『No Border』

こんにちは。武内です。

12月も終わりに近づき、とても寒いですね。
私は寒さに強いわけではないんですが、冬に突入し寒さが徐々に深まるのが好きです。クリスマスとかお正月とか、ハッピーなイベントへと着実に進んでいる感覚!


ただ今年はそれをゆっくり味わう余裕はなかったです。なぜなら12月公演、こちらで精一杯頑張っていたからですね。


改めて、劇団テアトルジュンヌ2017年度12月公演『No Border』、無事終演致しました。
関わってくださった方はもちろん、実際に足を運んでいただいたお客様、応援してくださった皆様に感謝の気持ちを送りたいです。ありがとうございました。


終わって振り返ってみると早いもので、それでもすごく充実した日々で、あ~走り抜けた~、と長距離走のゴール後にも似た感覚です。


はじめは役者をやるか作演出をするか、少しだけ迷いました。
今年の秋公演で演じる中で、演技の中で感情が溢れる感覚を掴んだ気がしており、この感覚を確固たるものにしたい、という気持ちがあったからです。

それでも、頭の中にストーリーやアイデアが大量にたまっていて、これを表現したい!その気持ちが上回り、作演に手を上げました。

そして始まる怒濤の稽古の日々。


稽古初日は10月11日、DBという広くて鏡のある稽古場だったのを覚えています。
そこから週4日、13人の役者で会話を意識したメニューを中心に、基礎的な練習や台本の読みを進めていきました。

10月末には配役も決まり、稽古メニューもシーン練がメインになっていきます。


この頃から各部署との会議も始まっていきました。
音響で使いたいCDをたくさん渡したり、照明のきっかけを伝えたりして話し合いを行います。
舞台美術と宣伝美術の方々も、度重なる細かい変更などに根気よく付き合ってくださり、本当に感謝です。


こうして本番が近づいていく実感が強まるとともに、ひ~台本書き終わらない~、思ったように書けない~と執筆の方ではヒィヒィと言っていました。


と思っていたら12月4日にはスタ入り。なんてスピード感なんだ。。


タタキでは撮影をしてくださるOBの井出さんが手伝ってくださりました。
L字型の変わった舞台の形。そして高さのある2階がある舞台。自動で開け閉めするカーテン。。
かなり大変な舞台でしたが、無事作り終えることができました。


ここまで来たら、もう流れるようでした。
きっかけゲージも無事に終え、劇は完成形へと近づき、ゲネ、初日、千秋楽。。


あれれ、もう終わっていた。。卒業の花束をもらっていた。。楽しかった。。


こんな感じで、2017年度の12月公演は幕を閉じました。
後半はしょりすぎ!、と思いましたか?
でも本当に早くて、こんな感じだったんです。無理矢理思い出すなら、卒論の進まなさにより研究室に呼び出され教授にガチギレされたことくらいでしょうか。



公演を終えて思うことは、「演劇に求めることは人それぞれ違う」という至極当然のことでした。
恋愛ものが好き、笑えるのが好き、視覚を刺激してくれ、いやいや聴覚、その全て!泣かせてくれ!なんかじわっと、引き付けて、釘付けにして、非日常があればいいんです
無数のこれらが一人一人独自にブレンドされて、演劇の好みに、演劇に求めるものになっていく。

今回の公演でこだわったのは「ストーリーの中の心のありか」でした。
100分の中で様々な出来事が起き、13人の登場人物はそれに振り回されたり、気にせず自分の道を進んだりします。
どこにあるのかさえ、本当にあるのかさえわからない心が、確かに動き、人を導く、その様を静かに描いた、つもりです。


果たしてこれは、観客が独自にもつ「演劇に求めるもの」にどれだけ響かせられたのでしょう。もしくは新たな出会いになれたのでしょう。


自分ではとても納得いく面白い作品になりましたし、「面白かった!」という声もたくさん頂けました。
面白かったという声は本当に嬉しく、救われるような気持ちにすらなりました。


しかし、私は割とネガティブっ気があり、「もっともっとたくさんの人に響かせたかった~」と悔しい気持ちにもなるんです。

また作品を作る機会があれば、この気持ちを大事にしたいと思います。



とはいえジュンヌはもう卒業。社会人になったら中々時間も作れませんし、小中学生の頃に戻って大学ノートに漫画でも書くところから始めようかなぁ。


。。と長々と書き連ねましたが、以上が今回の12月公演が、始まり、経過し、終わり、とその後考えたこと、でした。

何だかまとまりがなくなってしまいましたが、今はこうして公演を無事作り上げたことに大きな達成感と感謝の気持ちで一杯です。


改めて参加してくださった方々、観に来てくださった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。
しつこいけれどもう一度、本当に本当にありがとうございました。


これからもテアトルジュンヌは劇を作っていきます。

次回公演は2018年4月を予定しておりますので、こちらもぜひよろしくお願いします。
後輩たちがんばれ。

では失礼します。





theatre_jeunetheatre_jeune  at 14:59  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

いい肉の日!

こんにちは!
4年のるとです。

昨日はいい肉の日でしたね!
いい肉の日が誕生日の友達がいた気がするのですが、誰だか忘れてしまいました。それだけ稽古に集中してたってことですね()
でも僕が覚えてるってことはよっぽど仲の良い友達な気がして、もやもやしてます…

さて、今日も練習のはじめに、「今日あったこと」という題で1人ずつお話をしました。みんなの行動パターンがだんだん分かってきて面白いです。そして自分は4年生であまり授業がないので、大量のコマ数をこなしながら稽古に出る後輩達に尊敬の念がやみません。笑


今日は最後の方のシーンの演出を付けました。
不思議な場面設定なので、まだそれを読み取るのに必死ですが、ちゃんと共有できればすごく面白いものになるんじゃないかと思っています。

是非想像力を持ってお越しください←
ウィリアムズホールで待ってます!




theatre_jeunetheatre_jeune  at 21:50  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 2017年12月公演  

体幹大事。

皆様こんばんは!お久しぶりでございます!1年の重友(しげ)です!
大好きなOLDCODEXに癒しとロック魂をもらって日々を過ごしております。

さてさて。スタ入りまであと3日となりましたが、稽古は着々と進んでおります。基礎練も欠かさずしっかり!…しかし私、未だに体幹が苦手であります。

最近の体幹トレーニングは元陸上部だった1年きひろの助言(?)により、1ワーク1分&更に負荷がかかる内容に変わってしまったんです。これがまたキツいんです… 私と、同じく1年のじょーちゃん&はっとは毎回腕をプルプルさせてヒイヒイ言ってます(泣) でもこれも皆様に最高の公演をご覧いただくための大切な練習!頑張りますよ!(ง •̀_•́)ง

ところで実は私、今回役者の他に宣伝美術もやらせていただいております!現在3年のえびさんと2人で立て看板を制作中です。御来場の際には是非立て看板にもご注目下さい!!(えびさん、頑張りましょうね!)

本番まであとわずか!1回1回の練習を大切に、自分の役としっかり向き合っていこうと思います!

それでは!皆様の御来場を心よりお待ちしております!! おやすみなさい!

theatre_jeunetheatre_jeune  at 22:37  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 2017年12月公演