2018年08月06日

日本農業の再生について過去ログ

日本農業の再生について過去ログ

 農業を守るということは自然と国土を守ることです。

   ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


 昨日、久しぶりに農業日誌を書いて見た。今大阪の地にいますが、改めて自分が農業従事者であることを実感しました。普段は金曜日の夜に戻って日曜日の夜に大阪に戻っていたが、今度ばかりは日照りで作物が枯れそうになったので木曜日に急遽戻った。

 3日間潅水をして朝から夜遅くまで働いた。尤も昼の時間は熱くて寝ているしかない。しかし、自然相手の農業は本当に困ったものです。皮肉にも潅水が終わって、大阪に戻るや今日から東北は雨模様となっています。

 いつも、こんなものです。自然の流れは天気予報でも測れないものがある。もう少し我慢していればと思っても、今回はたまたま豪雨が来ただけで、そう恵みの雨は来ません。地域によっては恵みの雨どころか、大災害ともなるのですから、喜んでばかりはいられません。

 ところで相当昔になりますが、2009年1月に書いた「日本農業の再生と環境問題」を今朝早く起きて改めて読んだので紹介します。一晩寝てもどうも疲れが取れないので、頭の回転が鈍い。そのような時には過去のブログ記事を読むようにしています。

 これから紹介します。

 

農業の再生と環境問題 

日本の未来の為にも農業は大切です。


 余りテレビを見ない私ですが、昨夜はNHKの衛星放送で7時から9時まで放映した「未来への提言・低炭素社会」というドキュメント番組を見ました。

 これからの未来社会はこれまでのような化石燃料を使わずに、太陽光、風力、地熱、波力などの自然界のものをエネルギーとして利用する新たな社会の出現を目指さなければならないというものでした。

 このような自然界にあるものを新しいエネルギーとする社会は、新しい産業を生み出し、雇用の面でも期待できるというもので、見所のある内容でした。

 さて、私は自然エネルギーの活用には勿論大賛成ですが、環境問題とリンクさせるならば、日本における農業問題ということも見直しを図っていくべきであると思います。

 昨日の放映の中でも、バイオマス燃料が注目されるほどに穀物の国際価格が値上がりして、結果的に食料の大半を輸入に頼っている日本はやがて苦境に立たされることを示していました。

 日本農業の再生こそが、食料自給の向上は勿論のこと、日本の環境を守る意味からも絶対重要な施策となります。今日と明日の二日間に渡って日本農業の問題について書いてみることにしたいと思います。

 下記は昨年、『維新政党・新風』の茨城県本部1周年記念で「農業問題」について、話をさせて頂いた時のものです。

【御報告】

 11月29日(土)茨城県護国神社において維新政党・新風茨城県本部発足一周年記念集会を行いました。


 まず第一部、参加者全員での昇殿参拝、戦没者への慰霊祭を行いました。

 続く第二部は鈴木信行本部幹事長の挨拶、新風講師団の忠宣叡先生の挨拶、全国身体障害者政治連盟の高木豊会長の挨拶、党友塩田尚つくば市議会議員の当選報告があり、新風三唱、聖寿弥栄三唱で終えました。

講演する瀬戸弘幸・本部副代表

 第三部で瀬戸弘幸本部副代表の講演会を行い、農業問題についての話の後、参加者全員で討論がなされました。瀬戸副代表から農業体験の提案がありましたが、参加者全員が納得しました。早期実現が望まれます。              茨城県本部事務局長 八木康洋

http://www.shimpu.jp/chihon/blog/20081129.html


 この時にお話をさせて頂いたことに、新たに付け加えて今回ブログでご紹介させていただくことに致します。

日本農業と環境問題について


 私と農業の関わりから始めたいと思います。私は農家の生まれで私は5代目の長男として生まれました。江戸時代の末期に本家から分家したと聞いています。

 私が生まれる前の戦前は養蚕農家であったと言いますが、私が生まれる頃にリンゴの苗木を植えてリンゴ栽培農家になったと聞きました。稲作もやっていますが、中心はリンゴ栽培の農家として営んで来たわけです。

