ロープを知る

The Official Blog of Model Ship Builder's Club "The ROPE"

新しい年を迎え2週間が過ぎ、第8回帆船模型教室が1月14日に開催されました。

年末年始の休みをフルに活用して製作に打ち込まれた方や、諸々の行事に追われてなかなか思うように製作の方が、はかどらなかった方など受講生の皆さは、話に尽きないようですが、それぞれ帆船製作と言う、いつもとは違った大変なお正月を過ごされたようです。12月の忘年会で懇親を深めたこともあり受講生間のコミュニケーションも一段と活発となり、各自持ち寄った作品を見せ合いながらお互いの意見交換したり、教え合ったりする姿があちらこちらで見受けられました。

授業を始める前に4月に開催される43回ザ・ロープ展示会への出品を希望される方を確認したところ、申込書持参の方が5名、残りの3名も後日郵送との事で、全員がエントリーされました。初心者の方が大半でしたので開講時には心配しておりましたが、現時点で「全員完成させて打ち上げをやろう」との声がかかり意欲じゅうぶんです。

P1140351

授業の前半は恒例によって各自持ち寄った作品に対して講師との質疑応答です。前回からの課題はガフ、ヤード、マストの加工とシュラウド、ステイを張ってマストを立てる工程です。マストにテーパー加工を施し、垂直度を保ちながらスタンディングロープの調整を行う作業は慎重さと丁寧さが必要となる手間のかかる大切な工程です。全員、苦労の賜物のシュラウドとラットラインが仕上がり、一歩づつ帆船らしくなってきました。自分のイメージと違った為、やり直してみる方もあります。ままだまだ時間は十分ありますので焦ることなく納得できるまで、じっくりと取り組んでいただきたいものです。

後半は次回までに仕上げて来てもらう工程の説明です。次回はいよいよ帆の製作と取り付けです。帆を張る事前準備として、マスト、ガフ、ヤードに滑車を取り付け、次いでバウスプリット、甲板にも滑車を取り付けます。ここからの作業については、事前に作業手順をしっかりと検討しておくことが大切であること、滑車等の細かいパーツを紛失しないこと、手順を間違えると余計な時間と手間を費やし作業効率が著しく落ちてしまうこと、そしてせっかくできたものを、不用意なことで壊さない事を強調しておきました。

P1140352x

また実船に近づけるためのグレードアップと作業性を高めるための工夫も帆の製作工程の中にいくつか取り入れてありますので作業手順にしたがって説明しました。
 ①のりしろに両面テープを採用
 ②折り返し部分に針金を挿入
 ③ボルトロープの追加
 ④染料を使って帆を染める
 ⑤ジブセールのオランダ仕様への変更
 ⑥メインセールを折り畳むためのブレイルの追加
 ⑦糸を使ったチェインステッチの表現
 ⑧治具を使ったダミーコイルの製作
等です。これらキットの説明書には提示されていないグレードアップの為の工程については実践するかどうかは各自の判断に任せてありますが、おそらく皆さんチャレンジするように思われます。

教室も残すところあと2回となり、マストが立った自分の作品の姿が一段と帆船らしくなって行くのを目にしながら、受講生の皆さんも完成に向けて益々ヒートアップしてきています。展示会に全員の受講生が出品できるように私たち講師陣も努めてまいります。
(屋鋪一樹 記)

感謝祭夜のニューヨークのデパートの電飾
写真:感謝祭夜のニューヨークデパートの電飾

急に決まったアメリカ一週間。シカゴ経由でマイアミへ飛び2泊、ニューヨークで3泊といわゆる弾丸ツアーのような旅だ。ニューヨークで最終日、グループから一人抜け出してフイラデルフイアに帆船GAZELAを見に行く。Thanks givingのまっただ中、米国の知人に連絡を取ると「Thanks givingのニューヨークは、ホテルが高騰するので、絶対行かない!」とか。ニューヨークの気温はすでに零度、ユニクロで極寒シャツを手に入れ、行ってきた。


マイアミ

マイアミはさすがに暖かい、一枚だけ持参したポロが丁度良い気温だ。連れはホテル前の白色のロールスロイスの前で写真を撮る、2台の新型?ロールスロイスの間で満面の笑み。黒の角張った車体しか知らない私にもボンネットの上のマスコットは分かる。丸まった大きな車体のロールスロイスが珍しい。

miami

写真:ロールスロイスと叔父さん写真:Miami Beach写真:Lincoln Road

マイアミといえば「マイアミビーチとビキニ」と言うと米国知人は面倒くさげに「ならLincoln Roadへ行け」と言われた。マイアミビーチはその側だ。ビーチは随分広い、遠くにビキニらしき人影が見える。マイアミビーチと書かれた石碑を見つけ写真を撮り、皆納得?誰かが「ハワイと同じ」とか?

