2020年06月29日

香港弾圧強化に西側諸国が懸念

香港弾圧強化に西側諸国が懸念

習近平独裁で香港の一国二制度が消滅

ブログランキング←ブログランキングへの応援クリックお願いします。

 中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は28日に会議を開き、香港に導入する「香港国家安全維持法」案の審議を再開した。
会議は30日までの予定で、香港メディアは同法案が最終日に可決される可能性が高いと報じている。

 香港の高度な自治を認めた「一国二制度」が脅かされるとして欧米各国は中国に再考を促すが、習近平指導部は早期成立を目指す強硬姿勢を崩していない。

 全人代常務委の会議は18〜20日にも開かれており、これほどの短期間に2度も開催されるのは異例だ。

 通常、全人代常務委では法案について2〜3回の審議を経て成立させており、香港ネットメディア「香港01」は「会議の閉幕時(30日)に採決される可能性が高い」との見通しを示す。

 中国メディアは、同法案が香港市民の支持を得ているとアピールする報道を繰り返しており、採決に向けた環境が整ったと主張する可能性がある。

 香港情勢をめぐり米国が26日に対中制裁を表明したことに対し、中国政府は「香港に関する事柄と中国の内政に干渉する覇権行為をやめるよう促す」と反発している。

 香港メディアによると、全人代常務委で唯一の香港選出委員である譚耀宗(たん・ようそう)氏は27日、最大で禁錮10年と法案で定められた刑罰を重くするよう提案すると述べた。
厳罰化を求める意見を反映させるためで、過去の犯罪事案にも法の効力をさかのぼって適用すべきだという考えも伝えるという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24596a6e9379445ea93f976f
2f39078d467d5d1b

以上

 
中国共産党は香港問題を内政干渉だとしている。米国や欧州の民主主義国家が香港の人達の戦いを支援していることに対してですが、これは内政干渉ではありません。

 今なぜ自由な香港が存在するのか? それは英国のサッチャー首相が中国共産党の小平に香港が返還される時の「一国二制度」を国際社会に約束させたからであり、それ故に香港人から自由を奪うことは中国共産党がその約束を反故にすることになるからです。

香港の高度な自治を認めた「一国二制度」が脅かされるとして欧米各国は中国に再考を促すが、習近平指導部は早期成立を目指す強硬姿勢を崩していない。

 欧米諸国の要請を無視して「一国二制度」で認められて来た香港人の政治的な自由を認めないとなれば、これは欧米VS中共との戦いは避けられなくなります。

 この問題で日本人は誤解しているのが米国の共産中国への制裁はトランプ大統領だけが主張しているのではなく、これは米国の総意(コンセンサス)になっているという点です。

 既に米国上院は共産中国に対して制裁する法案を満場一致で決議されました。中国共産党による香港弾圧が始まれば、直ちに発動されて具体的な制裁が開始されることになります。米国が制裁を開始すれば欧州各国もそれに続くことになるでしょう。

 日本政府もこの問題では日中友好などとのんびりしたことを言っている訳にはいかなくなりました。

6/28(日) 9:04
読売新聞オンライン

【独自】香港「国家安全法制」可決なら、日本も当事者に…政府「遺憾」表明へ
(写真:読売新聞)

 政府は、中国による香港への国家安全法制度の実施法案が可決された場合、中国に「遺憾」を表明する方向で調整に入った。先進7か国(G7)が17日に出した共同声明での「重大な懸念」より踏み込んで、日本政府の厳しい姿勢を打ち出す構えだ。

 国家安全維持法案は、28〜30日に開かれる中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で可決される可能性がある。国家分裂などの反体制活動を中国当局が取り締まれるようにする内容だ。

 政府が他国に申し入れを行う場合、「遺憾」は「非難」の次に厳しい表現となる。遺憾の表明は、沖縄県の尖閣諸島周辺への中国公船による領海侵入など、直接的な国益に関わる問題に使われることが多い。今回のような他国の政策に対して出すのは珍しいという。

