魂魄妖夢(神霊廟のセミロングの方)、西行寺幽々子、八雲橙、八雲藍、八雲紫、蓬莱山輝夜、八意永琳、古明地さとり、霊烏路空、サニーミルク、ルナチャイルド、ブロントくん、笠松ノブオくん、リューサンくん版の苦手病持ちと…
クロエ、セネル、アリエッタ、シンク、ラルゴ、アッシュ、リグレット、ディスト、ヴァン、ユーリ、エステル版の苦手病持ちは何処にいる!?


生路自身がそのキャラに纏わる事で苦手病を罹った東方キャラはアリス・マーガトロイド、チルノ、リグル・ナイトバグ、ルーミア、ミスティア・ローレライ、レティ・ホワイトロック、十六夜咲夜、博麗霊夢、霧雨魔理沙、パチュリー・ノーレッジ、フランドール・スカーレット、鈴仙・優曇華院・イナバ、古明地こいし、村紗水蜜、封獣ぬえ、多々良小傘、笠松ノブオ、内藤、西方・南方(作者録)キャラ全員(内、うどんげ、レティ、チルノ、リグル、ルーミア、ミスティア、フランドール、水蜜、ぬえ、ノブオ、内藤、西方・南方キャラは作品が絶版・削除された事により発症した)。

生路自身が見てしまった結果、苦手病になってしまった作品は水中花火・うがつまつきの同人誌、西尾維新作品、ネット私刑目的の作品やヘイト創作、ハヤテのごとく、めだかボックス…暗殺教室とクロスアンジュと進撃の巨人とストライクウィッチーズと鋼の大地に至っては内容に関する話だけでダメだった。

他の人が苦手病に陥った事を確認した東方キャラは(苦手病になった当人の行動を問わず)アリス・マーガトロイド、チルノ、リグル・ナイトバグ、ルーミア、ミスティア・ローレライ、レティ・ホワイトロック、鈴仙・優曇華院・イナバ、東風谷早苗、八坂神奈子、火焔猫燐、古明地こいし、スターサファイア、多々良小傘、笠松ノブオ。

旧作キャラは旧作キャラの復活を諦めるかのような発言や作品を見てしまえば、愛着があればあるほど苦手病になるし…。


棲み分けが完璧な環境を作りたい。

マイナス検索用のタグによる棲み分けやキャラヘイトの棲み分けの推奨に関してはっきり言えば…
(etatohoのサイトの取り扱いに関しての処でもその事は明言されていたけれど)、見たくなかったのにという気持ちに任せて八つ当たりを繰り返す人達の問題行動の原因の一端には、周りの配慮不足があるのではないだろうか。
外部が住み分けを考えられていなかったり、タグ等による販売や投稿の整備不全、場所や外聞を度外視したりして、苦手な表現を見せてしまう事もあるだろう。

大多数の住み分け系のマナーの投稿者等の住み分け主張の人達ならばネット・リアル共に、人の苦手な表現が含まれる作品、人の精神衛生に良い作品はある程度自分や相手の情報が有れば推測できないだろうかと最近考えることがある。

タグ装備による棲み分けの推奨に関する知識が深化すれば、自他共に相性が良い・悪い作品を上手くマッチングさせる事も可能になるかもしれない?

そういう事が推測できれば自他共に精神衛生的に元気になる事が出来るし、不測の事態も避けられると生路は思う訳です。

同時にクロスハンターやマインドシーカーのような誰もが駄作というような作品すら(制作した当人以外の)相性の良い人は少なかれ居ると思うんです。
難易度が高いゲームを求める人とか運ゲーがしたい人とか。

逆に…その知識を悪用して他人に苦手な作品を見せて精神衛生的に切り崩して、問題人物と言われるような行動をとらせる事を狙っている…言うならば人を「苦手病」にする行為を意図的にしている悪質ユーザーがいるのではないかと思うことがある。

そして、一度苦手病になってしまえば…当人が自分で新規に生産するなどしてでも、精神衛生的な相性の良い作品で楽しく幸せになるしか治療方法は無いでしょう

ちゃんと自分が知り得るその属性の人達の思想や言動から推理してはいるが、当たるも八卦という程度に、この記事を投稿した後、同じ「棲み分け促進」カテゴリの記事として定期的に天気予報のように、どういう人がどうとう作品を見れば苦手病を治療したり、元気になったりできるか、逆にどういう人はどういう作品で苦手病になるか予測してみていこう。苦手病になる人はSAN値にして(推定)どれぐらいの拒否反応を起こすかのおまけつきで。