 何故リンゴ栽培が盛んになったかと言えば、リンゴの栽培に適していた土地柄であったと言います。列車の東北線が近くを通っていますが、その線路上では海抜(海水面から測った陸地の高さ)が、一番低いところだと以前から聞いていました。

 その一番海抜が低い場所が山で囲まれて盆地の中にあります。盆地の一番底という意味なのでしょうが、これは寒暖の差があるということです。この寒暖の差がリンゴの栽培に一番適しているという事でした。

 残念ながら、今は温暖化が進み冬は昔ほどの寒さは感じません。越冬時に寒くないということは、病原菌や害虫が駆除されないということで、本来好ましくはありません。

 よって現在においては、リンゴの適作地ということは言えないのかも知れません。農家の長男、すなわち後継ぎとして生まれた私は自分が農家を継ぐのは当たり前だと思って育ちました。

 祖母は私に「農家の倅は勉強などしなくていいんだ。しんしょう(身上)つぶすだけだから」と言って、学校から帰ると農作業を手伝うことを命じました。

 このしんしょう(身上)とは福島県の会津に伝わる「小原庄助の唄」に出てくるものです。

♪小原庄助(おはらしょうすけさん)さん. なんで身上(しんしょう)つぶした. 朝寝(あさね)、朝酒 朝湯(あさゆ)が大好きで ...♪ 身上(しんしょう)とはその家という意味です。

 私は余り勉強をしませんでしたが、祖母には書物で学ぶ以上のものを教えられて育ったと思っています。子供の頃から植物や家畜(当時は牛や羊を飼っていました)を育てるということの大切さというものは、自分のその後の人生に大いに役立ったと思っています。

 高校には進学せずに、そのまま家業を継ぐ気でしたが、私が中学校を卒業する年に、農業自営者を養成する専門学校が出来ることが分かりました。

 3年間全寮制で過ごし福島県に一校だけ出来るという触れ込みでした。そこでそこの園芸科を志望して受けることになったわけです。福島県全域から生徒が集まるので、その競争倍率は2・6倍という高さだったと記憶しています。

 進学校をもしのぐ倍率でした。当時まだまだ農業という産業は魅力あるものだったと思います。今、私が卒業した福島県立農蚕高等学校はありません。自営者養成校というその目的も外され、名前が変更されています。

 工業化が優先された産業社会の中で、常に農業は犠牲にされてきたと私は感じています。私が学んだ高校の時代の校歌の始まりは♪国の基の農の技…♪でしたが、現在はその校歌も変えられていました。

 私は農家の跡継ぎとして学校卒業後は農業後継者として家業に就きました。しかし、当時宅地の乱開発などの問題で、農地と宅地を線引きする都市計画法の制定が持ち上がり、私の家はその農地の殆どが宅地開発地域に指定されました。

 当時は宅地並みの課税が実施されるということで、農業の将来は非常に暗いものでした。そこで私は農業を諦めざるを得なかったわけですが、現在も父が86歳にも関わらず、稲作とリンゴ栽培をしています。

 私も金曜の夜には福島に戻り、土日は一年間欠かさずに農作業を手伝ってきました。土日帰れない時には月曜、火曜に帰って手伝ったことも度々ありました。このような生活をもう25年以上続けました。

 家の周りは宅地開発が進み、団地の中に取り残されたような形で田んぼとリンゴ畑があります。私は農業を専門にやってきた人間ではありません。よって専門の人から見たら、その知識や経験はないに等しい。

 しかし、自分でなければ知り得なかったこともあります。周りは次々に住宅地として開発が進められてきました。そのような中で農業をしていると、これまでまったく見えてこなかったことが見えてきたのです。

 明らかなる環境の変化でした。住宅地が相次いで出来たことで、顕著に現れたことがあります。

 皆さん、何だと思われますか?

