2019年08月10日

久しぶりの神奈川新聞紹介

久しぶりの神奈川新聞紹介

 差別を作り出す北朝鮮(朝鮮総連)の手先

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

パブコメに賛同意見を 条例制定で罰則化

    時代の正体
    ヘイトスピーチ

時代の正体 神奈川新聞  2019年08月09日 05:00

 ヘイトスピーチの根絶はデマとの闘いでもある。虚言、捏造(ねつぞう)をセットに差別扇動は効果を増す。存在しない「在日特権」を持ち出し、朝鮮人が優遇されているせいで日本人が割を食っている、だから朝鮮人をたたき出せという手法が差別主義者の恥知らずぶり、卑劣さをよく表している。

 ヘイトスピーチを犯罪として処罰する川崎市の条例ができては困るレイシストが、やはりデマを用いて攻撃を仕掛けている。極右政治団体「日本第一党」の最高顧問瀬戸弘幸氏は、条例へのパブリックコメント(意見公募)に反対意見を送るようブログで呼び掛けている。いわく「在日特権条例が成立したら、在日朝鮮人が大手を振って、日本人はおびえて暮らす街になる」。マイノリティーを敵に仕立てて排斥するヘイトスピーチの卑劣は繰り返され、インターネット上では「日本人差別条例」「言論弾圧」というでたらめが拡散する。福田紀彦市長は会見で「素案を見ていないと思われる意見がかなりある」と明かしたが、条例阻止と在日市民への攻撃が目的である以上、素案を確かめる必要などないのだ。

以上



 ようやくパブコメ騒動も終わった。日本人に刑事罰で罰金50万円というこの条例は警察や検察との協議なしには本来行なえない。なぜならば、取り調べは警察や検察が行なうからです。

 以前にもブログで紹介しております。


9Eqy39gB_400x400  6月25日

条例の罰則には一定の限界があり、過料などの秩序罰は自治体の範囲で課せられるとは思いますが、刑罰になれば、刑法体系に入ってくるので検察との協議が必要となってきますが、検察協議できたということでしょうか???



伊藤組新規事業部長兼札幌国際エアカーゴターミナル(SIACT)常務取締役。 1993年4月自治省に入省。これまでに山梨県、総理府、地方公務員災害補償基金、厚生労働省、札幌市企画課長、春日井市副市長、自治大学校研究部長・教授の勤務経験あり。趣味は映画鑑賞、読書、マラソン、旅行&飲酒。酔狂でゴルフ?家族は子ども二人

 本間奈々氏の経歴は以上です。地方自治の専門家です。専門家の意見も聞かずにただやみくもに在日朝鮮人(北朝鮮系)の要請を受けて、突っ走る福田紀彦市長には驚愕するばかりです。

 以上

 私はこの方のご指摘が一番的を射ているものと思っています。検察との十分な協議もせずに行政が勝手にこのような条例を作り、取り締まりは司法に任せるなどと言っても、結局は何も出来ないでしょう。

 そもそもが所謂ヘイト解消法などと言っても定義は曖昧で、何を以ってヘイトなのかも分からない。神奈川新聞の石橋学記者が言うには、私は確信的な差別主義者でヘイトを繰り返してきた人間とされている。

 しかし、私がいつヘイトをしたのか?と聞いても具体的には何も答えない。ただ、そのように決めつけているだけであり、自分の発言の根拠さえも示せない有様だ。

 この条例は極めて日本国憲法で認められた、日本国民の言論の自由を脅かすものであり違憲性が強い。国で成立させた所謂ヘイト解消法なるものは、国民に向けたものではなく、それに国民が縛られることもない。

 地方自治体などにそれを守るようにさせてはいるものの、何度も言って来ましたが、国民一人一人には守る義務を課してはいない。ただ、公共施設での言動などにおいては守らなければならない。

 しかし、今回の場合は国民に対して罰金50万を課すもので、これが可能ならばもう日本は共産主義の独裁国家の仲間入りを果たすことになってしまいます。

 神奈川新聞の記事を見ていく。

存在しない「在日特権」
 
 川崎で成立させようと在日朝鮮人が企むこの条例こそが、「在日特権条例」そのものであり、それを私が具体的に指摘しているにも関わらず、それに対する反論も見当たらない。是非、反論をしてみてはいかがか?

