ロープを知る

The Official Blog of Model Ship Builder's Club "The ROPE"

image011


11月14日(水)、昨日から始まった世田谷美術館(世田谷区砧公園)で開催中の『帆船模型三人展』を見てきた。世田谷区在住の当会 会員の青木さんと霞さん、桜新町の帆船模型店「エンデバー」代表 石塚さんの作品が15点並んだ小さな展示会であった。

会場の壁には幕末・明治の船が主題の錦絵が飾られているが、青木さんが収集したものだ。青木さんはジオラマを6点出品、いずれもストーリーを持った楽しい作品である。一度に見られるのは恐らく今回だけだろう。

image013
image009
image007
image005
 青木さんのジオラマはいずれもストーリー性を持った楽しい作品ばかり

霞さんは得意の和船を4隻出品。石塚さんは大型模型を数点出しています。

image001
image003
 (上)霞さんは得意の和船(下)石塚さんは大型模型

11月18日(日)まで開催中です。

(佐藤 憲史)

左から青山副会長、酒井会長、筆者、市川会員
 左から青山副会長、酒井会長、筆者、市川会員

11月13日の午後、名古屋港ポートビル内で開催中の展示会を訪問しました。
今年の展示作品は39隻。近年各地の帆船模型展示会では小型の模型が増えつつある中で、帆装の大型模型が目立った展示会でした。パンフレットの表紙の作品はフランスのフリゲート艦エルミーネ。先月ロシュホールでレプリカ船を見学してきたばかりなので、興味を持って訪問しました。

酒井会長エルミオーネ
出野さんエルミオーネのジオラマ
 (上)酒井会長エルミオーネ(下)出野さんエルミオーネのジオラマ

展示されていたエルミオーネは今年の教材として取り組んでいる模型で、酒井会長のお手本と製作途中やジオラマ仕上げの作品を含めて合計8隻が展示されていました。模型はアルテサニア・ラティーナの縮尺1/89のキット。酒井会長のお話では、キットの特徴として図面はなく製作資料は全てDVDに収録されており、これを印刷すると膨大な量になるとのこと。全体の図面がないことから寸法合わせが大変だったとのことです。

ボートはプランク・オン・フレームの本式で、キットの部品類もそのまま使え、キットの値段も廉価であったことから教材として採用したとのことです。3檣の帆船模型は教材としては難易度が比較的高いと思われますが、チャレンジ精神は敬意に値すると感じました。皆さん2年で完成させることを目標としているそうです。

出野さん愛知県知事賞受賞作咸臨丸
 出野さん愛知県知事賞受賞作 咸臨丸

元気なシニア層を感じさせたのが、出野さんの咸臨丸(縮尺1/50、今井科学キット)。この作品は本年9月、第43回尾張旭市高齢者趣味の作品展で愛知県知事の受賞を受け、賞状と盾とともに展示されていました。出野さんは、エルミオーネのジオラマ仕立ての作品も展示し、模型工作を楽しんでいる様子や遊び心が伝わってきます。

酒井会長エセックス
 酒井会長エセックス

酒井会長は、エルミオーネに加えてエセック(アメリカ、縮尺1/72、スクラッチビルド)を展示していました。このエセックスについては、さる9月度のザ・ロープ例会において、「船の雑記帳」で好評の阿部英夫さんに「19世紀の海賊軍艦エセックス号」と題して講演をいただいたアメリカのフリゲート艦。

青木さんカッター
 青木さんカッター

青木さんのカッター・アルデバランタイプ(イギリス、縮尺1/48、スクラッチビルド)は旧作ながら、リギング周りを貼り直したとのことで、搭載ボートもクリンカー張り、全体的にすきりして落ち着いた雰囲気を醸し出している模型でした。

スペイン製の模型キット展示
 スペイン製の模型キット展示

いつもの模型キット展示では、イギリスのフリゲート艦Grimsby (縮尺1/65、スペインのConstructo S.A.製)とウッディジョー の新日本丸(縮尺1/80)が展示されていました。スペインのキットは、木材の質は今ひとつでしたが、付属部品はしっかりしており十分使えそうな内容でした。

来年は第40回目の節目となる展示会となり、100隻の展示を目標としているそうです。迫力ある展示会が期待できそうです。

会場風景2


(栗田正樹)



  




DSCF2203x
 19名中18名の方が作品を持参

11月11日、いつものマイスペース(銀座マロニエ通り)で第6回帆船模型教室を開催しました。受講者19名全員の参加です。18名の方が製作中の作品を持って来られました。

前回までに船体部分がほぼ完成し、いよいよスターン飾りや装飾部品などの艤装に入りました。このキットの特徴である金属装飾品の取り付です。まず、講師3人で、それぞれ受講生の作品を検収し、気が付いたことをアドバイスしたり、質問や疑問点にはできるだけ丁寧な説明をしました。若干作業が遅れがちな方が数名いましたが、まだ十分追いつける範囲と思われました。

今回の作業では、キャットヘッドやヘッドレールの取り付けの位置関係(実際の取り付けは次回以降)、及び船尾ギャラリーの窓部分のプラ板の接着(接着剤による汚れ)が課題でしたが、大部分の方は無難に仕上げていました。

DSCF2205


後半は、次回までの作業工程の説明です。バウスプリットの取り付け、チャネルとデッドアイ付きチェーンの取り付け、大砲の組み立て及びアンカーの組立の4点について作業手順を説明しました。特に、バウスプリットを船首に取り付ける際のロープの縛り方、チャネルを取り付ける際の補強方法、冶具を使用したチェーンの作り方とその位置決め及び固定方法などについて作業上の留意点を詳しく説明しました。

DSCF2208x
 講師の福島さん

また大砲については、ICテープなどの利用によるトラニオンのキャップ付け、ブリーチングロープの取り付け、及び、砲身の高さを調節するためのクサビの取り付けなど3点の追加作業を説明し、ブリーチングロープ用の糸を配布しました。船体の艤装組み立ては、これらの工程でほぼ完成となります。

以上の工程を終わると船体製作は完了し、いよいよリギング工程に移ります。これまでの進捗状況を見ると、約8割近くの方が順調に進んでいるようで、来年の展示会が楽しみです。また、受講生からの質問や受講生同士のコミュニケーションも活発になっており、次回教室終了後に予定している「忘年会」で受講生間の親睦が更に深まることを期待しています。

DSCF2204x
 ホワイトボードには忘年会の予定の書き込みが

(福島 一記)

このページのトップヘ