2011年02月18日

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(7)

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(7)

 何故マスコミは殺害された疑いがあると報じたのか?(供

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 
image 東村山市の市議であった故朝木明代さんがビルの5階から転落して死亡した事件で週刊誌や月刊誌はこぞって特集記事を組んだが、その殆どが創価学会が関与しているのではないかという疑いがもたれているという内容でした。

 では何故そのような疑いが先ず指摘されたかについてですが、前回の(機でも紹介したように、議会でも創価学会の件に関して厳しく追及していたからでした。

宗教法人法第5条に基づき所轄庁が認証した宗教法人創価学会の規則には日蓮聖人御遺文集、日蓮正宗勤行要典を教典とするとか、日蓮正宗の教義に基づき公共、及び儀式行事を行いとあるのでありますが、創価学会は日蓮正宗から破門されたはずで……。

 この質問でもお分かりの通り、創価学会の組織の根幹に関わることについて追及しています。
 当時、創価学会は日蓮正宗から破門されており、本来の宗教法人法に基づく規則に反する存在ではないのか? つまり宗教法人の資格がないと考えられると質している訳です。

 当時この点についてはこのような議論があったことは事実ですが、公の立場の議員が同じく公的な議会の場で、これを口にするということは余りなかった。
 つまり創価にとっては単に煙たい存在などではなく、放っては置けない危険な人物と見なされていた可能性があったという訳です。

 創価・公明党の影響下にある東村山市政と市議会は、この朝木議員の質問を何ら東村山市政とは関連がない質問として、議長は度々質問を遮り休憩した。
 また、創価・公明党の議員は執拗にヤジを繰り返して妨害しています。

 そこで朝木明代さんは翌年9月議会では東村山市との関連で質問を行なっています。それが以下の質問であり、役所の答弁です。

平成6年9月20日

 ○議長(倉林辰雄君) 次に進みます。

 5番、朝木明代君。

◆5番(朝木明代君) 質問時間が不当に制限されておりますので、通告内容のうち……

○議長(倉林辰雄君) 朝木議員に御注意申し上げます。質問に入ってください。


 第3点目、通告番号1、行政手続の適正化、公正の確保について伺いますが、まず、創価学会東村山文化会館固定資産税免除問題等について伺います。

〇圓氾效呂慮魎垢鮃圓辰慎豸明会館の家屋調査の経過について明らかにしていただきたい。

∩浪然慍馘貘嫉格顕讐餞曚硫伐按敢困砲弔い道任い泙垢、

 ア として、いつ調査を行ったか。

 イ 建物のうち、もっぱら宗教法人本来の用に供するものはどの部分であるか。また、その根拠は何であるか。

 ウ 建物のうち、もっぱら宗教法人本来の用に供するもの以外のものはどの部分であるか。

 エ 建物のうち、個人の専用に供される部分があるのではないか。

 オ 寺の庫裏等、住職及びその家族等、個人が居住の用に供している部分は課税対象であるか否か。

 カ 寺などで、階上は本堂で階下は会館と称し、一般私人に有料使用させる場合は固定資産税の課税対象であるか。また、無料の場合はどのような扱いになるか、明らかにしていただきたい。

◎市民部長(橋本偈君) 創価学会東村山文化会館の家屋調査について御質問がありました。これは昭和52年6月に新築登録されておりますので、したがいまして、登録をもってその同時に申告がされております。したがいまして、調査は52年度に実施しております。

 次にイ、建物のうちもっぱら宗教法人本来の用に供するものはどの部分かということでありますが、地方税法の非課税規定では宗教法人がもっぱらその本来の用に供する法人、宗教法人法第3条に規定する境内建物及び境内地とされており、宗教法人の目的である宗教の教義を広め、儀式、行事を行い及び信者の教化教育をする、このための建物及び工作物を言うものでありまして、建物は宗教法人の目的に沿った礼拝所、事務所として登記されておるものであります。

 ウ、建築物のうち、もっぱら宗教法人本来の用に供するもの以外のものはどの部分か、こういう御質問ですが、本来の用に供するもの以外のものはないと考えております。

 建物のうち、個人の専用に供される部分があるのではないか、こういう御質問ですが、この点につきましても、個人が宗教法人の建物の中に宗教法人の目的以外について使用しているとは考えられません。

