2015年 日本
(ネタバレ無し)
 
砲撃と戦車戦のシンフォニー、ここに完成

 あらすじ……戦車を操り戦うスポーツ「戦車道」が乙女のたしなみとされ、学校が海の上の巨大な学園艦にある世界。大洗女子学園の生徒であり、かつて戦車道の名門黒森峰から転校してきた西住みほは、仲間たちに囲まれながら楽しく戦車道を続け、全国大会を優勝する事で大洗女子学園を廃校の危機から救った。その後日、大洗の優勝記念のエキシビジョンマッチが開かれ、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校、そして大洗女子学園と知波単学園合同の試合が開かれる、白熱した試合を終えたみほだったが、そこへある重大なニュースが飛び込んで……

 ガールズ&パンツァーは2012年放送のテレビアニメであり、今回は2014年のOVAに続き劇場版という形で再び同シリーズ作品ファンの元へカムバックを果たした。女の子たちの成長、友情、ライバルとの熱い戦い、CGと迫力の音響で描かれる戦車戦……昨今の萌え×ミリな作品の中でも一線を画すハードかつ大胆な熱血スポ根アニメとして名を馳せた同作の劇場版公開までの道のりは決して平坦ではなかった。延期に次ぐ延期、ひたすら伸びていく公開予定日。「イギリスの電車は遅延するもの」というジョークのように、ガルパンにはいつものように延期がついて回っていた。だが、ついに2015年冬、満を持して劇場版が公開された。だからこそ、一ガルパン好きとして言わせて貰いたい。

 最高だった、と。 

GuP_01
劇場版でガルパンがついにカムバック!
 劇場版でありテレビ版の延長線上にある本作は、それこそシリーズ作品なのでテレビ版とOVAを見てからでないとわかり辛いパートが多い(ただし上映前におさらいが簡単にされる)ので、単体の映画として見ると少々難易度が高い。だが、テレビ版を重ね重ね見ているシリーズのファンにとってはまさに光り輝く黄金のような作品へと仕上がっている。後日談ながら、その果てにある更なる戦いと試練に、キャラクターたちがどう立ち向かっていくのかという流れに、テレビ版や劇場版オリジナルのキャラクターたち……それこそ大洗だけではなく全てのキャラクターが合流し、戦っていくという展開まさに胸が熱くなるばかりだった。
GuP_02
大洗女子学園に降り注ぐ危機……少女たちの逆転劇が始まる 
 それでいながら、テレビ版にある「戦車戦の間にある少女たちの交流・ドラマ」がしっかりと合間に挟まれてドラマを盛り上げたり箸休めさせてくれるし、随所に挟まれる小ネタなどもクスリと笑わせてくれる。テレビ版にあった細かい部分にも抜かりのない構成が劇場版にもふんだんに盛り込まれているのが面白いし、120分という長尺を忘れさせてくれるような濃厚な時間――もっと見ていたいと思わせる様な気持ちまでファンを誘ってくれる心地よい素晴らしさが存在している。
GuP_04
新キャラクターも大量参戦!テレビ版二期の伏線になったらなあ…
 もちろん、劇場版ならではのシリアスな雰囲気もテレビ版とは違った趣となっているので、ドラマパートも素晴らしいし、テレビ版では決して語られなかった存在である他のライバル学校やキャラクターたちの素顔にも触れられているので露出の少ない特定キャラクターのファン達にも十分考慮されている。まさに無駄のないストイックな作りに仕上がっているし、新キャラクターの造詣も見事、ファンを魅惑の世界観へ引きずり込める内容となっている。
GuP_03
ド迫力の戦車戦を体感!劇場で是非見て欲しい 
 もちろん、ガールズ&“パンツァー(戦車)”なのだから戦車に関しても特盛りの素晴らしさがある。アニメ作品だから……と思っている人を全員ノックアウトさせるようなCG戦車の迫力満点な大活躍も見逃せないのだ。アニメ作品ならでは奇抜な機動から、戦車戦の大迫力である撃ち合いまでケレン味も王道も全てぶち込んだ白熱の戦車戦が前半と後半にこれでもかと展開される。テレビ版で活躍した車両に加え、劇場版から登場する新戦車もあるので、それこそ「女の子いらねぇから戦車見せろ戦車」な方でも十二分に楽しめる構成に仕上がっている。また、劇場版だからこそ言える事だが劇場の大画面と大音響で繰り返される砲撃と轟音がまさに素晴らしいの一言。4DXが欲しくなる素晴らしさ。腹の底まで響き渡る爆音と砲声が脳内のアドレナリンを刺激する事間違いなしである。
 素晴らしい作品に間違いはない。アニメ好きであれば今からでも遅くはない、テレビ版とOVAをマラソンして劇場へ駆け込んでもいいぐらいな傑作だろう。