2019年11月06日

第3回川崎市公園使用不許可裁判

第3回川崎市公園使用不許可裁判

今月18日開催 時間は後でお知らせ


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

 私と津崎尚道さん、佐久間吾一さんの3人で川崎市を訴えている裁判が、昨日の5日ではなかったのですか?という問い合わせが熱心に傍聴している人からありました。確かに前回の裁判の終了時には裁判官がそのように言ったのですが、その後、津崎尚道さんが他の裁判と被っていたので変更を願い出て日付がかわりました。

 そのことをブログに記載していませんでした。関係者には本当に申し訳なく思っています。前回の裁判が開催されたのは9月3日でしたので、随分と間があいてしまった。

 この報告会の様子はその直後に撮影しユーチューブで見られます。

   

 この後、川崎市の側から準備書面が提出されてきました。その資料を川崎の事務所に置いてきているので、それに関しては来週川崎に戻ってからご紹介します。

 今日、書くのは3人で訴えてはいますが、私はまだ主張を出していないので、私の主張を改めて紹介することにします。

蓋然性が高いということでの判断

 この公園使用を不許可にした理由の一つに福田市長は平成2016年6月7日の市長記者会見で「ただ、今回の事案はかなりこれまでのヘイトスピーチが行なわれている状況をみると、その蓋然性が高いということでありましたので」と述べている。

 蓋然性という文言は一般的会話では殆ど使われていませんが、可能性よりも高いと考えられる時に裁判などでは使われている。この蓋然性という言葉でこの公園使用を不許可にしたことは間違いであったと私は主張します。

 何故ならば、私は国会の参院予算委員会で有田芳生議員より、そのことで何度も口にされ決めつけられた経験を持つ人間だからです。

 平成29年3月22日の参院予算委員会で有田芳生議員は、私を名指しして「蓋然性が高い、必ずヘイトスピーチをやる」などと何度も質問しました。「蓋然性が高いので必ずヘイトを行なうから会場を貸すな」との主張は貸し出す際の理由とはならない。

 何故ならば、私はこの講演会で「ヘイトのへの字」も言わなかった。それはその講演会を取材した新聞社はどの社も書かなかった。即ち、蓋然性と決めつけて会場を貸さないとか公園を貸さないなどの発言は極めて恣意的で思いつきでの発言であるからだ。

 次に公園の貸し出しを不許可にした理由の一つに、川崎市は危ない状況も考えられたと言っている件に対してですが、これは神奈川県の公安委員会がこのデモの許可を正式に認めていることと矛盾しています。

 川崎市は公園の使用を断ることで、使用を認めると騒乱状態になるような懸念を表明しているが、毎日新聞は次のように2日前に報道しています。

毎日新聞2016年6月3日 20時49分(最終更新 6月3日 20時49分)

 在日コリアン排斥などを訴えるヘイトスピーチを繰り返してきた男性が5日に川崎市で予定しているデモについて、神奈川県警は3日、男性のデモと道路使用を許可する決定をした。「公共の安寧の保持に直接危険を及ぼす場合以外は許可する」とする県公安条例の要件を満たすと判断した。

…とあるように警察はその懸念がないという見解を示していた。

 この点に関しても2016年6月7日に開かれた福田市長の記者会見では次のように述べている。

<ヘイトスピーチについて> 川崎市提供資料

 記者、すみません、今回、警察は道路使用許可を出したんですけども、事前に川崎市としては公園を不許可にして、そういったデモを行なえなくさせる、そういった観点から見て、警察の対応は、今回どのように市長は受け止めていますか?