 次にオ、寺の庫裏と住職及びその家族等個人の住居、居住の用に供している部分は課税対象かという御質問ですが、境内建物及び工作物には、寺でいう庫裏、神社でいう職社と言われているものもございます。ここに含まれているものでありまして、居住部分は非課税の対象となっております。

 次に、寺などで、階上は本堂、階下は会館とし、一般私人に使用させている場合の取り扱いの関係ですが、御質問の実態が明確に理解し切れておりませんが、断定的なことはそういう関係で申し上げられませんけれども、一般的に申し上げますと、宗教法人第3条に掲げられておりますようなものがその構造上、宗教法人の目的以外に使用し得ないものでありますから、原則的には非課税の扱いを受けるべきものと考えられます。

 以上、お答えいたしました。

 この議会では一応は議論は成立しています。しかし、肝心な点に関しては本当に調査したか、疑わざるを得ない。それは登録を以って申告されたとあるので、現地の立ち入り調査ではなく、書類での調査しか行なっていないと考えられるからです。それは下記の答弁からも明らかです。

>ウ 建築物のうち、もっぱら宗教法人本来の用に供するもの以外のものはどの部分か、こういう御質問ですが、本来の用に供するもの以外のものはないと考えております。

 どう見てもこれは実際に現地を見ての判断とは言い難い。

 では、何故この時にこのような事が問題となったのか?

 それは全国に建てられている創価施設の中には、池田大作本人しか使用できない豪華な部屋があると問題にされていたからです。そのような部分も含めて課税がゼロということは、善良な納税者から見たら絶対に許せないのは当然だったのです。

 このような池田個人のプライバシーにまで切り込んだ質問を行なった朝木明代さんに対する嫌がらせは次第に度を越していくのでした。


★お知らせ
 2011020313240001                     
 昨年好評だった手作りのりんごジュースを今年も作りました。今年は新しい専門の箱も製作しましたので、その箱に入れて販売します。

 ジュースは二本入りセットの販売です。
 720ミリリットル入りで1500円となります。

 昨年は黒猫ヤマトで送りましたが、今年は郵便小包のほうが幾分安いのでそちらで送らせて頂きます。

 送料は下記の通りです。二箱まではこの料金です。

 関東・東京  650


 中部・北陸  730


 大阪・近畿   990円  中国・四国 1060円

 九州 1140円 北海道 730円

注文はメールにて受付します。

 
fukushimaseto@gmail.com

東京都台東区東上野6−10−7金子ハイツ401 
せと 弘幸  
TEL 03−5830−7473 090−3347−5720

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。
 

  

Posted by the_radical_right at 17:05mixiチェック

2011年02月01日

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(5)

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(5)

 万引き事件の杜撰な捜査について考える。

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 
 今回は朝木明代さんの事件ではないが、下記の事件を検証しながら考えてみることにします。

下着窃盗現場で指紋や足跡を採取せず…目撃証言のみから男性を誤認逮捕 千葉県警

 千葉市内でアパートのベランダから下着が盗まれた事件をめぐり、千葉東署が松戸市の男性会社員(64)を窃盗などの疑いで誤認逮捕していたことが14日、県警への取材で分かった。県警は現場で指紋や足跡を採取するなどの適切な捜査を怠り、目撃情報から男性の犯行と判断していた。別のわいせつ事件で事情聴取を受けた男が被害品の下着を所持していたことが判明し、逮捕から約21時間後に男性を釈放した。

 県警によると、12日、アパート1階の20代女性宅のベランダから下着1枚が盗まれた。事件直後、男性がたまたま現場近くの路上で車に乗り込み、走り去るのを被害女性が目撃。同署は車のナンバーから男性を特定、同日に逮捕した。男性は「身に覚えがない」と容疑を否認していた。

 13日に市内の路上で下半身を露出したとして、公然わいせつ容疑で任意の事情聴取を受けた男(49)が被害品の下着を持っていたことが判明。男は盗んだことも認めた。同署は引き続き、男から事情を聴いている。県警は「目撃情報を過信してしまった。再発防止のための指導を徹底する」と話している。