 在日側のヘイト発言は許される。何故ならば在日朝鮮人は日本社会における少数派であり、日本人は多数派だから・・・との理由で在日朝鮮人側の言葉だけが優先される。

 今回の件で読者からこのようなメールを頂いております。ご紹介しておきます。

 
----------------------

8. 素案の1「条例制定の背景」には、平成28年7月、市長が、「川崎市人権施策推進協議会」に対し、「ヘイトスピーチ対策に関すること」につき優先審議を依頼し、同年12月に、同協議会が、市長に対し、「人権全般を見据えた条例」の制定を求める提言を提出した旨の記載がある。同協議会の「多文化共生社会推進指針に関する部会」

(http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000077287.html)の顔ぶれをみると、「孔敏淑」および「羹電戞廚覆覲姐饋佑箸ぼしき名前がある。孔敏淑氏については、2013年6月13日付の在日本朝鮮人総聯合会(北朝鮮下部組織)機関紙である朝鮮新報の記事(http://chosonsinbo.com/jp/2013/06/sesede_1306-4/)、羹電抻瓩砲弔い討蓮∪邵蟷團ΕД屮汽ぅ汎發痢崑茖臆鵝悗佞譴△ご曚里△罎漾戞廚搬蠅垢覽事(http://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/cmsfiles/contents/0000026/26446/23kouza02.pdf)にその名前があり、両氏とも在日韓国・朝鮮人であることはほぼ間違いないと思われる。

そもそも「多文化共生社会推進指針に関する部会」全5名の委員中2名が外国籍の人間であることが異常であり、その人選の中立性には強い疑問を抱かざるを得ない。のみならず、日本人の表現の自由や思想・良心の自由等の制限を伴う公権力行使に関わる地方自治体諮問組織の委員に特定の外国籍の人間を就かせることは、我が国の行政に対する外国(本件の場合は北朝鮮となると思われる)の介入を招くおそれがあるばかりか、憲法第1条にいう「主権者たる(日本)国民」の地位を脅かすものであり、違憲というほかない。


9. 上記8に加え、下記リンク先のブログおよび動画によれば、羹電抻瓩慮紊法崟邵蟷圓佞譴△ご曄廚隆枋垢鯡海瓩浸葦栽多佑覆訖擁について、平成30年6月3日に開催される予定であった瀬戸弘幸氏主催の講演会の妨害を扇動し、その開催を中止に追い込んだばかりか、自ら後援会参加者に対して暴行を働いたことが報告されている。このような暴力的人物を長としていた団体の元館長(羹電抻瓠砲「川崎市人権施策推進協議会」の部会委員を務めていることについて、その人選の妥当性を疑うとともに、その提言なるものの正当性についても重大な疑義を抱かざるを得ない。

 
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53287072.html


http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2018-07-15.html

https://www.youtube.com/watch?v=J80RAErOUks

https://www.youtube.com/watch?v=yqfZjKMxnEA

  
freedom
画像:機関紙フリーダム最新号

機関紙『FREEDOM』の第2号が完成しました。1面2面3面は「川崎港火災船処理」と不正入札理問題です(実物はカラーではありません)。

川崎市での戦いの為には費用など資金が必要となりますが、それはこの購読代金でカンパして頂きたいと思います。

年間購読料は3,600円となります。

お申し込みはメールにてお願いします。fukushimaseto@gmail.com



IMG_20190808_115350(1)



















 まだ暑いので本格的活動は9月からになりますが、これで川崎市長を更に追い込んで行きます。裁判の再開に向けて頑張ります。街宣車を見たら手を振って下さい。新聞をお渡しします。

せと農園からのお知らせ 


ジュースやジャム、リンゴチップなどは→こちらです。

※りんごチップは売れきれました。凍結乾燥りんごスナック菓子はまだあります。

ありがとうございました。


 冷凍保存してある落花生は→こちらです。

fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!


Posted by the_radical_right at 06:58│Comments(15)mixiチェック
この記事へのコメント





↓↓↓動画です 12分ですので必ずみてください これが彼らのフントの歴史です=かれらの正体です 何日もかけて何ヶ月もかけて何回もみてください
ロスチャイルドとハザール・マフィアの悪行 【カザール・ユダヤ・シオニスト・英国・虐殺・バビロン】
https://www.youtube.com/watch?v=bTJ1QzZ0b1o
Posted by さときゅう at 2019年08月10日 07:43

 では、なぜ目の前にいるひとりの社員との出会いと縁を「有り難い」と思えるのか。それは、その経営者に、確固たる死生観があるからです。すなわち、「人は、必ず死ぬ」「人生は、一度しかない」「人は、いつ死ぬか分からない」という3つの真実を見つめ、腹に据える死生観があるからです。

