2019年08月13日

表現の自由と川崎市民の民意

表現の自由と川崎市民

参院選挙で示された川崎市民の民意

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!

 先の参院選挙の結果を紹介する前に、2017年1月10日のブログを紹介しましょう。

川崎市・言論規制条例問題(1)

ヘイトスピーチ対策で公園や施設の利用を禁止する動きが

  所謂ヘイトスピーチ対策法なるもが出来て、この法律を拡大解釈して「ヘイトスピーチと認められる」と自治体が勝手に決めつけ、公園や施設を利用しての集会をやらせなくする条例化の動きが、神奈川県川崎市で現在進められています。

 これに対して言論の自由を守る為の運動を今年は提起して、先ずはこの動きに対する抗議の声を上げなければと思っています。その為にはもう一度ヘイトスピーチを再検証しなければと思っている。

 そこでネットに上がっているヘイトスピーチに対する考えなどを表明した方のブログや、取り上げているサイトを現在勉強中ですが、今夜紹介するのはこの人の考えです。

山田太郎(前参議院議員) 表現の自由を守る会

  山田太郎
    2014年11月10日 15:00

shDo-;_ylt=A2RCD02uxあなたの発言が法律で禁止されるかも?ヘイトスピーチについて(後編)

■私の考えるヘイトスピーチ

ヘイトスピーチに関する私の考えを申し上げますと、ヘイトスピーチを法規制することは「慎重に考えるべき」と考えています。

決してヘイトスピーチ自体を容認するわけではありません。しかし、今行われているデモや発言を、全て「法律」で規制するということになると、どうなるでしょうか。

もちろんヘイトスピーチによって傷ついたり、不快な思いをされる方は実際にいます。それを減らしていく必要はあるでしょう。しかし、そのような社会秩序的な側面を、全て法律でもって規制するというのは、慎重に考えていくべきです。

表現や発言というのは、本来人間が持っている自然な行為であり、ある程度の自由さが保証されているからこそ、様々な文化が形成されてきました。

ヘイトスピーチのように、判断や分別が非常に複雑な問題に関して、法律で規制する事になった場合、「表現の自由」についても同じように規制の影響を受けることになるでしょう。

例えば父親が年頃の娘に対して「早く結婚しろ」と発言した場合、これが「女性」や「未婚」という「属性」に対して差別的な発言をしたと判断されれば、法規制の対象である「ヘイトスピーチ」ということになってしまうかもしれません。(これはかなり大げさな例で、上記発言を全面的に許容するわけではないですが、何もかもを法規制する場合、こういう可能性があるということになります)

ヘイトスピーチの問題が深刻化し、ヘイトスピーチが全てヘイトクライムに直結してしまうような、社会的混乱が起きているような状況であれば、法律での規制が必要かもしれませんが、現在の日本はそのような状況でしょうか。

何もかもを法で厳しく規制しなければ、日本人は秩序を守れないのでしょうか。

私はそうは思いません。その前に社会秩序を維持できるような仕組みを考え、そういった事を抑止できる環境を作っていくことが重要だと考えます。(これは「表現の自由」を守る活動全てに言えることです)

ヘイトスピーチ問題に関しては、様々な議論があります。とても難しい問題であることは間違いありません。

法律や権力で押さえつけなくても、私達一人一人が、社会秩序をより良く、自然に維持していくことが出来る、そのような社会を作るために、私はこれからも尽力していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

 山田太郎氏は昨年夏の参院選挙において、全国比例選挙で全候補者の中で13番目の29万票を得ながら落選してしまった。改革というミニ政党からの出馬であった為である。

 個人票が10分の1の2万票を切っても当選した人もいる。公明党の議員だが全体の公明票が多いために、個人票がわずかでも当選してしまいます。

 ヘイトスピーチそのものではなかったが、この方は表現の自由に対する法的規制に強く反対して、これだけの得票を得ています。落選後も『表現の自由を守る会』で活動されています。

 ただ、政界からの引退を表明されたとも見聞きしたので、内容的には文化的な活動に集中されているようで、政治的な面の強すぎるヘイトスピーチ問題などで今も発言なされるかは分かりません。