市長 警察の判断はそれこそ法律に基づいてしっかりと判断されたんだというふうに受け止めておりますけれども、川崎市の立場、経緯についてはしっかりと警察のほうにもお伝えしてあります。

以上

 警察のデモ申請の判断はそれこそ法律に基づきしっかりと判断されたとの認識を示しています。

 これは日本国憲法にある21条で定められた集会の自由、結社の自由、表現の自由を警察は守ったが、福田市長はそれを守ろうとして来なかったことを認めた発言であり、自由と民主主義社会において、ただ反対派の意見に屈しての判断であり、到底許されるべき判断であったとは思えない。

 
第4号ですが、川崎市と神奈川新聞社を名誉毀損で訴えた裁判の件や週刊誌の報道、今後の展開なども含めて原稿を書き始めました。

映像の紹介



freedom
画像:機関紙フリーダム4回号・11月10日発行

機関紙『FREEDOM』は原稿を書き終えました。

◯神奈川新聞社、川崎市の名誉毀損裁判が始まる

◯外国船が川崎港で沈没、川崎市は何もしないで静観しているだけ?

◯ヘイトスピーチ条例の問題点

などを紙面に書いています。

川崎市での戦いの為には費用など資金が必要となりますが、それはこの購読代金でカンパして頂きたいと思います。

年間購読料は3,600円となります。

お申し込みはメールにてお願いします。fukushimaseto@gmail.com

せと農園からのお知らせ



IMG_20191023_134520-1

福島に戻り5日に川崎に戻るまで農産物の収穫(落花生)をやります。注文頂いていた方には今日から発送します。



西村早生は売れ切れました。


この左の柿は百目柿という柿です。


「百目柿」と呼ばれるものでした。こちらも甘柿です。ゴマは入っていませんが、甘い柿です。お店では殆ど見かけることはないようです。

 小玉5キロ箱に詰めたものも1500円で販売します。


 昨年の価格と同じにしましたが、送料が上がっていたのに、そのままにしてあったので送料だけ値上げとなりました。

 落花生を掘って販売しています。ご注文下さい。




落花生フタ1キロ1500円とします。団ボールの箱にいれて発送します。

1箱に2キロ入るので、2キロ希望の方は2つ入れます。この場合は3000円です。

送料は1箱当たりの送料がかかります。これまでより50円高くなります。

東北 関東 信越         600円 

北海道 北陸 東海 近畿     870円

中国 四国 九州         1070円 

沖縄               1500円


 送料は別途かかります。

ジュースやジャム、フリーズドライリンゴスナックなどは→こちらです。りんごチップ・ジャムは売れ切れです


 東京 東北  600円

 北陸 東海 近畿 870円

 中国 四国 1070円 九州 沖縄1500円 



ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


Posted by the_radical_right at 08:02│Comments(6)mixiチェック
この記事へのコメント
中国のスパイ機関、孔子学院に睨みを利かせた女性議員のしについて思うこと




今、パヨク中国共産党は世界中で覇権拡大の為の浸透工作を大々的に実行しています。合法的に社会の様々な分野に浸透して、パヨク中国共産党の利益になるように影響力を行使します。その為に最大限活用されるのが移民です。そのパヨク移民を包括的にコントロールするのがパヨク中国共産党の中央組織である統一戦線工作部です。


北米では孔子学院がスパイ・プロパガンダ機関と認定されて、閉鎖が相次いています。オーストラリアでも最近、孔子学院の中高生向けである孔子学級が閉鎖されることが決まりました。!パヨク中国共産党の浸透工作は非常に巧妙ですが、その危険性が広く認知されるようになってきました。

ところが、日本ではその世界の流れに反して、つい最近新たに孔子学院を華々しくオープンした大学があるのです。!

山梨学院大学です。❗️バカ丸出し!
Posted by 鉄秀 at 2019年11月06日 13:28
首里城の再建委沖縄県知事は政府の援助を求めている。沖縄振興予算を毎年3000億ももらっている、我々の税金を。一人あたり確か11万だ。四人家族で年44万だ。しかも使用制限がないお金もある。だったら菅理責任があった知事が考えればいい。
 もともとお貰いばかりの行動ばかりと思うが、問題は安倍内閣が即座に援助をと述べたことだ。誰の税金を使う。愛知県知事と同じ感覚だ。
 いうなら、振興予算があるはずだから、沖縄県知事が自ら判断して行動してくださいというのが日本国民に向かって言うことで、沖縄に向かって言うことではない。火事は管理責任があり、今回の水害とが違う。
 それくらい言えないようでは、何もできない政権だ。実際色々調べると。危うい。われわれは原理原則を持たない政権の元にくらしている。
 国会議員を信用してはならない。
でっもの妨害をする柴木隊などは警察が法令に従って、逮捕すればそれでおしまいと思う。なぜそれをしないのだろう。実際に参加して、カウンター側の行動は目に余るものがある。日本人の普通の感覚とずれている。
もう我々日本人は争いや衝突を恐れていてはいけない。大村知事のような人とは徹底的に争うきがいをもたないと我が国のさきはない。末端の警察官はみなそのように思っていると思う。子供たちの未来を見据えよう
Posted by takeshi at 2019年11月06日 13:29

