5月4日 この日も天気は快晴

P5040023 (1280x853)

ホテルの窓から眺める岩木山は朝陽をうけて綺麗でした
 
これは、やはり早朝の弘前城に行かないとと急いで支度してホテルを飛び出しました 


ここで重大なアクシデント



4車線幅の広い交差点の横断歩道の中間を渡っているときに青信号が点滅し始め

それまででも速足でしたが、より走り気味に足を出した途端

左足ふくらはぎで何か「ぴちっ」とはじけた違和感

その瞬間、着地した左足には痛みが走り、右足でけんけんして何とか渡り終えた


もしや肉離れ?

まっすぐ立つ分には違和感はあるものの痛みはないが

ふくらはぎのヒラメ筋あたり触ると傷み、そして左足を使って歩くと傷みが出る

これはヤバいな~、弘前城どころじゃなく

頭をよぎったのは「バイクに乗れるか?」


乗れないとなるとバイクを残して帰ることになる

それもそうだが、歩くのが困難なので飛行機や電車を使って帰れるか?

第一、GWの真っ最中にチケットが取れるかどうか?

バイクを残して、取りに来るか陸送してもらうのか?

BMCJのエマージェンシープラスに加入してるけど事故・故障じゃないからサービスは受けれるか?

病院に行くにも明日まで祝日なので救急じゃないと病院にも行けない

頭の中はそんなネガティブなことばかり


ホテルまで300mほどの距離を難儀しながらもどり

浴槽に足を下ろして冷水シャワーで足がしびれるところまで冷却

肉離れだとすると温めたりマッサージは禁物と聞いていましたからね

 
テーピングかサポーターするのも効果があるのでドラッグストアをネット検索

すると今日のルート上にツルハドラッグがあって8時開店するのがわかった


ふくらはぎも動かさないと傷みはなく、左足をかばいながらになるが何とか歩くことが出来た

問題はバイクに乗って左足で足つきが出来るのか、シフトチェンジが出来るのかだった

フロントに下りて玄関先のRTに恐る恐る跨って、左足に力を入れてRTを起こしてみると

何とほとんど傷みもなく容易に起こせ、シフトペダルの操作も出来た

「何とかバイクにも乗れそうだ」 ほっと一安心

左足で変な足の着き方をしなければ何とかなりそう

ただし、押し引きや取り回しで左足に力を入れられないのは分かった
 

今日の行程は390km、明日は仙台のフェリーターミナルまで180kmほど

それさえ走り切れれば名古屋まで戻れる、そうすればあとは何とでもなる

バイクに乗れそうだっとことがわかって、考えはポジティブに


こんないい天気、はるばる津軽まで来てツーリングしない訳に行かない

ルートは一部短縮するもほぼ計画とおりに進めることにした

ただ、歩行は困難だし、悪化してもいけないので歩いての観光はできない
 


ホテルの朝食を済ませてツルハドラッグの開店に合わせるために7時40分に出発

ところが、祝日のせいか、8時を過ぎていたが閉まったままだったのでサポーターは買えなかった

コンビニにもふくらはぎ用のものは置いてなかったのでこのまま走ることにした


それでは竜泊ラインに向かいます