P1100324x
読売新聞(2019年1月9日)紙面

横浜みなとみらい地区に係留されている国重要文化財「帆船日本丸」。いま、船の老朽化による大規模改修が約20年ぶりに行われています。大規模改修に伴いドックの海水が抜かれ、1月中にも老朽化している船体の補修に取りかかり、船体の塗り直しなどを経て4月から再び公開される予定です。

日本丸の修繕については、ちょうど6年前にブログ「修繕中の日本丸訪問記」(2013年1月25日)で紹介しています。この時には工事関係者の話として、ドライドック化については「水門の修理コストと岸壁の強度不足の懸念」から疑問が呈されていましたが、今回はドックから海水をすべて水抜きをしています!? 普段は水中で見られない船底を含め、船体全体が見られるのは今がチャンスといえましょう。

詳細は日本丸メモリアルパークのホームページをご参照ください。ドライドックで修繕中の撮影スポットも紹介しています。

nihonmaru3
日本丸メモリアルパークのホームページ

*読売新聞 Yomiuri Onlineでは動画 (Youtube) も公開されています。