ロープを知る

The Official Blog of Model Ship Builder's Club "The ROPE"

カテゴリ: 国内同好会との交流

第40回記念企画ジオラマq
第40回記念企画ジオラマ

横浜みなと博物館の特別展示室において、9月8日から9月17日まで第40回記念の模型展が開催中です。出品目録による展示総数は89点で、バラエティーに富む展示会となっていましたが、節目の展示会でハイライトとなっていた2点をご紹介します。

まず、第40回記念企画のジオラマ。タイトルは「ペリー艦隊(黒船)と横浜村」で、このジオラマは2年をかけて製作されました。製作に際してはプロジェクトチームが組成され、郷原会長の企画総指揮のもと、ザ・ロープ会員でもある肥田さんが「デザイン総括」と、「ベースフレーム、海面、陸地」を製作、「樹木・集落」「黒船」「和船」「展示パネル」の各チームが製作を分担、延べ22名の会員が参画されてます。

ジオラマは1854年日米和親条約が締結された当時の横濱村の風景を想定しており、製作にあたっては横浜開港資料館の西川館長の監修を受けています。最大の特徴とも言えるのは、遠近法を取り入れた製作です。正面から見て手前は大きく、視線が奥に向かうのにしたがって小さく見える手法です。手前の黒船艦隊の模型の縮尺は1/400、陸地に近くに従って模型の縮尺が1/500、1/800、1/1000と変化するようにしています。

遠近法の効果が分かるアングルからのスナップ
遠近法の効果が分かるアングルからのスナップ

我が国においてこのような手法を取り入れたジオラマ製作展示は初めての試みと思います。記念展示はジオラマにとどまらず、例えば1854年当時の横濱村の周辺地域の地形と現在の海外線を示すパネル解説や、当時の文書記録の現代訳も展示されるなど、関連情報も取り入れた中身が濃いものとなっていました。

ジオラマの和船風景
ジオラマ御座船風景
(上)ジオラマの和船風景 (下)ジオラマ御座船風景

蒸気外輪フリゲートPowhatan模型縮尺1_400
来航黒船艦隊模型の解説
(上)蒸気外輪フリゲートPowhatan模型縮尺1_400 (下)来航黒船艦隊模型の解説

次に構造模型に関する展示に力が入ってたのも今回の展示会の特徴と思いました。特に「構造模型用図面のレーザーカットへの展開」と題する展示では、レーザーカットや3Dプリンター用のデーター化で試行錯誤を重ねた結果、フレームモデル用の部品加工など、これまで難易度が高いと思われていた構造模型のスクラッチビルドが中級者にも手が出しやすい世界になりつつあることを感じさせました。帆船模型工作の楽しみ方も時代の変化を取り入れながら進化して行きそうな予感がします。

レーザーカットのサンプル展示
構造模型用図面のレーザーカットへの展開
3Dプリント部品のサンプル展示
(上)レーザーカットのサンプル展示 (中)構造模型用図面のレーザーカットへの展開 (下)3Dプリント部品のサンプル展示

9日夕刻には、展示会会場近くのホテル「ナビオス横浜」で横浜帆船模型同好会創立40周年記念パーティーが開催されました。パーティーには総勢82名が参加し、JSMCCのメンバーでは、仙台帆船同好会、福島帆船同好会、マイ・シップ・クラブ、ザ・ロープ、ザ・ロープ・ナゴヤの代表者や関係者が馳せ参じ、創立40周年を祝うとともに当会の益々の発展と会員の健勝を祈念しました。

(栗田正樹)





門司港駅風景_現在は修復工事中1
門司港駅舎(重要文化財)_現在は修復工事中
関門トンネルが開通するまで九州の鉄道の玄関口で、鹿児島本線の起点。対岸の下関駅との間に就航した関門連絡船との連絡中継駅で賑わった。現在は修復工事途上で、8月2日訪問時点では駅舎の覆いが外され、その姿がフェンス越しに見れるようになってました。

この8月2日、門司港レトロの旧大連航路上屋内の多目的室にて、7月14日から8月11日まで開催中の「夢とロマンの帆船模型展」を訪問しました。この展示会は、関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)が主催しており、JSMCC会員であるKIGS帆船模型クラブ「セーリング・シップ」と下関帆船模型クラブ海峡が展示協力をしています。