 農業が破壊されていくことによって、先ず引き起こされたことに関してお話をさせて頂きます。そして、実はそのことこそが日本の環境問題を考える上で、最も重要な視点になると私は思っております。 

(続く)

農業の再生と環境問題

水田は日本列島を冷やす人工のクーラー


 
明らかなる環境の変化でした。住宅地が相次いで出来たことで、顕著に現れたことがあります。皆さん、何だと思われますか?

 農業が破壊されていくことによって、先ず引き起こされたことに関してお話をさせて頂きます。
 そして、実はそのことこそが日本の環境問題を考える上で、最も重要な視点になると私は思っております。 (続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 前回エントリーで皆さんに何だと思われますか?」と問いかけて終わっていますが、どのような変化が起きたと思われたでしょうか?

 コメント欄には下記のような投稿もありました。

 自分の田舎は団地が出来てからあっという間に水質汚染が進み、ドジョウや蟹などの生物が死滅しましたよ

Posted by か at 2009年01月03日 12:43

 確かにこのような現象が見られました。
 しかし、このことではありません。私の実家では今でも井戸から汲み出した水を飲料水として利用していますが、この井戸の水の量が極端に減少しました。

 殆どの家では水道を引いてその水を利用しています。井戸の水が使えなくなった家もあります。小さい頃から井戸水を利用して育った私は井戸にいつも水が満杯になっているのを見てきましたが、今ではいつも底のほうに少しあるだけになっています。
 
 昔は家は水田によって取り囲まれていました。例年、水田に水を引く頃には井戸水は満杯となっていましたが、今ではその季節になっても井戸水が満杯になることはありません。

 日本の水田がいかに国土の保水に役立ってきたかを数字を挙げて、これから紹介いたします。

 平成16年における我が国の水使用実績(取水量ベース)は約835億m3/年(年間約八百五十二億立方メートル)

 
\験萢竸緻162億m3(約百六十三億立方メートル)

工業用水約121億m3(約百二十三億立方メートル)

G清藩竸緻552億m3(約五百六十六億立方メートル)

(公益事業や消・流雪などのために使用された水量は含まない)

http://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/mizsei/c_actual/actual03.html


 この数字が表すように、いかに日本の水田が水を利用しているかは明らかです。この水が日本の国土を潤わせてきたのです。日本の水田は保水に優れており、台風などの大雨でもそれが一気に流れることを防ぐ役割も果たしてきました。

 地球は循環と再生を繰り返していますが、この循環と再生には微生物がなくてはならない存在です。地球上の生物の98%は微生物であり、土の中には1CC当たり実に1億個以上の微生物がいると言われています。

 この微生物は水がたくさん含んでいる土地に多く、水を含まない砂漠などには微生物は殆ど存在しません。水田こそは微生物の宝庫であり、微生物が存在しなければ両生類や昆虫なども存在しません。

 日本の社会はこの水を多く含む水田によって保たれて来た訳です。我々は何処にでもある水田を見ているので水は自然界に豊富に存在するものと思って来ました。

 しかし、これは実は日本は例外なのであって世界では珍しいことなのです。お隣のシナ・中国大陸についてお話をさせてもらいます。


私はここでWEDGEという雑誌の12月号に掲載された「水不足にもがく中国」という記事を指しながら、ある事実を紹介させて頂きました。

 私の記憶の中にはこれまでシナ大陸の黄河といえば、大きな川で水を豊富に湛えている光景しかありませんでした。かつて見た映像では対岸が見えないほどに、水が流れていました。