 香港には約1400社の日系企業が進出している。政府は法案が可決されれば、「香港の『一国二制度』に基づく『高度な自治』が揺らぐ事態で、日本も当事者となる重要な問題だ」(高官)と位置づけている。

 政府は今回の問題で、中国に対する発言内容を徐々に厳しくしている。菅官房長官は、全人代で導入方針の審議が始まった5月22日に「高い関心を持って注視」していると述べ、25日には「強い懸念」を表明した。外務省は28日の方針採択時に駐日中国大使を呼んで「深く憂慮している」と申し入れた。

■米、中国に対抗 当局者ビザ規制

【ワシントン=蒔田一彦】米国のポンペオ国務長官は26日、香港の自治や人権の抑圧に関わった中国共産党当局者らに対し、査証(ビザ)発給を制限すると発表した。

 ポンペオ氏は声明で、「中国共産党は、香港の『高度な自治』を損ねる動きを加速させてきた」と非難した。ビザ発給制限は退職した元当局者も対象になるとし、親族にも適用する可能性を示した。ただ、対象者の氏名や人数は明らかにせず、具体的な制限内容にも言及しなかった。

 在米中国大使館の報道官は26日、「米国の誤った決定に断固反対する。香港問題は中国の内政問題だ」とし、米政府に措置の撤回を求める声明を出した。

 トランプ米大統領は、当局者への制裁のほか、香港に対する関税面などの優遇措置の撤廃も示唆している。中国の出方を見ながら、対抗措置を強めていく構えだ。

https://amd.c.yimg.jp/amd/20200628-00050046-yom-000-7-view.jpg

以上

 この香港の問題は今後どうなるのか? まさに全世界の注目の的となっています。日本のマスメディアの報道しか見ていない人は共産中国の主張する「内政干渉」などと言っている人もいますが、これは近未来の人類の体制を賭けた戦いとなります。

 自由と民主主義、基本的人権の尊重、法の支配という自由主義社会体制と、共産党独裁体制の最終戦争となります。

 これは香港だけではなく、日本国内においても中国共産党を支援する左翼との戦いになります。中国共産党の手先となっているアンティファやしばき隊残党が自由主義者に対して立ち向かってくるでしょう。

 香港に自由を!中国共産党に死を! これからの政治運動のスローガンとなります。



 こんなコメントがありました。

 

8:05 瀬戸弘幸さん 自由と民主主義を守る戦い 武漢🦠肺炎によって中国🇨🇳共産党vs全世界の戦いとなった 全世界の人々と共に戦う姿勢を見せる時は今 7/1は香港🇭🇰独立の日

動画紹介






日本よ何処へ せと弘幸公式チャンネル




https://www.youtube.com/channel/UCj4V-YBH1BSlkCEFf2IvBBw


ブログランキング
←ブログランキングへの応援クリックお願いします。


Posted by the_radical_right at 07:03│Comments(18)mixiチェック
この記事へのコメント
5
>米国の共産中国への制裁はトランプ大統領だけが主張しているのではなく、これは米国の総意(コンセンサス)になっているという点です。

昨年、香港人権法案が両院で1名の反対を除き可決されたとき、そのようなことは真珠湾攻撃のとき以来のことだという記事を読んだ記憶があります。反対した1名というのは、経済制裁には全部反対する人なので、実質的に全会一致に等しいようです。

米国は、共和党、民主党問わず、国家として中共との対決姿勢を固めたといっていいと思います。それなのに、せと先生ご指摘のように、同盟国である日本は中共との経済的な結びつきにのめり込み、尖閣への侵犯にもまともに対応せず、あまつさえ習近平を国賓招請する体たらくです。

