2010年05月18日

維新政党・新風が参院選出馬断念

ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします。


維新政党・新風が参院選出馬断念

 早急に参院選への対応を打ち出すべきだ。

 参議院選挙出馬見送りのお知らせ
 
維新政党・新風は6月24日公示予定の参議院選挙に
出馬を予定してをりましたが、諸事情により出馬を見送る
ことと致しますので、お知らせ申し上げます。

http://shimpuoshirase.sblo.jp/article/38198996.html

 今回のこの出馬断念の報に驚いた人もたくさんいると思います。私もその一人ですが、魚谷哲央代表は断腸の思いでこの決断を下されたのでしょう。良くも悪くも新風は「魚谷商店」といった個人政党の側面を持っていました。

 選挙の供託金から活動資金は党員の党費によってまかなわれるのが一般的ですが、新風は当然それだけでは足りずに、魚谷代表お一人が資金づくりでご苦労されていました。

 出馬の断念は諸事情とありますので、選挙資金だけを云々したくはないのですが、そのような報道が北海道新聞などに掲載され、ネットでも広く知れ渡っているので、出馬断念の理由はそこにあると思います。

 前代表の故松村氏なども、新風は一回選挙を休むことがあっても良いのではないか、そのように言われていたので、私は今回の決断は結果的には良い選択であったと考えます。

 もし、この厳しい選挙情勢の中で、無理して出馬にこぎつけたとしても、供託金
だけでは選挙は出来ません。前回よりも得票減になるようなことがあれば支持者の動揺も起きたことでしょう。

 ここで出馬を断念したことは、今後の新風にとってはマイナスばかりではないと思います。判断としては決して間違ってはいないと思いました。

 さて、問題はこれからです。自分達が選挙に出ないのだから、後のことは知らないということでは、支援者に対して責任を果たさないことになります。

 新風は「民族差別を許さない」党声明などにおいても、それは「選挙に出る者がゴキブリ朝鮮人という言葉はまずいでしょう」と言うことでした。

 新風は選挙を強く意識する人達の集まりであり、そのような人達によって支持されてきました。自分達の不出馬に関係なく、ここは自分達が出られなくなった現在、ではどの政党を支援すべきかを早急に打ち出すべきであると思います。

 それが前回新風に投票してくれた17万人からの支援者に対する責務であると思います。自分達の力の至らなかった部分をどの政党、或いは政治家に託すのかが問われてくるのではないでしょうか。

 既成の政党は全てダメだという硬直した考えではなく、では自分達の考えに一番近い政党はどこなのか? それを早急に決めて支援者に対して説明すべきであると思います。

 是非柔軟な思考で対処して欲しいと思います。政策協議に入ることも良いでしょう。政党としては『たちあがれ日本』が一番新風と相容れる部分が多いと感じます。

 そうすることで支持者の思いをつなぎ止め、次回に捲土重来を期すべきと考えます。

 一党員に過ぎない私が生意気なことを申し上げるのは筋違いかも知れませんが、新風の党員、支援者の心は同じではないかと思い書かせて頂きました。

ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします。

お知らせ リンゴジュースとジャムの販売について
 20100118144300002010011815200000                                              

注文はこちらをご覧下さい。

http://blog.livedoor.jp/
the_radical_right/
archives/52452888.html


新しい記事に入れ替えました。一度ご覧下さい。
  


 購入された方からの商品に対する感想なども紹介させて頂いております。是非ご覧下さい。

  

Posted by the_radical_right at 13:24mixiチェック

2009年05月20日

どの政党に投票するのか?

【政党とは何か?】(2)

どの政党に投票するのか?

 先ずは前回のエントリーを読んでいない方は、目を通してください。

 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2009-04.html?p=4

 さて、今回の「行動する保守」運動の緊急集会において、ニコニコ動画の生中継が行なわれ、見ている人から質問がありました。

 「次の衆院選挙でどの政党に投票するのか?」というものです。

 私はこれに対して明確に「自民党に投票する」と答えました。

 この件でメールなどで、維新政党・新風の副代表も兼ねる貴方のご意見としては賛成しかねる−という抗議とも思える意見がありました。この点に関して説明しておきます。

 私は「自らの信念で自民党に投票いたします。その最大の理由は私は左翼が嫌いであり、嫌いだからこそ右翼にまでなったのであり、その選択が自分では正しいと思っています」と述べました。

