2017年12月07日

川崎・言論の自由を守る闘い。(11)

川崎・言論の自由を守る闘い。(11)

 今回の講演会を成功させ、次の段階に向けて

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

 先ずはお知らせです。ツイッターでも昨夜流しました。

 12月10日の川崎市教育文化会館での講演会ですが、川崎駅東口は共産党、西口はヘイトスピーチを許さない市民の会(在日)が、我々の集合時間1時半に合わせて、1時より嫌がらせ街宣を行うようです。  妨害行動をやる気まんまんのようです。その対策も兼ねて金曜日から川崎に入ります。

12月10日は川崎フロンターレの優勝の祝賀パレードも市内で開催され、市内は非常にごった返し混雑が予想されます。警察の警備もそちらの方を優先するようです。  その警備の手薄な状態を狙って左翼や在日が襲撃する可能性が強まっています。参加者の安全を第一に考えています。明日のブログに注目。

 以上

 時計台に集合し集団でバスに乗り込み、会場に向かう手筈でしたが、逆に固まって移動すると駅周辺にたむろするしばき隊や在日の妨害勢力に目に着きやすいので、一般の参加者は直接会場に向かって下さい。

 もし、道路上で不貞の輩に絡まれても絶対に口論などはしないで、無視して進んで下さい、下手に口論などすると相被疑として相互暴力事件にされかねません。

 人通りも多く警察官もいるので、路上では取り囲んだり小突いたりの暴力はやらないと思いますが、なにせ何をしでかすか分からない連中なので十分気をつけて下さい。

 もう、街宣などでしばき隊や在日の連中から顔を知られているような人達は、計画通り時計台に集合してもらって、皆さんでバスで移動致します。

 余り参加したことがない、或いは初めての参加者については、メールを頂いておりますので、明日ご連絡を差し上げます。受付で名前を告げて下さい。受付する人には事前にお名前をお知らせしておきます。

 川崎では川崎フロンターレが優勝し川崎市内で祝賀パレードが予定されております。多数の市民がこのパレードに参加すると思われ、川崎署の警備もこのパレード警備に万全を期すので、こちらの講演会の参加者に対する警備はどうしても手薄にならざるを得ません。

 当初の時計台に集合し、全員バスで移動することは、今回は必ずしも安全ではないとの、警察署の考えでもあるので、この警察の指導に従って、今回はしばき隊や在日の攻撃対象になるような顔の知られて人以外は、駅に一旦集合することなく、直接行かれた方が安全であると判断しました。

 神奈川新聞社は最初からこの「ヘイトスピーチを考える会」の講演会に関しては捏造報道を繰り返してきました。

 カナロコ by 神奈川新聞

レイシストの講演計画再び 日本第一党の瀬戸弘幸氏、川崎市の対応焦点

瀬戸弘幸氏が主催したヘイトデモに抗議する市民ら=7月16日、川崎市中原区

【時代の正体取材班=石橋 学】ヘイトデモを主催するなど人種差別を扇動する極右活動家、瀬戸弘幸氏が12月10日に川崎市川崎区の市教育文化会館で講演会を計画していることが13日、分かった。市は公的施設でのヘイトスピーチを事前規制する全国初のガイドラインを公表したばかり。施行は来春だが、「一人一人の尊厳を大切にする」とうたうガイドラインの考え方を準用するとしており、対応が注目される。

 会館利用にあたって瀬戸氏らは「ヘイトスピーチを考える会」名で団体登録。13日、インターネット予約システムを通じて申請を行い、受け付けられた。

 瀬戸氏は、人種差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の後継組織、極右政治団体「日本第一党」の最高顧問も務める。市内で差別・排外主義者を集めたヘイトデモや講演会を重ね、標的にされている在日コリアンの人権被害を拡大させてきた。

 市は差別的言動を違法とするヘイトスピーチ解消法の施行を受け、公共施設が人権侵害に利用されるのを防ぐガイドラインを策定、9日に公表した。ヘイトスピーチが行われる恐れがある場合、「警告」「条件付き許可」「不許可」「許可取り消し」の措置を取ることができる。

 会館側は、申請の有無や日時について「個人情報」を理由に明かしていないが、瀬戸氏がブログで「川崎市内での開催」を告知していることを踏まえ、「各施設の利用者には外国人市民も大勢おり、懸念を抱くのは当然。団体側に講演内容やヘイトスピーチをするか否か確認を取り、結果次第で『許可取り消し』を含めて対応を検討することになる」としている。

 以上

 ヘイトスピーチ問題を左翼や在日の側からでなく日本人の側からどのように考え対峙して行くのか?それを川崎に住む人達を中心に運動を展開する意味において、非常に重要な講演会となります。