セーリング・シップの濱中会長、林副会長、八坂事務局長、また海峡の義宮会長にご案内をいただきました。今回の展示会は、同じ門司港レトロにある関門海峡ミュージアムがリニューアル工事で休館中のため道を挟んだ旧大連航路上屋の多目的会議室での開催となり、開催期間中6千人の来場者を見込んでいるとのことです。

page2
(上)会場の旧大連航路上屋(下)訪問記念スナップと会場風景

展示作品数は、セーリング・シップから66点、海峡から12点の合計作品78点、内約半数が新作とのことで、室内に所狭しと展示された模型の展示風景には迫力がありました。展示会のカタログはA3両面のカラー刷りで、裏面の作品リストにはずらりと作品の写真と解説が掲載されています。模型の縮尺の記載はありませんが、このカタログは主催者が8千部を準備し、また会場利用料も無料とのことで、模型クラブへの厚遇ぶりなどのお話を伺うと誠に羨ましい限りです。

セーリング・シップの名前にあるKIGSとは、当会の活動拠点となっている八幡東区の北九州イノベーションギャラリー(KIGS)(注*)のことで、ここでは工具類、レーザー加工機などの設備が利用可能で、会員も自製の治具工具類などを持ち込み工作を楽しんでいるとのことです。

この恵まれた環境もあるのでしょう。展示では、レーザーカットの部品類や、レーザー加工部品で組み立てられた模型も参考展示されていました。趣味としての帆船模型工作への導入や、若年層の潜在的関心の掘り起こしには有効策だと感じました。

作品の銘板のレーザー加工例もご紹介いただきました。宮島さんのブルーノーズの銘板は木製板を加工しておりきっちりと彫り込んだ出来栄え、また平安さんの屋形船の銘板は、レーザー加工した板に厚めのアクリル板を貼り付けています。レーザー加工の精度や威力を感じました。

page3
宮島さんブルーノーズ銘板(上)平安さん屋形船銘板(下)

壁面での掲示では、今年の1月の朝日新聞掲載記事のクリッピングが額装されていました。セーリング・シップが愛媛県の国立弓削商船高等専門学校向けに初代の海王丸の模型(縮尺1/75)を製作して寄贈した時の記事です。模型は教材としても利用されるとのことで、実船を忠実に再現する必要があることに加えて、100年は展示に耐えられるようにと頑丈な模型にするべく、3年半をかけて製作されたそうです。

模型をいくつかご紹介します。
セーリングシップでは、まず今村さんのエンデバー、縮尺1/60のキットベース。これは2作目の作品だそうですが、船体の作り込みが丁寧です。林さんが”うるさく”指導をされたそうです。

今村さんエンデバー(1)
 今村さんエンデバー

小林さんは、サンタマリアを同じ縮尺で2隻展示、1隻はキットを組み立て、もう1隻はキットと併行してスクラッチで製作したそうです。よく見ると、セールのデザインや色調を変えたりして楽しまれた様子が目に浮かびます。

小林さんサンタマリア2隻(1)
 小林さんサンタマリア2隻

青木さんのワサは、キットながら金属部品の加工装着が非常に丁寧で、また綺麗に仕上げていました。青木さんはお歳が90歳とのことです。数多くの作品を手がけてきておりここまで細かく仕上げることができるとのことですが、仕上がり振りには正直驚きでした。

青木さんワサ(1)
 青木さんワサ

濱中さんは小ぶりの作品を多数展示されていました。ご自宅での保管スペースや奥様のご理解も得るために縮尺を落としているのだそうです。製作毎に増える模型の自宅保管は楽しみとともに悩みにもなることは同好者共通です。

濱中さんの作品群
 濱中さんの作品群

海峡の展示では、邑本さんの関船がきっちりと仕上がり、義宮さんの遣唐使船は縮尺1/50で余った部材を利用して製作、また帆の表現も工夫されていました。八尾さんのボトルシップでは、珍しくイカ釣り漁船の古い舶用電球を利用していました。

page
(上左)邑本さん関船_船首毛利家家紋(上右)義宮さん遣唐使船義宮さん遣唐使船(下)八尾さんボトルシップ日本丸

門司港レトロは、博多駅から新幹線小倉駅経由で1時間以内の距離にあり、海峡の眺めとともに雰囲気のある街並みでアトラクションが多くあります。この環境下で帆船模型展を開催できることは羨ましいとつくづく感じた訪問になりました。



