2020年01月12日

台湾総統選、蔡英文氏が再選


 台湾総統選、蔡英文氏が再選

過去最多得票で韓氏に圧勝―「一国二制度」拒絶

 せと弘幸を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします。

2020年01月12日 00時27分 時事通信

1578748369767




























台湾総統選、蔡英文氏が再選=過去最多得票で韓氏に圧勝―「一国二制度」拒絶
11日、台湾総統選に勝利し、台北でガッツポーズを決める蔡英文総統(EPA時事)

 【台北時事】台湾総統選は11日投開票された。再選を目指した与党・民進党の蔡英文総統(63)は、800万票を超える総統選での過去最多得票を記録し、再選を果たした。焦点となった対中国関係をめぐり強硬な姿勢で臨んだ蔡氏に絶大な支持が集まり、対中融和路線の最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)に圧勝した。同時に行われた立法院(国会、定例113)選でも民進党は過半数を確保した。

 蔡氏は同日夜の記者会見で、「過去4年の政策とその方向性が評価された結果だ」と勝利宣言。その上で、中国が打ち出す「一国二制度」による中台統一を改めて拒絶するとともに、台湾への武力行使を断念するよう中国共産党・政府に呼び掛けた。

 1996年に初の台湾総統選が行われて以降の最多得票は、2008年に馬英九氏が獲得した765万票。中央選挙委員会の確定値によると、蔡氏は817万票を獲得し、韓氏は552万票だった。韓氏は敗北を宣言した。国民党の呉敦義主席は、敗北の責任を取って辞任すると表明した。投票率は74.9%で前回の66%を上回った。

 台湾総統選は、反政府抗議デモで混乱する香港情勢を背景に、対中関係をめぐり有権者がどう判断を下すかが最大の争点となった。蔡、韓両氏による事実上の一騎打ちとなる中、蔡氏が選挙戦を終始リードした。

 蔡氏は選挙戦で、「台湾の主権と民主主義を守ろう」と繰り返し訴えた。香港問題や米中貿易摩擦といった国際情勢が追い風になり、中国への警戒感を強めた若者を中心とした有権者の支持を広げた。

 一方の韓氏は、民進党批判を強め局面打開を試みた。対中政策では「中国と関係を改善すれば、台湾は安全になり、みんな金持ちになれる」と訴えたが、香港情勢を受け「親中派」イメージが不利に働き、若者の支持低迷に苦しんだ。

 総統選には野党・親民党の宋楚瑜主席(77)も出馬。無党派層の受け皿を狙ったが、蔡、韓両氏に注目が集まる選挙戦に埋もれた。

 立法院選は、中央選挙委の集計によると、民進党は61議席(現有68)と減らしたものの、過半数を確保した。国民党は38議席(同35)。柯文哲・台北市長が昨年立ち上げた新党「台湾民衆党」は比例代表で5議席を獲得した。 【時事通信社】

以上

 香港に引き続き、台湾でも中国共産党の習近平にとっては大きな打撃(ショック)となったと思われる。先ずは喜ばしい結果となり、私個人としても安堵した。ただ単に民進党の蔡英文氏が選挙で勝利したということだけではなく、過去最多の得票で圧倒的に勝利したことに意味があります。

 中共の独裁者・習近平が選挙に当たって言及していた「一国二制度」を明確に拒絶した。その決意が台湾の民衆から絶大な支援を受けた。これは香港の民衆による命をかけた戦いが台湾民衆の心を奮い立たせたという事でしょう。

 香港でデモが始まる前は、習近平の露骨なまでの選挙介入で
民進党の蔡英文氏は不利な状況にあった。しかし、香港でデモが始まってから習近平の中華共産党による「強権的姿勢」とデモへの弾圧は台湾の人たちを不安にさせた。

 
「中台融和」を謳う国民党への一般台湾民が一線を引く流れにつながることになり、今回の蔡英文氏が810万票を超すという歴史的大勝利となったものだ。

 今、台湾は日本と違って好景気に沸いている。「米中貿易戦争」の始まりで台湾企業がシナ大陸を捨てて台湾回帰が起こり、台湾では工場建設ラッシュが相次いでいる。日本の企業ももっと危機感を持ってシナから撤退を始めるべきでしょう。