 自民党は自由主義の旗を一貫して守ってきた政党です。私はそのことを評価します。私はこれまでも自由主義、民主主義、基本的人権の3つは人類が守らねばならない普遍的な価値であると信じますと書いてきました。

 だから、それを満たす政党は自民党しかないという事です。しかし、これまで衆院選挙では自民党を支持してきた私ですが、次の衆院選挙を最後にしたいと思います。

※尚、私は民社党があった時代は民社党にも入れたことがあります。参院選挙は新風に入党する前から新風に入れて来ました。

 何故、自民党に入れるのを次の選挙で最後にするのか。それは今日のような体質では、もう自民党に日本の運命を託すことが出来ないと判断しているからです。

 これまで自民党を自由主義、民主主義の守り手であると信じて投票してきたが、もうこの自民党が守り切れるどころか、それを消滅させかねない危険な体質に染まってしまっているように思えてなりません。

 自民党の最大の誤りはシナ・中国に対して、余りにも譲り過ぎてきたということです。政治・経済あらゆる面で日本はシナからの要求をことごとく受け入れてしまった。

 このことによって日本民族の将来における運命は危ういものとなっています。この点に気がついている自民党の政治家もいるとは思いますが、残念ながらそれは少数派に留まっています。

 政党の存在意義について考えてみたいと思います。

 それは時代の先取り性にあるのではないでしょうか。今、政治に何が求められているのか?
 東京の人口でシナ人は100人に一人の時代となりました。

 これを日本国にとって危険なことであると思わない政党や政治家とは我々は決別しなければなりません。これは国家にとって危機どころか、極めて不幸な事態と見るべきでしょう。

 イタリアからのニュースの紹介です。

不法滞在外国人厳罰化、治安法案が下院通過 大統領は難色

 【ローマ藤原章生】不法滞在の外国人に厳罰を科す、ベルルスコーニ政権による「治安法案」が、イタリア下院で可決され、月末にも上院を通過しそうな情勢になっている。ナポリターノ大統領は「外国人嫌悪を助長する」と公に不快感を表明しており、大統領が署名しない場合、法制化に時間がかかりそうだ。

 イタリア政府は今月上旬、リビアからの移民上陸を初めて拒否し強制送還に乗り出し、外国人排斥を強めた。ベルルスコーニ首相は「多民族国家イタリアという左派の考えを我々は認めない」と発言。野党から「人権無視」との批判を浴びている。治安法案を機にイタリアは移民寛容策から排斥へと大きく転換しつつある。

 イタリアでは北アフリカから船で来る移民をこれまで、南部シチリア島などに一度上陸させ、難民審査をしてきた。だが、今月6日以降、リビアからの移民約500人を強制送還した。

 移民排斥を公約してきた極右政党・北部同盟のマローニ内相は「不法移民対策の歴史的転換点」と強硬策の継続を唱えている。これに対し、中道左派の野党・民主党や国連難民高等弁務官事務所、カトリック団体は「乗船者の多くは難民で、妊婦や子どもがおり、人権侵害だ」「イタリアが多民族社会なのは否定できない事実」と批判している。

 イタリアには滞在許可証を持つ外国人約400万人のほか、約100万人の不法移民がいる。統計上、犯罪は減り続けているが、政府は「外国人犯罪の増加」に焦点を当て、移民対策の必要性を暗に説いてきた。

http://mainichi.jp/select/world/news/20090518dde007030034000c.html

 西欧先進国における「移民の排斥運動」は今やどの国においても行なわれつつあります。フランスやイギリス、ドイツやオランダ、デンマーク、オーストリア、スイスどこでも移民排斥をやっています。

 日本の社会においても堂々とシナ・朝鮮人の人口流入に警鐘を鳴らす政党の出現が待たれています。日本の若者は既に、どの政党にも信頼を寄せてはいない。それを知らないのは既成政党の政治家諸君だけということです。

 Zenkoku

 
 

ブログランキング 

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連

 

☆イベントの紹介

「第2回チャリティーボクシングフィステバル・イン・エドガワ」 

  
Posted by the_radical_right at 11:22mixiチェック

2009年04月13日

政党とは何か?

政党とは何か?