 ところが、この本の中の記事を見て私はこれまでのそのイメージが吹き飛んでしまいました。この記事には次のように書かれてあります。

「黄河はいまや涸れてしまい海まで水が届かないと言えば、読者は衝撃を受けるはずだ。この『断流』現象が初めて観測されたのは1970年代のことでした」

「90年代にはさらに状況が悪化、97年にはついに黄河の水が渤海まで届かない日が年間226日に達し、この状況が数年間続いた」

 現在は黄河に人為的に水を集めて、流れを作り出している、それが現在のシナ大陸の現状なのだそうです。この恐るべき事実を私は今回初めて知りました。

 農作物を育てる上で、水は最も貴重なものである。シナ大陸の降雨は上海を基点に経緯で分けた時、その上の部分(北部)は日本と比較した場合、日本の平均の3分の1以下という数字です。
 水を必要としている農地の4分の3が北部にあって、深刻な水不足に喘いでいるとされています。

 現在日本の食糧をシナ大陸からの輸入に頼っている部分がありますが、それは長くは続きません。乾燥化によって国土の砂漠化が急速に進むシナ大陸に頼ることはもう出来なくなるのです。

 では、どのようにしたら日本の農業を再生させ、食料の自給率を高めることが出来るのでしょうか?
 それをこれから皆様と考えていきたいと思います。 (続く)

 ここまでにします。今晩からまた通常通りの時局問題を取扱ます。

 

 
 

せと農園からのお知らせ


 農産物の販売はこちらです。農産物の購入などでご協力下さい。


  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。
 


Posted by the_radical_right at 06:53│Comments(28)mixiチェック
この記事へのコメント

>皮肉にも潅水が終わって、大阪に戻るや今日から東北は雨模様となっています。

でもまぁ、暫くは水の心配が要らないと、前向き思考で頑張って下さい☆
Posted by 紙飛行機 at 2018年08月06日 07:57
少子高齢化の進行によって土地が余剰となり不動産業が成り立たなくなる時代がもうすぐやって来ます。
余った土地で農業を始めるのも一法ではないでしょうか?
政府は余った土地で宅地造成の逆をやるのです。
その最たる地域は多摩ニュータウンでしょう、この地域を一大農業地帯に変えてしまうのです。

Posted by 市民 at 2018年08月06日 09:20
岡山・広島・愛媛で大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨ですが、浸水被害の大きかった岡山県倉敷市の真備町地区で最も被害が大きかったのは元々、田園地帯だったところでした。平成になって鉄道や道路が整備され、宅地化が進みました。鉄道も国道も昔からの集落がある山寄りに整備されるはずでしたが、田園地帯の宅地化が優先され、鉄道も国道も川寄りになってしまいました。
Posted by 読者の一人 at 2018年08月06日 10:41
欧州の農家の収入の90%が補助金!え?え?国家公務員?

唐突な書き出しですみません。驚いたものですから。

例えば自力で200万円の収入が2000万円になっちゃうってこと?
そう単純じゃないにしても軽トラの新車は買えるに違いない!
スケール小さいか?コンバイン新車も買えるかも!
とにかくそれなら農業やろうとする人は増えるだろうな。

イギリスではなんと農家収入の95%が補助金!

アメリカの米農家は58%。

そして我が日本は15.6%。

その中心である戸別所得補償は1%の言いなり自民政権に半額の7500円(/10a)にされ、来年には無くされようとしている。

(データ参照:『亡国の農協改革』三橋貴明 飛鳥新社)

まともなこと何一つしないな。カジノ法でギャンブル依存症作るより農作物作った方が国民のためだろ。なんて言っても意味ないな、自分の権力のための政権だものな。
ささやかな収入の15.6%の補助の存在が農家にとってどれだけ大きいものかを政治家は分かるはずもない。
わかろうともしないのだろう。
農家が減りもはや票田にもならないと考えているかもしれない。

日本の農業は保護などされていないことは明らか。

他の国が異常なのではないと思う。自分が農業をやっているからではなく、

農業は国の根幹だと思う(だから始めた)。食料を海外に押さえられたら困るに決まっている。

EUは会計予算の40%を農業補助に使っているらしい。それほど大切にすべきものだということ。

アメリカは穀物輸出のために毎年1兆円を超える輸出補助金を出している。
Posted by 市井晴也 at 2018年08月06日 10:43
苫米地英人✕山田正彦「種子法廃止が日本に及ぼす影響とは?」
https://www.youtube.com/watch?v=2aGl8UNHu0Q