2011.1.14 19:41

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110114/crm11011419420187-n1.htm

 この事件は朝木さんが送検された万引き事件と似ている部分があるので、ここで紹介しその酷似している箇所を見ていくことにしましょう。

 故朝木明代・東村山市議は不審な転落死をする前に、洋品店で万引きをしたとして訴えられましたが、この万引き事件の捜査は非常に杜撰なものでした。
 今回の千葉県での誤認逮捕と比較しても、この送検は余りにもデタラメなものでした。

 先ず、今回の千葉市の事件を見ていくことにします。

>県警は現場で指紋や足跡を採取するなどの適切な捜査を怠り、目撃情報から男性の犯行と判断していた。

 この部分がそっくりです。東村山警察署も当時この指紋採取を全くしていません。朝木さんの場合は直接シャツに触れたわけでなく、ビニールのカバーがかけられていた、その中身だけを引き抜いたことになっています。

 であるならば、このビニールカバーにはしっかりと指紋が着いていたことになりますが、何故か警察はこの指紋を採取しなかった。これは全く考えられないことです。

 私はかつてこのように書いています。

 物的証拠がなく目撃者の証言だけで、どれほど多くの人が冤罪事件の被害者となったのか。そのことを真剣に考えて頂きたいと思います。どのような事件であっても、目撃者の証言だけで十分だなどということは絶対にありません。

 これまでも、目撃者だけの証言で自白に追い込まれて起訴されて有罪となったケースはたくさんあります。物的な証拠がまったく見つからないというケースは仕方がないにしても物証があるのに、それを証拠として取り上げないなどというのは、これは明らかに間違いです。

 若い人達がそのことに余りにも無頓着であるならば、これから益々冤罪は増えることでしょう。今回のケースに限ってコメントしているのであれば、「瀬戸憎し」ということで理解しますが、指紋採取をしないことを是認するような主張はあってはならないことです。

 1995年6月30日、朝木さんは東村山警察署において、刑事課長代理から問題のTシャツを見せられて「万引きをやったと疑われているんですよ」と言われ、即座に「何ですって? 冗談じゃない!」と答えています。

 本人が強く否定しているのに、何故東村山署(当事の副署長は千葉英司氏)はそのTシャツの任意提出を受けているにもかかわらず、そこで指紋の採取をしなかったのでしょう?

 朝木明代さんが自分の指紋の照合を求めたのに、それを拒んだのは東村山警察署であったのです。そして、その時、刑事は指紋などには関心を示さなかった。

 7月3日、再度朝木さんは東村山署を訪れて「万引きしたなどという言いがかりは止めて欲しい。二、三人の人間が『犯人に似た人物を見た』というだけで犯人にされたら、どんな人でも知らないうちに犯罪者になってしまう恐れがある」と訴えた。

「人の話だけで犯人扱いを受けるなら、おちおち市民は生活できないじゃないですか」

 当然の訴えであると思います。実はこの時、応対した鶴見刑事課長は「裁判になればはっきりします」と口にしている。つまり、7月12日に書類送検されたわけですが、この時に既に送検は決まっていたわけです。

 起訴して刑事裁判にするか、どうかは警察官の仕事ではない。これは検察官の仕事です。検察庁の検事が全ての権限を持っている。仮に警察が指紋採取をしようとしても、担当検事がその必要性がないと判断し、そのように指揮していれば指紋採取が行なわれないこともある。

 物証は警察に任意提出されて保管されていたわけだから、そこに付着している指紋を採取することは難しいことでも何でもなかった。しかし、警察はそれをしなかったということは、検事がその必要性を認めなかったということも考えられる。

 冤罪は目撃者証言に頼り過ぎた場合に起きると書きましたが、もう一つ重大なことがあります。それは見込み捜査です。最初からその人物を犯人に仕立ててしまうというケースです。このようなケースも実は多いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の千葉県での件でも分かるように警察は指紋採取を怠ったが故に、このような誤認逮捕・冤罪事件が起きてしまったわけです。
 朝木さんの万引き冤罪事件では東村山警察署は、店の中にいて「あれは朝木明代だ!」と名指ししたとされる女性の氏名を明かしていません。

 実際にそのような人物が本当にいたのか? 今となっては警察が明らかにしない以上、真相はヤブの中ですが目撃者だけで送検した朝木さんの事件はどうしても創価学会の熱心な信者であった検察官が、そのように仕組んだと疑われても仕方がないと考えます。

 八王子検察庁でこの万引き未遂事件を指揮したのは誰だったのか?