 台湾を締め付ける為にやった中華共産党の台湾への旅行制限も、日本や他の国からの観光客が逆に増えて影響はまったくなさそうだ。日本も中華共産党国家への観光旅行などは、今後一切やめて、是非とも台湾に出かけて欲しいものです。

別なニュース

 台湾を守るのは台湾人ですが、やはりアジアの平和の守護神は米国です。米軍の存在なくして日本の平和もありません。


 【ワシントン共同】マッカーシー米陸軍長官は10日、首都ワシントンで講演し、22年までにインド太平洋地域にサイバー分野や極超音速ミサイルの運用など複数領域で作戦を実施する新たな部隊を2カ所に配備する方針を示した。沖縄県・尖閣諸島の防衛にも言及。米メディアは南西諸島が位置する「台湾以東の島々」とフィリピンを配備先の候補に挙げた。

 中国やロシアに対抗する狙いがある。マッカーシー氏は尖閣諸島のほか、南シナ海を挙げ「米軍の接近を阻止する能力に対処できる」と強調。来年、最初の部隊を設置、再来年に二つ目の部隊を配備する見通しを示した。具体的な配備場所は言及しなかった。

‪共同通信 ‬2020/1/11 15:50
https://this.kiji.is/588621465292866657?c=39550187727945729

 台湾やフィリピンにも米軍基地を置いて、中華共産党の侵略主義に対抗して欲しいものです。日米安保や米軍駐留に反対することは、日本を中華共産党に売り渡すバカげた行為であり、我々は絶対に反対します。

 匿名掲示板にありました。紹介しておきます。

米軍さん

いつも日本を守って下さり、深く感謝致します。
Thank you for your force.

しかも尖閣諸島の防衛も視野に入った新配備とは
益々心強い限りです。
ありがとう、米兵さん!
本当に勇敢で頼もしいです。



次回の発送は16日となります。

 家庭用は1月からまだ販売を始めました、在庫数は次の通りです。

 16玉 32個  20箱  10箱

 18玉 36個  12箱   

 20玉 40個  15箱  12箱

 23玉 46個  17箱  16箱

 25玉 50個  10箱   

 

 
 家庭用の中玉以下は昨年と同様の価格に据え置きました。


1753b6c4

16玉2段詰め(32個) (中玉です。)


特別価格 ¥3200円+送料



18玉2段詰め(36個) (中玉です)

特別価格 ¥3000円+送料


20玉2段詰め(40個)  (小玉です)


特別価格 ¥2600円+送料 


23玉2段詰め(46個) 


特別価格 ¥2300円+送料


25玉2段詰(50個)料理用


特別価格 ¥2000円+送料

 

     
 送料

 東北関東信越  1070円

 北陸 中部   1144円

 北海道 関西  1225円

 中国 四国   1382円

 九州 沖縄   1782円




 fukushimaseto@gmail.com



ブログランキング
←ブログランキング応援クリックお願いします


Posted by the_radical_right at 05:03│Comments(9)mixiチェック
この記事へのコメント
5
せと先生、皆様、お早うございますm(__)m

台湾加油!蔡英文加油!
Posted by 雪 at 2020年01月12日 07:29
中国系スウェーデン人桂民海氏の人権侵害で中国と争っている #スウェーデン が貿易制限で中国の圧力を受けているので、他国はスウェーデンを支持するべき、とする記事.
https://www.expressen.se/nyheter/sverige-ar-under-attack-av-kina-behover-hjalp/