これのせいか、また山田先生と私の悪口が最近急増。もちろん、巧妙。SNSの巧妙な誹謗中傷、社会的信用性の攻撃媒体としての組織的利用は事実
https://twitter.com/DrTomabechi/status/1025882171095973889

こういうのが例↓

RT @KawanagareK: ( ´∀`) 苫米地。
リテラとサイゾーのオーナーだもんねえw

宇宙人とかやって、パヨク応援するしたりさ、
勲章もらって、洗脳暴くって言いながら、洗脳しとるじゃんかあw
https://twitter.com/DrTomabechi/status/1025904032596905984

ーーー
ローカル線は本当に必要なのか 〜 そろそろ「鉄道」の次を考えよう


中村智彦 | 神戸国際大学経済学部教授
2017/11/17(金)
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamuratomohiko/20171117-00078244/


「次を考えよう」言うてるけど次なんか考えてないよね、この人。
一時期、あの界隈が「正社員という働き方を考え直そう」とは言ったが次のプランなんか何もなかったように。
ネオリベ野郎の言い草はいつも同じだ。
Posted by moon at 2018年08月06日 10:45
この問題はわれわれ日本人の認識がある。要するに人は生き物で食べ物がないと生きられないという認識がない事です。いや俺はあるというひとがあるが色々聞くとない。
 ためしに水田はどのようにしてつくるか。また稲はなぜ水が必要で、二階田んぼの水を切るかなどをたずねればいい。おそらくほとんどの人はこたえられない。本来は学校で農業をしない人でも教えることです。
 私たちのときは技術科で習った。今毎日夕方水をやっている。この水がなければもうかれている。今年はサツマイモを植える時期を2週間遅くしたから、まだ葉っぱが茂っていない。それと土壌が悪い。去年と異なるところにうえた。
 もし国民がヨーロッパのように食料の知識があれば、米を無理してでも食べるはずです。食糧問題は我が国のアキレス腱です。
 支那の一人当たりの農地は日本の確か三分の一だったと記憶する。
太平洋が安定していれば、わが国は食糧問題に直面してもい何とかなると思うが之ができるかでショウ。
 腹が減っては戦はできないから北は戦争など無理です。だから核ミサイルで脅すという選択をした、実に合理的なものです。
 この核兵器を金銭で解決することは核兵器という商品を買うことと同じで解決にはならない。軍事攻撃しか道はないから、我が国国民はその用意をすることで、政府ははっきり国民に説明して、軍事予算の増強を訴えよ。
 ヘイト法案はそれを防ぐために、つまり戦争状態のときに敵国への憎しみを収めるためのソフト戦争ではないかとこのごろ思う。
 西田議員がおめでたい外国の手先を、理念を元にしたということです。
南北朝鮮と戦争状態に等しくなったら(今がそれ)、在日は敵国国民になるぞ
 だから平和ということで、平和が彼らにとって重要ではないと思う。
とにかくわが国は危ない位置にいる。
Posted by takeshi at 2018年08月06日 11:01
>イギリスではなんと農家収入の95%が補助金!
>アメリカの米農家は58%
>そして我が日本は15.6%

さっき、首相官邸に電話で、「農家の補助をもう少し手厚く」してくれるように、意見を入れておきました。
日本の農家は日本の生命線ですからね、もっと手厚くして当然だと思います。





Posted by 紙飛行機 at 2018年08月06日 11:33
瀬戸は偽善者だ!
大阪の女性職員しかいない組合事務所を襲撃するという暴挙を働いた!刑事告訴人である!こんな奴が、あたかも日本の農業を憂慮しているようなポーズをとっているが偽物だ!
こんな爺さんのいうことを誰も信用しないと思うが、コイツこそ売国思想のどうしようもない人間だ!お前が日本の農業を語るな!
Posted by 福島の星⭐️ at 2018年08月06日 12:43
外国人に過剰な特権を与えるなどの税金を抑えて、猛暑の中一生懸命仕事をする日本人農業者への補助金に使ってほしい

Posted by 日本人 at 2018年08月06日 13:02
少子化対策をせずに移民を推進するのは、愛国者ではないのは間違いない!


