THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

風の吹く夢日記7

ザ・スズナリにて、場当たり、通し稽古。
皆さん、ま、中年だが、粛々とやるべき事をやり、スケジュールよりも早く事が進む。
当たり前だが、今日は一日どっぷりと演出家モードだが、明日はゲネプロ、そして本番の舞台は自分が真ん中に立たなければならない。
立たなければならないって、ま、己が決めた事だ。
覚悟せねばな。

銀粉蝶さん、池田成志さん、そして黒沢あすかさん。
本当に素敵です。

杉山至さんの素晴らしい美術、そして10年以上共にしている勝手知ったるスタッフ、そして劇団員。
色々な思いを噛みしめて、明日から毎ステージ毎ステージ心を込めて。

初日前夜だもの。
こんな青臭いことも言う。

さて。
ザ・スズナリにてザ・シャンプーハット。

風の吹く夢日記6

例えば拙作の「蝿男」などをビデオで久しぶりに見ると「こんなものよく作れたなぁ…」と他人事のように感心してしまう。
当時を思い出すと、「なんか人殺してぇな」くらいの初期衝動で書き始め、ただひたすら若者がうだうだとして、最後に皆殺しにする…といった物語になった。
その物語で何を伝えたいとかテーマなどというものは皆無で描いたのに、結果何ともいえない虚無感や微かな希望が見えたりして。
無自覚な行間、といったところか。
恐いもの知らずの若者の成せる業だ。

で、それから、その恐いもの知らずの若者も必然的に恐いものだらけのオッサンになり、恐いものだらけだもんでプロテクトのために技術が身につき、観客にどうしたら気に入られるかばかりを考え、ま、僭越ながら劇作家として飯を食っている。

今回は、なんというか、その「無自覚な行間」を自覚的に作りたいという初期衝動。
これが本当に難しい。
ま、当たり前だ。自覚的な無自覚だ。
死ぬほどの難産。なかなか筆が進まない。
どうしても身についてしまった技術や観客に気に入られるエピソードが浮かんでは消し、浮かんでは消し。

通し稽古。

僕は、この作品が好きだ。
誰に何といわれようが、僕はこの作品が好きだ。

風の吹く夢。

明日小屋入り。

風の吹く夢日記5

佳境だが、慌てず騒がず、粛々と稽古。

自分史の中でも、いや演劇史でも、稀にみる「どうでもいい話」ではないだろうか。。
凡庸なオッサンたちの、驚くぐらい凡庸なロードムービー、といったところか。

人が死なない、人を殺さない作品は久しぶり。

1時間45分の上演時間、を目指しています。
9月10日~23日 @下北沢ザ・スズナリ

是非。

風の吹く夢日記4

ココイチのカレーを宅配し、食べていたら、前歯の仮り歯が取れてしまい、呑み込んでしまった。

シダの群れの東京千秋楽、劇中であたりめをかじっていたら折れてしまった前歯。それからあまりも怒濤の日々で仮り歯のままで、この劇団公演が終わったら、腰を据えて歯医者に通おうと思っていたのだ。

とりあえず歯医者に電話したが予約が取れず、数日間は前歯無しで暮らすしかない。

40を過ぎての前歯無しは、かなり切ない。

前歯のない演出家に演出されても、きっと役者は聞く耳を持たない。

セミを連れて帰宅した時もかなりのダメージだったが、ココイチのカレーを食っていて前歯を呑み込んでしまったのは、なんというか、この心の折れ具合はなかなかのものだ。

そう、それでも頑張る。

風の吹く夢。
そんな物語だもの。

風の吹く夢日記3

稽古場から自転車で帰宅したら、Tシャツの胸の辺りにセミがはりついてた。
まだ辛うじて生きていたので、外に逃がす。

頑張る。

風の吹く夢日記2

王将で冷やし中華と半チャーハン。
下北沢の王将は、他の店舗に比べて素晴らしい。

さておき。

今日も粛々と稽古。
拙く、原始的なもの作りに(私の責任です)、銀粉蝶さん、池田成志さん、黒沢あすかさんなどの名だたる方々が、共に「ああだ、こうだ」と手探りで稽古するのは、なんというか、楽しい。