中国共産党の浸透工作にオーストラリア陥落寸前。日本に伸びる独裁習近平政権の魔の手が

  

メルボルン拠点の主要紙「ジ・エイジ」シドニー拠点の「シドニー・モーニングヘラルド」、そして国営放送ABCが協力して調査し、作成した「中国共産党のオーストラリアにおける浸透工作」に関するドキュメンタリーが放映されたというのです(Interference China’s covert political influence campaign in Australia Four Corners)。

昨年、危機感から外国干渉防止法を可決したオーストラリア。今年に入ってからは、政界工作を行っていた中国人富豪の永住権をはく奪し、市民権申請も却下しました。


オーストラリアに中国共産党に通じる監視ネットワークが張り巡らされ、中国共産党に批判的な中国人や団体は攻撃され、協力的な中国人や団体は支援されることがつまびらかになりました。

中国共産党による浸透工作は公然の秘密に
Posted by 山岡 at 2019年11月06日 13:29
【韓国:プロデュース48の投票結果も捏造か⁉ 番組プロデューサー逮捕】

★韓国人気オーディション番組で投票結果捏造 プロデューサー2人逮捕 AKBともコラボ【ソウル=桜井紀雄】 産経新聞

 日本でも人気の韓国のアイドルオーディション番組「プロデュースX(エックス)101」で、視聴者からの投票結果を捏造(ねつぞう)したとして、韓国警察は6日までに、詐欺などの疑いで、チーフプロデューサーら2人を逮捕した。

 アイドル候補らが成長する様子を放映し、視聴者のオンライン投票で最終的な上位者がグループとしてデビューする番組。2016年から始まったこれまでのシリーズでデビューしたグループが新人賞を総なめにするなど、社会現象になるほど注目を集めてきた。

 昨年のシリーズでは、日本のアイドルグループ「AKB48」のメンバーらも加わり、選ばれた日韓の12人が「IZ*ONE(アイズワン)」を結成。近く発売するアルバムは日韓同時に予約ランキング1位になる人気だ。日本では日本版新シリーズの動画配信が始まり、日本にも影響する可能性がある。★
Posted by 名無し at 2019年11月06日 18:25
瀬戸さん今晩は。
左寄りの憲法書にもはっきりと書かれています。
「政府(選挙で選ばれた公人)は、憲法を順守した社会を維持する責任がある」と。
授権権を持っているのは憲法だけですから、この福田市長の判断は、その「憲法を順守した社会を維持する責任」から逸脱した判断であったのは間違いありません。
どんな小さな自治体であろうが、憲法を順守した社会を維持しなければならないのは当然の事です。
何故ならば、自治体を統治する公人には、憲法を順守した社会を維持しなければならない責任を負っているからです。
それを、恣意的に解釈し、差し止めを判断するなど越権行為以外の何物でもありません。
Posted by 大日本帝国軍人 at 2019年11月06日 18:35
>「蓋然性が高いので必ずヘイトを行なうから会場を貸すな」
なるほど、有田芳生議員の言説が正しいのならば、
「反日意識の強い在日朝鮮人は対日報復活動に走る蓋然性が高いので必ず破壊活動を行なうから破防法で取り締まれ」
も正しい事になりますが、如何なものでございましょう?(微笑)
Posted by 市民 at 2019年11月06日 19:41

コメントする

名前
 
  絵文字