 >
ヘイトデモを主催するなど人種差別を扇動する極右活動家、瀬戸弘幸氏

 ヘイトデモなどではなかった。これは川崎市がそのように語っています。人種差別を扇動する・・と書いてあるが具体的には何を指すのか、示されたことなど一度もありません。

 >
標的にされている在日コリアンの人権被害を拡大させてきた。

 あたかも私を加害者のように扱いしているが、だったら法的に訴えたらいいだろう。

 >
一人一人の尊厳を大切にする」とうたうガイドラインの考え方を準用するとしており、対応が注目される。

 >
懸念を抱くのは当然。団体側に講演内容やヘイトスピーチをするか否か確認を取り、結果次第で『許可取り消し』を含めて対応を検討することになる」としている。

 その対応だが、極めて我々には好意的だった。こちらから川崎市民の人が何度も足を運んで聞いたが、私本人、「ヘイトスピーチを考える会」への要請などは常識の範囲に留まるもので、こちら側への懸念などではなかった。

 

 もう少しで1500人が閲覧します。更なる拡散をお願いします。

 
さて、内容が決まって来たのでお知らせします。登壇者は私を含めて5名となります。

 高橋賢一氏(川崎在住)クリーン川崎連絡会代表

 永井清之氏(川崎在住)多摩川河川敷不法占拠問題で語ってもらいます。

 佐久間吾一氏(川崎在住)
川崎市議会における共産党・公明党と自民党などの現状分析を語ってもらいます。(川崎市を相手にした行政訴訟問題に変わる事もあります。

 中村和弘氏(神奈川県在住)日本第一党神奈川県本部長
川崎市へのガイドライン問題に関する公開質問状と回答について、お話を伺います。

 そして、私は「人種差別撤廃条約と左翼」と題して講演します。左翼(特に共産党)などが在日勢力と一緒に地方自治体で作ろうとしているヘイト規制条例は、人種差別撤廃条約をベースにしたものです。

 彼らはこんな事を言ってます。

【 ここ川崎で、人種差別撤廃条例の早期制定を! 】

さる7月16日に、昨年6月に中止に追い込まれたデモのリベンジと称したヘイトデモが強行されました。差別的な告知活動の後に、白昼の路上で公安警察の保護のもと人種差別を扇動するヘイトデモが強行され、その様子がインターネット上に広められ、多くのヘイトスピーチが扇動・拡散された事実を、私たちは重く受けとめています。

今後このような事態の再発を防ぐためには、「差別的言動の行われるおそれ」や「他の利用者の人権侵害や公共の安全確保」を基準にした公的施設の利用に関するガイドラインの制定だけでは、もはや不十分であると考えます。

集会やデモで激烈な差別的発言をしなくても、その結果をインターネット上で拡散し、そこにヘイトスピーチを付け加えることで、彼らの目的は果たされます。実際、彼らの行動の記録は動画サイトYouTubeに投稿され、視聴回数は3日間で6万回に達し、コメント欄への書き込みは「さっさと帰れよ!ゴキブリ朝鮮人」「妨害者は全員死ね」など、暴力・侮蔑および社会的排除を扇動する内容にあふれていました。

このような事態は、人種差別そのものの扇動や唱道を許さないという、政府や地方自治体の明確な意思表示と、法や条例に基づく禁止措置が不可欠であることを示しています。今回の一件で、ヘイトスピーチ根絶のためには人種差別を禁止する条例が必要であることが明らかになりました。私たちはガイドラインを支持するとともに、あらゆる場面において人種差別を禁止し、犯罪行為として取り締まる根拠となる条例の制定を早期に実現するよう、強く求めます。


 https://kawasakiar.tumblr.com/

この危険性を訴えて、この条例阻止を旗印に来年は運動を全国規模で行ないます。

 
ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。  

Posted by the_radical_right at 17:28│Comments(8)mixiチェック
この記事へのコメント
これってヘイトスピーチ?

「犬の子を拾って、代わりに汚物・排泄物・刺激物・売春・強姦・被害者・ミサイル愛好民族をドブに捨てる」

これをヘイトスピーチだと糾弾する民族は、自らそういう民族であることを認めることになるんですが、これってヘイトスピーチになるんでしょうかw
Posted by アンチレッド at 2017年12月07日 19:04
5
【自民党よ共産党に国会でど突いてくれたまえゞ】
兵庫県加古川市の複数の共産党市議が20年以上にわたり、市役所内で係長級以上の職員に政党機関紙「しんぶん赤旗」の購読を勧誘していたことが5日、関係者への取材で分かった。市議側の求めに応じ、現在購読中の職員は約100人とみられる。市は庁舎内での勧誘が内規に違反し、公務員の中立性を害する可能性があると判断。市議側に是正を求める方針。
関係者によると、元職を含む複数の共産市議は少なくとも20年以上前から、主に係長級以上の職員の執務室を訪問するなどして赤旗の購読を勧誘。係長級以上の職員約750人のうち、現在は約100人が私費で購読しているという。
ある幹部職員の男性は「10年ほど前に係長から副課長に昇格した際、共産市議から『昇格おめでとうございます。新聞いかがですか』と電話がかかってきた。議員と良好な関係を維持したいという思いで断ることができず、購読を続けている」と明かした。
市は庁舎内で物品の販売や勧誘を行う場合、職員側が依頼したものを除く全ての物品について市長の許可が必要と庁舎管理規則で定めているが、市議らは許可を得ずに機関紙の勧誘を続けていた。
産経新聞の取材に、共産党の高木英里市議は「許可が必要だと知らなかった。市長にも勧誘して断られたが、そうした指摘は受けなかった」と回答。岡田康裕市長は赤旗を購読していないとした上で、「庁舎管理規則に抵触する恐れがあり、執務室内での勧誘は禁止している。今後さらに徹底したい」としている。
Posted by 桜花 at 2017年12月07日 19:11
5
【インターネットで出回っております】