 死生観を持つと、「一度かぎりの人生で出会った、目の前の人も、かけがえのない人生を生きている」「そうであるならば、この出会いを大切にしよう」と思えるようになります。言葉を換えれば、自分の人生のかけがえのなさを知っている人だけが、人の人生のかけがえのなさを知ることができるのです。

 しかし、残念なことに、最近の企業の経営者は、“ウォールストリート型資本主義”の影響を受け、社員や顧客というものに対する深い眼差しを忘れてしまっています。「企業収益を最大化し、株価を上げること」だけが経営者の役割だと思い込んでしまっている。確かにそれも大事なことですが、預かっている社員に対して、どれだけ深い思いを持っているのか。縁あって巡り会った顧客に対して、どれほど心を込めて接しているのか。企業経営において、その大切なことを忘れてしまっている。

 
Posted by 小林 at 2019年08月10日 08:02


 「営業の部門を強化するために、営業マンをあと20人雇おう」といった“機能”だけを考える経営は、やがて行き詰まるものです。かつて松下幸之助氏は、不況においても、社員を解雇せず、工場の草むしりをしてもらっても雇用を継続したというエピソードがありますが、これはまさしく社員の人生を思っての考えなのでしょう。

 こうした日本型経営の思想は、現在のアメリカ型資本主義から見ると非合理的な経営と思われていますが、しかし、現実には、アメリカ型の経営手法の方がすでに壁に突き当たっています。私は、これからの時代には、世界各国の経営は、人間を大事にする経営へと原点回帰していくと思っています。そのとき、日本型の経営と日本型の資本主義が、再び世界から注目されることになるでしょう。
Posted by 義崇 at 2019年08月10日 08:03
「他人に迷惑をかける表現は表現の自由の保障に含まれない。」という考え方がどれだけ危険なものか、憲法を少し勉強すればわかります

---

ヘイトスピーチ規制
罰則定めるのには躊躇する。
警察に表現規制を委ねるのは危険だ。
Posted by 96 at 2019年08月10日 08:53
「どんな意見も表現の自由によって守られるべき」などと宣うヘイトモンスターネトウヨは気付いてないみたいだけど、既にこの話で左派の一部は表現の自由の逆にいますからね。
自分達の正義の言論は保護優遇され、(差別に当たらないようなものまで)右派的な悪の意見は弾圧されるべきという論調ですよ今。
2019年8月9日
https://twitter.com/Conscript1942/status/1159802312723877889
Posted by ツイ at 2019年08月10日 08:54
>福田紀彦市長は会見で「素案を見ていないと思われる意見がかなりある」と明かしたが、条例阻止と在日市民への攻撃が目的である以上、素案を確かめる必要などないのだ。


言論、表現の自由を否定する憲法違反であることは誰にでもわかるので素案を確認する必要はないのである。


●民事訴訟の可能性。

↓↓

k>本間奈々さんが石平太郎をリツイートしました
条例の罰則には一定の限界があり、過料などの秩序罰は自治体の範囲で課せられるとは思いますが、刑罰になれば、刑法体系に入ってくるので検察との協議が必要となってきますが、検察協議できたということでしょうか???


>私はこの方のご指摘が一番的を射ているものと思っています。検察との十分な協議もせずに行政が勝手にこのような条例を作り、取り締まりは司法に任せるなどと言っても、結局は何も出来ないでしょう。


条例には限界があるにしろ、石橋サイドの人間からは条例に該当するとされた者、グループに対して民事訴訟が起こされる可能性がある。

在特会は公園不法占拠への抗議活動で1000万近くの支払い命令を受けたのでは?

Posted by 野崎 at 2019年08月10日 09:58
>「日本人差別条例」「言論弾圧」というでたらめ
内容を見ると日本以外の国籍のみが、本条例案の保護対策なのだから、日本人差別と認識されるのは当然のことで、この石橋記者というよりも活動家の発言こそがでたらめ。

条例案に記載されている様に、国籍によって差別してならない、としているのに日本人を差別する理念と矛盾する内容となっています。
Posted by まこ at 2019年08月10日 10:12
5
山本太郎「障がい者議員で牛歩戦術をやります!」という趣旨の最低発言。
– 政治知新
https://seijichishin.com/?p=24382


山本新党は障害者を利用しているだけなのが露呈。
ALS患者は喀痰吸引が遅れると死亡したり大事故に繋がる。
山本太郎氏は本当に重度障害者のことを分かっているのだろうか?

