2019年05月27日

川崎市令和元年・第一回勉強会

川崎市令和元年・第一回勉強会

 今後の川崎闘争を皆様と討論

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

京都朝鮮第一初級学校(京都市南区、現在は京都朝鮮初級学校=伏見区)に対する「在日特権を許さない市民の会」(在特会)によるヘイト襲撃事件から10年近く経過しました。この事件については、ヘイトスピーチは不法行為に該当すると最高裁が決定、民事訴訟(在特会に約1200万円の損害賠償を命じる判決=2014年12月)のほか刑事訴訟(威力業務妨害罪と侮辱罪で有罪)が12年2月までに確定し、こうした判決を受けて16年6月には「ヘイトスピーチ解消法」が施行されました。が、その後もヘイトスピーチ(差別・排外扇動表現)やヘイトクライム(差別・排外扇動犯罪)はあとを断っていません。
 
kawa9
画像上:5月26日(日)、川崎市教育文化会館にて『ヘイトスピーチを考える会』(佐久間吾一代表)の主催による勉強会が開催された。20人ほどが参加して今後の川崎における戦いの方針などを話し合った。

 無告知での開催なので、どうしても参加者は少なかったが、これからも一切外部には告知することなく、仲間同志だけへ通知して定期的に開催して行きます。

 有門大輔さんが写真を撮って既にブログで掲載していたので、そこから引用して説明を行ないます。

★画像ご紹介!

kawa
画像上:ヘイトスピーチを考える会の代表として、先の川崎市議選を戦った川崎区に住む市民として挨拶する佐久間氏。確かに佐久間さんの得票は当選には遠くおよばなかったが、900人を超す川崎区の市民が投票した。

 この900人が残念ながら誰なのか?我々も当の本人も知らない。しかし、その人達を見つけ出し後援会に入って頂くことが、次の選挙や今後の川崎市の戦いに重要となります。

 先日、川崎正論の会が開催した講演会に二人で参加したのもその為でした。そこで数人の佐久間さんに投票した方とお会いして連絡先を教えて頂いた。昨日も川崎区にお住まいの方で佐久間さんに投票した方が5名ほど参加しました。

 少なくとも佐久間吾一さんに投票した10名近くの方と連絡が取れ、「ヘイトスピーチを考える会」は『ヘイトスピーチを考える川崎市民の会』として川崎市川崎区に住む人達によって再出発することになりました。

 表立って活動できないので、集まりは今後も告知なしで行ない、役員も含めて会員の氏名は公表しません。これまでこのヘイトスピーチを考える会の役員を務めていた私や川崎市民以外の方は、今後別組織を設立し活動を行ないます。

 全国組織を目指す『社団法人・自由社会を守る国民連合』の川崎支部という名称で川崎区に限定せずに川崎市にお住まいの方に参加を呼び掛けたいと思います。

kawa2
画像上:五十六パパさんこと津崎尚道氏。

 なんと言っても今回の川崎市長に対する国家賠償請求・損害訴訟を求める裁判の主役であり、昨日より正式に我々の陣営に参加しました。津崎尚道さんがこれまで川崎で戦って来たのは、左翼や在日朝鮮人によって事実上支配された川崎を日本人の手に取り戻す為でした。

 ヘイスピーチ対策法が施行されてからは、悪の代名詞のように言われ続けて孤立無援の戦いをやって来ましたが、昨日より佐久間吾一さん、そして津崎尚道さんと私の3名で戦うことになります。

 主に裁判闘争が主で街頭におけるデモや街宣はすぐには行ないませんが、裁判が始まればその報告会などを定期的に開催し、川崎市民の方や支援者との討論などを経て戦いの輪を広げていきたいと思います。

kawa3
画像上:私が皆様に紹介しているのは、福田紀彦・川崎市長が前回の川崎市長選挙に出馬した際に市民に配った「マニフェスト」です。11項目の約束がなされていますが、この政策公約には左翼や在日勢力が同市に求めているヘイト規制条例の制定などどこにも書いていません。

 差別の「差」の字もありません。にも関わらず今回この左翼や在日朝鮮人が成立を目指す「日本人への言論弾圧」条例に前向きな発言が見られます。

 日本国憲法では、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」となっており、別途法律や条例を以ってこの「自由」に規制を掛ける事はできません。

