2019年08月11日

「南北経済協力」で日本を追い抜く

「南北経済協力」で日本を追い抜く

文韓国大統領の妄想を国民は信じるのか?

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

文大統領「南北経済協力で一気に日本に追いつける」 首席補佐官会議で発言

 韓国の文在寅大統領は5日、大統領府での首席補佐官会議で「(北朝鮮との)南北経済協力で平和経済が実現すれば、われわれは一気に日本の優位に追い付くことができるッッッ!!」と述べた。

 日本政府が輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外することなどに関する発言で、南北共闘で日本に対抗する意向を示したかたちだ。

 文氏は「日本は決してわれわれの経済の跳躍を妨げられない。むしろ経済強国となるためのわれわれの意志を、より大きくする刺激になる」と強調。その上で「今回のことを経て、平和経済が切実であることを再確認できた」と述べた。

 文氏は「日本経済が韓国よりも優位にあるのは経済規模と内需市場だ」とも語った。さらに、「日本政府は痛ましい過去を踏みにじり、互恵協力的な韓日関係を発展させてきた両国国民に大きな痛手を与えた。『過去を記憶できない国、日本』という批判も日本政府自らが作っている。国際社会の批判も非常に大きい」と歴史問題を持ち出して日本を批判した。

 その一方で「平和経済こそが、世界のいかなる国も持ち得ぬわれわれだけの未来だとの確信をもち、南北が共に努力していくとき、非核化とともに朝鮮半島の平和の上に共に反映できる」と指摘。「韓国は道徳的優位を基盤に成熟した民主主義の上に、平和国家と文化強国の地位を高め、経済強国として新しい未来を開いていく」と訴えた。

【ソウル=名村隆寛】2019.8.5 18:00
https://www.sankei.com/world/news/190805/wor1908050013-n1.html

以上

 だったら日本に関してもう無視して北朝鮮と勝手にやってれば良いではないか? 何かにつけて日本に対して文句を言っていないで、さっさと北との経済協力を進めれば良いだけの話だ。

 しかし、今の北朝鮮という国家の一体どこが良いというのか? 日本にいる在日朝鮮人にも問いたい事だが、あのような三代にも渡る独裁政治体制を素晴らしいとする考えがまったく理解出来ない。

 神奈川新聞の石橋学記者や有田芳生議員などは、北朝鮮を訪問して素晴らしいと褒め称えているが、本当に心の底から今の日本より優れている政治体制などと考えているのだろうか?

 国民を飢えさせ、先軍政治などと言ってはミサイル発射や核開発に突き進む国家体制を支持する極左の考えは信じ難いものだ。そんなに素晴らし祖国であるならば、在日朝鮮人は今すぐにでも祖国に帰って、北朝鮮の為に努力すべきなのではないか?

 この文大統領の言葉というのは実は本気なのだと思う。それは北と南が統一して、日本の経済力を上回るなどと考えている訳では決してなく、もっと日本にとっては恐ろしいことを考えている。

 統一朝鮮が日本の経済力を凌駕するのではなく、統一朝鮮が軍事力で日本を上回り、その力で日本を屈服させるという野望が達成できるとの話だろう。その時には日本国内にいる在日勢力も加えて、日本を完全に支配するという願望の表われでしかない。

 そのように考えるのが理にかなった思考であり、朝鮮民族特有の日本民族に対する積年の恨みがあるからではないのか? 本当に迷惑どころか、恐るべき思考と考えます。

 非現実的な妄想話と言うよりは、単なるアホの見本のような発言でしかありません。これを実現するのは韓国と北朝鮮が平和的に統一されるという困難な問題があります。

 それが簡単に出来ると思うその思考が問題なので、北朝鮮が3世代に渡る独裁政治を変えることなどありえません。朝から思わず笑ってしまいました。

 
  