 でも、一度このような方にお話を聞いてみたいものです。

 何の組織もなく29万票とは凄すぎます。

以上

 この山田太郎先生は今回の選挙では自民党から全国比例区に出馬して、二番目の大量得票を取りました。一番の方は自民党の有力な組織である特定郵便局の組織からの支援を受けた人です。保守傾向の強い和田政宗さんや佐藤正久さんの倍近い票を川崎市内では集めています。

 では具体的に川崎市の3つの選挙区の結果を紹介しましょう。

001

 川崎区、幸区、中原区で山田太郎先生に投票した川崎市民がいかに多かったか? これを見れば明らかです。山田太郎先生は何の組織も持たず、表現の自由を訴えて当選しています。紹介したようにヘイトスピーチの規制に対しても反対と堂々と言ってきた方です。

 ましてや今回、川崎市で福田市長が成立を目指す条例は罰金50万を課すという刑事罰を導入するもので、表現の自由とは相容れない極めて危険なものです。

 大きな組織の支援なくして戦った山田太郎先生にこれだけ多くの川崎市民が投票しています。他の選挙区の結果は後でお知らせしますが、今、自民党は一体何を考えているのでしょう?

 福田市長は全会一致でこの条例を成立させると言い切って、一人の反対者も出ないかのような口ぶりです。しかし、この前の参院選挙の結果を見るまでもなく、多くの川崎市民が「表現の自由」を守る候補者に投票しました。

 川崎の自民党は本当に誰一人反対を表明しないのでしょうか? 左翼(立憲民主・共産党)や在日勢力(北朝鮮系)が推進する恐るべき条例に声を出そうともしない。その川崎市の自民党市議には驚くしかありません。

 少なくとも自民党の若手議員は山田太郎先生などを呼んで、勉強会でも開くべきでしょう。なぜ、左翼や在日の言いなりになって、押し黙ってしまうのか?

 川崎市民の民意が全く見えていないのですね。非常に残念でなりません。

※新たに川崎の条例に反対する保守系市民団体が結成され、動き出すそうですが、是非ともこの山田先生をお呼びして講演会を開くと良いと思います。多くの若者が会場を埋め尽くすでしょう。日本の救世主になれるだけの力を持つ政治家であることは間違いありません。

 
 
freedom
画像:機関紙フリーダム最新号

機関紙『FREEDOM』の第2号が完成しました。1面2面3面は「川崎港火災船処理」と不正入札理問題です(実物はカラーではありません)。

川崎市での戦いの為には費用など資金が必要となりますが、それはこの購読代金でカンパして頂きたいと思います。

年間購読料は3,600円となります。

お申し込みはメールにてお願いします。fukushimaseto@gmail.com



IMG_20190808_115350(1)



















 まだ暑いので本格的活動は9月からになりますが、これで川崎市長を更に追い込んで行きます。裁判の再開に向けて頑張ります。街宣車を見たら手を振って下さい。新聞をお渡しします。

せと農園からのお知らせ 


ジュースやジャム、リンゴチップなどは→こちらです。

※りんごチップは売れきれました。凍結乾燥りんごスナック菓子はまだあります。

ありがとうございました。


 冷凍保存してある落花生は→こちらです。

fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします!


Posted by the_radical_right at 06:24│Comments(10)mixiチェック
この記事へのコメント
 日本は核武装しなければなりません。何回でもいいますが、相手が5の力を持てば、こちらは10の力を持つのです。相が10の力を持てば、こちらは20の力を持つのです。



考えてみれば、当たり前のことです。敵に勝る威力を持たなければ、戦争には勝てません。


どんなことをやってでも、敵に優る威力を持つことが、国防の第一条件です。すると、国民も納得します。


核武装を対抗していかなければいけません。まず第一番に、どの時期に核を持つのかということが問題になります。これは、「One night over(ワンナイトオーバー)」で核武装しなければいけません。

 なぜならばバカサヨ偽プーチンがこう日本ヘイトクライムを言っています。「日本が核武装するならば、5分で沈めてやる」と日本ヘイトスピーチを言っているのです。バカサヨロシアは、日本が核武装したならば、一斉に原爆のボタンを押すということです。ロシアのバカサヨ偽プーチンはそれをやると日本ヘイトクライムをいっています。