 それは絶対に阻止しなければなりません。規制や罰則を伴う条例の制定など認めるわけにはいかない。確かに自治体でタバコのポイ捨てや犬のフンを放置することを禁じ罰金を課している所もあるかも知れない。

 しかし、
「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」

 これをタバコのポイ捨てや犬のフン扱いと同じに扱うことなど許されない。よって我々としては条例の制定が強行されれば直ちに福田市長のリコール運動を開始したい。

4年後の市議選を待っているようでは間に合わず、闘争の焦点を2年後の川崎市長選に絞るとことを宣言させて頂いた。

後は有門大輔氏のブログより転載

kawa4
画像上:質疑応答で応える3名の講師陣

kawa5
画像上:自身らによる「朝鮮学校への補助金返還請求訴訟」の経過について語られた川崎市民の永井清之

kawa6
画像上:朝鮮学校への公金支給は補助金に限らず、あらゆる形態で行なわれており、神奈川県はその事実を隠蔽していることと、外国人市民代表者会議の存在に言及した高橋賢一

kawa7
画像上:もう一つの川崎問題と言える同市麻生区におけるカルト『創価学会の新会館に言及した中田聡
同会館の建設問題については当ブログでも再三言及してきたが、熾烈な地元住民の反対運動もあってか、創価学会サイドはかなり遠慮した運用にとどまっているという


kawa8
画像上下:先の統一地方選にて相模原市より立候補した中村かずひろ氏(『日本第一党』神奈川県本部代表)

中村氏がかつて川崎市に来てまず驚いたことは公衆トイレに「ここで髪を洗わないでください」と注意書きがされていたことだという!
同じ神奈川県でも他の市では見られず、そこまで逐一言わないと通じない多文化共生の難しさを自身の海外生活をも踏まえて話された。
外国では日本人が伝えた「綺麗にする(掃除する)」が通じず、現地スタッフがペンキを塗って綺麗(?)にしたという目撃談も。
その他、『日本第一党』の選挙公約として、改めて「移民阻止」に沿った主張を展開し続ける決意を表明!
kawa11

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

新刊本の発売告知

連帯ユニオン関生闘争記
2019年3月15日 全国書店一斉発売
tankoubon
この自著のサイン入り本を直接皆様にご購入を呼びかけております。
ぜひとも、皆様のご支援をお願いします。

 書店では1400円プラス消費税が入って1512円という価格ですが、ブログで販売する場合は消費税抜きの1400円として送料は無料とさせて頂きます。ご注文頂いた本には注文した方の名字と私の署名が入ります。私は字がかなり下手なのでいらない人は申し出て下さい。

例  ◯◯さんへ  せと弘幸

 いつもと同じようにメールにて受付をしますので、よろしくお願い申し上げます。

〈目次〉
第一章 武建一討伐宣言
(1)なぜ、連帯ユニオン関生支部の退治だったのか?
(2)「連帯ユニオン関生支部」とはどんな組織だったのか?
(3)辻元清美議員と連帯ユニオン関西生コン支部との関連
(4)福島瑞穂議員と関西生コン支部
第二章 ゼネストと威力業務妨害事件
(1)大阪広域生コンクリート協同組合との出会い
(2)「武建一討伐運動」の始まり 平成30年元旦に宣言
(3)連帯ユニオン関生支部の被害者の声
(4)労働運動と巨額な金
第三章 主戦場となった和歌山
(1)和歌山において連帯ユニオン関生支部が大暴れ
(2)嫌がらせの発端とその後の戦い
連帯ユニオン関生支部瓦解へ大きな前進! 和歌山・湯浅……有門大輔
生コン業界の人々(経営者、社員)の英断と実行力の賜りものだ
和歌山県での生コン業界をめぐる当時の情勢
和歌山県内で横暴を極めた連帯ユニオン関生支部
湯浅生コン常駐の使命と任務!
連帯ユニオン関生支部脱退の狭間で
ある元組合員の決断と勇気!
(3)和歌山から追い出された連帯ユニオン関生支部
タブーだった「巨悪」との戦い
連帯ユニオンとの闘いの火蓋が切られる!
連帯労組の監視車に遊説隊が猛抗議
(4)ついに連帯ユニオン関生支部は和歌山で敗退
第四章 ついに連帯労組・関生支部に強制捜査
(1)3月には東京で討伐報告会開催
(2)ついに連帯労組・関生支部の拠点・川口会館に強制捜査
(3)4月反転攻勢を掲げた関生支部
武執行委員長必死の反撃
第五章 エム・ケイ運輸及び連帯ユニオン近畿トラック支部との戦い
(1)エム・ケイ運輸との出会いからトラック撤去
エム・ケイ社長宅を訪問
連帯ユニオン近畿トラック支部に1500万円!
エム・ケイ運輸関係者の証言と福島瑞穂議員
(2)ストライキ解除までの長い道のり
(3)私へのガサ入れ、奈良県大和郡山署
第六章 滋賀県警の強制捜査と武建一執行委員長逮捕
(1)滋賀県警がついに動き出す
連帯ユニオン関生支部が滋賀県警を批判
(2)武建一執行委員長への包囲網・そして近づくXデー
(3)ついに武建一執行委員長逮捕とその後の話題
第七章 武建一執行委員長逮捕以降
(1)筆者側への家宅捜索
(2)完全に崩れた連帯ユニオン関生支部の描いたシナリオ
第八章 連帯ユニオン関生支部はどうなる?
(1)どこまで進む壊滅作戦
(2)抗議行動の展開と展望
(3)反権力の弁護団