劇団公演。

冗談ではなく、「これが最後かもしれない」という思いを噛みしめながら、とにかく、ま、頑張ります。

風の吹く夢日記

正直近年稀にみる難産。
ま、いつもそんなこと言ってますが…。

何とか、あくまでも自分なりにですが、新たな領域というか、ま、そんなような不確かなものを目指して、不確かに書き連ねる。
どこへ行くのか、不安で仕方がないが、ま、人生とはそういうものじゃないか。
怖いけど、歩くしかない。

でもって本番を観た人々は「いつもと同じじゃないか」と言うかもしれないが、ま、人生とはそういうものじゃないか。

風の吹く夢。

9月10日~23日 @下北沢ザ・スズナリ

是非。

諸行無常

昼飯を買いに久しぶりに昼間に外に出たら、そうか、世の中はお盆休みなのだな。
昼飯を食いながらテレビで高校野球を眺める。
高校野球を見ると、ちばあきお大先生の『プレイボール』を思い出す。
『プレイボール』を読んでから改めて実際の高校野球を見ると、彼らがいかに尋常ではない高校生か、いかに尋常ではない試練を乗り越えてきたかがわかる。

ああ……一ヶ月くらい休んで『キャプテン』やら『プレイボール』やらをアマゾンなどで全巻購入して、ソファでだらだら読みたいな…。
『あしたのジョー』も読みたい。
そんな夢みたいな日が来るのは2年後か3年後か。
贅沢な悩みだとは承知しているが、うーん……ちょっとさすがに疲れてるな。

ま、そりゃ働きます。
遮二無二遮二無二。

風の吹く夢。
馬鹿の一つ覚え。
頑張る。

人それぞれ

相変わらずの執筆地獄。久しぶりに外に出たら、すっかり夏で、ま、蝉が鳴いていて。

30代の半ばまで小遣い稼ぎで演劇学校などで講師などをしていて、エンブゼミは6年続けていて、おそらく100人くらいの人たちと携わっただろうか。

僕の知る限り、その内10程の劇団が旗揚げし、ま、辞めたり続けていたり、人それぞれ。

たまにメールが来て、「芝居を辞めました」「就職しました」「結婚して母親になりました」などの知らせを聞くと、何だかしみじみ嬉しい。

ま、もともと意味など無い人生。
どのように暇を潰すかは人それぞれ。

赤ちゃんを抱いて満面の笑みの元教え子に胸が熱くなり、同時に巨大な虚無感に呑み込まれそうになるが、まぁ、そういう芸風なので仕方ない。

疲れてると、つい感傷的になる。

そんな事より劇団本公演、風の吹く夢。何かを打破したくて、今までつけた事のない雰囲気のタイトルにしてみました。

だから何だという話。
要するに執筆地獄。
頑張るしかない43歳。夏。

殺風景の後

日々、映画やらテレビやら、役者仕事。
役者は待つのが仕事などというが、ま、出番までに一時間二時間待つのは稀でなく、ただひたすら煙草を吸いながら空やら木やら電線やらを眺めて、時折セリフをボソボソと反復しながら、待つ。
普段自宅で執筆やら日の光の入らない稽古場や劇場にいることが多い自分にとって、これだけ長時間外気に触れるのは久しぶりで、ま、癒されるとは言わないが、ま、夜はよく眠れる。

テレビも映画も、どちらも死に損ないの化け物のような役どころで、ま、そういう需要があるという事は、自分自身がそれなりに「死に損ないの化け物のようなもの」なのだろう。
光栄です。

テレビの現場。語弊があるが、くだらない事を大人たちが必死にチャレンジする現場。
殺風景の後の自分にとって、なんというか、浄化される。

さて、そんな映像の役者仕事も一段落し、いよいよまた執筆仕事で本格的にひきこもり生活。
いつもの事だ。

ジョギングでも始めようかな。
役者だけでなく、執筆の仕事も体力がいるのだ。
ここ数年、本当に体力の低下が著しい。
10年前なら、筆がのっている際に、一日に30ページ書くことも出来たが、今はどれだけ頑張っても一日15ページが限界だ。
よし、明日からやるか、ジョギング。
ま、今日はやらないが、明日からはやる男だ。

ま、九分九厘やらねぇな。
残りの一厘に期待したい。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