夜は有名なストーンクラブのレストランへ行く、大きな爪のボイルで超有名な店だ。これまで何度か来たが相変わらずすごい客だ。予約は受け付けない、入り口には順番待ちの客が夕方5時には数十人たむろしている。ストーンクラブは大きな左右の爪を持っている、捕獲したら片方の爪だけ取って、片爪のクラブはリリースする。取られた爪はトカゲの尻尾のように再生するのだ。なんと優しいアメリカ人?ストーンクラブの解禁時期、約半年(10月中旬から翌5月まで)だけで1年分稼いでいるらしい。(8,9月は完全閉店、その他はストーンクラブなしの普通のレストラン営業)

ニューヨーク

ニューヨークには感謝祭前夜に入った。感謝祭当日はワシントンにバスで片道4時間のこれまた弾丸ツアー。アーリントン墓地には夭逝した子供達に囲まれたケネデイーの墓、彼は子沢山だった。ジャクリーヌは再婚したのに国立墓地に入っている?リンカーン記念館のステージに彫られたキング牧師の演説の文「I have a dream」、この場所でかの有名な演説を行ったのだ。ホワイトハウスはセキュリテイのために家主の在宅を示す旗は揚げないらしい。

ケネデイーの墓
写真:ケネデイーの墓

二日目、ニューヨーク、感謝祭の翌日は一年で一番小売業が賑わう日でBlack Fridayと言う、今回の旅で初めて知った。モデル遅れの衣料品や家電製品が安売りされるらしい。人の多いところは遠慮する。

ニューヨークのグランドセントラルステーション
写真:ニューヨークのグランドセントラルステーション

自由の女神のツアーの後でGrand Central Stationに行った。初めての三人はロビーに入るなり「ワー」と一言。ジャクリーヌ・ケネデイーが保存に尽力した駅。電車は一段下の見えないホームに入ってくる、日本とは違う。天井の星座も素晴らしい、広いロビーと高い天井に一同感激、感動。

アントワープも素晴らしいがやはりGrand Centralは素晴らしい。駅構内の一等地に店を構えるAppleで最新の付属品をチェック、すごい人だ。一階のマーケットを散策し、地下の有名なOyster Barで夕食、皆ご機嫌!!



フィラデルフィア…帆船GAZELA

pagez
(左)GAZELA(右上)巡洋艦USS OLYMPIAと潜水艦(右中)レストラン船MOSHULU(右下)巡洋艦USS OLYMPIA

越冬準備真最中のフィラデルフィアの帆船GAZELAは、1901年にPortugal, Stubalで建造された3本マストのbarkentineだ。建造時はfishing boatとして活躍したらしいが、現在はPhiladelphia Ship Preservation Guild(フィラデルフィア船舶保護組合)のものとなり、観光大使として活躍している。

非営利団体であるGuildは広くボランテイアを募り、GAZELAのメンテ、運用、資金等を全面的に支えている。11月はアメリカでもすでにシーズンが終わっていて、私が期待していたニューヨークの帆船によるシテイクルーズも終了していた。

GAZELAは「ニューヨークから日帰りで訪問できる帆船」という距離なのでPhiladelphiaデラウエア河畔の Penn’s Landingに係留しているところを訪問した。側には1904年にGlasgowで建造された4本マストのbarque MOSHULU、長さ359ftがレストラン船として営業している。また1895~1922就航の巡洋艦USS OLYMPIAと潜水艦も係留してある。OLYMPIAの主砲の窓はガラス張りの円弧?になっていて、クラッシックな雰囲気だ。

pageq
(上)GAZELA船首写真(中)GAZELA winter preparation(下)GAZELAのボランテア連

GAZELAでwinter preparationをしているところに見学を申し入れると陽気なアメリカ人らしく快諾された。軽労働だけ?のお年寄りボランテイアが一通り船内を案内してくれる。昔、魚を貯蔵していた比較的大きな船倉がきれいに塗装されていた。船首には小綺麗なベッドの船室が有った。

この手のアメリカ人の特有の「人なつっこさ」にはいつも感心する、やはり悪い気はしない。別れるときも明るいんだろうか?これはこれで悪くない。「昼食をどうか?」といわれて、断る勇気は無い。パックに入ったウインナーとボイルした穀物の混ぜ物とパンを皆に分ける。

「美味しいか?」と聞かれて「美味しくない」とは言えない。「ボランテイアでのクルーズ」に誘われる。面白そうだけど即答は避ける。ニューヨーク最後の夜を仲間が待っているのだ。

gazela_site
Philadelphia Ship Preservation Guild


配車アプリUber

UBERの初期表示
 Uberの初期表示写真、青色点(現在位置)、周囲でUberの車が走っている

配車アプリUberは前年乗車していたが、今回日本でインストールしてマイアミ、ニューヨークで体験した。素晴らしい。

今回Uberを使った直接の理由は、我々のグループが5人なので、町を走っている一般のタクシーには乗れない、と考えたからだ。Uberならどこからでも、大きな車が予約して利用できると考えた。日本でインストールしたソフトでは表示の主要部は日本語で表示される。もちろんアメリカで起動すれば現地の現在位置が最初に表示される。