せと農園からのお知らせ

5月14日、新しくりんごジュース200本追加で作りました。搾りたてのジュースはいかがでしょう。
ジュースやジャム、リンゴチップなどは→こちらです。fukushimaseto@gmail.com

ブログランキング
←ブログランキング応援クリックお願いします!



Posted by the_radical_right at 06:40│Comments(13)mixiチェック
この記事へのコメント

移民なんてのは、易易とは受け入れてはいけない。
江戸時代は、逆らえば切腹、討ち首でお仕舞いです。
その時代と現代と、一緒にしてはいけない。
フランスで外国人部隊があるのは、フランスという国家(革命)が国民を信用していないから、金で外国人を雇い国防を託しているのです。
ですので、外国人部隊には国籍を与えません。
傭兵、金銭の関係なのです。
日本は、独特な価値観の国です。
性善説で暮らせる特異な国なのです。



その特異性を無くそうとしているのが、昨今の日本政府やファーウェイが加入している売国日本経団連の政策、移民の受け入れなのです。
多文化強制で、外国人の受け入れに違和感を覚えさせない様にして、外国人を日本に移住させているのです。
外国人が日本に移住すると日本人の暮らしは貧困化が進みます。
昔は、頭数が経済の規模に比例していましたが、現代は頭数ではなく、技術力が経済の規模になります。
人手(人数)ではなく、技術の向上が国民の暮らしを豊かにするのです。
企業が必要な投資を実施していれば、外国人労働者なんてのは、必要無いのです。
必要無くなるのです。
安易に、外国人を受け入れては、いけないのです。
Posted by あつし at 2019年05月27日 07:20
本日開催された、大阪地裁201号法廷での裁判、法廷内で何か叫び、傍聴人から「黙ってろ」と怒られ、言い返そうとすると裁判官からも注意され、今にも泣きそうな顔で傍聴席に座る続けて渡邊(大笑)
大阪広域のガラ悪い連中といい、渡邊といい。まともな人間いないの?
ね、教えて?嘘つきの瀬戸先生とバカの大山副理事長
Posted by 教えて? at 2019年05月27日 12:57
お、連帯ヤクザが必死で書き込みかww
Posted by YP at 2019年05月27日 13:16
公衆トイレで身体や頭を洗うなと言う注意書きは昔新宿とかでも見かけました。多文化対策というより、ホームレスの皆さんへの注意だったのでは?
Posted by 鉄オタの端くれ at 2019年05月27日 17:21
5
…にしても
>この政策公約には左翼や在日勢力が同市に求めているヘイト規制条例の制定などどこにも書いていません
ということですから、この川崎の福田市長なる人物は初めから「ステルス」的に極左系の「市政」をなし崩しに構築するつもりでいたのかもしれません。そう考えれば色々とつじつまがあいますからね。(爆)
川崎市では表立って活動できない、とのことですが、まるで旧ソ連の「反体制知識人」のようなものじゃないですか。「反へイト条例」とやらに刑罰をもりこもうと必死の一部「市民」団体の動きも先に書かれておりましたが、刑罰には「強制収容所送り」とか市外・神奈川県外への「追放」といったトンデモ刑罰も盛り込まれかねませんね。(爆)
実際、こうした極左的な集団は「あいつはネトウヨだ、だから川崎に住めないようにしてやれ」などとする動きも見せそうです。いつの間にやら、神奈川県や川崎市はもう日本ではなく、ソビエト独立国、ということにもなりかねませんね。在日韓国人女性の活動家が有名ですが、沖縄でも同様の分離・独立の動きがあるわけですが、そうした憲法無視の「内乱」のたぐいはマトモな一般市民も決して許してはならないでしょうね。さもないと、先日の「尼港(ニコラエフ)虐殺事件」のようなトンでもないテロ事件も起きて来るでしょうから。
Posted by 日本第一党に乾杯!! at 2019年05月27日 20:37
選挙公約も見直した方がいいと思われます。N国党を見習った方がいいです。
Posted by 電気工事士 at 2019年05月28日 00:58
必要以上の「闘争」「戦い」などするものではない。
今の自由でなんでもできるの世の中を作ったのは英霊。