戦いの狼煙をあげよ! 反天連撃退デモ

戦いの狼煙をあげよ! 反天連撃退デモ

本来は静かに過ごすべき日ですが、
毎年、英霊と天皇陛下を侮辱する反天連のデモ行進が靖国神社の目の前を通ります。

命を賭して日本を守った先人たちを侮辱するデモ行進など行われて良いはずがありません。

来るべき極左暴力集団との戦いの狼煙をあげ、
これに徹底した抗議活動を展開する意思を示し、「日本を好きだと言って何が悪い!」と訴えるためにデモ行進を敢行します。


【日時】
令和元年8月15日  
    11時30分集合
    12時 黙祷後に出発

【場所】
神保町愛全公園
https://www.bing.com/maps?q=%e7%a5%9e%e4%bf%9d%e7%94%ba%e6%84%9b%e5%85%a8%e5%85%ac%e5%9c%92&FORM=HDRSC4

【主催】
極左暴力集団から靖国神社を守る有志一同

【協賛】
東国保守の会

【現場責任者】
道添隆寛

freedom
画像:機関紙フリーダム最新号

機関紙『FREEDOM』の第2号が完成しました。1面2面3面は「川崎港火災船処理」と不正入札理問題です(実物はカラーではありません)。

川崎市での戦いの為には費用など資金が必要となりますが、それはこの購読代金でカンパして頂きたいと思います。

年間購読料は3,600円となります。

お申し込みはメールにてお願いします。fukushimaseto@gmail.com



IMG_20190808_115350(1)



















 まだ暑いので本格的活動は9月からになりますが、これで川崎市長を更に追い込んで行きます。裁判の再開に向けて頑張ります。街宣車を見たら手を振って下さい。新聞をお渡しします。

せと農園からのお知らせ 


ジュースやジャム、リンゴチップなどは→こちらです。

※りんごチップは売れきれました。凍結乾燥りんごスナック菓子はまだあります。

ありがとうございました。


 冷凍保存してある落花生は→こちらです。

fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!


Posted by the_radical_right at 05:21│Comments(20)mixiチェック
この記事へのコメント
5
せと先生、皆様、お早うございます。m(_ _)m

先生の仰る通りです。

南北朝鮮には、その道を突っ走り、日本には目もくれずに走りきって欲しいと思います。

日本にはアメリカを挟んでの協力関係が一番だと思います。

日本と韓国との関係にアメリカは懸念を示していますが、そもそもの間違いの始まりはアメリカの日本に対する対応と言うことを自覚して頂きたいです。

トランプさんはそれを理解している上で発言しているのかな?
だったら本当にいけずですね。

日本側は今の通りに断固たる意見を言い続けるべきです。

日本が強硬的姿勢を続けて損をするのはどちらかな?

なんか韓国はセメントの原料を徹底検査すると言っていますが、線量など捏造されないようご注意を!

反原発みたいにラジウム鉱石でも使っているのか?食品に近づけると線量計がおかしな数値になるなど捏造に気を付けなければなりませんね。

日本頑張れ!


Posted by 雪 at 2019年08月11日 06:47
民族の核と言ってる位ですから、赤化統一後は我が国を恫喝して意のままにジュウリンすると共に、米露支など周辺核保有国とも対等に渡り合えると夢想しているのでしょう。

瀬戸様が仰る様に、南北格差がここまで大きい中で統一しても東西ドイツ統一以上の国家負担になるでしょうし、現状の南の経済力では北の飢えたる2000万人の人民を食わせて行くことは困難と推測されます。とどのつまり、赤化統一がもたらすものは北鮮の領土が拡大しと飢えたる人民が増えるだけであり、日米はおろか露支にとっても危険な存在でしかなくなって行くでしょう。

愚生の考えでは、そうなる前に南で軍事クーデターが起き、文は処刑され日米に宥和的な軍事政権が樹立され赤化統一は回避されるものと見ています。ただ、現在の南は通貨安・外資引き上げに伴い外貨がしぼんでおり、第三の国家破綻が見えて来ている状況です。連中が国家破綻するのは結構毛だらけなのですが、我が国政府が一切の経済支援(IMF拠出を含む)をしないことを強く求めたいと思います。特に売国みずほ銀行の動きは常時監視すべきです。
Posted by 素浪人 at 2019年08月11日 08:29
文は家族を海外に居住させたとのこと。

