2005年03月11日

ブルースなヤツら!「#8:Common(コモン)」

Commonは1992年という東西ヒップホップ最盛期に
シカゴから出現した異端児ラッパー。

彼の魅力はミュージシャンズミュージシャンとも評される
サンプリングセンスとトラックの構成力、そして独特のリリックに集約される。
アルバムを出すごとに論議を巻き起こす彼の音楽性の器は
今やヒップホップという枠に収まりきらないほどに巨大化した。

これまで彼の作品に参加したアーティストをざっと挙げると・・・
ローリン・ヒル、エリカ・バドゥ、ディアンジェロ、DJプレミア、ビラル、メイシー・グレイ、デ・ラ・ソウル、Cee-Lo、Q-ティップ(ex.ATCQ)、マリー・ドルヌ(ザップ・ママ)、オマー、メアリー・J.ブライジ、ラティシア・サディエール(ステレオラブ)、ファレル・ウィリアムズ(N*E*R*D/NEPTUNES)等々

まぁよくもここまでといえる蒼々たる顔ぶれ。

そんな彼とTHE BLUES Movie Projectとの接点は、

「ゴッドファーザー&サン(Godfathers & Sons)」

当時は問題作と揶揄されることの多かったマディ・ウォーターズの
「エレクトリック・マッド」を愛してやまないCommon。彼をはじめとする
ブラックミュージックの最先端に位置する現在のミュージシャンと
ブルースの巨人たちによるセッションは圧巻の一言。必見です。

ちなみにコモン・センス改めコモン氏。
来月に来日公演を行うエリカ・バドゥとはどうやらお別れした模様。
そのエリカ、現在D.O.C.とお付き合い中だとか、妊娠説も出ています。
来日できるのか、やや心配になるお話。

さて、エリカ・バドゥの元旦那が誰かは御存知ですか?
答え

意外や意外、なんとOUTKASTのANDRE3000がその人。
実は2人の間にはSeven君という素敵過ぎる名前のお子さんまでいるんです。
いやはや、彼の将来が楽しみなこと、この上ない!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thebluesmovie/16128474
この記事へのトラックバック
Can I Borrow a Dollar?CommonRelativity ...
HipHop好きな若者諸君!これ聞いとけ!COMMON!【ニコラジ!●動画で音楽紹介&ネットラジオ放送●】at 2005年05月05日 12:30