 それは創価学会員の信田昌男検事だった。創価大学を卒業し、司法試験に合格した時には聖教新聞にコメントを寄せるくらいの熱心な創価学会の信者でした。

 そして、当事の八王子検察庁の支部長検事の吉村弘氏は創価学会の幹部信者であった。このコンビは後のビルからの転落死亡事件も担当している。

吉村弘支部長(当事)が熱心な創価学会信者であったとする陳述書
http://izukohe.jugem.jp/?eid=31


ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 19:19mixiチェック

2011年01月25日

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(4)

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(4)

 遺体を検案した医師と搬送先の病院の医師の証言

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 
 今回は朝木明代さんの遺体を検案した嘉数(かかず)能雄医師の証言と、朝木さんが運び込まれた病院の医師に対する東村山警察署の口止め工作について紹介します。

  同署の千葉英司・副署長によれば

「現場のビルの5階と6階の踊り場の手すりに朝木さんの指紋が内側に向かってついていたため、今のところここから真下へ落下したと見られています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
朝木さんが転落したのは5階と6階の間の踊り場からですが、その踊り場の手すりには朝木さんの指紋がついており、朝木さんは手すりに一旦ぶら下がって、それから飛び降りたと警察は発表しています。

 そうなると足を下にして転落したことになりますが、この嘉数能雄医師は当時の取材した記者に対して「足を下に落下したとは考えられません」と述べています。

 「検案を開始したのは午前4時頃からでしたが、自殺と判断出来る材料はありませんでした。遺体の状況は助骨がほとんど折れて肺に刺さっていた。そこからの出血で死亡したと判断しました。頭部に損傷はなく、足の指は踵も損傷もありません」

 自殺とは判断できる材料はなかった−とはっきり述べているのに、どうして東村山署の千葉英司副署長はこれを自殺と判断したのか、非常に不思議なことと言わねばなりません。

 朝木さんの生前の最後の肉声は9月1日夜9時19分、矢野穂積市議が事務所で受けた電話です。それから50分後の10時10分転落した現場で発見されるまで、目撃情報は一切ない。

 朝木さんや矢野さんに対する嫌がらせと言うよりも、殆ど脅迫に近い電話や玄関先への放火事件も相次いでいたので、10時40分に家族が朝木さんが行方不明になっていることを警察に告げた。

 また110番通報がなかったかについても尋ねている。しかし、それに対する返答はなかった。更に119番にも問い合わせています。救急車が通報を受けたのは42分で56分には救急車は現場に到着しています。

 11時25分には防衛医大に到着していますが、この時点でも朝木さんのご家族には警察は何の連絡もしていない。転落死した女性が朝木さんであることは東村山警察署が知らなかった訳ではない。

 防衛大学の病院の医師は取材記者に次のように答えています。

「警察の方が、顔をご覧になって、もしかしたら朝木さんかも知れない。“身元不明ということにしてくれ”と。更に“朝木さんであることは、マスコミの問い合わせに対し、しばらく黙っていて欲しい”とおっしゃっていました」

 これは一体どういう事なのでしょう?