文の目的は韓米分断、韓日武断、そして北との統一にある。
そこに合理的、理性的な思考、発想は無い。
つまり理屈抜きの狂気が内在している。

そうであればこそ文の今現在の反日言動、虚言は理解できる、それは政権維持の為の国内向け反日言動の次元を超えているからである。

いずれにせよ破綻する。
文はそれをもわかっていながらの、、である、よっての事前の家族の保全、
自らは朴前大統領と歴代の大統領と同じ運命をたどることを予感、覚悟しているとも見える。
Posted by 野崎 at 2019年08月11日 08:49
昨日夕方、靖国神社の近くで行われたキャンドルデモに抗議に行きました。
世間で言われているいわゆる右翼の街宣車は封じ込められ全く近づけなかったようです。
神社周辺では見かけませんでした。

知り合いの在日朝鮮人の人等と行ったのですが、デモ隊に向かって一人は両手で中指を突き立てていました。
恐らく彼も親が韓国人だったりするのでしょうが、同胞にその行為を行う姿を見て複雑な気持ちになりました。

彼らも「キャンドルデモに抗議に行った。」と、親しい在日の間でも大きい声では言えない雰囲気があると言っていました。
石橋学記者やシバキ隊のような過激な人々もいるので、日本で彼らが生きていくには試練難題がこの先も立ちふさがる。

キャンドルデモ(反天皇制運動)などという日本人の逆鱗に触れるようなデモは一刻も早く中止させるべきです。
Posted by 由良 夕凪 at 2019年08月11日 11:18
追記

キャンドルデモの一団の中に、黒いヘルメットでマスク姿の男が一人
なにやら「・・弾圧・・関西生コン・・」と書かれたようなプラカードを揚げているのがチラッと一瞬見えた。
警官隊に護衛されたデモ隊にまみれ目の前からあっという間に消えて行った。
Posted by 由良 夕凪 at 2019年08月11日 13:14
ムンは赤化統一後に日本に対して核を使う気満々でしょう。ジョンウンはアメリカのトランプ大統領から核を使うことを厳しく止められていますから使えないことを承知していますが、ムンはアメリカから特に止められている訳でも無いので使うことによる報復などに考えが及んでいません。むしろ「ウリナラの核」をどう使おうが勝手だと考えていることでしょう。
Chinaやロシアも朝鮮半島の核問題については日米に対して特に反対はしてこないように、核つきの赤化統一というのはとにかく危ないので、朝鮮半島の非核化は必須です。
Posted by Sat at 2019年08月11日 17:19
大韓民国などと御大層な国名を掲げているが
南朝鮮は北との内戦以降70年以上も収束できないでいる
東西冷戦の申し子ヴェトナムとドイツはとっくの昔に統一を果たしたというのに
これはもう能力の問題というしかない
それを日本のせいにして朝鮮戦争は日本からの独立戦争などと嘘八百を学校で教えているという信じられないほどの反日国家とは一日も早く断交すべきです
私は以前日比谷公会堂で開催された行動する保守運動の集会に参加しましたが、その時、瀬戸先生、村田先生と桜井現党首の対談で、「日韓断交は当分無理」とお二方が仰っていましたが、とうとう機は熟しました
千載一遇この機を逃さず断交一直線で行きましょう
Posted by kenic at 2019年08月11日 18:10
>「南北経済協力」で日本を追い抜く
>文韓国大統領の妄想を国民は信じるのか?
文在寅は大統領ではなく、現実を無視する左翼中二病患者の北朝鮮工作員がその正体でしょう。
そもそも文在寅は北朝鮮と経済協力を実行したとして、そこまで日本が韓国の通貨保証をするとでも考えているのでしょうか?
北朝鮮と経済協力する韓国の通貨保証とは、敵国に対する通貨保証をするに等しいのです。
それを考えれば、日本もそこまで甘くないでしょう。
尤も現政権が自民創価公明連立政権ですから、「敵国に対する通貨保証」と言うバカげた事をしないとも限りません。
Posted by 市民 at 2019年08月11日 19:01
>神奈川新聞の石橋学記者や有田芳生議員などは、北朝鮮を訪問して素晴らしいと褒め称えているが、本当に心の底から今の日本より優れている政治体制などと考えているのだろうか?
左翼中二病の「思考倒錯者」であれば、きっとそう考えているのでしょう、と言うかそのように心底信じ込んでいるのかもしれません。
マルクスを利用して巨万の富を独占するウルトラ・ブルジョワ一族が支配し、その一方で「一族の臣民」が貧困と飢餓に苦しみ、体制に文句を言えば容赦なく処刑される「第四惑星」のような体制を崇拝できるとするならば、これは常軌を逸した「思考倒錯者」としか考えられません。
Posted by 市民 at 2019年08月11日 19:18
アメリカ政府も日本の立場を支持しているようです。