米国政府要人から、このような日本の媚中姿勢をあからさまに批判する声は上がっていないようですが、実際のところ、アメリカは日本のことをどう思っているのでしょうか。向こうは本当に日本を同盟国だとみなしているのでしょうか。最初から日本のことなど信用していないのではないでしょうか。不沈空母たる日本列島さえあればよくて、日本政府も自衛隊も当てにしていないのではないでしょうか。

そのアメリカも自治区ができたり、建国者の銅像が倒されたりと、どんどんおかしな方向に進んでいるようです。アメリカの白人には黒人奴隷や原住民の土地を奪ったことに対する原罪意識があって、そこをBLM騒動に乗じた敵対勢力に上手く突かれているように思います。

アメリカが軍事や外交でまともな判断を下せなくなったら、あるいは孤立主義に走ったら(トランプ大統領にはその傾向があるように思います)、日本はどうすべきなのでしょう。日本人が独立国家としての自国の安全について考えるべき非常に重要な時期に来ているように思います。
Posted by 弁信 at 2020年06月29日 10:47
>香港弾圧強化に西側諸国が懸念
>習近平独裁で香港の一国二制度が消滅
このような中国共産党習近平独裁政権の国際的約束を平然と反故にする姿勢に対して、非難も批判もしない日本の反日左翼(特に沖縄を支配する左翼)は、偽善と欺瞞の塊と見做されても致し方ないでしょう。
この偽善と欺瞞の塊たる反日左翼は、

 >香港に自由を!中国共産党に死を!

この至極真っ当なスローガンに対してどのような似非スローガンを唱える積りでしょうか?

 中国共産党に自由を! 自由と民主主義に死を!
 基本的人権の尊重に死を! 法の支配という自由主義社会体制に死を!

とでも唱える積りでしょうか?
中国共産党の手先となっているアンテファやしばき隊残党なる反社会的団体が今後どのようなスローガンをほざくか見物です。
Posted by 市民 at 2020年06月29日 12:37
 >戦後日本においてはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、大手広告代理店(電通博報堂)の五業界が共謀して、戦後体制に合致した左翼的人物のみを有名人として売り出し日本を洗脳してきました。そしてこの状況は今も続いています。本当の保守、右翼、愛国者はどんなに情報発信しても全く取り上げられず殆ど無名のまま黙殺されます。
 
▲まったく仰る通りです。メディアが完全に反日勢力に支配されているので我々の活動はガン無視、またはヘイト活動と報道されます。そしてデモや街宣を繰り返すほどヘイトと報道され規制法が作られ一般市民から乖離していくのです。


 >しかし左翼的人物ならどんな馬鹿で無名で無能で無実績な人間でも、繰り返しマスコミから出演の機会を与えられ、あっという間に有名人になれます。そして知名度を得た愚人が何の労力も払わず簡単に首長や国会議員になっていきます。おそらくマスコミが桜井誠氏を橋下や小池百合子並に報道すれば、都知事の当選圏に直ぐに到達出来ます。

▲室井祐月など典型的な例ですね。辻元清美や福島瑞穂もメディアが「平和主義者」と大宣伝してくれるから選挙は楽勝で当選できます♪ 僕は桜井の演説が5分間でいいからどこかキー局の地上波ニュースで報道されれば圧倒的な支持が得られると思いますが現実には完全ネグレクトです。しかし発言の一部だけ(ユーチューブでの朝鮮人を全員殺せ!)が強調して報道されます。


