image011


11月14日(水)、昨日から始まった世田谷美術館(世田谷区砧公園)で開催中の『帆船模型三人展』を見てきた。世田谷区在住の当会 会員の青木さんと霞さん、桜新町の帆船模型店「エンデバー」代表 石塚さんの作品が15点並んだ小さな展示会であった。

会場の壁には幕末・明治の船が主題の錦絵が飾られているが、青木さんが収集したものだ。青木さんはジオラマを6点出品、いずれもストーリーを持った楽しい作品である。一度に見られるのは恐らく今回だけだろう。

image013
image009
image007
image005
 青木さんのジオラマはいずれもストーリー性を持った楽しい作品ばかり

霞さんは得意の和船を4隻出品。石塚さんは大型模型を数点出しています。

image001
image003
 (上)霞さんは得意の和船(下)石塚さんは大型模型

11月18日(日)まで開催中です。

(佐藤 憲史)