どんな鋼鉄の意思をもっていても、どんなに精神力の高い人でも、何があってもどんな作品を見ても心の傷にならないとは断言できない。
自分では隙は無いと思っている人でも拒絶反応を示す作品は多かれ少なかれあるでしょう。
表現者や創作に関わる人達は創作によって他人の人生や行動を良い意味でも悪い意味でも大きく左右する可能性がある
以前も言及した創作物のパワーは、正しい事に使い正しく使えば、根性・やる気・あきらめない心の増強、体験学習、文化や言語の学習、遵法精神や道徳意識の向上、政治・家事・料理・生活・健康・商売などへの関心を高める、学習意欲の向上、労働や創作活動のモチベーション向上、偏食の改善、労働意欲の増強、相互理解の深化などの効果が期待できると研究しつつある(どういう作品にそういう効果があるのかは聞きたい人はここのコメントかeメールかpixivメッセでお教えします。)

苦手なものを見てしまう害や好きなキャラクターや作品がバカにされる害に悩まされている人にとってすれば、
他人に迷惑をかけないとか、ルールやマナーを守るとか、そんなことはそういう悪劣な仕打ちにあっていない恵まれた者だけが考えられることであって、創作の世界の底辺にあって好きなものを守れない自分に、いったい今のルールの範囲で何ができるというのか?
そう考えたとしても不思議はないのです。
あるいは「『大切な人やキャラクターや作品が侮辱したり不幸を望んだりする事がいけない事であってこその』人として世間一般的な良識だろうが、常識的に考えて…」という認識で動いていたとしても矛盾こそあれおかしい話ではないのです。
行動と矛盾してこそあれ、そう考えていたとしてもおかしい話ではないのです。

そういう輩は自分の好きなキャラクターや作品がバカにされる害に悩まされればどういう感情を抱くか、荒らし活動によって望んだ結果を手に入れた事実・前例がその答えを物語っているように見える。
他人にいやな思いをさせた末に様々な行動が重なりバッシングの元がつぶれる、これぐらいの事が起こり得る程にまで苦手な表現を誤って見てしまう危険は害だ
ただし、表現の自由を侵害する者や気に入らない文化を力づくで殲滅しようとする者は苦手病のショックを喰らわせるべきだと考えています。


私の紹介する作品の殆どはネット通販・ダウンロード販売・電子書籍・レンタルDVD店を利用するか、バーチャルコンソールかゲームアーカイブスを使えるゲーム機を(ネット接続含め)用意すれば(相応の金銭は発生しますが)手に入れる事が出来るはずです。もちろん、ここに挙げた作品の事は名作ばかりで普通は心の傷になることより心の栄養になる事が多いはずです。
そんな名作でも苦手な人に見せれば死ぬほど嫌な思いさせてしまい、ギムレやシャーリィのような比較的マイナーなキャラやカップリングでも悪く言われれば好きな人は酷く嫌がり、最悪ネット荒らしを作る火種になる事からも、場をわきまえずにキャラクターを悪く言ったり住み分けの為のタグの整備を怠ったりする事がどれほどまでに良くない事かは押して図れましょう

今後、投稿していく人種指定付きのリストは、なんで私が指定した人達がどういう理屈でそれらの作品を見る事で元気になったり心の傷になったりするのか、具体的にどんな表現が含まれているもんから元気になったり心の傷になったりすると生路が思ったのかは、是非この記事を読んでくださった皆様自身がそれらの作品に触れて、皆様の目で確かめて欲しい。わかっちゃったらここのコメント欄で言って見せてね?言ってきてくれた方が正解したら、私の方で良くわかる解説をブログに投稿します。

まあ、生路はあの日以来、人間誰しも精神衛生的に悪すぎるものを見てしまった正気度ロールを繰り返したSAN値直葬の末にSAN値が尽きると、某氏と同じような行動をとるようになってしまったり、フラッシュバックで苦しんだり、もっと悪いと、酷いレベルのパニック障害や情緒不安定や注意欠陥・多動性持ちになったり、どんどん酷くなってしまうことになると推測していますが。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。