February 02, 2005

「オペラ座の怪人」再び!<7>

そろそろ終わりが見えてきただろうか...?
すっかり「怪人さん」色に染まりつつある「あ」嬢の別宅。
キュートな「かえる」のイラストとのちぐはぐ感は否めないが
ラストスパートかけて頑張ってみるつもり。

自分で自分に呆れつつも、<1><2><3><4><5>
そして<6>の続きであります。
   
ミュージカル版だと SCENE 5 にあたる墓地のシーンから。

(思いっきりネタバレあります)

ミュージカル版:SCENE 5-A Graveyard in Perros
(SCENE 3-The Manager's Office/SCENE 4-A Rehearsal for Don Juan Triuphant は
大幅にカットされている)


父親の眠る墓地に向かう為、こっそりベッドを抜け出すクリスティーヌ。
  *眠りこけてて、「見張り」の意味がないラウール。
   まんまと入れ替わって馬車の御者やってるファントム。
   クリスティーヌの不在に気付き、慌てて後を追うラウール。
   馬にひらりと飛び乗る一連の動作が素敵。さすが「王子さま」。
   
   「♪In dreams he came....
   "Phantom of the Opera"
を1フレーズだけ歌うラウール。
   「Little Lotte thought of everything and nothing...
    Her father promised her...」
   ミュージカル版では SCENE 4 のラスト。
   クリスティーヌが歌うかわりに映画版では台詞で。

"Wishing You Were Somehow Here Again"
  *父を想い墓地で歌うクリスティーヌ。
   初見後の感想でも書いたけれど、寒くはないのかクリスティーヌ?
   っていうか、いつ黒いドレスに着替えたのですか???
   ...それと墓地を彷徨うシーン、ちょっと長過ぎる気も。

♪Wandering child... so lost... so helpless...
  *"Angel of Music" のメロディーで歌うファントム。
   ミュージカル版と同じ。
   夢うつつ状態でふらふらと声に引き寄せられるクリスティーヌ。
   間一髪というところでラウール登場!

   ここで何故か隣の席の女の子達爆笑。何故???
   ファントムの鼻水で大笑いしてたのと同じ子達だ。
   ...あまりにもベタな登場の仕方だったから?
   それとも「王子さま」衣装のひらひらっぷりがツボだった?
   もしくは寒空の下、あんまりにも薄着だったから???
 
   ラウール、いよいよファントムと対面し、一騎打ちのシーン。
   手に汗握る名場面の筈なのに、すっかり気が散ってしまったワタシの
   脳裏に浮かんだのは

   「♪ケンカをやめて〜 ふたりを止めて〜
    私のぉ ためにぃ 争わないで〜 もうこれ以上〜


   誰の曲だっけ???(年齢がバレるな...)

   えーと。
   気を取り直して、スクリーンに集中。

   ファントムの剣は鍔の部分までしっかり髑髏。
   美術さんの細やかな仕事っぷりが素晴らしく。
   そして途中までは拮抗していたふたりの対決も、ラウールが優位に。
   クリスティーヌの懇願で、命拾いするファントム。
   恋敵に情けをかけられた訳だ。
   ...いっそひと思いに殺されてしまったほうが楽だったのに、と
   ファントムが思ったかどうか。

   ふたりが墓地を去り、再び置き去りにされたファントム。
   マント、「バサーッ」が出たぁ!
   「So be it! Now let it be war upon you both!」
   ミュージカル版ではファントムが例の「パワー」を使って
   うまく逃げおおせるのだけれど、映画では置いてきぼり。
   ファントムの無力感が強調された感じ。
   ...映画版の方が、ファントムが一介の「人間」であるコトに重きを
   置いているのかもしれない。
   (ぃゃ、勿論ミュージカルでも彼は人間ですが)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ここで一区切り。
次回はラウールがファントムの無茶苦茶な要求を逆手にとって
オペラ公演中にファントムを捕縛しようと画策するシーンから。
決闘でも勝ったし、ファントムが自分より弱いただの人間だって
知っちゃったからねぇ...。

                              *<8>へつづく。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thekumi/13498509
この記事へのトラックバック
監督:ジョエル・シュマッカー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン 評価:95点(100点満点) 公式サイト かっこええ・・・。 これはたまりませんわ。 今頃見てなにをゆうとんじゃと突っ込まれそうだが、こ...
オペラ座の怪人−映画を見たで<今年163本目>−【デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)】at December 10, 2005 12:45