12月公演「と呼ばないで」start!!!!

こんばんは。


はじめまして。


おひさしぶりです。



2018年12月公演の作演出を努めます、泉です!


うぃずみ、うぃずみー、と呼ばれてます。


真冬でもアイスを欠かさない、三姉妹の真ん中っ子です。


10月公演の作演出・冨山から熱いバトンを受け取り、あらたな初日に向けて歩き始めています。


どうぞよろしくお願いします!!!!!









もう4女か。はや〜


http://blog.livedoor.jp/theatre_jeune/archives/8414442.html


こんな記事を書いてたときは、1女だったなんて信じられないな〜




http://blog.livedoor.jp/theatre_jeune/archives/8959503.html


こんな記事を書いた去年は、まだ3女だったのにな〜


てか全然さよならできなかった〜ウケるぅ





結局ジュンヌでは、今年の7月も作演やっちゃいました。


そして、4年の卒業公演となる今回。


「何だかんだうぃずみーが作演やると思ってた」が周りの反応ナンバーワン。


まじすかあ?


うぃずみーはそんなこと思ってなかったよ……







でもまあ、作演をやりたくなって、今回の公演を背負うことにしたのです。




よいしょ。




うーん、重たい!!!!




こんな重たいものをしっかり背負って、力強く駆け抜けていった、かつての4年たち。


ほんとにすげえなあ…





この重たさには、いろいろ含まれてます。ほんといろいろ。



たとえば、4年間いっしょに走ってきた同期の卒業公演をあずかるということ。



とくに今回、役者をやる4女は「演劇はもう最後かも」っていう感じなので


彼女たちの演劇最後をあずかっている、かもしれないのです。


ひょえ〜〜〜まじかよ???






あと、今までの公演を超えるということ。これは個人的なやつです。


自分がつくったものも、いいなと感じたものも。


あこがれた人たちと同じ学年になったんだから、あこがれを超えたいんだわたしは!!!


しっかし、ほんとに難しい!!!


何でどいつもこいつも才能センスがあふれててカッコいいんだ〜〜〜やんなっちゃうな〜〜〜〜



ジュンヌで演劇をはじめたわたしにとって、

過去公演は頼もしい土台であり、超えられない壁なんだな〜と実感する今日このごろ。


それでも頑張るぞ!








でもいちばん大事なのは、演劇をつくるということ、そのもの。



うん。これに限る。




卒業とか最後とかジュンヌでの過去とか、私たちにとっては大事なことかもしれない。


でも、観に来るお客さんには関係ないから、そこは分けよう、ていうのが参加してる4女の共通認識です。


今回の公演メンバーも全員、きっとそう思ってくれてます。



ただただ純粋に。



最高の舞台をつくって、お客さんに届けたい。




このシンプルな目標は、意外とずっしり重たい。


道のりも遠く、もしかしたら険しい。


でも、わくわくする!!!!!



4年目になって、すごくフレッシュな気分です。


演劇と「はじめまして」をし直してる感じ。



みんなで歩いていくぞ〜〜〜〜


お〜〜〜〜〜〜










そんなこんなで始めた12月公演。


さっそく昨日、稽古も始めました!


のに稽古中の写真も動画も忘れちゃった……がびーん



作演うぃずみー、がんばって稽古の雰囲気をお届けしてみます。


出てこい文思の底力。奥のほうにあるはずだ。









初回は授業終わりの3時間で、あっという間でした!