マンセー反日帰化人政党民進党は、酷すぎましたが
富裕層上位40人の資産が日本の人口の半分(6千万人)の資産と同じ、アベノミクスで富裕層上位40人の資産は1.9倍に増え貯蓄ゼロは427万世帯増、3世帯に1世帯以上が貯蓄ゼロ、急激に進む単身世帯の貧困化
日本経済新聞の報道です。
Posted by 井上伸 at 2018年08月06日 13:08

戦わずして勝つ

まったく同感です。
保育所建設反対を煽動する者は国賊に値する。
支那共産党の手口は、日本人の人口を減らして日本の国力を弱め、日本本土を奪う事。
人口が減るという事は、戦争をせずに敵の人数を減らすという事。
戦わずして勝つ。
子供は国の宝。次世代の子供達の為に、どんどん産んで人口を増やすべきだと思います。
Posted by 清島清 at 2018年08月06日 13:10
さっき、首相官邸に電話で、「朝鮮人の補助をもう少し手厚く」してくれるように、意見を入れておきました。
日本の朝鮮人は日本の生命線ですからね、もっと手厚くして当然だと思います。
※ 朝鮮人は日本の癌です。手厚く埋め立てるか廃棄すべきです
Posted by 凶悪朝鮮人 at 2018年08月06日 13:18
瀬戸君どうした?
元気がないみたいだ!
誰もあんたから日本の農政についての講釈なんか学びたいと思ってないよ!
どっちみち手放すんだから!全て!
農薬まみれの農場か?
いらんなあ〜
大阪広域は支援しないだろう!
頑張ってね!
あっちもこっちも大変だね!
Posted by リーガルの息子 at 2018年08月06日 19:49
5
李ーガル&福島の星>あんたら反日極左過激派の『連帯ユニオン』って、日頃の『難癖・いちゃもん・嫌がらせ』が魂から身体まで身に染みているので、他人様が経営している『農業』までにも、難癖・いちゃもんをつけるなんざ完璧に精神が歪みきって崩壊しているんだよな(極道の原理と何ら変わんねぇから)
幼稚園児まで嫌がらせをするなんざ『人の道』を完全に逸脱している極悪人だもんな、私なら人から金を積まれて『まる〇〇君に嫌がらせをしてくれないか?』と頼まれたとしたら『馬鹿野郎!!幼稚園児なんて幼き無力な子に嫌がらせなんて大金を積まれたって出来る訳がねぇだろうが!!その腐り切った根性を警察署に通報して叩き直してやるよ!!』
あんたらって『我々は明らかに悪い事を行っているという罪悪感には全く自覚症状も無く目覚めんのか?』
あんたらは犯罪者心理そのままの犯罪予備軍の危険人物としか私は見てねぇよ(笑)
我が国の有事の際には極左過激派のテロリストとして一斉蜂起するんだろ!!
あんたら『東京オリンピック』開催時には公安から身柄を拘束しとかなきゃな(テロ対策これに尽きる)
Posted by 桜花 at 2018年08月06日 20:30
桜花さん。
桜花さんが仰られている事は全く持って間違いなく!その通りです‼︎
強いて言うならば(極道の原理と何ら変わんねぇから)と言うよりも極道の原理とはかけ離れた外道!畜舎!銭ゲバ集団が正しいかと!
なぁ?バカ息子!
最近は静かやし、どーしたんかなって…全く気にはしてないけど。
えらいたくさんの生コン屋相手に大阪府労働委員会へ不当労働行為救済申立してるんやなぁ(笑)忙しいて、ようおまんな(^^)
おまけにゴルフ場の料理長の分まで?
会社から組合員の雇用契約切られたとか?呼ばれへんなった?とか?
そもそも運転手が美味しい話に乗っかって連帯に入ったか?その後にオルグ活動して無理矢理入れた組員やろ?
会社でのコミュニケーションもようとれへん組員をなんでわざわざ使わなあかんねん。
会社や同じ職場の仲間から煙たがれてるし!
この機会やから皆んなせいぜいしてるんちゃいますか?
大阪府労働委員会へ不当労働行為救済申立しといたら建前はええよねーーー!
その分また銭取れるか〜ら(笑)
Posted by クロちゃん at 2018年08月06日 21:36
あっ!!??そういえば!
日本ボクシング連盟の山根終身会長と
連帯ユニオン関西地区生コン支部の武建一組長と
同じように見えるのは気のせいでしょうかね?(笑)
Posted by クロちゃん at 2018年08月06日 21:57
👆
お前らだけだよ
そう思うのは(笑)
Posted by ん!Σ( ̄□ ̄;) at 2018年08月06日 22:44

