2019年09月09日

韓国人記者の傲慢な主張

日本が普通の国になること。

韓国人記者「それを、認めない」と主張

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。 

https://anonymous-post.mobi/archives/13369
から引用紹介

 安倍晋三総理が今、命をかけているのが改憲だ。

    日本の現行憲法を平和憲法と呼ぶ。

    第二次世界大戦で敗れた日本は既存の明治憲法を廃棄して今の平和憲法を作った。
    この憲法に「平和憲法」という名前がついた理由は憲法9条のためだ。

    憲法9条には「日本は武力行使を永遠にあきらめ、陸海空軍およびそれ以外のいかなる戦力も保有しない」と明示されている。
    国家の交戦権も認めない。

    しかし、これは日本人たちの本心ではない。
    世界大戦を起こした彼らの胸中にはいつも弱小国家を侵奪しようとする本能がうごめいていていた。
    アベが平和憲法を改正して軍隊を創設しようとする理由が正にこれだ。

    問題は日本が2次世界大戦戦犯国家という国際社会の痛い視線が存在する事だ。
    日本はどうにかこれを巧妙に避けようと思った。

    そこで登場したのが普通国家論だ。
    アベもこの普通国家論の哲学を基盤に憲法を変えようとしている。

    普通国家論の目的は明確だ。
    国際社会で日本の正当性を知らせる時、「私たちが無理な要求をしているのではなく、ただ普通国家の地位を持ちたいだけ」と呼び掛けるためだ。

    このフレームは邪悪だが賢い。
    普通という誰でも享受できる権利なのに、日本がそれを享受していないという国際社会の同情心を呼び起こせる。

    普通は誰でも得られる権利ではない。
    しかし、日本の「普通国家論」は倫理的にも歴史的にも決して容認できない。

    彼らはそれを「普通」と簡単に呼ぶが、その普通の権利は決して平凡に得られるわけではない。
    普通の権利を得るために闘争した経験がある民族はこの言葉の意味を分かる。

    日本は闘争を知らない民族だ。
    日本は古代史以後、民衆の正しくなされた闘争がない様な民族だ。

    そのため、彼らは「普通」の大切さを知らない。
    それに比べ、私たち民族は晋州民乱や東学革命など、中世の時から数多くの民衆闘争を経験した。

    現代史でも4.19革命を始め2017年ロウソク革命まで限りない闘争を継続した。
    当然享受すべき普通の権利を得るために民衆が命をかけて戦ったのだ。

    西欧社会も同じだ。
    ところが日本が今、普通国家になるという。

    第二次世界大戦戦犯国家としてアジアの数多くの民衆の命を奪った彼らが「私たちは普通です」と、へらへら笑えばその普通の権利を与えなければならないのか?
    それは絶対できない。それは普通に対する深刻な冒とくだ。

    日本が真に普通国家になりたいなら方法は一つだ。
    あなた方が殺した大切な朝鮮とアジアの民衆の魂の前に骨がしびれるほど反省をすることだ。

    普通は、そのようにしても簡単に得られる権利ではない。
    ところが謝罪もちゃんとしない者たちが、どこで普通国家を云々し普通という重要な権利を丸呑みしようとするのか?
    断言するが、反省を知らない図々しい日本には、決して普通に言及する資格はない。

    イ・ワンベ、民衆の声記者

    ▽記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい

   http://www.upublic.co.kr/news/articleView.html?idxno=5594

 この↑のサイトを開いて驚きました。

5594_15194_3351

▲ 오자와 이치로 일본 전 자민당 간사장

1993년 당시 일본 자민당 간사장이었던 오자와 이치로(小澤一)가 『일본개조계획(日本改造計劃)』이라는 책을 출간했다. ‘일본의 덩샤오핑(小平)’이라 불릴 정도로 영향력이 막강했던 오자와는 이 책에서 일본개혁론과 자위대의 해외 파견 정당화, 아시아・태평양 국가로서의 일본론 등 본인의 소신(혹은 헛소리)을 길게 써 놓았다.

이 책이 출간된 데에는 재미있는 사연이 하나 있다. 책이 출간되기 3년 전인 1990년 1차 걸프전쟁 때, 일본은 100억 달러가 넘는 꽤 큰돈을 미국 쪽에 지원금으로 퍼부었다. 하지만 일본은 주군(主君)으로 생각하는 미국으로부터 큰 칭찬을 받지 못했다. 뇌물을 잔뜩 바쳤는데, 주군은 “받을 거 받았다”는 시큰둥한 자세를 보인 것이다.