日本の「解決済み」主張支持 米国 元徴用工問題 講和条約へ影響懸念
https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/030/305000c

韓国政府としては、どうしたらいいのでしょう。 もはや、日本と断交するしか手は残されていないような気がしますが・・・
Posted by cult_watcher at 2019年08月11日 20:34
なんか朝鮮人とかパヨクとか、愛知ナンチャラを開催した連中とか、怨念というバケモノが姿をなした感じで気持ち悪い。よくまあ、そこまで気持ち悪く他人を批判できるな。穢れてるという印象しがない。
Posted by 名無し at 2019年08月11日 21:06
>「平和経済こそが、世界のいかなる国も持ち得ぬわれわれだけの未来だとの確信をもち、
  南北が共に努力していくとき、非核化とともに朝鮮半島の平和の上に共に反映できる」と指摘。

>非現実的な妄想話と言うよりは、単なるアホの見本のような発言でしかありません。

せと先生の言われる通り、「アホの見本」。
元々一つの朝鮮だったのを内戦で2つに分断しておいて、平和、平和、って、アホとしてもアホすぎる。

ただ、日本も汚鮮されて「アホのハイパーインフレ」になってしまっている現実がある。
・NHKのスクランブル化問題
 公共放送として、多くの日本国民に支持される放送をしていれば、スクランブル化を恐れる必要などないはず。
 スクランブル化を否定することが、自らのアホをさらけ出しているのである。

・「失われた30年」の「経済学者」のMMT批判
 経済学者として多くの日本国民に支持されていれば、MMTを恐れる必要などないはず。
 MMTを「失われた30年の経済学」で必死に否定することが、自らのアホをさらけ出しているのである。
 何しろ、「失われた30年の経済学」の実績は「失われた30年」なので、
 MMTをその「後講釈経済学」で否定したところで、アホ以外に支持されるはずもない。

・大量懲戒請求問題での弁護士自治の自己否定
 これについては、以下に説明がある。
 「弁護士懲戒手続の研究と実務」 自治的懲戒制度の根拠 – 弁護士自治を考える会
 https://jlfmt.com/2019/08/08/39867/

 この記事の要点は、
 懲戒請求制度は弁護士自治の根幹であり、懲戒請求の問題は、この制度内で解決することが、
 まさに「弁護士自治」なのであって、ここから逸脱して一般の民法・刑法で解決を図ることは、
 「弁護士自治」を自ら否定する行為であり、自らのアホをさらけ出しているのである。
Posted by アンチレッド at 2019年08月11日 23:58
>文大統領「南北経済協力で一気に日本に追いつける」

 戦略物資であるフッ化水素を第三国へ横流ししておいて、何が平和経済だ。このイカサマぶりがお前らが標榜する「アジアのバランサー(ハブ国家)」の役割なのか?
 日米が北朝鮮とイランに手を焼いているのは文政権に因るところも大きい。過去3年の書類も出さない確信犯だから駄々をこねて日本に楯突くのだ。
 だいたい経済制裁中の北朝鮮と経済協力しようという発想事態が馬鹿げており現実思考ではない。韓国はなぜ中国と経済協力しないのだろうか? その方がまだ現実味がある。

 韓国は幼稚だ。
 他力本願で泣きついた先のアメリカから「両国を見守るよ」と距離を置かれプライドが傷ついた韓国は、アメリカへの仲裁依頼そのものを「なかった」ことにした。