そして、企業恐喝やしのぎで生きてきた人の騒動で食ってきた人間たちを
第一党から排除しなければいけない。そもそも保守ではない。
これこそ保守の浄化であり日本の浄化である。
所詮金でしか動かない瀬戸さんを美化して信者のようについていくのは
非常に危険。優しい人ではあるけどそこに必ず損得勘定と計算と嘘のある人間。だから寄って来る人間をみてみればわかる。同じようなダークな人間。
前科もち。か、ちょっと心を病んだ人かな?。気づいた時には心を懐柔されて資金源にされていたのだと気づく。そうやって長年生きてきたのだろうがね?かわいそうな人だなとしか思えないけど、どうしようもないから袂を分けて自分はまっとうに生きていく次第です。せとさんや第一党には拒絶反応しかなくなりました。そういう人間も少なくないようです。
瀬戸さんは自分ファーストで他人への人間愛は皆無に等しいしペテン師のようなところがありますからね。どうしようもない。

 その年になったら変えられないでしょうから、せめてちゃんとした党員は
きちんと守り、誘導しないでほしい。立候補者の家族たちが大反対して家庭不和になっている事実もよく考えてほしい。口八丁手八丁もみな見抜いてきて離れていく人も多いなかこれ以上支持者を減らさないように生き方を見つけてほしい。ま。無理だろうが。自分はこれにて退会しますが、良き日本になるようにあとはよろしくお願いします。


Posted by 英霊に感謝するなら at 2019年05月28日 04:54
▼小学生女児ら刺され16人負傷 1人死亡、1人心肺停止 身柄確保の男は死亡
http://news.livedoor.com/article/detail/16528190/

▼「ぶっ殺してやる」 現場に響く男の声 子供らは言葉失い立ち尽くす 川崎殺傷事件
http://news.livedoor.com/article/detail/16528189/

▼トランプ氏「被害者と家族に哀悼の意」 川崎襲撃事件で
https://www.sankei.com/world/news/190528/wor1905280012-n1.html

▼菅官房長官、川崎襲撃「大変痛ましい」 
https://www.sankei.com/affairs/news/190528/afr1905280017-n1.html
Posted by 速報の紙飛行機 at 2019年05月28日 12:37
>>英霊に感謝するなら

貴君の書き込みには具体的な事例が何も無い。
こういう「ある種の人たち」と同じ書き方は避けられるべきです。
Posted by 烏 at 2019年05月29日 01:30
よくわかんないけどね?

鳥さんもあの手の書き込みペテン師かな?あほ。
Posted by ある種の書き込み at 2019年05月30日 03:51
あほ。選挙で大敗したんだからね。
一般市民は見向きもしてないってこと。
Posted by 実績だしてから物をいえ at 2019年05月30日 03:52
在日特権で有名になった「日本第一党」なんですから、いくら安倍叩きをしても一般人は無反応だと思います。
そして保守層にとっても期待外れだったのではないでしょうか?
正直、「日本第一党」は能無し野党と同じレベルに成り下がってしまったような印象です↷
最近では、自民党の若手地方議員でも外国人の生活保護等の問題を訴え始めていますから、今後は「日本第一党」の価値が益々薄くなって来るのではと思いますが。

Posted by 紙飛行機 at 2019年05月30日 07:32
>自民党の若手地方議員でも外国人の生活保護等の問題を訴え始めていますから

 ↑ この議員さん、今回の地方選で当選しています。
Posted by 紙飛行機 at 2019年05月30日 09:33

コメントする

名前
 
  絵文字