돈은 돈대로 쓰고, 무시는 무시대로 당한 오자와는 속된 말로 뚜껑이 열렸다. 그래서 쓴 책이 바로 『일본개조계획』이다. 이 책에서 오자와가 소리 높여 외친 주제는 “우리도 군대를 갖고 국제 사회에서 다른 나라와 똑같은 대접을 받아야한다”였다. 이것이 바로 그 유명한 일본의 ‘보통국가론’이다.


 以上


 ハングル文字なので何が書いてあるのか分かりません。読む気にもならないが、安倍首相や憲法改正について、日本語訳が出ているのに何と最初の写真は小澤一郎氏である。小澤と言えば朝鮮系日本人としては政界の実力者として韓国などでは期待の星だった。


20160319040132


 こんな人ですから、当然韓国メデイアでは日本の政治家では一番評価されているのでしょう。


 私の政治ブログランキングは下記のように記載があります。

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
現下の日本に渾身の力を込めて筆を揮う! 気鋭の行動するジャーナリストが希代の金権政治家・小沢一郎の疑惑に斬り込む!

 この文章ですが、もう変えたらと言われていますが、私は小澤氏が政界を引退するまでこれを使い続けます。小澤氏が総理になっていたら、日本は終わっていました。小澤一郎の金銭スキャンダルを追い続け、誰よりの多く核心に迫る記事を書いて、小澤が総理になる芽を詰んだという自負が私にはあります。


 まぁ〜今は終わってしまった人物なのでどうでも良いのですが、ちょっと驚いたので紹介しました。


>普通になる権利を認めない


 随分と思い上がった記事だ。別に日本人がどのような選択をしようが、それを韓国の新聞記者に文句を付けられることなどない。そもそも、そんな権利が韓国人にはあるはずもない。


>彼らは「普通」の大切さを知らない。それに比べ、私たち民族は晋州民乱や東学革命など、中世の時から数多くの民衆闘争を経験した。


 日清戦争の原因ともなったもので、自分達で治めきれずに日本が清と対立して解決を図ったことをお忘れか?

日清戦争

大院君

反乱が収束し、朝鮮は日清両軍の撤兵を申し入れるが、両国は受け入れずに対峙を続けた。日本は清に対し朝鮮の独立援助と内政改革を共同でおこなうことを提案し、イギリスも調停案を清へ出すが、清は「日本の撤兵が条件」として拒否[4][5]

日本は朝鮮に対して、「朝鮮の自主独立を侵害」する清軍の撤退と清・朝間の条約廃棄(宗主・藩属関係の解消)について3日以内に回答するよう申入れた。この申入れには、朝鮮が清軍を退けられないのであれば、日本が代わって駆逐する、との意味も含まれていた[6]。これに朝鮮政府は「改革は自主的に行う」「乱が治まったので日清両軍の撤兵を要請」と回答。

7月23日午前2時、日本軍混成第九旅団(歩兵四箇大隊など)が郊外の駐屯地龍山から漢城に向かい、「〔民間〕人ヲシテ」電信線を切断し、歩兵一箇大隊が朝鮮王宮を攻撃し占領した。日本は国王高宗を手中にし、大院君を再び担ぎだして新政権を樹立させた。そして新政権に牙山の清軍掃討を日本に依頼させた。そして25日に豊島沖海戦、29日に成歓の戦いが行われた後、8月1日に日清両国が宣戦布告をし、日清戦争が勃発した。


以上

 

 日本の手助けがなければ清国から真の独立など出来なかった。日本は日清・日露の戦いに勝利して国家の近代化を成し遂げて行くが、朝鮮半島は取り残された。


 日本が米国に破れても朝鮮半島では独立戦争もなく、旧ソビエトや米国それぞれの傀儡政権となった北朝鮮と韓国の対立で戦争状態になったが、それも日本には何の関係もない。


>日本は闘争を知らない民族だ。日本は古代史以後、民衆の正しくなされた闘争がない様な民族だ。


 何を勝手なことをほざいているのでしょう?


