January 22, 2006

Slowing Down...

2 さぷな家さん。ゲストルーム。なんだかとっても居心地がいいのである。

八重山観光フェリー のサザンクィーン号で約15分。
離島桟橋からの連絡が出航ぎりぎりだったにも関わらず
竹富島の港でちゃんとワタシを出迎えてくれたのは
さぷな家さん のアリマさん。


さぷな家さんは、おともだちが教えてくれたウェブサイト
美ら島物語 でその存在を知り、一目惚れ。

今回竹富島でお世話になる宿である。

途中、島でいちばん夕陽が綺麗な西桟橋の入り口や
お食事処なんかを教えてもらっているうちに
5分少々で車は止まり。

知らなければ、そこが宿の入り口だとは気付かずに、そのまま
通り過ぎてしまいそうなほど周囲に溶け込んだ佇まいの外観。
舗装されていない白砂の道。珊瑚を積んで造った石垣。
生い茂る木々と鮮やかな花々。

サイトの画像や「沖縄に溶け込みつつどこかアジア風」という
言葉から想像していた通り、いや、思い描いていたよりも
はるかに素敵な空間がそこには広がっており。

開け放たれた窓とリネンのカーテン。
高い天井にはゆったりと回る扇風機。
きちんと整えられたベッドに落ちる濃い影と
吹き抜けてゆく心地よい風。

SIMPLEMINIMAL で、必要最小限のモノしかないけれど
必要はモノは、すべて揃っている。

時計も電話もテレビもいらない。

ゆるゆると過ぎてゆく時間。

人なつっこい笑顔が素敵なスケガワさんが淹れてくれた
ジャスミンのお茶を飲み。
さくさくとした食感を楽しみながら黒糖の ちんすこう を頂く。

聞こえてくるのは鳥の鳴き声と、木々を渡る風の音。

いつまでもこうしていたい。

島に着いて1時間足らず。
既にすっかり虜状態のワタシだったのである。

<前へ>                         <次へ>3 さぷな家さん。中庭。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thekumi/50521605
この記事へのコメント
お金持ちに成れる情報がいっぱい!!!rvxrvx
Posted by セレブさん at January 23, 2006 01:38
>時計も電話もテレビもいらない。
憧れるわぁ、、、
あたしも今年は、そんな旅をしたい!
Posted by 猫姫少佐現品限り at January 24, 2006 03:35
沖縄は毎年行きますが、やっぱり海が
本当に綺麗ですよね。。。。♪
時計も電話もテレビも・・
素敵。。。。時の過ぎてゆくのは自然が教えて
くれますよね。。。♪
そのまま、ぐっすり寝てしまい。。。
私は夏にまぶたが・・3倍にふくれました。爆!
そのため奥二重が二重になりました。。笑
そして、太ったので又奥二重になりました。。^^;
Posted by nicoco at January 24, 2006 08:13
本当にアジアンな居心地良さそうな部屋ですねえ。 ところで、外の水槽みたいのは何ですか? 気になります、笑
Posted by パピ at January 27, 2006 10:18