 家族が朝木さんの遺体と対面したのは、7時間も経過してからだった。それも対面した時には死装束姿であり、刑事は「これは自殺なんだよ」と家族に冷たく言い放った。

 遺族の了解も得ずに自殺とこの段階で決め付け、連絡も取ろうとはしなかった。この東村山警察署の対応は不可解と言うか、もう怪奇的と言っても過言ではない。

 下記はその医師が裁判所に提出した陳述書です。
 
陳述書







★りんごジャム販売のお知らせ

2010011815200000
ジャムは3個以上からの販売です。合計1500円です。

 内訳ですが瓶詰め加工賃・660円、箱代は頂きません。ポリエステル通称プチプチに包んで送ります。(送料は別途かかります。)

 尚、この商品に関しては食品衛生法の適用があります。その責任はJA新ふくしまにあります。全ての商品にはそれを表示するラベルが裏に貼られていますので、それでご確認下さい。

 ジャムは150グラム含有
 賞味期限は2011年12月12日


 
送料 北海道 950円 関東 640円 中部 740円

      関西  850円  九州  1270円

注文はメールにて受付します。
fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。 
  
Posted by the_radical_right at 18:31mixiチェック

2011年01月22日

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(3)

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(3)

 目撃者の証言は何故無視されたのか?

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 
 前回のエントリーの「目撃者の証言は何故無視されたのか?」という副題に関して次のような投稿がありました。

 キャーという声を聞いたことが何故「目撃」になるのかの説明がなければ、今回の副題と内容が合致しないですね。

もう少し日本語を大切にして下さい。

Posted by 目撃という言葉の意味は? at 2011年01月20日 12:29

 確かに「キャー」という悲鳴を聞いた人は、怪しい人物を見たとか、故朝木明代さんが一人でビルに入って行くのを見たという訳ではありません。ただその後転落死した明代さんを見ているので目撃者としました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 同署の千葉英司・副署長によれば

「現場のビルの5階と6階の踊り場の手すりに朝木さんの指紋が内側に向かってついていたため、今のところここから真下へ落下したと見られています。
 
 もし、無理やり連れて行かれたなら当然もみあいになったと思われますが、朝木さんの上腕内側にはそれらしい跡もない。

 付近の住民も争いの音を聞いていませんし、事件性は薄いと見ているんです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉英司副署長は「付近住民も争いの音を聞いていません」と答えていますが、争う音を聞いた付近の住民はいなかったものの、怪しい人物を見たと警察に証言した人は実はいました。

 それを紹介しましょう。現場付近の住民は当時の取材した記者に次のように述べていました。

「事件翌日、私服警察官が私の家に来て『昨夜10時ごろ、何か変わったことはありませんでしたか』と聞きました。実は私は事件があった日の夜、9時30分ごろに不審な男が2〜3人で話をしているのを聞いていました。そのことを話したのですが、警官はメモもとらずに、とてもやる気があるとは思えません」(死亡現場近くの住人)

 事件当時から、付近の住民が怪しい3人組を目撃していたという情報は広く知られていた。この情報は当時聞き込みに当たっていた捜査員も耳にしており、それは他殺事件とすれば有力な情報だった。

 しかし、余りにも早い段階で東村山警察署は自殺と判断したので、この最重要な情報が正式に捜査されることはなかった。ただ東村山警察署の捜査が打ち切られても、この3人組については、この事件とは関係なく警視庁の捜査対象者のリストの中にあった。

 それは暴力団壊滅作戦を展開していた警視庁の別部門が、東村山周辺で不動産開発に関連していた暴力団系のフロント企業があり、その動向を常に把握していたからである。

 ただ、そのような捜査対象者とこの事件が結びつくことはなかった。朝木さんの事件はあくまでも自殺として処理され、その後この事件が東村山警察署で話題になることもなかった。

 この怪しい3人組を見たと言う目撃者の証言は何故無視されたのか?
 ここからはあくまでも推測に過ぎない。しかし、通常ならばこのような怪しい人物がいれば、警察署はその3人組が何故そこにいたのかを聞き出すのが普通である。

 しかし、そのような捜査手法は全く行なわれなかった。この事件は創価学会の熱心な信者である信田昌男検事が担当し、その上司はこれまた創価学会の幹部である吉村弘支部長だった。

 創価学会を厳しく追及していた故朝木明代さんが、何者かによって殺されても、その犯人を挙げようなどとは最初から考えていなかったのではないか。何故ならば、朝木明代さんは万引きを苦にして自殺したというシナリオが既に描かれていたと私は思うからです。