 それと同時に、日本ヘイトクライムであるバカサヨ中国は 400発の核兵器を日本に向けています。標準はすべて日本の都市に合わせているのです。ボタンを押されたが、日本がなくなってしまいます。

 これは、どうしても防がなければいけないことです。それはどうすればよいのでしょうか? ある日突然、「日本は、核武装が完了しました」というメッセージを流せばよいのです。「これから国連の許可を得て核武装します」などという、ぬるいことやっているのではありません。





Posted by 佳子 at 2019年08月13日 07:10
「作るぞ、作るぞ、作るぞ!」などと言っていると、「生意気を言うな。原爆は造るなといっただろう!」といわれて攻撃されるから、パッと造ってしまわないといけません。

 具体的にはどうするのかというと、もう造っているということです。もどんどん作っているのです。自衛隊はすごいのです。発表しないだけです。発表すれば一瞬にして核保有国です。

 日本の技術を持った核保有国です。パヨク北朝鮮のオンボロ核とは違います。宇宙の果てまで行って帰って来たハヤブサの技術を見てご覧なさい。こんなことはパヨク中国も、パヨク北朝鮮も、パヨクロシアもできません。

 日本はできるのです。核武装も最高に小型で、高性能です。もう持っているのです。それは、一瞬にしてやらなければいけません。瞬間に核武装の国家です。イスラエルは核武装の国家です。しかし、一回も発表していません。「これからイスラエルは、核武装国家になります」などと言ったら、中東諸国からたたかれてしまいます。気がついたイスラエルは、400発も核を持っているのです。もう手も足も出ません。

 そのようなものです。一瞬で千発や2千発作るのです。一瞬にして核武装すればよいのです。それができるかどうかです。「One night over(ワンナイトオーバー)」で日本は原爆所有国になります。

 これも意思だけの問題です。憲法破棄も首相の意思一つです。結果的には、「憲法破棄をやるぞ!」という意思の問題です。憲法破棄したならば、意志を持って原爆所有国になる。誰が反対しても原爆所有国になる。
Posted by 歴男 at 2019年08月13日 07:15
東大の地下から幕張の地下にかけて原爆の研究をやっているのです。言わないと意味がありません。

 ロシアのバカサヨ偽プーチンは「日本が原爆を持ったならば、日本列島を5分間で沈めてやる」などと、生意気なこと日本ヘイトスピーチを言っています。「お前のところは、1分間で沈めてやるぞ」と言うのです。国防とは、そのようなことです。

 「5分で沈める? お前のところは1分で沈めてやる」というのが、戦争防止策になるとです。それ以外はあり得ないのです。「よくここまで日本を奴隷国家にしてくれたな。もう我慢ができないぞ!」ということです。

 何度でも言ってあげましょう。敵国と戦争ができない国は、奴隷なのです。そうでしょう。奴隷は武器を持たないのです。ただ逃げるだけです。「お前ら!」と襲ってくると、奴隷は逃げるのです。戦士は戦うのです。「何、来い!」と戦うのです。これが戦士です。

 戦争ができない、情けない国家にされて、74年間もやってきたということは、日本は奴隷なのです。どこの奴隷なのでしょうか? 日本は世界の奴隷です。まず、アメリカの奴隷です。バカサヨ中国は日本を奴隷にしようとしています。奴隷に国土は必要ないから、国土奪ってしまおう」と考えているのです。
Posted by 佳子 at 2019年08月13日 07:21
日本人を抹殺して、国土を奪ってパヨク中国人が日本に押し寄せてきて終わりになります。そのために殺人集団革マル枝野幸男や赤い貴族志位和夫や集団ストーカー山口那津男は、「憲法を守れ」と言っているのです。これが真実です。パヨク諸国民は、良い人ではありません。人殺しです。人間を殺して、オンデマンド臓器売買をして、食べてしまうパヨク連中すなわち反社会勢力!!です。そんなやつらに日本は囲まれているのです。