★参考情報:
八幡東区の北九州イノベーションギャラリー(KIGS)
https://www.kigs.jp/information/
門司港レトロ観光情報
http://www.mojiko.info

(2018年8月 栗田正樹)

会場風景
 三重県津市市内にあるVOLVOX四天王寺会館の会場

JSMCC(日本帆船模型同好会協議会)メンバーであるモデルシップメイトジブ(横町經一会長)主催の展示会が、三重県津市市内にあるVOLVOX四天王寺会館で7月27日から7月29日まで開催され、初日の7月27日に高橋、栗田の両会員が会場を訪問しました。

これまでNHK津放送局内で開催されていましたが、横町会長のお話では、オリンピックに向けて8Kスーパーハイビジョンの展示となり、会場をVOLVOXに変更したとのことです。出展作品はキットを中心に20点、内新作は4点、自作は3点となっていました。

杉森さん製作のコカ、アンセアティカ(ユーロモデル 縮尺1/48)の展示は珍しく、キットの図面に基づき忠実に再現されているとのことで、製作期間は2年。

杉森氏コカ・アンセアティカ
 杉森氏コカ・アンセアティカ

若松さんのコロンブスの船団はオリジナルで、3隻をコンパクトに並べ3ミリのアクリル板ケースに収まるようになっていました。若松さんは元北九州のセーリング・シップの会員。

若松氏コロンブスの船団
 若松氏コロンブスの船団

会場に展示されていたキットの紹介はマンチュア・セルガルのオランダの捕鯨船で、ひと昔前のキットながら、材料の質の良さや金属部品の加工の良さが分かるように展示されていました。

模型キット展示
 模型キット展示

展示参考資料で珍しかったのは、杉森さん所有の帆船模型モデラーのバイブル的な書籍でもあるWolfram zu Mondfeld著のHistoric Ship Modelsのドイツ語の原本。ハードカバーで分厚くずっしりと重く存在感を出していました。

Historic Ship Modelsドイツ語の原本
Historic Ship Modelsドイツ語の原本

モデルシップメイトの会員数は8名と小ぶりですが、会場の紹介パネルには「JIBに集まった私たちは、互いに親しみ助け合い、磨き合って、充実した毎日を過ごしています。誰かが一隻を完成させるごとに、全員が歓喜の声をあげ、肩をたたき合ってお祝いします。これが海の男さながらの「JIB」の仲間なのです。」との紹介があり、会員の仲の良さが伝わってきます。

訪問記念 左から、高橋、杉森、横町、栗田、若松(敬称略)
 訪問記念 左から、高橋、杉森、横町、栗田、若松(敬称略)

展示会参考情報は以下ご参考まで。

会場VolvoxのHP
http://www.volvox-stnk.net/exhibition/
展示会に関するブログ
http://www.volvox-stnk.net/blog/長声一発!/

(2018年7月 栗田正樹)

梅田スカイビル_Wikipediaより
 今回から会場は、空中庭園で有名な大阪を代表する超高層ビルの一つである梅田スカイタワー

酷暑となった7月15日の午後、ザ・ロープの会員4名が展示会を訪問しました。今回から会場は、空中庭園で有名な大阪を代表する超高層ビルの一つである梅田スカイタワー内の会議室で開催となりました。

会場風景


作品は模型が30点、展示会はがきに使われた絵画1点です。新作は13点、製作中が6点ですが、目録には展示作品全ての製作年が明記されているなど工夫が見られました。年々数多くの新作を展示することが難しくなる現実に対する一つの知恵だと感じました。

今回もバラエティーに富んだ展示内容で、モデラーとして毎回啓発を受けます。また会員の匠ワールドを鑑賞することもできるのが訪問の楽しみになっています。全てはご紹介できませんがいくつか作品ご紹介します。”匠の技満開”状況については追ってザ・ロープニュースでご紹介させていただきたいと思います。

中島さん HMS_Dianax
 中島さん HMS_Diana

中島さんのHMSダイアナはジョティカのキットをベースとしていますが、ほぼスクラッチ。リギングの技は手抜きがなく、またその懲りようには毎回感嘆します。搭載しているボート4隻はたった1週間で制作されたとのことで、その手の速さには驚くばかりです。