 >この状態を解決するには、GHQが日本に行った情報統制を、逆に右派側が現代日本に対して行うことです

▲この状態を解決することは我々は不可能です。政界、財界、官僚、メディア、司法、教育、この6分野が反日勢力に完全支配されているなかで我々右派側は事実上無力です。そしてこの体制を変えられるのは、この体制を作ったGHQだけが可能であると考えています。
Posted by れおなるど at 2020年06月29日 13:50
現在命の瀬戸際に立っている香港。台湾も強請られている最中だが、
香港と台湾はろくでもない本家から分離した出来のいい分家に例える
ことができる。
本家チャイナがゴロツキ生活を続けても、出来のいい分家が立派な生
活をすることで少しは面目を保てるのだ。それに気が付かないチャイ
ナは愚かな奴らだと思う。誇り高く美しいものを憎むのは人の常だが、
チャイナも宝石のような香港、台湾をを自分と同様のウンコまみれに
したいのだろう。
Posted by 臺灣 at 2020年06月29日 21:10
少しでも中国に対して甘い顔をすれば、尖閣は間違いなく分捕られてしまう。フィリッピンの南沙諸島の時と同じで、味を占めれば、確実に尖閣に対して軍事行動に出る。欧米諸国や、フィリッピン、ベトナム、インドとともに暴支膺懲の精神でシナに立ち向かおう。
Posted by ドイツ兵 at 2020年06月29日 21:14
もちろん、香港、チベット、ウィグル、内モンゴルの方達とも力を合わせよう。
Posted by ドイツ兵 at 2020年06月29日 21:16
香港乗っ取りを日本が許せば、「あ、これはいける」とばかりに要求をエスカレートさせ、尖閣は乗っ取られる。香港死守を貫こう!
Posted by ドイツ兵 at 2020年06月29日 21:18
>by ドイツ兵 at 2020年06月29日 21:18

約10年前当時のウイグル日本代表 イリハム・マハムティさんの講演を
聞いたことがある。お顔を見て声を聴くだけで氏の悲痛な立場がよく分
かった。質問のとき「ウイグルの周囲は同宗教、イスラム国なのにどこの
国も黙っているのですか?」と聞いたら「周囲は皆独裁国家で中國の手が
入っている」というようなご返事だった。チベットについても同じように
悲惨な話ばかり。
悔しいから少しばかりはできることをやってきた。皆さまウイグルチベット
にも温かい目で支持をしてください。味方になってください。
ドイツ兵さん、できることはやりましょう。
Posted by 臺灣 at 2020年06月29日 21:38
今晩は。

安倍殿がどう対応するかで政権の命運が定まる気がしますね。安倍殿は従支那経済人もとい売国奴共に弱いのです。コロナ発覚後も支那人共を大量に入国させたのも刑断連や創価朝鮮の差し金であったと言われています。

安倍殿は外交の天災、もとい天才ではなかったのでしょうかね?はて、どこぞの大酋長を形容するセリフでもありましたね(爆)トランプさんと仲良いっていうのも最近は眉唾に思えて来ました。アベンジャ〜ズらが流したデマでしょうか?
Posted by 素浪人 at 2020年06月29日 21:53
沓澤さんの動画では、豊島区でも川崎と同じくヘイトスピーチとレッテル張りし、都合の悪い発言を封じようとする言論弾圧の動きが共産党を中心に出ているそうです。

4野党、宇都宮都知事候補を全力応援/豊島区議会に変な請願が提出されました20200629
https://www.youtube.com/watch?v=h3JjPQPH5bE
朝田理論
https://ja.wikipedia.org/wiki/朝田理論
朝田理論(あさだりろん)とは、部落解放同盟中央本部の第2代中央執行委員であった朝田善之助が確立させた部落解放理論
不利益と不快を感じさせられたら全て差別」「差別か否かというのは被差別者しか分からない」といった、つまり『差別』と感じた者に全ての決定権と主導権があるという考え方。
ヘイト規制も、この考えと全く同じ。此れは恐い。
Posted by 民草 at 2020年06月29日 22:23
>沓澤さんの動画では、豊島区でも川崎と同じくヘイトスピーチとレッテル張りし、都合の悪い発言を封じようとする言論弾圧の動きが共産党を中心に出ているそうです。
 
▲川崎市と大阪市が罰則付きヘイト禁止条例を成立させたので、これからは全国レベルで罰則付きヘイト禁止条例制定の動きが出てきていますが、これはまさしく朝田理論に基づいた事実上の「人権擁護法」なのです。朝鮮人が差別だと感じればヘイトになり日本人は処罰されていきます。