ひいひい言いながら筋トレしたり


アルフォート食べて和んだり


3分間で相手を振ったりしました。




いやあこのワーク、ほんと性格でますね〜〜〜〜




じょーたろー(2年/役者/舞美/はちクロ購入予定)は優しすぎるのか、
このワークをすると胸が痛むみたいです。


やってるときはつらそうだし、見てるときは切なそう。


ええ子やな……


4女はニヤニヤしながら見てるってのに。



昨日は「じょーたろーから別れを切り出して!」っていう作演の指令を受けまして、


頑張ってなーすけ(1年/役者/マルフォイ推しではなくドラコ推し)を振ってました。



じょーたろー本来の優しさがにじみ出て、余計にえげつない別れ方。。。


なーすけがどんどん縮こまっていきました。。。








別の女もいるけど彼女と別れたい訳でもないクズ男くん。


そんなムチャぶりを見事に演じたのはまさこ(2年/男/役者/ツッコミレベル上昇中)。


すんごく楽しそうにわたぬき(4年/役者/舞美/見た目はパリピ中身はわたぬき)を翻弄してました。




「ほかの女の子とも会いたい、ってことだよね」

「いやなの?」

「いやっていうか…うん…」

「でもこの話、前(=付き合う時)したよね」




いやほんと板についてたクズ男が。


これが本性なのか……まさこ……と作演はひそかにざわついてました。


本人は「そんなことないっすよ〜〜〜〜〜」て言いながらめっちゃ手振って否定してたけど。


関係ないけど筋トレやってるまさこ、一見の価値あります。


すごい必死に生きる小動物〜〜〜って感じです、すくすく育っておくれ。




かたや胸を痛めて切なそう、かたや振るのが楽しくて仕方ない。


対照的な2男でした。









ギスギス別れてばっかりもいやなので、家族にもなってみました。


先ほど別れたじょーたろー&なーすけが、今度は夫婦になり、3人は子どもに。


3分間で家族旅行の行き先を決めてもらいました。




じょーたろー、がぜん張り切って計画を進めてました。元気になってよかった。


末端冷え性だから…と北海道行きをしぶる、おっとり系お母さんを演じたなーすけ。


すかさず「僕があっためるよ」発言で場を白けさせるじょーたろー。


でも、わいわい、ほっこりしてて。


こんな家族で旅行に行ったら、ほんとに楽しいだろうな〜〜






ポジションを変えて2回目。


今度は週末の行き先を決めてもらいました。



我らがありさ(4年/役者/衣装/居酒屋でスピッツのロビンソンがかかるとノリノリ)、やってくれました。


なーすけのご指名で、おばあちゃん役。


姉弟になったなーすけ&じょーたろーから「みんなでパーカーお揃いディズニー」「野球観戦」の案が出るなか。


夫まさこの母親を立てようと「お母さんはどこがいいですか」と母わたぬきが話を振ると。





お茶を片手に、こっくりこっくり。





おばあちゃん、かわいすぎ………


ディズニーにぴんと来てないし、週末の囲碁クラブの予定も息子夫婦にまかせっきりで把握してないし………


ひとりだけ時間の流れのスピードがゆったりしていて、わたしには縁側が見えました………


同じメンバーなのに、ポジションを変えるだけでぜんぜん違う家族になって、おもしろかったです!







そんなこんなで、初回を楽しく終えました。


みなさん、伝わりましたか、伝わったということでお願いします。


あ、帰り道だけは激写しました。


1539945244257




テーマは「月」!


役者のみんな、夜が似合う気がする。


写真は月ですが、稽古のラストに「夜」をつくるワークもしたんです。


2ヶ月かけて、じっくりゆっくり育てていく予定の5人の「夜」は、どうなるんでしょう。


ぜひ劇場へ観にきてほしいです。






つい長くなっちゃいましたが、最後に仮チラシを公開して締めます!


2018年12月公演「と呼ばないで」



IMG_20181019_194710




稽古場ブログはもちろん、twitter(@theatre_jeune)でもホームページ(http://www.theatre-jeune.net)でも、どんどん情報を出していくのでお楽しみに〜〜〜〜


平成最後の12月。


みなさんの時間をすこしだけ、私たちにください。


ご来場、お待ちしております!

theatre_jeunetheatre_jeune  at 20:05  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 2018年12月公演  

『ストレンジャー・イン・パラダイス』無事に閉幕です。

ということで、『ストレンジャー・イン・パラダイス』全6公演、無事に終わりました。演出の冨山です。ご来場いただいたお客様一人一人に感謝しています。

でもって、とても久しぶりなブログの更新です。公演が始まる1週間くらいは、もうドタバタで、「あれをやらなきゃ!」「んっ!? これはどう!?」とかやってるので、「あっ!ブログ!!」となるわけです。何を言いたいかというと、久々の更新ごめんなさい。稽古場で「スタジオに入ったら、私もブログ書いていいですか!?」と、後輩のスタッフの子に言われたんですが、確実に忘れていることでしょう。それくらい精一杯だったのです。

といってもまあ、芝居には楽日が付いてきます。稽古してる最中、本番の光景なんぞ遥か先でイメージができなくとも初日は来ますし、楽日も来ます。「終わるんだなあ」と感じるのは、終わる直前であり直後なのです。でも、それは悪いことじゃないなあ、とも思います。

IMG_2318


終演後、スタジオの入り口をパシャリ。この扉をくぐったお客様、ありがとうございました。いかがでしたか? 心から楽しんでもらえましたように。観に来た甲斐を生み出せましたように。そう思うばかりです。


さて、2ヶ月に渡る役者と演出のブログは終わります。読んでくれてありがとうございました。なかなか読み応えのあるブログだったはずです。が、よく読むと、「公演に関係ないぞ!?」っていうような記事も多いです。座組のカラーなんだな、と思います。もし、あなたに時間があるなら、また読んで楽しんでもらえれば、と思います。

んでもって、次の公演が着々と準備されてます。観に来たあなたならわかると思うんですが、当日パンフレットやフライヤーに次回公演のチラシがあったでしょう? そう。それです。12月の公演です。劇団は公演が終えるたびに、新しく公演を始めなきゃなりません。ということは、新たな初日に向かっていくわけです。てなわけで、 ブログは12月公演にバトンタッチです。

IMG_2319



じゃ、またお会いしましょう。


冨山

theatre_jeunetheatre_jeune  at 18:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 2018年10月公演  

いよいよスタ入り!

お疲れ様です!浦田です。
さてさて、昨日はスタ入り前最後の稽古でした。8月からずっと今まで稽古を続けてきましたが、びっくりするくらいあっという間でした。がむしゃらに稽古をやってきたからでしょうかね。本当に短い夏でした。最近はすっかり涼しくなって完璧に秋模様になってきましたね。
稽古も終盤になるにつれて、役者個人の課題や芝居全体の課題も浮き彫りになりました。あとはここからどれだけ完璧なものに近づけるかの問題です。スタジオに入って、今まで積み重ねてきたものがひとつの形となるのが楽しみです!
ラストスパートかけて本番まで突っ走ろうと思います!スタジオでお待ちしています!

theatre_jeunetheatre_jeune  at 22:18  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 2018年10月公演