18839363_1390668477665481_437135125348808640_n
行ってきましたー Sting@武道館

オープニングナンバーはまさかの「Synchronicity 供 てっきり新譜からの「I Can't Stop Thinking About You」だとばかり思ってた。いや、ほとんどの観客がそう思ってたのではないかな、嬉しい誤算とはこのこと。

もちろん新譜からのナンバーもそれなりに多かったのですが、いわば今回は今までの集大成的なライブ。「Material World」はやるし、「Magic」はやるし、「Englishman In N.Y.」はやるしでThe Policeからソロ活動までまんべんなく。

この日のわしにとってのハイライトは「Desert Rose」からの〜「Roxanne」かなぁ、やっぱり。特に「Roxanne」はキーも下げずの熱唱ぶり。感動しました〜。

しかし御大Sting、堂々たる体躯、安定したベースプレイ、年齢を感じさせない容色、そして貫禄のボーカルは圧巻のひと言。いやぁ、いいもん魅せてもらったなぁ

今回は息子のジョー・サムナーも一緒に来日、前座を任されなかなかのパフォーマンスでした。