★りんごジャム販売のお知らせ

2010011815200000
ジャムは3個以上からの販売です。合計1500円です。

 内訳ですが瓶詰め加工賃・660円、箱代は頂きません。ポリエステル通称プチプチに包んで送ります。(送料は別途かかります。)

 尚、この商品に関しては食品衛生法の適用があります。その責任はJA新ふくしまにあります。全ての商品にはそれを表示するラベルが裏に貼られていますので、それでご確認下さい。

 ジャムは150グラム含有
 賞味期限は2011年12月12日


 
送料 北海道 950円 関東 640円 中部 740円

      関西  850円  九州  1270円

注文はメールにて受付します。
fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。 

  
Posted by the_radical_right at 17:16mixiチェック

2011年01月20日

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(2)

【新連載】 東村山朝木市議殺害事件(2)

 目撃者の証言は何故無視されたのか?

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 
 東村山市議の朝木明代さんが何者かによって殺害された事件に関して、当時この事件の捜査に当たった東村山警察署の副署長であった千葉英司氏は下記のように取材した記者に述べていた。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 同署の千葉英司・副署長によれば

「現場のビルの5階と6階の踊り場の手すりに朝木さんの指紋が内側に向かってついていたため、今のところここから真下へ落下したと見られています。
 
 もし、無理やり連れて行かれたなら当然もみあいになったと思われますが、朝木さんの上腕内側にはそれらしい跡もない。

 付近の住民も争いの音を聞いていませんし、事件性は薄いと見ているんです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉英司副署長は「朝木さんの上腕内側にはそれらしい跡もない」と述べていたが、その後明らかになった司法解剖鑑定書によれば、明らかに上腕部の内側に「それらしい跡」が認められた。

 では、このアザについて裁判所は千葉氏が名誉毀損で訴えた裁判でどのように判断を下されたのか? それを見ていくことにします。

 このアザについては、その後裁判でも争われ、次のように判決も下されています。

http://www.geocities.jp/shiminshinbun_web/
chibakousai.html



 これを見れば明らかなように、このアザは何者かと争った時についたと見るのが常識であると思います。

 さて、目撃者に関する証言ですが、これは朝木さんが何者かによって突き落とされた5階踊り場付近に住んでいた女性の証言を紹介しましょう。

「洗濯を始めてから十時過ぎかしら、女性のキャーッという悲鳴を聞いたんです」

「そういえば、その後か前かははっきりとしませんが、“ドスン”という音がしたね。すぐに窓を開けたんですが、真っ暗でわからなかった。それから随分たって救急車がやって来ましたよ。そのとき初めて人が倒れているのを知ったんです」

 当時取材に当たった記者にこのマンションの住人は「女性のキャーッという悲鳴を聞いた」と答えている。この悲鳴を聞いたのはこの人だけではない。

 このマンションの一階にあったファーストフードの女性店員も聞いている。この悲鳴について考えてみたい。

 よくテレビで自殺するシーンを見るが、そのような人が悲鳴をあげて落下するシーンなど見たこともない。死を覚悟して自殺する人が悲鳴などあげることなどありえないからだ。

 このようなマンション住民、ファーストフードの女性店員が聞いた悲鳴こそ、これが自殺ではなかったという有力な証言となりえたのに、それを東村山警察署は無視したとしか思えない捜査だったのです。

 なぜ、早い段階から千葉氏は「付近の住民も争いの音を聞いていませんし、事件性は薄いと見ているんです」としたのか、私には非常に不自然に感じた。


★りんごジャム販売のお知らせ

2010011815200000
ジャムは3個以上からの販売です。合計1500円です。

 内訳ですが瓶詰め加工賃・660円、箱代は頂きません。ポリエステル通称プチプチに包んで送ります。(送料は別途かかります。)

 尚、この商品に関しては食品衛生法の適用があります。その責任はJA新ふくしまにあります。全ての商品にはそれを表示するラベルが裏に貼られていますので、それでご確認下さい。

 ジャムは150グラム含有
 賞味期限は2011年12月12日


 
送料 北海道 950円 関東 640円 中部 740円

      関西  850円  九州  1270円

注文はメールにて受付します。
fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。
  
Posted by the_radical_right at 07:33mixiチェック