 ちなみに、パヨク北朝鮮も人間を食べます。パヨク中国人も人間を食べます。パヨク中国人は人間が大好物です。孔子は弟子を食べてしまった!それが真実の歴史です!オンデマンド1兆円産業臓器売買して解体した人肉は、売られているのに違いありません。しかもでは、パヨク中国共産党幹部の嗜好品です。パヨク幹部だけが食べられる、人肉缶詰です。

 悪人は、どういうわけだか人肉を好んで食べるのです。相手をみんな食い殺すのです。戦争の本質はそうです。敵をみんな食い殺して、パヨク自分たちだけが生き残ろうとするのです。敵の首を切りおとして人肉を食べてしまうのが事実です。このような、パヨク野獣の国家に日本は囲まれているのです。パヨク諸国民はどう見ても平和を愛する諸国民ではありません。パヨク諸国民は血に飢えた野獣の国家です。
Posted by 歴男 at 2019年08月13日 07:28
4
この20年くらいテレビでいちばん自由に発言してたのはマツコさんの「組合」の人たちだったでしょう、それが終わるということ。

「ぶっ壊される」のがマツコデラックスみたいな種類の人だというのの怖さはだんだんわかるラジよ。多数派でない人はテレビに出られなくなる。

坂上忍とか梅沢富美男じゃないのが彼らしさ。弱い人には強いんです。
-----
父.純一郎が郵政事業を解体した様に,小泉進次郎は日本の農業を潰しに入った。
2015年小泉青年は農林部会長に大抜擢、農協「改革」から2018年種子法廃止へ、モンサントの種子支配と多国籍アグリビジネスの農業支配に道を拓いた!!総理大臣の椅子は日本の農業と卸売市場の終焉と引き換え

#卸売市場制度廃止
Posted by N at 2019年08月13日 09:16
下記の文書は禁止キーワードが含まれていると他のブログコメントではねられたものです。

韓国では8月14日は〇安婦の日だという。
「金学順」が朝日新聞によって初めて報じられた記念日だそうだ。
〇春婦を称え祝日とする異様な国です。

「金学順」は河野洋平氏の聞き取り調査を受けた〇安婦たちの一人だ。
彼女の証言は産経新聞の記事にある。

出身は平壌で1924年10月20日生まれ。
証言:養父の下でキーセ〇学校に通っていた。17歳のころ平壌から北京に逃げたが将校風の軍人に連れていかれた。「カッカ県」などで計4ヵ月ほど〇安婦をさせられた。朝鮮人の男が脱出させてくれ、中国国内を逃げ回った。

日本軍の〇安所で働いたとは言っていない。しかも4か月だ。この証言の信ぴょう性は元社民党の「福島瑞穂」氏が知っている。

韓国は「〇春婦」を英雄にし、「反米少女像」を「日本軍慰安婦像」として敬っている。

実に変な国だ。
Posted by 禁止キーワード at 2019年08月13日 12:56
ヘイトスピーチとは何か
半島系と川崎市に反日メディアや言論人、議員にとって、都合の悪い全ての指摘・批判を言いう。
尚、半島系による対日ヘイトは無制限であり規制法は何もない。
Posted by 市民 at 2019年08月13日 15:15
せとさん、お前が川崎でくだらないデモ・演説・勉強会をやるから、変な条例ができてしまうじゃないか!ふざけるなー!!
Posted by 真の愛国者 at 2019年08月13日 16:52
不正な事象を指摘し批判するのがデモであるとして、それが気に食わないがために俄か規制を施行させ圧殺しようとする「権力側」。
悪は常に「権力側」に擦り寄り何某かの利得を得ようとする。
悪は常に「権力側」に擦り寄り己が不正を正当化すべく問題をすり替える。
悪は常に「権力側」に擦り寄り力なき民衆を踏みつけその悲鳴を塞ぐ。
悪は常に「権力側」に擦り寄り他人の不幸の上に我が世の春を謳歌しようとする。
Posted by 市民 at 2019年08月13日 19:31
今の子供たちは異常なほど○○アレルギーが多い。

ふと思ったのだが小麦粉アレルギーは外国産の小麦粉に反応するのであ¥は?
こうなったら自給自足ができあば安心あんだかね。食べ物から日本破壊が始まているのでは?
Posted by 食育 at 2019年08月14日 08:57

コメントする

名前
 
  絵文字