2016年11月06日

2016.10.22/新国立劇場「フリック」 at 新国立劇場 小劇場

[作]アニー・ベーカー
2013年 米初演

2014年のピュリッツァー賞受賞作。
マサチューセッツ州の古びた映画館でアルバイトとして働く若者3人を描く。フィルムからデジタルへの映写の切り替わり、低賃金の非正規雇用といったモチーフを扱いながら、他者との出会いや自分探しに悩む姿を描く。
芝居は俳優も演出も良かったと思う。あえて難を言えば、毎日の映画館の入場料の一部をアルバイトがぐるになって勝手に懐に入れていたのが発覚し、新オーナーがこれを機にスタッフの数を減らそうとするくだり。この泥棒行為があまりにせこく感じられたため、登場人物たちの我が身可愛さの主張が必要以上に白けて聞こえてしまった。

theatergoer_review at 21:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字