早朝からアクシデントに見舞われましたが何とかツーリングは続けられそうです


P1020966 (1280x854)

県道31号から広域農道に入ります、思った通りリンゴの果樹園を走るルートでした

そして、岩木山がこんなにきれいに見渡せる最高のルート


P1020976 (1280x854)

雪を頂いた岩木山とその雪の白さのアルピンホワイトのRTのツーショット

廻堰大溜池と言う大きな池があって池越しに岩木山がきれいに見えるらしいので向かいます


P1020995 (1280x854)

凄い景色ですね

水面にさざ波が立たなきゃ逆さ岩木山(津軽富士)が見えるかもしれません


P1030001 (1280x854)

津軽の心の山と言われるのはよくわかりました

P1030019 (1280x854)

この池の端っこに橋が見えます「鶴の舞橋」です

もう少し近くまで行ってみましょう


P5040039 (1280x786)

公園になっていて歩いて渡れるようですが左足を痛めているので歩行は無理で諦めました

岩木山を背景にこの橋の写真が撮れそうで歩けないのが残念でした



P5040042 (1280x720)

再び県道31号に戻り、少し走って、また違う広域農道を十三湖に向かって走ります

P5040029 (1280x720)


湿地帯を抜けるように走る広域農道は快走区間、信号もほとんどありません


P5040034 (1280x720)



十三湖を過ぎて、竜泊ラインと呼ばれるR339号に入って少し走ると道の駅があります


P5040043 (1280x848)

道の駅こどまり

この先から竜飛岬にかけて、日本百名道の竜泊ラインの核心部に入ります

竜泊の意味はどうやら竜飛岬の竜と中泊町の泊とを合わせた名前だったようですね


P5040045 (1280x720)

P1030024 (1280x854)


初めは海岸線を走りますが次第に山に向かってワインディングを駆けあがります

ryu

ryu01

ryu2

何か建物が見えてきましたよ

ryu3


P1030033 (1280x854)

眺瞰台と呼ばれる展望台です

そしてここからは竜飛崎灯台が見下ろせて

海の向こうは北海道松前半島、この海の下を青函トンネルが走っているんですね

対岸は北海道最南端の白神岬でしょう、昨年の北海道ツーリングで訪れました

P1030030

眺瞰台まで上ってくる竜泊ライン、走ってきた道です

タイトコーナーの上りがいくつかあり、1速に入れないと失速しそうなほどでした


P1030034


P1030035

肉離れが痛くて歩くのが困難なのでバイクのまわりをうろうろするだけが精一杯


それでは出発、もう少しで竜飛岬です


P5040052 (1280x720)

竜飛崎灯台直下の駐車場は満車、手前の路肩に停めての撮影です

歩くと痛いので灯台まで行けません、無理してさらに痛めるのが怖い

残念ですが写真だけ撮って、来た証とします




P5040053 (1280x720)


石川さゆりの立派な歌碑 津軽海峡冬景色が流れます

この横から、珍しい国道 R339号の階段国道がありますが、歩けないのでこれもパスです

行動範囲はバイクから半径5mってとこです


P5040055 (1280x777)

歌碑のある展望所から見える竜飛漁港と北海道、防波堤の地下が青函トンネルらしいです 

一度は来たかった竜飛岬に快晴の下で来られてよかった



それでは青森市内に向かって南下します