 7月6日
 韓国国大統領府「米国は関係が悪化した韓日間の仲裁者として乗り出すべき」
 8月7日
 韓国大統領秘書室長「日本の貿易報復に対し米国に仲裁を要請はしておらず、今後も仲裁を要請する考えはない」


 7月最終週
   韓国版ホワイトリストを作成
 8月2日
   日本をホワイト国から除外することを発表
 8月11日
   日本をホワイト国から除外することを保留


 8月5日
  文大統領「我々は二度と日本に負けない。十分に日本に勝つことができる」
 8月8日
  文大統領「日本の貿易報復は日本自身を含めたすべてが犠牲者になる勝者ないゲーム」
 8月9日
  文大統領「韓米日の協力の重要性を共感」 (米国防相と30分間面会後)


 7月
 韓国大統領府のホームページ「反省のない戦犯国・日本でのオリンピックボイコット運動を、平和の連帯として提案します」
 8月9日
 共に民主党「来年の東京オリンピックは参加すべき」


 韓国にとって、幼年期の終わりはいつ来るのだろうか。
Posted by 耳 at 2019年08月12日 01:02
 輸出規制とか禁輸じゃなくて、安全保障上の問題なんですよね。
 5ちゃんねるの書き込みを少し改変して紹介。


コンビニ「これから君らが酒買う時は年齢確認させてね」
アル中 「酒売らないとか酷いだろ!」
コンビニ「いや売るよ 管理上の問題で年齢確認するけどね」
アル中 「酒売らないならコンビニもう利用しない!」
コンビニ「いやだから売るって」

アル中 「酒くれ」
コンビニ「年齢確認してね」
アル中 「はい」
コンビニ「じゃあこれ酒ね」
アル中 「買えたああああ! 俺たちの勝利だああ! コンビニひよったああw」
Posted by 耳 at 2019年08月12日 01:27
ジンギスカンは、「お前は馬鹿か。人生の楽しみは村を襲い男を捕まえて、皆殺しにして残った女を犯すのだ。少し息がある男はそれを見て泣くのだよ。その前で女を犯すのが人生最大の楽しみだ」と言ったのだと言われています。このような感覚です。

 殺しが目的です。かっぱらいが目的です。犯すのが目的です。戦争により、そのようにして領土をひろげてきたのです。「ジンギスカン」と名前を聞いただけで、抵抗できなくなってしまうのです。ジンギスカンは、広大な中国大陸と東ヨーロッパまで征服したのです。あの広大な領地を征服できたのは、そのようなことなのです。

 とにかく、何処の国もみな同じです。スキがあるところは、狙っているのです。「日本はどのような目で見られて、誰が担っているのか?」と考えてみればわかるのです。まず、日本を握っているのはアメリカです。アメリカも欲があるから日本と付き合っているのです。

 この欲には二つあります。国土的な欲です。中東、中国、ロシアを押さえる基地をつくるならば、地理的に見て日本が一番よいのです。だから、アメリカは絶対に日本を離しません。

 こんなよい土地はありません。それから、日本は人もよいのです。しかも、毎年お金もくれるのです。こんなに良い国はありません。アメリカは日本を離しません。だから、日本が独立しないように毎日毎日CIAが工作をしているのです。
シナ朝鮮留学生を大量に入れて分断工作をしているのです。
Posted by 歴男 at 2019年08月12日 02:16
反社会勢力ファーウェイと売国日本経団連会長日立バカ中西宏明は関係を早くきりなさい!!

 戦闘機もつくらせず、日本が「独立したい」という気持を起させないようにしているのです。日本はいくらでもアメリカにお金をあげているのですから、絶対に離せません。それを狙って、指をくわえているのが超巨大反社会勢力オンデマンド臓器狩り一兆円産業バカサヨ中国です。「アメリカは、美味しいことやっているな。俺達もアメリカに代わりたいな」と考えているのです。

 

 バカサヨロシアは北海道を狙っているのです。日本は、そのような猛獣に囲まれているのです。

 日本人は、「猛獣とはどのようなものか?」ということを知らなさすぎるのです。人間は、猛獣です。逆らう奴は皆殺しにして、血の海です。74年前はそうだったのです。日本は、広島と長崎に原爆を落とされたのです。武器を持たない市民がジェノサイド皆殺しにされたのです。だからこそ国を守るということは、巨大軍備が必要なのです。