言っていることとやっていることは正反対、欺瞞のkokuzoku集団




外国人参政権法案の提出回数
朝鮮カルト宗教公明党 29回
反日帰化人政党中華民進党 15回
心の病んだカルト共産党 11回
保守党 10回
自由党 1回
Posted by saryu at 2018年08月07日 05:27
前世紀の終わり頃、家族で中国に行った時もすでにこのような状態でしたね。
北京から万里の長城に行く途中で見た景色は、赤土が剥き出しになって灌木が
まばらに生え、山にも緑はなく殺伐とした風景でした。
日本も中国の緑化事業に100億程出しているとも聞きましたが、苗木を植えても
枯らしてしまうか、勝手に引き抜いて転売したり、自宅に持ち帰る住民が多い
ため、しばらすると元の枯れ野原に逆戻り。

川は工業排水で汚れ、タールの浮くような池や小川で野菜を洗って出荷する、
そんな光景も珍しくなく、中国人の食環境、衛生環境も劣悪です。
農業大国だった中国もいまや自給率も低下して、たとえば大豆は10%台に
なっているという統計も見ました。

食糧不足、水質汚染と同時に水不足も深刻で、近隣国からの強引な水資源の
調達なども問題になっています。
昨今、中国が日本の水源地を買い漁っているのも問題視されていますが、
水を求めて近隣の水源地に淡水パイプラインを敷設する計画もあるようです。
Posted by 徳之島 at 2018年08月07日 05:52
都会も酷いですよ。
今まで1軒だったところへ、庭を無くし2軒建てる。駐車場が必要なのでコンクリートで固めてしまう。
雨水は全部排水溝に流れます。

近所に広い公園があるのですが、昼間は暑いですが夜は風があって涼しいですね。
ただ、地面を触ると土の部分は冷えてますが、アスファルトは熱いままです。

今も残り少なくなった畑を潰しては住宅を建てていますので、更に高温化は進んでいくと思います。
Posted by うめ at 2018年08月07日 06:15
>貯蓄ゼロは427万世帯増、3世帯に1世帯以上が貯蓄ゼロ、急激に進む単身世帯の貧困化

これがアベノミクスの正体と見做して良いと思います。
アベノミクスは一部の富裕層をさらに富裕化させると同時に貧困層を拡大させ、日銀を日本最大の株主にさせ、さらに水道すら民営化させるだけでなく農業まで滅ぼそうとしています。
これは正に「亡国政権」ではないでしょうか?
水道民営化は過疎地や僻地を「死滅」させるに違いありません。
何故なら民営である以上、利益が出なければその分野から撤退するからです。
誰がどう考えても過疎地や僻地で水道ビジネスが成り立つとは思えません。
よって全ての過疎地や僻地は死ぬより他にありません。
なんとなれば水がなければ生きられませんから。
それとも政府は外資の水道会社に補助金だして過疎地や僻地を救いますか?