 日本人は民衆闘争の経験がないから駄目だなどと批判していながら、後半段階になるといつものように反省しないから、韓国に謝らないから・・・と論点が変わります。(笑)


 韓国の文政権は米国から愛想を尽かされ、中国シナの属国になろうとしています。北朝鮮とも仲良くなって核保有国家として、今度は日本を脅そうと本気なのです。


 もう、日本は相手にすべきではありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


第3286回 さよなら韓国!国民大行進 in 錦糸町

日韓両国民の願い「日韓断交」
反日妄動を繰り返す韓国とは断交あるのみ!

韓国の異常反日の実態を
国民に訴え続けてきた行動する保守運動
「韓国とは勇気をもって関係を断ち切るべき」
と十四年前の日本で初めて公の電波で発言した
桜井誠の言葉の正しさを噛みしめて
今ここに「さよなら韓国」を合言葉に
多くの国民の結集を願います。

【集合日時】令和元年9月15日(日)
16:00 集合
16:30 デモ隊出発

【集合場所】錦糸公園 (水と緑と花の広場)
JR錦糸町駅北口 徒歩5分
半蔵門線錦糸町駅 4番出口 直ぐ

【主催】行動する保守運動

【総指揮】桜井誠

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

せと農園からのお知らせ


 農産物の購入などでご協力ください。


 ※りんごチップは売れきれました。凍結乾燥りんごスナック菓子はまだあります。
ジュースやジャム、リンゴチップなどは→こちらです。

※りんごチップは売れきれました。凍結乾燥りんごスナック菓子はまだあります。


IMG_20190907_170615
 


















 冷凍した落花生がまだあります。昨晩1キロを剥いて仲間と一緒にビールのつまみで食べました。この量で1キロとなります。

2キロ注文していただける方には500グラムサービスさせてもらいます。価格は同じです。涼しくなったので遠方の人にも送れます。

 これは昨年収穫したものを冷凍保存していたもので、柔らかくてお年寄りにも好評です。届いたら冷凍庫に仕舞い、食べる分だけ茹でて召し上がって下さい。

冷凍保存してある落花生は→こちらです。

fukushimaseto@gmail.com

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


Posted by the_radical_right at 08:04│Comments(13)mixiチェック
この記事へのコメント
全くお話にならない知識ですね、この鮮人
生麦事件や薩英戦争、尊王攘夷運動も全く知らないみたいです
鮮人の民族闘争などは世界的に全く認められていません
そして、最大の誤りは、大東亜戦争が民族闘争だった事を全く認識していない
日本は負けたけれどもアジア諸国は欧米帝国主義の桎梏から自由になり独立できたのです
戦争になれば真っ先に武器を投げ捨て逃げ回る鮮人に何ができるというのか?
ヴェトナム戦争で友軍側の村で虐殺と強姦を繰り返したクズが民族闘争などとほざいているのも片腹痛い
一刻も早くこんな国とは断交しなければなりません
Posted by kenic2 at 2019年09月09日 09:33
韓国のメディアとかってもろに日本や日本人を差別してきますからね
韓国を擁護する日本人も
しばき隊の連中はいい加減韓国人こそ日本をヘイトしまくってる現実を見ましょう
Posted by 日本第一主義 at 2019年09月09日 09:52
ほんと韓国のメディアって日本の事に内政干渉してきて
日本人の自由を奪いにやってきますね
他国や他国の人のこうやって内政干渉してること自体異常です
Posted by 日本第一主義 at 2019年09月09日 10:06
>日本が普通の国になること。
>韓国人記者「それを、認めない」と主張
そんなことは主権者たる日本国民が決める事であって外国の韓国人記者如きが決める問題ではない。
内政干渉紛いな言及は厳に慎むべきです。