 大阪市の条例も強烈で保守速報の管理人がヘイトで実名を公表されました。ヘイト禁止条例も解同が成立を目指す「人権擁護法」と全く同じで、差別主義者としてレッテル貼りをされ社会的に抹殺されます。そしてこれらヘイト法成立の根拠となっているのが某党党首のユーチューブでの「○○人を子供から大人まで皆殺しにしろ!」なのです(-_-)
Posted by れおなるど at 2020年06月30日 00:54
国際的な人権圧力団体で共産党にも近いと云えばアムネスティやヒューマンライツナウですな。
で、ヒューマンライツナウと云えば伊藤詩織を必死で弁護してる日弁連国際人権問題委員会委員の伊藤和子。
Posted by 民草 at 2020年06月30日 02:22
香港への優遇措置は、約束の一国二制度を継承しての物です。
中華は、どこもかしこも約束を軽く見ていますね、当然、約束を反故にするのだから優遇措置も消えるという事です。
つまり、支那の領土がほんのちょっと広がるだけと言う事になりそうですね。
期待していたマネロンも出来なくなり、国際的に信用を失うのだから、人民元も紙切れになるでしょう。
そもそも、偽札があれほど多い人民元が、ハードカレンシーに成れた事自体が詐欺ですよ。
絶対に不正を働いています。
Posted by Jack Amano at 2020年06月30日 07:00
>>3
衆参両院の過半数を合法的な選挙で獲得したあと、その政権が白色革命をすれば戦後体制脱却は可能です
合法的に軍と警察の統制権を獲得した上で、衆参両院過半数の議決をもって日本国憲法を破棄する
一時的な反対運動が起きるだろうが、情報統制をしながらその抗議者を全て逮捕して政治犯刑務所に収容すればいい
上記のような民意を得た軍事独裁政権ならGHQを破壊出来るでしょう、というかそれしか無理です
日本を正常化するには明治維新直後の明治政府のような体制をもう一度作る必要があります
Posted by 戦後体制脱却の方法 at 2020年06月30日 07:41
>>11
アメリカ政府は原爆投下と都市空爆によって日本人の老若男女を文字通り皆殺しにしました
これはハーグ陸戦条約違反の完全な戦争犯罪ですが、アメリカ政府は今まで一度も謝罪も賠償もしておりません
よって桜井誠氏の発言はアメリカ政府が日本に謝罪しない限り、正当性が担保され続けると思います
Posted by アメリカ政府は実際に日本人を皆殺しにした at 2020年06月30日 07:47
落ち目のN国カピバラ尊師は何とか桜井誠氏にかまってもらおうと、
桜井氏を称賛したり批判したりあの手この手で近づこうとしています
この男は注目を浴びてる人物にストーキングをして、自分の知名度を上げていく炎上商法で今までやってきたようです
この発狂者に関しては相手にせず無視と刑事告訴で対応していくべきです
Posted by カピバラ観察日記 at 2020年06月30日 07:49
有田芳生がヘイト規制法を企てたときもアムネスティが、「日本では人種差別が放置されている。」などと声明を出して成立を強力に後押ししました。ヒューマンライツナウとアムネスティは一体と言ってよいほどだと思います( ゚Д゚)
Posted by れおなるど at 2020年06月30日 09:02
<大スポンサー様の韓朝中に媚び媚びのマスゴミが絶対に報道しないこと>


東京の渋谷で中国と習近平に対する抗議活動。
中国がインド、ブータン、フィリピン、ベトナム、そして日本などの土地を、不法に奪おうとしている独裁的な方法を非難しました。
https://twitter.com/coronatruemovie/status/1277361297030557704
Posted by 韓朝中イラネ at 2020年06月30日 13:32

コメントする

名前
 
  絵文字