。

真面目な歴史学者たちに、史料に基づく真実を語らせなければいけない。
Posted by 直虎 at 2017年08月11日 16:07
 ソエジーの毒電波誇大妄想ですか?
Posted by エネルギー名無し at 2017年08月11日 19:00
5
北朝鮮のミサイルが日本に落ちたら、北朝鮮は日本に宣戦布告したと見なし、戦争せざるを得なくなる状況になるだろう。全ては受話器豚こと金正恩が悪い。
Posted by 猿 at 2017年08月11日 20:20
面白い動画があったので紹介します。
韓国バラエティ番組で始めて「吉田清治の発言は嘘だった」紹介(2:55)
www.kjclub.com/jp/board/exc_board_9/view/id/2450631
Posted by pchan at 2017年08月11日 21:08
間違いました。すみませんこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=R71UEYdq02g
Posted by pchan at 2017年08月11日 21:10
先生、やはり8/22開戦のようです。

杞憂ですが、ご準備を・・・
Posted by まきまき at 2017年08月11日 21:14
5
北朝鮮に拘束されていた韓国系カナダ人牧師が釈放され、昨日、カナダ空軍機で平壌→米軍横田基地へ そのフライトがなんと平壌空港の「出発便(目的地(YOKOTA)」として空港ロビー掲示板に出ていたそうです 
http://news.qq.com/a/20170810/047531.htm
Posted by 平壌→米軍横田基地へ at 2017年08月11日 22:27
軍事解決の「準備万全」=米大統領、北朝鮮のグアム威嚇に警告 時事通信8月11日(金)21時51分
【ワシントン時事】トランプ米大統領は11日、北朝鮮が米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射計画を公言したことを受け、ツイッターに「北朝鮮が無分別に行動した場合の軍事的解決の準備は万全で、臨戦態勢にある」と投稿した。
Posted by まきまき at 2017年08月11日 22:31
日米が迎撃システムでミサイルを撃ち落とすことができなければ、
米国は北に猛攻撃を加えるだろう。

北朝鮮への攻撃は48時間不眠不休で行われる。
「スカッド2000発」
「バンカーバスターで地下70mまで貫通」
「最後には核爆弾投下」

Posted by けい at 2017年08月11日 23:39
米朝衝突の危険「非常に高い」=ロシア外相が警告

8/11(金) 23:18配信

米・北朝鮮間の紛争が戦争にエスカレートするリスクは非常に高い=ラブロフ外相
https://jp.sputniknews.com/russia/201708113981453/
Posted by まきまき at 2017年08月12日 00:35
大宅賞作家が記録した3・11後の「霊体験」
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170809-OYT8T50014.html
Posted by とおりがけ at 2017年08月12日 01:06
>「スカッド2000発」
>「バンカーバスターで地下70mまで貫通」
>「最後には核爆弾投下」

北朝鮮の防空壕を兼ねた地下鉄は、地下約100mです。
移動式のミサイル発射台である事も含めて鑑みれば、意外かも知れませんが、アメリカに勝ち目は無いと考えられます。
世界一の軍事大国を誇るアメリカではありますが、過去の戦争において勝利したのは大東亜戦争だけですし、その勝利も国際法違反の卑怯な戦術でした。
ベトナム戦争は負けていますし、イラク戦争も勝ったとは言えません。
各国の思惑が入り混じったこの北朝鮮問題は、やはり米朝の話し合いで折り合いを付けるのが理想的だと思いますが、さて、どうなる事か…。

Posted by 北朝鮮は準備万端 at 2017年08月12日 05:02

コメントする

名前
URL
 
  絵文字