Posted by 市民 at 2018年08月07日 06:21
>>貯蓄ゼロは427万世帯増、3世帯に1世帯以上が貯蓄ゼロ、急激に進む単身世帯の貧困化
>これがアベノミクスの正体と見做して良いと思います。

そうでしょうか?
貯蓄ゼロが政府の責任とは思えませんが…。
先の事も考えず、お金を使った人は貯蓄ゼロ↷
挙句の果ては国民の税金である生活保護に頼ります。

紙飛行機はちょっと同情出来かねますが如何でしょうか?
Posted by 紙飛行機 at 2018年08月07日 13:06
>先の事も考えず、お金を使った人は貯蓄ゼロ↷
貯金したくても賃金が安いため貯金も満足にできないのかもしれません
Posted by 市民 at 2018年08月07日 14:05
>貯金したくても賃金が安いため貯金も満足にできないのかもしれません

中にはそういう人も居るでしょうけれど、働く事が嫌いな人や賭け事が好きな人、また、賃金が安いのに、高級車・ブランド品等を欲しがり、借金してまで自転車操業を繰り返している人も少なくないようです。
なので、一概にアベノミクスのせいとは言い切れないのではないでしょうか?
Posted by 紙飛行機 at 2018年08月07日 14:47
5
糞チョン四つ葉(反日在日朝鮮人)>『働く事が嫌いな人』だ?
それ、お前じゃん『怠け者の反日在日朝鮮人』よ!!それに、お前は生活保護受給者だろ、四六時中監視し張り付いて『北朝鮮マンセー』している十分過ぎる暇が有るんだから働けよ!!(病気で働けない訳じゃねぇんだろ)
我が国の選挙権も無い『怠け者の反日在日朝鮮人』のお前が我が国の政に口を出すな(内政干渉)
政を語りたいなら、祖国北朝鮮に帰国して好きなだけやってくれや!!

Posted by 桜花 at 2018年08月07日 16:39
奈良県某所ですが、栃木県や福島県でもこんなん沢山あります。
https://twitter.com/CrisistaLIMITED/status/1026085473028956162
地滑り起こしたらどーすんのよこれ!
下の集落で死人が出たら凶器は大量の太陽光パネル。
メガソーラー運営会社は人殺し企業ということでよろしいですね。
#メガソーラー建設反対
#メガソーラーいらない


この前の大雨の時広島では地滑り起こしました。
マスコミは報道してませんね。
福島に同様の件あれば瀬戸さん写真撮っておいてください。
Posted by 湧別 at 2018年08月07日 19:54
↑正論です。

3年前の茨城での災害は、住民の話を聞かず、勝手にソーラーパネルを設置した事により、堤防決壊し、大惨事になったとのこと。


その時被災した水海道は、両側田んぼに294号?だったか、国道が走っている地域だったよね。


私の住んでいる地域も元々が田園地帯。
江戸時代に堰を築いて氾濫から助けてくれた偉人もいたが…。

田んぼや川が有るからじゃない?と思っている方々も多いと思う。


雨量が増えた事も有るだろう。


でもコメ欄や記事をを読んで思うのは、やはり、田んぼが少なくなったからだと思う。


だから、田んぼを増やすか、排水路を増やすか?ではないかと思う。


我が県だけでも、大雨の浸水被害は、元々田んぼの多いところばかりだからね。


数年前に提言していた先生はすごいと思うし、何代にも渡る農家の血筋ならではだと思う。


Posted by 雪 at 2018年08月08日 04:14
この時期だからまた書きます。
活動家は「被爆遺伝で苦しむ二世三世がいる」から「福島で被曝した人は子供産めない」とか言いますけどもね。被爆二世55年以上やってますが、被爆由来の遺伝で苦しむ人なんて一人も見たことないです。
不摂生が祟って生活習慣病に罹る奴はいますけどね。
https://twitter.com/Peta_hiraishi/status/1027132812938293248
Posted by 福島 at 2018年08月09日 16:04

コメントする

名前
 
  絵文字