警察庁は突如、パチンコの出玉の上限を現在の約3分の2に規制すると表明した(パチスロも同じ基準で規制)。ギャンブル依存症対策という名目の下、来年2月1日の施行を目指すという。
これにより、1回の標準的な遊技時間とされる4時間で獲得できる出玉が5万円分を下回るようになる。
もう少し詳しく説明すると──。
現行の大当たりの上限がパチンコで2400個から1500個に、パチスロは480枚が300枚に規制される。そのために新台を入れ替えなければならず、パチンコ機器メーカーは一時的には儲かるかもしれないが、ホールは青色吐息になるというのだ。
1995年には約30兆円の売り上げを誇り、約3000万人が利用していたが、16年には約22兆円で、パチンコ人口は1000万人を切った。当然ながら、パチンコ店も全国で1万軒を割っている状況で、この規制は“斜陽化”にトドメを刺す一撃となりうるのだ。
「政府は徹底的にパチンコ店を潰す腹づもりです。最後の切り札として、景品の換金禁止も繰り出すようですから」(永田町関係者)
客のほとんどは換金を目的にホールに足を運んでいる。建て前上、ホールは客にボールペンやライターの石、地金などの景品を渡し、客はそれを景品交換所に持っていって現金を受け取る。ホールと景品交換所を運営する会社は別法人、無関係であることが前提になっている。関係があれば賭博行為に抵触するためだ。
景品交換所は「買い取った」景品を問屋と呼ばれる景品卸業者に売り、それを再びパチンコ店に卸す。そうしてグルグルと景品が回るのを「三店方式」と呼び、全国のパチンコ店で実施されているのが現状だ。
Posted by 桜花 at 2017年12月07日 20:15
5
12月10日(日)の講演会にまで在日朝鮮半島人・しばき隊・糞左翼が自由を守る参加者に対して妨害工作たる街宣をけしかけて来るだと!?(おのれぇ・・・きゃつらはどこまでも言論の自由・集会の自由を守らない訳か!!)

ここは本当に日本なのか!?
と錯覚してしまいますね(いやはや・・・民主主義国家への挑戦であり、これは大問題ですよ)



Posted by 桜花 at 2017年12月07日 21:09
桜花さん、これまでの活動並びにネットでの拡散は徐々に効果を発揮しています。会館側も教育委員会の一組織として、上村君事件のことも十分に考慮されてのご判断だと思っています。川崎問題については講演会を滞りなく成功させて、次の第一歩となることを切に願っております。ご協力に感謝申し上げます。
Posted by 烈火の如く at 2017年12月07日 22:00
5
烈火の如くさん>まるで川崎市は在日朝鮮半島人の自治区にしか見えないのが現状ですよね。
私も当然『講演会』には行きますが、在日朝鮮半島人・しばき隊・糞っ垂れの左翼なんざゴミカスから『真の自由』と日本人の尊厳を守らなくては成りませんから、この講演会には会場に入れない程、沢山の愛国者達は参列して頂きたいですねゞ

追伸:国旗を堂々と掲げて教育文化会館に入場したい私が居るのですが今回は諦めた方が良さそうですね・・・ふむ〜う
Posted by 桜花 at 2017年12月08日 10:22
桜花さん、注意喚起ありがとうございます。
本来であれば堂々と日章旗を掲げることに何の問題もないのですが、会館側の意向を踏まえて他の利用者も居るということを考えますと目立つ行為であり、迷惑行為と判断されかねませんので日章旗(旭日旗、Z旗)を掲げた入場は控えたほうが良いでしょう。服装も移動等のことを考慮しますと普通が良いですね。参加される行動保守の皆様もその点は理解されていると思っております。
Posted by 烈火の如く at 2017年12月09日 02:08
5
烈火の如くさん>威風堂々と国旗を掲げて川崎教育文化会館に入場するのも『大和魂』らしく『日本男子!!ここにあり!!』と参列者達から度胸と豪胆の眼差しを受けるでしょうが、今回は私も国旗持参は隠忍自重致しまするゞ
Posted by 桜花 at 2017年12月09日 10:57

コメントする

名前
URL
 
  絵文字