 国民の意思を政治意思に結集する能力

 政党とはどのようなものか?もし、あなたはこのように聞かれた時に、どう答えるでしょう。勿論政治などに興味のない人にすれば、全く関係がない話です。

 現在、各新聞社が実施する政党支持を巡る調査で、既存の政党を支持しないという人が常に30%近く存在します。ではこのような人は全く政治に無関心であるかと言えばそうではありません。

 逆に政治的な関心は持ってはいるが、自分が支持するに足る政党が存在しないので、支持政党なしの無党派層などと呼ばれる。

 政党の誕生は西欧の王様による専制政治に対抗する手法として、議会制の確立とそれを円滑に成しうるために政党というものが形として作られたと考えます。

 ここで古典的な政党の概念を一つだけ紹介すると、1770年代のエドマンド・バークの言葉があります。

 「特定の原理に賛同し、その原理に基づいて、国民的利益を増進しようと共同の努力を行なうために結集した人々の一体」

 この言葉だけで議論を進めるという乱暴なやり方を許して頂けるならば、<国民的な利益を>という点に尽きるのではないか。この国民的な利益という考え方は、国家ということにも置き換えることは可能だと考えます。

 何故ならば国民的な利益は=国家の利益であると私は考えるからです。ところが、どうでしょう。今の政党にこの基本的な考えの下で動いている政党が果たしてあるのでしょうか?

 現在の民主主義とは私の持論で言えば、国家と社会と個人はバラバラに分裂し相対立するものとして位置づけられてはいないか?このような現実の中で、政党も国家に立脚しようとするものがない。

 個人や組織、社会や階級などに依存度を高め、各々がその利益の追及にのみ汲々としているように思えてならない。各政党の特徴はここにきて完全に定義された。

 仝朕佑箍饉劼亮由放任主義の上に成り立つ政党。

 特定の宗教の利益のためにだけ存在する政党。

 3級的イデオロギーにしがみつく政党。

 日本の政党というものは、利己的な個人主義や自由放任主義を唱える者達の集合体でしかない。こうなると先ほど紹介した政党の本来あるべき姿ではない。

 我々はこの上記に掲げた 銑に代わる、と嵬椶寮党を目指さなければならない。それは「国益を優先する」政党である。国益こそは国民一人一人の利益と合致するものでなければならない。

 それには、紹介した最初の部分にある「特定の原理に賛同し・・・」のその<特定の原理>というものを明確にしていく必要があります。

 これは最初に誤解のないように書きますが、これまでの政党に見られるような「社会の中における一部の利害の主張」とは一線を画すべきであると思う。

 もとより社会における個人的・組織的・社会的利害の対立は無数であり、これまでの政党はこのような利害の違いを原理として、そこに凝集してきたとも言える。

 では、そのような利害に基づかない<特定の原理>などというものが、果たして作れるものなのか?およそこの世にはこの社会的な利害と無縁な存在などあるのか?

 そのように考えた時に、国民が利害を超えて「守るべき価値」を見出せるとしたら、それは一つしかないだろう。今回はその「守るべき価値」は書かない。

 何故ならば、それを書くにはかなりのスペースが必要になるからです。やはりいつものブログの字数では無理があります。ただ簡単に書くとすればこうなります。かつて三島先生が「最終的に守るものは天皇だ」と言っていたのを読んだことがあります。

 つまり、三島先生は「守るべき価値」は「天皇」と言ったわけです。その意味を理解して新しい国家の変革を目指す戦いを更に進めたい。民主政治にとって政党の存在とは必要不可欠なものだ。しかし、<原理>を欠いた政党などいくらあっても無用の長物に過ぎない。

 今<戦後原理>の上に立つ政党に対して、戦いを挑んでいるのが、維新政党。新風であることは、皆様も承知のことです。維新政党・新風の<原理>については今日は述べません。

 維新政党・新風の理念や原理は優れているのに、何故か国民の願望(意思)を政治意思へと結集することが出来ないでいます。

 政党とはもう一つの特徴を挙げるとすれば、それは政治闘争を主目的とする集まりです。何に闘争の主目標を置くのか、そのことによってより躍進が図れるならば、それを明確にすることも重要な作業ではないかと考えます。

 (大衆運動と政党に関しての私論)

 

ブログランキング 

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連


 

  
Posted by the_radical_right at 22:34mixiチェック

2009年03月02日

親日台湾と反日朝鮮

親日台湾人と反日朝鮮人

2・28集会デモと3・1街頭抗議行動のご報告!


