SM調教への扉

***18歳未満の方の閲覧をお断りしています***  SM、調教、緊縛、拘束、羞恥、躾、お仕置き、罰、磔、鞭打ち、被虐。こういった言葉に密かに反応し、興味を持つ人のためのブログです。このブログはリンクフリーですが、できればリンクされた際はご連絡をお願いします。

私のSM観や、今までの経験をご紹介しています。SMに興味のある女性からのご連絡もお待ちします。管理人については、カテゴリー「管理人のこと」の記事をご覧下さい。

調教した時の写真を後から見て、これもしておけば良かったと思うことがあります。
IMG_1611_2007
例えばこの写真。ボールギャグを咬ませて言葉を奪い、涎を止められない姿にすればより一層の被虐感を与えられたことでしょう。

ちょっと大袈裟ですが、「画竜点睛を欠く」という言葉を思い出しました。

1か月プラスアルファぶりの更新になります。

今年初め、「螢草 菜々の剣」というNHKのテレビ時代劇を見ていました。清原果耶の演じる菜々は魅力的なヒロインで、ずっと応援していました。

最終回、御前試合での父の仇討のシーン。白装束がまぶしいです。
奈々の剣 2217

奈々の剣 2253
しかし、こういう魅力的な女性が戦うシーンを見ると、つい勧善懲悪でなく「勧悪懲善」も空想してしまいます。
40315896_2228816179_111large
仇討を果たせず、屈辱的な返り討ちを待つ姿。

私の性癖によるところが大きいのでしょうが、一方で、人間は誰しも二面性を持っていて、たまには「悪」になってみたいという潜在的な心理があるのかも知れません。ギャンブルや飲酒等、はまり込むと良くないとわかっているもので少し遊んでみようとするのも、同じかも知れませんね。

このブログを読まれている女性の方は、どうでしょうか。悪人に弄ばれて凌辱されることなどとんでもない、と頭ではわかっていながら、どこかで「悲劇のヒロイン」にされることを夢想することはないでしょうか。

M女性にご奉仕させるのは男性自身だけではなく、足指へもご奉仕させることがあります。

縛り上げたM女性の口元に、座った私が足先を伸ばして奉仕を促すこともあれば、土下座したM女性の頭へ踏みつけ調教をした後、足指へのご奉仕に進むこともあります。

調教の後、M女性からこんなメールが送られたことがあります。
「シュン様の足を頭にのせられて床に押し付けられながら、私はなんて贅沢な扱いをして頂いているのかと感じていました。そして、シュン様の足の指が口元に寄せられると、嬉しくて夢中でなめていました。」

踏みつけ調教はご主人様から与えられる受け身の隷従行為であるのに対し、足指へのご奉仕は奴隷が自ら進んで行う隷従の儀礼。そんな違いがあるように思います。

なお、私の場合は衛生面の配慮から、M女性にバスルームで足指を洗わせた後にご奉仕させることにしています。バスルームで洗いながら、ご奉仕に移っていくこともあります。
IMG_0919_2005

今年に入って忙しく、今回もほぼ1か月ぶりの更新となってしまいました。

生きていく上で自分も含めて「人間というもの」を知ることは、本当に大切だと思います。ビジネス、学校生活、家庭、あるいは趣味の世界等のあらゆる場での基本ですが、言うまでもなく簡単ではありません。人は誰しも自分のことを良く見せようというところがあります。その奥にある人の本質を、良い面にせよ悪い面にせよ洞察できる人は優秀だなと感じます。ペーパーテストが出来ることよりも、ずっと大事なことですね。

男女の関係においては、自分とは異なる性である男性や女性のことを、「深く」知る必要があります。S性やM性を持った男女の場合、異性とノーマルな付き合いをしていても自分を隠して交際している訳で、それでは奥深いところを避けた付き合いにとどまり異性の本当の姿を知ることは出来ないと思います。

M女性はサディストに調教されて、初めて剥き出しの男性に接することが出来ます。良いサディストに出会うことが出来て調教されたM女性は、きっと目から鱗のような経験をしながら、男性や性について本当のことを知り理解していくことでしょう。

S男性も、例えば男性向け雑誌に書いてあるような当たり障りのないマニュアル通りのエスコートをしていては、女性というものを表面的にしか知ることは出来ません。M女性に出会い、調教を通して女性の深い部分や本音を理解して、初めて異性というものの不思議さや魅力を知ることが出来ます。

もちろん、男女とも性については非常に多様です。アブノーマルな人もいれば、いたってノーマルであったり淡泊な男性女性も多々存在します。しかし、自分と性癖の合う相手を「深く」知ることで、違う性癖の人への理解も深まるものだと思います。
tumblr_mmsajsAyqJ1rjryl6o1_1280CQjrAyoUcAA7nop

日本でも新型コロナの感染が日を追うごとに深刻になっています。

このブログをご覧になっている方も既に目にされたかも知れませんが、女優の壇蜜さんを使った「断密、断三」(三つの密(密閉・密集・密接)を断じましょう)というメッセージ画像が先週話題になりました。彼女のファンが作成し、事務所も黙認しているようです。
EVIootwUEAEWJVM
「感染者が今日は何人」「どこどこでクラスター発生」等、何かと気の滅入るニュースに囲まれる中、こういったパロディー的なもので笑いも忘れないようにしながら、おそらく長くかかるであろう新型コロナと戦いを乗り切りたいものです。

壇蜜さんは10年近く前にSM映画「私の奴隷になりなさい」で注目され、その後は幅広い分野で活躍しています。彼女自身、過去にプライベートでSMを経験していたと聞いたことがありますが、SM映画のヒロイン役がSMにとどまらない才能を認められて活躍するのは、嬉しいものです。
inter_1
92927791

このページのトップヘ