金岡さんHMS_Niad
 金岡さん HMS_Niad

金岡さんのHMSナイアッドは4年半の制作を経て完成、随所に見所がある模型です。加えて、模型の船名銘板は手彫りとのことで手抜きがない作品でした。

中谷さんHMS_Ipswich
 中谷さんHMS_Ipswich

中谷さんのHMSイプスウッチは、これまで制作途上の展示でフリーズの素晴らしい出来栄えについて感銘を受けましたが、完成された模型は、ボートを並列して展示するとともに、飾り台の表現もユニークで全体的に大変見応えがある出来栄えに仕上がっていました。中谷さんも飾り台の船名は象嵌作りと、台とともにこれも手抜きなしの凝り具合でした。

早川さんElsie
早川さんGokstad_Ship
(上)早川さん Elsie (下)早川さん Gokstad_Ship

早川さんのエルシーは2014年の作品ですが、今回の展示では金属部品をモデルシップウェーの図面通りにするとともに、キャップスタンや舵輪など動作の表現も行う凝りようです。ゴクスタッドのバイキング船も製作中といえ、ノルウェーの博物館展示と同じ内容で雰囲気が出ていました。これから、楯やマストなどの作り込みを予定されているとのこと。

赤坂さんチャールズヨット
 赤坂さん チャールズヨット

赤坂さんのチャールズヨットは、装飾はキットの部品を利用していますが、船体は構造模型となっています。キット完成品を見慣れているなかで、ユニークな作品でした。

大槻さんSpinel
 大槻さん Spinel

大槻さんは、故竹内さんの想像上で制作されたスピネルを展示されていました。この模型の新作が展示されるのは珍しいのではないでしょうか。船尾の船名と飾り台の船名は真鍮板からの切り抜きです。バイスプライアーを使った手法が参考になりました。

西川さん絵画74門艦
西川さん 絵画74門艦

今年の展示会案内ハガキとなった西川さんの絵画も額装されて雰囲気を出していました。パトリク・オブライアンの帆船小説ジャック・オーブリーのハヤカワ文庫のカバー絵を基にしています。早川書房に著作権も確かめられたそうです。

訪問記念スナップx
 訪問記念スナップ

今回の訪問でも、夕刻から梅田の料理屋で懇親を兼ねてのパーティーとなり、いつもの模型談義や観光先の話題で盛り上がりました。ザ・ロープオーサカの皆さんどうもありがとうございました。来年の匠ワールド満開が今から楽しみです。

目録表
目録裏
 展示会目録(A4版カラーの両面刷り二つ折り)表に金岡さんの力作HMS ナイアッド、裏には作品リストと広告

(栗田正樹)

展示会場風景x
会場正面の入り口左右には大型模型が可動ショーケース内に展示

東広島市芸術文化ホールの1階にある市民ギャラリーで開催されている展示会に、初日の3月21日午後訪問しました。このホールは2015年11月に竣工し、延べ床面積13,000平米を誇る近代的な建物です。会場の市民ギャラリーは総面積119平米、長方形で高さ3mの壁面3面も利用ができ、使い勝手が良さそうな会場です。ホールの1階の正面立地で来訪者の導線も良く、また会場の使用料は入場料無料の場合は1日当たり1,000円と非常に安価とのことです。

多田会長のお話によれば、これまで広島市内での定期展示会開催でしたが、近年東広島市在住の会員が増えたこと、また風評では、東広島市に帆船模型製作に興味がありながら入会のきっかけが不足していたり、敷居の高さを感じている人が多いようなので、新規入会勧誘のアピールとして今回初めて東広島市西条でデモ開催としたとのことです。

展示模型は60隻、内新作は40隻ですが、展示内容はバラエティーに富み、帆船模型工作趣味の楽しさを発信する工夫が随所に見られました。初日には450名ほどの来訪者があり盛況であったとのことです。3月25日の日曜日には「子供みらいフェスタ」のイベントで500名の子供達を迎えるそうです。大人から子供まで楽しませる展示企画内容となっていたのは印象的でした。