劉暁波氏にノーベル平和賞を与えて中国 に制裁を受けたときのノルウェーと同じになってしまう
Posted by 桂民海 at 2020年01月12日 09:30
青山や表参道のお洒落な雑貨やフランフラン、フラインタイガー、ザラの殆どは、メードインチャイナ、それが現実です‼️
観光立国を推進する内政干渉ロバートフェルドマンやバカすぎる経産省をぶっつぶせ!
Posted by さち at 2020年01月12日 13:10
● 台湾総統選、蔡英文氏が再選!
過去最多得票で韓氏に圧勝―「一国二制度」拒絶
中共の習近平独裁者が選挙に当たって言及していた「一国二制度」を明確に拒絶した、その決意が台湾の民衆から絶大な支援を受けた。
これは香港の民衆による命をかけた戦いが台湾民衆の心を奮い立たせたという事。北のショーオン独裁者に何も言えない朝鮮人とは大違い!!
Posted by 祝 at 2020年01月12日 13:35
台湾の一国二制度拒絶は中共に呑まれる事への拒絶、香港に見る主権無き国への恐怖反応での圧勝劇でしょ。
相手候補の「韓国某」とか云う名前も法則発動かと思わせて呉れ、意味深にさせられますね。
大阪の「大阪都構想」推進は一国二制度の下で独立を目指し、アジアの影響下に呑まれる事を希望する物でしょ。台湾が中共に呑まれるのを拒否したのとは真逆な方向で、時代に逆らう方針です。独立性の高い「大阪民国」狙い。
大阪維新は目先の利にしか走れない馬鹿な輩と、復習心しか持たない詐欺師しか居りませんので、自分達の思惑達成の為には手を選びません。
入管フリーの関空からテロリストを招き入れ、蜂起させ、日本政府を脅すと云うヤリ口で「大阪民国」の成立を狙う事も有り得すですよ。「人の命は地球より重し」とテロリストの要求を丸呑みして、テロに屈した前歴を所持する日本政府ですからね。
新主権者は在日か部落か、はたまた特定アジアか、それともグローバル勢力か。主権者交代劇にも目が離せないですね。主権者が日本人で大阪庶民じゃ無い事だけは間違え無しです。
実験国家「大阪民国」
Posted by 民草 at 2020年01月12日 17:09
田母神、籠池、ゴーンの三人が共同で拘置所コンサルタント会社を立ち上げる気が有ったそうですよ。
三人には妙な繋がりが有ったんですかね。妙に納得され、見損なわれてましたね。
Posted by 民草 at 2020年01月12日 17:50
選挙制が法律通りに行われること事体が危うい国と
比べたら。。。日本人も習わなくてはと思います
アメリカの選挙が死に物狂いでどっちかに転がるかで
世界経済が変わりますからね
シナマネーは底をついてるでしょうから
国連で子供に演説させて先進国を口撃する
日本のマスコミはシナマネーと韓国人マスゴミでして
見るに耐えないです
N○Kとか、いたる番組でシナと韓国を絶賛ですw
視聴料訴訟とか、あちらに流したいから必死すぎですよね
Posted by kame at 2020年01月13日 03:26
台湾総統選の結果に対して、さっそく中国共産党が難癖付け始めています。
今や共産主義など人類から拒絶された、忌まわしくも呪わしい悪夢の政治体制にも拘わらず、しぶとく生き残ろうとする共産主義。
共産主義に未来などありません、滅びゆくのみです。

台湾総統選、圧勝の蔡氏を中国国営メディアが批判「汚い小細工」「まぐれ」
https://www.afpbb.com/articles/-/3263180

台湾総統選、現職の蔡英文が圧勝「民主的な台湾は脅迫と威嚇に屈しない」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92121.php

【台湾・総統選】敗北者は中国共産党 米国亡命中の中国民主化活動家、薛偉(せつ・い)氏
https://www.sankei.com/world/news/200111/wor2001110055-n1.html

台湾総統選、蔡英文氏が再選 過去最多得票で韓氏に圧勝―「一国二制度」拒絶
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011100438&g=int
Posted by 市民 at 2020年01月13日 06:52
>>7
日本の選挙でも開票時に(都知事選?)他の候補者の票ごちゃ混ぜの上にどこかの反日政党の候補者の票を上にして束ねていた動画が有りましたね。

他国の事ばかり言えたものじゃないですね。

Posted by 雪 at 2020年01月13日 11:13

コメントする

名前
 
  絵文字