 在日台湾人の多くは親日的です。
 私がたまに食事に行く近くの中華料理の店も台湾人による経営ですが、若かりし頃の中曽根康弘防衛庁長官(当時 後に首相)と一緒に映った写真を飾ってあります。

 今回、1947年に台湾で起きた国民党による民衆虐殺事件「2・28事件」に抗議する集会とデモ行進に参加をさせて頂きました。この抗議集会とデモには多くの在日台湾人とそれを支援する日本人が参加しました。

 a5941008.JPGb8e5ea13.JPG4faf23a2.JPG 

 

 

 

 維新政党・新風の副代表として挨拶をさせて頂きました。

 総勢300名からの参加者が新宿の中心街を一時間に渡ってデモ行進しました。

 日本の国旗・日の丸を先頭に台湾の旗、チベットの旗・トルキスタンの旗・南モンゴルの旗が風に揺れ、壮観なデモ行進となりました。

 また、この集会とデモには現在シナ帝国主義の植民地支配を受けているチベット・トルキスタン(ウイグル)・南モンゴルの民族独立運動を行なっている日本在住者も多く参加しています。

 膨張する一方のシナ帝国主義に対決していくには、日本人・台湾人・チベット人・ウイグル人・モンゴル人らが団結して戦わねばなりません。そのことがいかに重要なことであるかは、昨年の長野聖火リレーや北京オリンピックに反対する運動の中で学びました。

 長野市においては台湾・チベット・トルキスタン・南モンゴルの旗に混じって、旧南ベトナムの旗やミャンマーの国旗も我々の側に位置して、大量に動員されたシナ人留学生の掲げる五星紅旗と対峙しました。

 ベトナムからの難民にしてもミャンマーからの難民にしても、シナ中国の帝国主義を批判し共に戦いを繰り広げたのでした。しかし、不思議なのはこの戦列に在日韓国・朝鮮人の姿はどこにも見当たりませんでした。

 翌日の3月1日、我々「行動する保守運動」のメンバーは、在日朝鮮人と極左団体が開催した「3・1反日集会」に対する抗議行動に立ち上がりました。

 在日韓国・朝鮮人は在日台湾人と違って反日一色に染まっています。戦前は同じように日本国であったのに、一体この違いはどういうことなのでしょう。

 在日台湾人は維新政党・新風とは長い間友好関係にあり、これまでも様々な活動を互いに支援しながらやってきています。対して在日韓国・朝鮮人が日本の右派勢力と一緒に活動してきたことなど一度もありません。

 彼ら在日朝鮮人は日本の極左団体やサヨク市民と結託して、反日活動を行なってきました。

48b565f9.JPG042ced2b.JPGed111bb2.JPG  

 呼びかけ人の一人として、極左団体の連中に「もうお前らの時代は終わった、やがて歴史のかなたに追いやられる日がやってくるだろう」と声を挙げ、参加者の気勢を高め、敵に我々の力を示しました。

 総勢70人からの人が結集、いつになく激しい抗議行動となりました。飛び入りの若い女性も「もういい加減にして下さい!」と痛烈な批判を浴びせていました。

 今回も従軍慰安婦などというありもしない歴史捏造の集会を文京区民センターで開催し、多くの在日どもがこの集会に参加して、反天皇・反靖国感情剥き出しの反日運動の声を挙げていた。

 今回の2・28と3・1における活動において、いみじくも在日台湾人と在日韓国・朝鮮人の違いが明確に現された。親「日本」と反「日本」という二つの流れが日本にはあります。

 前に述べたように今、「親日本」の流れには、チベット・トルキスタン・モンゴルなどシナ帝国主義の圧制に苦しむ各民族が結集し始めています。

 在日韓国・朝鮮人がこの流れに背を向ける限り、彼等の未来がないことだけは確実だ。そのことを彼等はいつの時点で気がつくのであろうか。

 

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  
Posted by the_radical_right at 12:02mixiチェック

2009年01月26日

若き憂国の弁士達

若き憂国の弁士達を紹介

池袋街宣に参加した若き獅子の群れ!