山本太郎氏、6年前は福島の食材を食べると内部被曝で死ぬと喧伝し、絶望的な放射能汚染の恐怖を盾に参議院議員に。
今回は重度障害者を利用したり、このままだと大企業優先の政策で国に命まで取られるぞと絶望的な未来への恐怖を煽り参院選で訴えた。
この恐怖を煽る手法は新興カルト教団そのもの。
Posted by jun at 2019年08月10日 10:32
石橋学記者(偏っていますがなにか・・・)
今度はどんな顔して 何を言うのか  どの口で

石橋学記者は今話題の津田大介連中と似ています。
日本に居ながらにして日本を貶めかき乱す。
生まれた国を愛せない人は不幸な人だと思います。
また、日本に普通に共生している帰化人からも迷惑がられている。
どちらからも嫌われる事を一生続けていくのですかね。
共に生きよう。仲良くしようって言ってることとやってる事が矛盾している。
もういい歳だけど一刻も早く気が付いて下さいと言いたい。
普通に在日している外国人などを日本人は嫌ったりしない。
溝が深くなるような言動。無駄な時間を送らないで欲しい。


※皆さま暑さの中で活動ありがとうございます。
瀬戸先生は大阪神奈川福島と飛び回っていらっしゃいますが、お体ご自愛下さい。
Posted by 由良 夕凪 at 2019年08月10日 14:16
>>存在しない「在日特権」
>川崎で成立させようと在日朝鮮人が企むこの条例こそが、「在日特権条例」そのものであり、それを私が具体的に指摘しているにも関わらず、それに対する反論も見当たらない。是非、反論をしてみてはいかがか?

「よし、異議なし!」ですね。
神奈川新聞「時代の正体」執筆者は、己が言説に誇りがあるならこの指摘に反論すべきでしょう。
反論しないなら「時代の正体」など無駄な連載ですから、神奈川新聞のコストダウンのためにも直ちに終了させるべきです。
Posted by 市民 at 2019年08月10日 14:19
>インターネット上では「日本人差別条例」「言論弾圧」というでたらめが拡散する。
北朝鮮の対日ヘイト教育には批判も非難もできずに、日本国内では北朝鮮批判をすれば、それをもって「ヘイト」として断罪し罰金50万を課すならば、これこそ正に在日朝鮮系が目論む「日本人差別条例」「言論弾圧」と見做されても致し方ないでしょう。

在日朝鮮人の黒歴史
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

在日朝鮮統一民主戦線
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%B0%91%E4%B8%BB%E6%88%A6%E7%B7%9A

中核自衛隊
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A
Posted by 市民 at 2019年08月10日 14:30
>神奈川新聞の石橋学記者が言うには、私は確信的な差別主義者でヘイトを繰り返してきた人間とされている。
>しかし、私がいつヘイトをしたのか?と聞いても具体郵政民営化的には何も答えない。
>ただ、そのように決めつけているだけであり、自分の発言の根拠さえも示せない有様だ。

これでは件の「人士」は言論人としてサイテーのデマゴーグと見做されても致し方のない在り様ですね。
言論界にデマゴーグは必要ないのです。こんなものは「百害あって一利なし」の有害物でしかありませんし、有害物の混入は言論界を腐らせる事になりますから、こうした有害物を腐敗物と見做して、言論界健全化のためにも早急に投棄すべきものと考えますが、果てさて如何なものでございましょうや(微笑)
Posted by 市民 at 2019年08月10日 14:50
訂正
誤:具体郵政民営化的
正:具体的

失礼しました。
Posted by 市民 at 2019年08月10日 20:23
せっかく韓国本家をホワイト国から外したのだから、
日本内の待遇もホワイト特権を外そう。

朝鮮民族の優遇ばかりが叫ばれているのに、何が多文化共生なのかわからない。
Posted by 日本内もホワイト特権やめよう at 2019年08月11日 09:09
あいちトリエンナーレで
パヨクが言論弾圧などと喚いていますが
芸術であればヘイトではないと云うのであれば
福田市長の写真を燃やして
アートであると宣言すればヘイトではないのでは?
この様な戦略も保守側でも採用すべきではないでしょうか?
Posted by kenic2 at 2019年08月11日 17:14

コメントする

名前
 
  絵文字