展示風景1x
展示風景2xx
会場東広島市芸術文化ホールの1階にある市民ギャラリーと展示場風景

会場正面の入り口左右には大型模型が可動ショーケース内に展示されていました。存在感を出していた模型を2点ほど紹介します。まず、随行さんの縮尺1/30のスクラッチビルトの遣唐使船。主材料はヒノキ、竹。作者は、さる2010年5月に上海万博を記念して行われた「遣唐使船再現プロジェクト」の一環で呉市倉橋島に復元船が寄港した際に乗船し、復元船を取材調査して船内の塗装や船荷、船上で作業する船員の姿を再現しています。製作時間は1,050時間で、帆の製作や船上での神事に威厳を持たせることに苦労したとのことです。じっくり見ると随所に楽しませる工夫がある模型です。

遣唐使船のコピーx
随行さんの縮尺1/30のスクラッチビルトの遣唐使船。主材料はヒノキ、竹。

住元さんの日本丸はイマイ科学の縮尺1/80のキットをベースにしたほぼスクラッチの作品。1980年頃にこのキットを購入し製作を進めたが物足りずに30年ほど放置したそうです。実船の写真や図面を参考に細かい部分を自作し忠実に仕上げたとのことで、仕上がりの良さに加えて帆船の美しさもアピールしている作品です。

日本丸xz
住元さんの日本丸は仕上がりの良さに加えて帆船の美しさもアピールしている

会場で実演を行なっていた田島さんは多くの力作を展示されていました。2点ほど紹介します。まず、縮尺1/35スクラッチビルトの弁才船両社丸です。岡山県立図書館企画展の依頼を受けて製作した模型で、材料は、桜、黒壇、銅板、真鍮でチークオイル仕上げ、帆は一枚布で糸抜きで表現をしています。製作に際しては、安達裕之著『船の科学館叢書雛形からみた弁才船』にある船の断面図より図面を起こしています。

両社丸x
縮尺1/35スクラッチビルトの弁才船両社丸は岡山県立図書館企画展の依頼を受けて製作した

田島さんの作品スタイルはチークオイル仕上げで、いずれもが木製帆船模型の雰囲気を良く出しています。その一つがギリシャの三段櫂船OLYMPIAS復元船で、見所がある模型です。縮尺1/35スクラッチビルトで、材料はサクラ、カバのチークオイル仕上げ。ネットから復元船の縮尺1/10の図面を取り出しパソコンで作図されたとのことです。模型の片面下部は外板を貼っておらず、また内部の様子を見せる構造模型です。

Olympiasxxx
Olympias内部x
ギリシャの三段櫂船OLYMPIAS復元船

藤原さんは御座船を2隻展示されてました。高松藩飛龍丸と天地丸でいずれもスクラッチビルトです。飛龍丸では、高松市の公民館で明細切絵図を参考にしたとのことです。天地丸では将軍の威厳を示す船の外観を再現されていました。近年の帆船模型展示会では和船の展示も増えてきましたが、御座船の模型はフレッシュな印象です。

高松藩御座船飛龍丸x
御座船天地丸x
藤原さんは御座船 高松藩飛龍丸と天地丸

「子供みらいフェスタ」の為に準備された展示品の一つがカティーサークのキール、フレームや船尾の加工を示すデモ模型です。随行さんが準備した縮尺1/50のものですが、ウッディジョーのキット縮尺1/100図面を拡大して製作したもので、基となった原図や製作の様子を示す写真など好展示です。

IMG_8891
カティーサークのキール、フレームや船尾の加工を示すデモ模型

田島さんの会場実演では、アルミ材を使ったボートの工作手法が紹介されていました。会場には製作に使用する各種治具や、関連図書なども展示されており、帆船模型工作の世界をアピールする展示となっていました。

田島さんによる実演x
田島さんによる実演

また、展示会は船舶模型も対象としており、艦艇の大型模型も展示されていました。随行さんが製作中の重巡洋艦高雄の大型模型では、ユニークな艦橋や煙突に加えて、内部のボイラーの様子を見せる工夫がされていました。

重巡高雄x
随行さんが製作中の重巡洋艦高雄の大型模型

ザ・ロープ・ヒロシマは現在会員数20名弱の規模で、月例会や会報を発行しています。帆船模型製作に関する技術交流、情報交換の活動に加えて、大人の趣味として船舶模型工作の楽しさの啓蒙に勤められています。

ヒロシマの皆さんx
ザ・ロープ・ヒロシマの皆さん。現在会員数は20名弱で月例会や会報を発行

(ID144 栗田正樹)

このページのトップヘ