>日本が真に普通国家になりたいなら方法は一つだ。
>あなた方が殺した大切な朝鮮とアジアの民衆の魂の前に骨がしびれるほど反省をすることだ。
ふむ、で、そう主張できる根拠は何でしょうか?
「あなた方が殺した大切な朝鮮とアジアの民衆」ですか、なるほど、で、その証拠は何でしょうか?
アジアの民衆を虐殺したのはむしろ韓国の軍隊でしょう、ベトナム戦争がそれを物語っています。
因みに「あなた方が殺した大切な朝鮮とアジアの民衆」の写真などを証拠として提示してもムダです。
南京虐殺を示したという写真の多くが「フェイク」であったことが判明した以上、日本の戦争犯罪など「虚偽」としか言いようがない。
誰が何の目的でこんな「虚偽」を流布したかは判りませんが(おそらくは戦勝国側でしょう)、百万歩譲って真実であったとしても、韓国は戦争犯罪を侵した日本の支援で何とかやってきた訳ですよね?
それに戦争犯罪を侵した日本から長い事ホワイト国扱いされていたなんて、それそれこそ他のアジア諸国に対して面目ない「恥」でしかないでしょう。
その日本からホワイト国扱いから除外されたのだから、韓国は喜ぶべきです、
喜びなさい、喜び踊りなさい、今後はアジア諸国に対して漸く顔が立つでしょうから(微笑)
さらに戦争犯罪を侵した日本の通貨保証など、真っ平御免でしょう?
韓国は自国通貨で世界との貿易をファイナンスすべきですね。
「戦争犯罪国家日本」にいつまでも「寄生」していないで、さっさと自立すべきです(微笑)
Posted by 市民 at 2019年09月09日 11:23
【続き】
ついでだから朝鮮半島における日本の行いを記述しておきましょう。
朝鮮王朝とその取り巻きたる連中(以下両班と言う)が、朝鮮半島を支配し国の発展も向上も国民生活の福利厚生も考えていなかった悪しき支配階級「両班」、その「両班」の抑圧と搾取に賄賂の鉄鎖から朝鮮半島全体を解放し、代わって「法治による統治」と「近代医学に基づく衛生観念」、「学校システム」と言う教育を普及させ、さらに日本の資本で半島全体のインフラを構築し街を発展させ、半島の生活レベルを向上させたのものこそ「大日本大国」です。
これが本当の歴史です。
さぁ、これが判ったら韓国は、否、文在寅は南麻布1丁目の韓国大使館を早々に「閉店」して、その敷地を東京都に返還すべきです。
どうしても「戦争犯罪国家日本」に大使館を置きたいという「未練」があるならば、川崎市池上町にでも設置すればいい、そうすれば川崎市長も某地方紙も喜ぶでしょう、如何でしょう(微笑)
Posted by 市民 at 2019年09月09日 11:25
中国人韓国人朝鮮人=北朝鮮人達全員だけではなく宗教マフィア暴力団顕正会と日本共産党と中国共産党と朝鮮学校と朝鮮総連を壊滅殲滅皆殺しにもたもたしないで早くしろ!
Posted by 水流添我童 at 2019年09月09日 11:38
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000145-dal-ent

父も徴用工をいじめてたのをみた?????
Posted by 香山りかがなんか言ってますよ at 2019年09月09日 12:33
中国人韓国人朝鮮人=北朝鮮人達全員だけではなく宗教マフィア暴力団顕正会と日本共産党と中国共産党と朝鮮学校と朝鮮総連を壊滅殲滅皆殺しにもたもたしないで早くしろ!

Posted by 水流添我童 at 2019年09月09日 11:38

せとさんブログを過激派だと印象操作?
皆殺しなどという発言はいけません。
削除したらいかがでしょう?
Posted by あなた過激すぎるけど工作員? at 2019年09月09日 12:39
>民度が劣る日本人。寄生虫日本人。

小沢先生ともあろうお方が故郷の空気に触れてつい本音を吐いてしまった訳ですね。同胞に熱狂的に迎えられた小沢さんは半島独特の顔を異常にほてらせていました。

今ではネットで常識になっている小沢の出自。そこで疑問に思うのは自民党に属していた頃、顔を合わせていた同僚議員たちは小沢の出自に何か感じなかったのかな?これは差別ではない、国を背負って活動する議員がどこの国の出身か不明だったら一番被害を受けるのは日本国民です。特に国を挙げて日本を主敵と戦後、公言しているあの国。それにも拘らず、国民の代表である同僚議員が怖くて口に出せなかったのか?何も感じなかったのか不思議な話。

同じ事は創価の首領池田大作にも言える。池田は韓国内に日本を誹謗する碑を残している。将来は日本の王になるなど言っていた創価の池田大作。創価の幹部たちは何も気づかなかったのか?幹部そのものが当時から日本人であることを捨てていたのか?小沢と池田に共通するものが幾つもある事は皆さんんも気づいているでしょう。
Posted by ネットが暴く朝鮮人の本質 at 2019年09月09日 17:12
8番の人、人の文章をハッキングする行為こそ絶対に許さない。確かに言葉は悪すぎるかも知れないですが、工作員では無い人を工作員扱いは、人権侵害に当たります。あなたこそ工作員では無いてすか。ネットストーカー犯では有りませんですか。
Posted by ななし at 2019年09月09日 22:17
 【 本当に安倍総理は改憲に命を懸けて居るのでしょうか? 】

 私には、安倍総理は改憲出来れば良いなとしか思って居ないと思います。

 唯長いだけの総理と呼ばれるより、何々を成し遂げた総理と呼ばれたいのでは無いでしょうか?