アプリを起動すると写真の画面が表示されて、(自分の現在位置とその周辺で走るUber車も表示される)、目的地を聞かれる。入力すると車種を聞いてくる、5人乗れる車をレクエストする。1,2分で地図上に向かってくる車が表示される。ドライバーの写真と名前も表示される。車が近づくとアプリ上の自分と車の位置関係がわかるので、そちらに向かえばUberのステッカーを貼った車を見つけることができる。

フロントガラスにUberのステッカーが貼ってある。車に近寄ると運転手が「コンドーか?」と聞く。「そうだユーは??か」で、ドライバーは運転席から出てきて後トランクを開けてバッグを入れてくれる。移動中こちらから話しかければ言葉少なに会話する。(例外的に雄弁なドライバーも居た)。安全運転だ。

目的地に着くと後のバッグを下ろしてくれる。支払いは事前登録されたクレジットカードから引き落とされるので金のやりとりは一切必要ない。2~3日後にスマホに送付されてくる領収書にドライバーの評価の星数とチップの星数を聞いてくる。現場での現金のやり取りは不要だ。今回のドライバーは全員良かった。やはりネットで利用者がドライバーを評価するシステムが機能しているようだ。

09761009x
UBERの領収書(スマホに2~3日後に送られてくる)

写真は最後に乗ったマンハッタンからJFK空港までの領収書だ。地図と走ったルートが表示されている。この他に料金、出発時間、到着時間、ドライバーの顔写真と名前、ドライバーの評価の採点表、チップの星表(1~5ドル)等が表示してある。我々5名は全員Uberの大フアンになった。

最近の日本のニュースによるとUberが日本での全面的展開を諦めたとか。省が「安全性に不安がある」と言っているらしい、タクシー業界も反対しているのだろう?Uberが本格的に導入されているアメリカなどの国へ行くときは、絶対お勧めだ。
(近藤敏夫 記)

第7回帆船模型教室を開催

 年の瀬も迫る12月10日、今年最後の帆船模型教室がマロニエ通りルノアールで開催されました。船体持参用のケースも初回のころに比べると、順次大きくなり、雨風が心配されましたが、晴天に恵まれ、今回も全員出席で開催できました。製作のほうも全員足並みが揃い順調に進んでいます。これまでに船体・甲板・艤装等の製作過程をほぼ終えて、いよいよ今回からリギングに入ることになります。

PC100317-1

これまで通り授業の前半は前回提示された課題であるバウスブリットの取付け、チャネルの取付け、大砲の組立てと甲板への取付け、アンカーの組立て等の課題について、受講生の皆さんが製作した作品を講師二人でが手分けして個別に点検しながら質疑応答やアドバイスをしていきます。

大砲については見栄えをよくするために、キットにはないブリーチングロープの取付け、トラニオン部分へのキャップ付け、更に砲身の下にクサビを入れたりしてグレードアップを図る方法を配布テキストに基づいて提案していたところ、全員がチャレンジされており見栄えも格段に良いものと仕上がっています。

PC100315-1

授業の後半は次回までに仕上げて来てもらう課題の説明です。いよいよマストを立てスタンディング リギング(静索)を張り、更に帆を取付けるための準備作業にかかります。まずマスト、ガフ、ヤードの加工については、丸棒の状態からテーパー加工を行う際の注意点や道具・治具の説明、作業手順等についての説明をしています。

次にマストにシュラウド、フォアステイ、バックステイを取り付けますが、シュラウドでは真鍮線を使ったX形の治具を造ることによってデッドアイの位置決めが容易になることを説明し、各ロープのテンションをランヤードで調整し位置決めを図りながら本締めする手順とノウハウを説明しています。

ラットラインの張り方については、型紙を使用した方法を説明しながら、シュラウドの縦ロープとの一定の間隔と結び方に留意しながら慎重に作業を進めていくためのノウハウを説明しました。このほか基本的なロープの結び方やリギング作業における定石や手順の決り事、滑車を取り付けるタイミング等を説明しました。また、作業時の服装などで大事な船を壊さないよう、注意を喚起しました。

PC100314-1


 教室終了後、皆さんの懇親を図るために 場所を変えて忘年会を開催しました。美味しい酒と料理に舌鼓を打ちながら、和やかな雰囲気の中で誰ともなく帆船模型作りへの想いや、失敗談が始まり、大いに盛り上がりました。

それぞれ立場や環境の違いはあれ、皆さん帆船模型作りへの取り組み姿勢はかなり熱いものが感じられました。と同時に皆さんが新しい趣味と仲間を見つけられてよかったと言っておられるのを聞くと、非常にうれしく思った次第です。このまま全員が「チャールズヨット」を完成させ4月の展示会に出品できるように進めていきたいと思っております。
(屋鋪一樹 記)

*次年度の教室は、H30年6月に開校予定です。受講案内は2月頃HPで掲載いたします

このページのトップヘ