 昨日の池袋の街宣では13名もの弁士が、自分の考えを皆さんに訴えていました。これまでにない大勢の弁士の登場となりましたが、将来有望な若手を紹介します。

 これまで若手のニューリーダーとして、『真・保守市民の会』の遠藤健太郎氏、『日本を護る市民の会』の黒田大輔氏、NPO法人『外国人犯罪追放運動』の有門大輔をご紹介して来ましたが、彼らは組織のリーダーとして活躍しています。

 本日紹介する人達は組織のナンバー2や、維新政党・新風の活動家として地道な活動を展開している人達です。私とももうかれこれ1年半以上共に活動して来た仲間です。

 89d8ab24.JPG                                             

 八木康洋氏は『在日特権を許さない市民の会』の副会長であり、また維新政党・新風の茨城県本部事務局長でもあります。

 彼は今回人気が低迷している麻生総理に提言するとして、春の例大祭には靖国神社にお参りして、そこで「先の日本の大戦は侵略戦争ではなかった」という麻生談話を発表し、そしてそこで衆院解散に打って出るべしと訴えていた。

 拉致被害者の救出活動などにも積極的に参加をしている八木さんにしてみれば、今の日本の現状は本当に歯がゆいものと映っているでしょう。

 下記は八木さんが代表となって進めているものです。ご紹介しておきます。

田母神空将の復職を求める署名運動

 da8ae248.JPG                                                   

 中村としのり氏はNPO法人『外国人犯罪追放運動』の副理事長であり、維新政党・新風の神奈川県本部の党員でもあります。

 和歌山県出身で法政大学でマルクス経済学を学んだという我々の陣営には珍しい経歴の持ち主でもあります。

http://expulsionmovement.web.fc2.com/profile.htm

 ブログは『国民社会』を主宰しています。国民社会に関しては彼は私へのメールでは次のように説明していました。

 ブログ『国民社会』は、当面、ヘイゲル左派 → ヒルファディング → 修正マルクス主義諸派 → フォーディズム → 国民社会主義の方向で継続したいと思っています。

 この国民社会主義については、私も機会があれば皆さんにご紹介していきたいと考えています。

 また、彼は新風神奈川では、「基幹産業復興の為の航空母艦建造」「航空産業への新規参入促進と国産戦闘機の開発」「大企業保護の為の過当競争防止と半国営化、そして国家への還元の増大」であるとか、「雇用対策としての高等教育全入制、雇用の安定を目的とした国民総動員体制」などを訴えていきたいと抱負を述べています。

 88b0f33b.JPG                                                 

 松崎トシノリ氏は薩摩隼人です。元々は新風愛知の青年部長でしたが、仕事の関係で現在は神奈川県に在住しています。

 彼のブログは『地方議員の作り方』という名称で、昨日の活動報告も掲載してありました。

http://giinsakusei.blog77.fc2.com/


 いずれは愛知県に戻って、柘植まさじ新風愛知代表と共に、地方議会を目指して活動をしていくものと思いますが、前回に引き続き池袋の街宣に参加してくれました。

 今回は私が唐突に演説をお願いしたので本人も戸惑われたことでしょう。彼は雇用問題や外国人労働者問題に詳しく、今後そのような視点からの演説も期待しています。

 21148c87.JPG                                                  

 最後はかっこよく拳を振り上げて演説している維新政党・新風東京都本部の金友隆幸広報委員です。
 彼は今回攘夷と書かれた大きな旗を持参しての参加でした。

 この旗は自分で墨を使って書いたそうですが、とても素人の作品とも思えませんでした。
 彼は演説の冒頭「中国人・金友です」と言って聴衆の度肝を抜いた。

 彼の生まれは中国地方の岡山県でした。まさに正真正銘の「中国人」というわけです。
 彼は学生の頃から運動に参加しており、演説は得意です。絶好調で通る声で訴えていました。

 今回は高校生も初めて2名演説をしました。名古屋でも大阪でも我々の活動に高校生が参加しています。私のブログを読んでいる高校生も多数おります。そのような高校生達が4月には東京の大学に入学します。

 4月には大学に入った学生達に呼びかけて、新しい大学生の活動団体を起こすつもりでいます。右の学生運動は低迷したままです。今年はその状況を初めて打破できるでしょう。

 また、弁士として演説はしていませんが、いつも活動の様子を生中継をしてくれるNPO法人『外国人犯罪追放運動」の宇賀神正樹渉外局長もなくてはならない人物です。

http://souzui.blog113.fc2.com/ 「日出る処の天子」ブログ

http://expulsionmovement.web.fc2.com/profile_ugazin.htm

 他にも多くの若者が参加をして、その輪は着実に拡大し続けています。

 新しい若い力は確実に台頭しています! 心強い限りです!

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。


 

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  
Posted by the_radical_right at 21:45mixiチェック