 別に、命を懸けなくても、功名心で政治課題を達成するのも在りだと思います。

 しかし、安倍総理が、改憲に命を懸けるとは思われません。

 安倍総理は、総理を一度辞めた後、テレビに出演し、政治に命を懸けますかと云う質問に、はっきりと、安倍総理は政治に命を懸けませんと明言したのです。

 また、第一次安倍政権の時に、ブッシュ米大統領の前で慰安婦に付いて謝罪しましたけれど、政治に命を懸けるのであれば、自説を枉げてまで謝罪などしないと思います。

 また、2015(平成27)年12月28日の日韓慰安婦合意では、軍の関与まで認めました。

 日本兵の名誉を傷つけながら、「英霊」などとほざいたらチャンチャラ可笑しいし、靖国神社に参拝する資格は無いと思います。
 早く、次の総理に靖国神社に参拝して欲しいと思います。

 脱線しましたが、政治に命を懸ける心算も無く、実際に命を懸けない政治家を、命を懸けて居ると持ち上げるのは、実際に、政治に命を懸け、暴徒の凶弾に命を散らされた我が国の政治家に対する冒涜だと思います。
Posted by 三角四角 at 2019年09月09日 22:29
 余計なお世話かもしれませんが、ハングルの部分を翻訳サイトで訳してみました。
 (https://www.excite.co.jp/world/korean/)

──ここから──
▲小沢一郎日本前自民党幹事長

1993年当時日本自民党幹事長だった小沢一郎が『日本改造計劃』という本を出版した。 ‘日本の臂平’と呼ばれるほど影響力が強大だった小沢はこの本で日本改革論と自衛隊の海外派遣正当化、アジア・太平洋国家としての日本論など本人の所信(あるいはたわごと)を長く書いておいた。

この本が出版されたところにはおもしろい理由が一つある。 本が出版される3年前である1990年1次湾岸戦争の時、日本は100億ドルを越えるかなり多量の金をアメリカの方に支援金に降り注いだ。 だが、日本は主君と考えるアメリカから大きい称賛を受けることができなかった。 わいろをいっぱい捧げたが、主君は“受けること受けた”というすっきりしない姿勢を見せたのだ。

お金は高台で使って、無視は無視のとおり当てられた小沢は俗っぽい言葉で蓋を開けられた。 それで書いた本がすぐに『日本改造計画』だ。 この本で小沢が声を高めて叫んだ主題は“私たちも軍隊を持って国際社会で他の国と同じ接待を受けなければならない”であった。 これがまさにその有名な日本の‘普通国家論’だ。
──ここまで──

 要するに、湾岸戦争でお金をたくさん渡したけどお礼もなく無視されてショックだったから、日本も軍隊持つべきだって本を書きましたって話ですね。
 で、引用元のハングル語のサイトではこの小沢のエピソードの後に安倍総理の話が続きます。ということは『小沢の軍事化はいい軍事化。安倍の軍事化は悪い軍事化』とでも言いたいのでしょう。
Posted by 耳 at 2019年09月10日 03:17
スパイ防止法すら制定出来ない日本国には、数百もの反日組織団体が暗躍しているようですし、共産党などの破防法適用政党が合法的に日本破壊工作をしています。
日本と同盟国であるアメリカは韓国とも現状は同盟国ですから、摩擦や確執を回避させるべく、これまでに日本国側に譲歩を促してきました。
安倍首相が靖国神社参拝を断念せざるを得ない背景には、こうしたアメリカ側からの圧力があります。
物事を行き急いでは必ずや失速してしまうでしょう。
感情論だけで突き進めば命取り。
安倍首相は決して意志が無いのではなく、冷静な舵取りをなさっておられるのだと思います。
前にも申しましたが、韓国という国は人間の持つ生命の因果律のもっとも悪い生命に翻弄されています。
日本には知恵という武器がありますから、最大限の知恵を生かして利口に立ち回る事が大切でしょう。

時が来るまで腹を据えて待ちましょう。

Posted by 愛国女子 at 2019年09月10日 13:32

コメントする

名前
 
  絵文字