 日本人は、「平和を愛する諸国民はいないのだ」ということをわかる必要があります。いないものを「ある」とバカサヨが信じこんでいるのです。「日本は軍備をしてはいけないのだ。平和憲法でいいのだ」というのが今のバカサヨ風潮です。それは違うでしょう。
Posted by A SUKA at 2019年08月12日 02:28
「失われた30年の経済学」の実態

「IS−LM分析 実データ」で検索しても、実データのIS曲線・LM曲線は見つけられなかった。
出てくるのは、お決まりの「概念図」、つまり「絵にかいた餅」ばかりである。
これは何を意味するのか?
そのまま受け止めれば、「IS曲線・LM曲線は実在しない」となる。
この曲線の意味するところは、財市場・貨幣市場で総需要と総供給の均衡なので、
これが実在しないとなると、「総需要と総供給は均衡していない」ことになる。
また、IS−LM分析は実在しない曲線の経済学、つまり、エセ経済学ということになる。
これが「失われた30年の経済学」の実態である。
Posted by アンチレッド at 2019年08月12日 21:18
5
> 彼らも「キャンドルデモに抗議に
行った。」と、親しい在日の間で
も大きい声では言えない雰囲気が
あると言っていました。

あなた方が怯んでどうするんですか?

孤軍奮闘の日本人にとっては、報われない気持ちになる。

少人数でも仲間がいるのならば、新たな在日コミュニティを作る位で頑張って!

在日全部が反日ではないと証明しなきゃ。

あなた方が続けていけば、きっと老若男女反日ではないコミュニティに参加する人が増えるから頑張って!

Posted by 雪 at 2019年08月13日 04:54
総需要と総供給が均衡していないことを、実データを用いて証明する方法の考察、

・需要データの取得
 現在、ヤフオクなどネットオークションが行われているので、
 オークションに馴染みのある人はそこそこ存在すると思う。
 そこで需要データとして、
 「ある財(モノ、サービス)をオークションにかけたときの、オークションを降りる価格」
 はアンケート調査で比較的容易に得ることが出来ると思われる。

・総需要と総供給が均衡していないことの証明
 この調査で得られた、ある財のオークションを降りる価格pの度数データをf(p)とすると、
 総需要           =0〜∞のf(p)の積分
 価格pのときの販売数     =p〜∞のf(p)の積分
 価格pのときの満たされない需要=0〜pのf(p)の積分
 となるので、
 満たされない需要=総需要−総供給=0〜pのf(p)の積分値>0
 として、総需要と総供給が均衡していないことが、実データf(p)を用いて証明される。
Posted by アンチレッド at 2019年08月13日 12:07
総需要と総供給は、なぜ均衡しないのか?

需要(欲望)は無限だが、供給は有限だからだろう。
誰もが超富裕層になりたいと思っても、すべての人間が超富裕層になれるだけの供給はない。
突き詰めると、有限な地球資源で無限の需要が制限されているということになる。

順序では
 有限な地球資源
◆Л,砲茲蝓∈癲淵皀痢▲機璽咼后砲龍ゝ襪制限され、
:△砲茲蝓貨幣(通貨)の供給が制限され、
ぁЛ↓により、本来無限である、総需要が制限される。
となると思う。

有限な地球資源で貨幣(通貨)の供給が制限される、といえば思い当たるのは金本位制である。
そこで、この「金」を「財(モノ、サービス)の供給」に置き換えてみる。
そうすると、↓は
「財の供給本位制」による貨幣(通貨)の供給といえる。
実は、MMT(現代貨幣理論)とは、金本位制をより一般化した、
「財の供給本位制」による通貨発行のことなのではないか。

こうしてみると、日本の極悪財務省が行っていることは、↓の逆転、
つまり、貨幣(通貨)の供給を制限して、財の供給を制限するという、
因果関係を逆転させたキチガイの所業なのである。
Posted by アンチレッド at 2019年08月15日 21:46

コメントする

名前
 
  絵文字