March 28, 2006

What I Wanted...

本当は、欲しかったのである。

ごろりと横になれる快適なカウチと
広々としたクイーンサイズのベッド。

例え部屋がせまくなろうが構わない。
そのぶん、他のモノをへらせばいい。

そんな風に思っていたのだけれど、現実は厳しく。

おそらく需要もそんなにないのだろう。
無駄にでかいアメリカンスタイルのカウチは
絶対数が少なすぎる。
ようやく見つけたと思っても、嘘みたいに高額で。

何も高級品を手に入れたいと思っている訳ではないのに。
アメリカだったら半額以下で買えるだろうっていう
値段設定にだんだん腹が立ってくる。
ゼロの数、間違えてるだろ?って本気で思ってしまうほど。

予算に見合った日本のカウチたちは、どうにも
形が、デザインが、素材が気に入らない。
そもそも、座面が床に近すぎる。

ベッドも、そう。
どうしてこんなに、低いんだろ。
ワタシはベッドに腰掛けて、自分の足がぶらぶらしなくちゃ
イヤなのだ。そんなに低いベッドなら、布団を敷いて
直接床に寝たほうがいい。

だいたい独り身でクイーンサイズなんて馬鹿げてるよー。

そんな風に言われても、なかなか諦めがつかず。
まぁ、百歩譲ってダブルでもいいかなぁ、なんて
思いながら家具売り場をうろついていたのだけれど。
やっぱりデザインが気に入らない。
そもそも超高級な婚礼家具ばかり並んでいるのだ。

ネットで探してもみたけれど、とにかく好みと値段が折り合わない。
挙句の果てに、運搬時に不便なためクイーンサイズのマットレスは
2つに分かれていることが殆どだと聞かされ。
あくまでも2人で寝ることを前提にしているのだなぁって
思い知らされたのである。
ベッドのど真ん中に陣取りたいと思っているのに、マットレスの
継ぎ目があるんじゃ意味ないじゃん...。

そもそもワタシが求めているようなカウチやベッドは
日本では贅沢品なのだ。
広々とした住空間と十分すぎるほどの経済力を持った人達の
ためだけに存在しているのかもしれない。

ワタシには分不相応ってやつなのかも。

いつかもっと余裕が出てきた時まで、お預けだ。
もっと現実的にならなくちゃ。

「買い物」「買い物」「買い物」で勢いづき、
熱にうかされたような状態が続いていたのだけれど
突如として冷静さを取り戻したワタシである。

まぁ別にカウチがなくたって生活はできるもの。
そんな風に思い始めていたワタシの目にとまったのは
30年以上前に母が購入した一人掛けの籐椅子。

今では、すっかり場所塞ぎになっているだけの
この椅子をリビング用に「しばらく」拝借することに決め。

ベッドはと言えば、昔ワタシが実家で使っていた
シングルサイズを父が物置から引っ張り出して
きてくれることになり。

とりあえずは、狭くても文句は言わないし、言えない。
ないよりは、ましだもの。

せめてマットレスだけは良いモノにしよう。

思案の末、十分な厚みのある、低反発の優れモノを購入。
10代の頃に使っていたなつかしのベッドにこのマットレスを
乗せてみると、うまい具合にワタシ好みの高さになった。

落ちそうでコワイわね、なんて母は言ったけど
船便で持ち帰ったカバーや枕を使ってベッドメイクすると
出来上がったのは、まぎれもなく「ワタシのベッド」。

友人宅の客布団でも、旅先のホテルでも、実家で
使わせてもらっている弟のパイプベッドでもなく、
正真正銘、ワタシのベッドだ。

段ボールを開梱する手を休め、ぼーっと寝室を眺めていたら
なんだか、泣きたいんだか笑いたいんだか
自分でもよくわからなくなってしまったのである。

My Bed Room

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thekumi/50737061
この記事へのコメント
「あ」嬢さん、わかる、わかる。ガンバレ!と思いながら拝読しています。
でも素敵なお部屋になりそうじゃないですか。
本当は譲りたくないよねえ、ベッドとカウチ・・
私も何もかも揃う日本で何で・・と思いました。
私の場合は引っ越すときにどうせ買うのだからと思ってダイニングテーブル&チェア6脚、カップボード、チェストなど色々持ってかえってきました。(あ、犬も連れてきました。)
自己負担の引越し代だったのでかなりイタかったですけどね。
これからも楽しみにしてますのでがんばってね。

Posted by Cloister at March 30, 2006 09:18
>Cloisterさま:
ありがとうございますっ!
譲りたくなかったんです、ほんと。
でも引越代、安くないですもんねぇ...。
セントラルヒーティングで甘やかされた身には、日本の冬は厳しかったですし(苦笑)。しかもここ数日、当地では2月並みの冷え込みが続いておりまして...悲観的になっても仕方ないんで、もぅ開き直っちゃってますけれど、アメリカの片田舎生活における住空間って、ほんと恵まれてたんだなぁと今更ながら実感している今日この頃です。モノはあふれてる日本なんですけどねぇ...。滞りがちの更新ですけれど今後ともどうぞよろしくお願いしますね。
Posted by 「あ」嬢 at March 30, 2006 21:43
お久しぶりですーーーーっ!
新しい生活おめでとうございます。
ステキな部屋ができあがっていく様子を拝見するのがとても楽しみです。「あ」嬢さんのなのか、アメリカの雰囲気というか、優しくおおらかな感じが写真からわかるような気がします。

気に入るものって焦らなくてもいつか出会えるものかもですよ?自分で決めて作り上げた自分の場所、うれしいですね。
Posted by なを at March 30, 2006 22:11
♪♪あじょり〜ん♪♪

ああ・・頑張ってるな〜〜って。。泣っ!
何だかファイトが出てきた!!!!
数日重かったですねえ。。コメント入らなかったのですよね。。。
メールしようかな〜って思ったけれど。。
今、この状態だし。。なんてっ!!
ステキなお部屋になりそうだわ〜〜(*^^)
落ち着いたら、ゆっくり対談したいな〜〜☆彡

久しぶりにニコールとサンドラの
「プラクティカル・マジック」観て、あ譲さん
思い出していた。。笑

Posted by nicoco at April 01, 2006 23:42
大変お久しぶりでございます。
久しぶりすぎて自分でハンドルネームを忘れてしまって、過去記事を漁ってしまいました(^^;

自ブログも放ったらかし、消滅して早・・・幾ばくの時がたった事でしょうか。
あ嬢様が私のことを忘れていても、気にはしません。
だって、自分でも覚えてなかったんですから(笑)

お元気そうでなによりです♪
素敵な家が出来上がりそうですね(^^)

カウチとソファって何が違うんでしょうか。ええ、日本はそんなもんです。
・・・なんて言ったら、日本人みんなに怒られそうですけど(^^;
Posted by 永遠 at July 18, 2006 23:06
「あ」嬢 様:

新生活から1年が過ぎ、どんな素敵な暮らしを
されていますか?

ファーム ネタなんて期待しちゃったり。。。

また何時か更新される日を期待して
待ってますねっ☆☆☆☆☆
「ま」

Posted by Eddi at July 22, 2007 20:52