DSCF1706x


9月は、大型の台風21号、24号と北海道胆振地方を襲った震度7の地震で西日本と北海道は大きな被害を受けましたが、札幌と大阪府岬町から教室に参加している受講生には幸いにも被害はなかったそうです。

授業の前半では、まず、大川原氏の提案で受講生間でこれまでどんな工夫をしたかなど様々な情報交換をしてもらいました。その後、受講生が製作してきた作品について講師が個別にチェックしながらアドバイスをしたり質問等に答えました。

DSCF1707x
大川原氏の提案で受講生間でこれまでどんな工夫をしたかなど様々な情報交換

今回までの製作工程はラダーのヒンジ製作と取付け、外板の仕上げ塗装、ウィンドラスの組み立て、バウスプリットの製作、グレーチングの組み立て、階段の組み立てまでです。ラダーのヒンジを折ってしまった受講生が複数いましたが、かなり薄い真鍮の加工ですので慎重な作業が必要とされるところです。

この段階まで来ると受講生の製作の進捗状況に差が出てくるのではと危惧してました。しかし、一部修正や、塗装のやり直しなどが必要な作品はありましたが、十分間に合う状況にあると思われました。むしろ、先に進めてる受講生もあり、帆船模型製作への意欲、理解が高まっている印象がありました。製作課程が順調な受講生の作品の中には、素晴らしい出来映えのものがあり、また、それぞれに個性もあり、今後も丁寧に製作を続ければ、完成度の高い作品が期待できそうです。

DSCF1702x


後半は次回までの製作工程を、講師が先行して製作した作品を提示しながら説明を行いました。スターン飾り、装飾品の取付け、キャットヘッド及びヘッドレールの取付け、艤装のどの製作工程です。各種装飾品を取り付ける際の接着剤の使い分けと留意点、真鍮線使用による接着補強、接着前に行う位置の罫書と順序、金属部品の塗装を行う作業手順等々、それぞれが帆船模型作りにおける基本的な製作手順の重要性を理解してもらうための事項です。

次回までに必要な製作工程は作業量としてはこれまでより少ない時間でこなせると思われます。製作の進捗状況が遅れ気味受講生は追いつくチャンスです。過ごしやすい季節になってきましたのでペースを上げながら製作に励んでいただきたいと思います。
(福島 一記)