THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

殺風景日記 完

何となく皆との別れが恥ずかしくて、終演後、まだ皆が終わった解放感やら歓喜の中を、そそくさと一人で退散。
ただいま新幹線にて帰京中。

本当に素晴らしい大千秋楽でした。

この約二ヶ月の間、難度の高い題材やら、コクーンという劇場やら、あらゆる難関をスタッフ、キャストの皆と共に、稽古場から本番、今日に至るまで、ちょっとずつちょっとずつ乗り越え、成長してきた感じです。
だから今日の大千秋楽の舞台を観ていて、共に成長してきた役者の芝居に心が震え、集大成というべき本当に素晴らしい舞台で、本当に嬉しかった。

こんな言い方もあれだが、たいてい千秋楽というものは、どの公演でもコケる傾向にあるが(笑)、今日の大千秋楽が本当に素晴らしかったのは、この座組たる所以だと恥ずかしげもなく断言したい。
スタッフ、キャストの皆様、本当に本当に有り難うございました。
そして観に来ていただいたお客様に感謝します。

感情に浸っている間もなく、次の仕事、やるべき事が山積。
そういうもんだ。

次。
次も頑張る。

さて、殺風景日記、おしまい。
また逢う日まで。

殺風景日記23

大阪の日々。
キャストより一日前に劇場入り。楽屋口に猫を発見。そういや約半年前に『シダの群れ』で来た時に数匹の仔猫たちがいて、おそらくきっと奴等が成長した姿。何となく嬉しくなる。
大阪の夜は主に肉を食ったり、肉を食ったり、肉を食ったり。
昼は蕎麦を食ったり、つけ麺を食ったり、蕎麦を食ったり。

無事開幕し、残すところ二日間3ステージ。

二日目の夜のステージ、観ていたら、何だか物語とは関係なく涙が零れてしまった。なんというか、舞台上の役者たちが凄いなと純粋な敬意というか。内輪の観念で恥ずかしながらですが。
あと、ま、「若手がうまくなったなぁ…」などと、ま、偉そうな物言いだが、ま、しみじみ思ってみたり。
ま、感傷的になっているのは演出家だけで、キャスト、スタッフは日々格闘し、満身創痍。

初日を観て、色々指摘しようかなと思ったが、とどまり、翌日のステージを観たら、その箇所は問題なく、いやむしろ以前より数段良くなっていたりして。
もうここまで来るとダメ出しもない。
情けないかな日々神棚に「怪我のないように」「お客様に喜んでいただけますように」と祈るしかない。
蕎麦食って、祈って、肉食って、蕎麦食って、祈って、肉食って。

無事に閉幕することを祈る。

殺風景日記22

さすがに外食やらコンビニに嫌気がさし、素麺を茹でる。
猛烈にボーッと意気込んでソファでテレビをつけたら、ヒルナンデスに八乙女が出ていて、「頑張ってるなー」と感心しつつ、何とか束の間でも『殺風景』から逃れたかったので、チャンネルを変えたら、なんか再放送のサスペンスドラマに若い近藤公園がなんか若い芝居をしていて、「もーっ」と思いながらしばらく眺めていたが、ま、飽きてしまって、再びチャンネルを変えたら、再放送の離婚弁護士に微妙に若い西岡徳馬さんが出ていて…。
なんだ……全然『殺風景』から逃れられない…。
笑うしかなかった。

さて、いよいよ大阪へ。

殺風景日記21

無事東京公演の幕を閉じる。
大きな怪我もなく、笑顔で終えた事が何より。
何か感慨深いものが沸き起こると思っていたが、何もなく(笑)ただただ安堵。
終演後にキャストのみで打ち上げ。
終始くだらない話で無駄に盛り上がり、あっという間に酩酊し、そそくさと帰宅。
ま、まだ終わってない。
5月30日~6月2日 シアターBRAVA!
大阪で四日。
よろしくお願い致します。

殺風景日記20

風邪をひいてしまい、二日間自宅でひきこもり。
テレビを見ていても何だか面白くなく、DVDで松尾さんの『キレイ』を観る。面白い。
続いてケラさんの『労働者M』を観る。面白い。
偶然どちらにも出ていた秋山奈津子さん、面白い。
戦っている先輩たちを観ていたら、鼻水が止まった。
ま、薬の効果なんだけど。

何だかいつも「頑張る頑張る」と観念的なものばかり書いていたので、たまには八乙女などのオモシロエピソードなどを綴ろうと思ったが、ま、何もない。
稽古場では休憩中に他愛のない世間話などもしていたが、ま、主な目的はうちとけるためであって、で、本番に入ったら、うちとけるとか悠長な暇もなく、それは他の役者に対してもそうで、楽屋入りした役者にダメ出しをし、本番直前は「演出家がチョロチョロしてたらウザイだろうな」と喫煙所やらロビーやらを所在なくウロウロし、幕間は喫煙所やらその付近をウロウロし、メイクと着替えを終えた八乙女と目が合うと、「頑張れ」という意味でうなずき、ま、彼も「うす」といった感じでうなずき、ま、互いに口に出して言えばいいもんだが、何となくそんな空気でもなく。
で、終演したら「お疲れ様でした」と帰る八乙女に「お疲れ」とうなずき、ま……面白いエピソードなど綴れるわけがない。
ま、これでいいのだ。

東京は後三日か…。
さすがにちょっと寂しいな。

殺風景日記19

昨日は終演後に中日打ち上げ。
皆が笑顔で穏やかに酒を飲み、幸せな一時。

東京はあと六日、大阪で四日。
ま、あっという間に終わるのだろう。
「終わりたくない」なんて青臭いことは微塵も思わない。
むしろ精神的にも体力的にも早く終わって欲しいと思うのが正直なところだ。
終わりがあるから頑張れる。
終わりを知っているからこそ、毎ステージ毎ステージを大切に出来るのだ。

殺風景日記18

舞台というのは本当に難しい。
本当に「ナマモノ」で、本来は笑いが起こるところが、観客の咳ひとつで笑いが起こらなかったり、役者の「間」の静寂に、またタイミング悪く観客にクシャミなどされると、そこから全ての流れが壊れてしまったり。

もちろん、そんな柔な作り方をしているつもりもないし、役者だってそんな事は凌駕する。

それでも、それでも上記のような事があるのは事実だ。

舞台上の役者と観客との呼吸で完成する。

昨夜は、ある俳優目当ての若い女性客が、その目当て俳優が出てない時にそそくさとトイレに行き…みたいな方々が何人もいて、ま、正直憤る。

ま、高い金を払って観ている観客の自由っちゃ自由だが、うーん…。
結局目当ての俳優の首をしめる事になる。

すみません、ま、愚痴っす。

また明日。
役者と観客がうまく融合して奇跡のような舞台になる事を祈る。
いや、祈るだけではなく、具体的に修正を重ね、具体的に頑張ります。

そう言えば、昨夜来ていただいた渡辺えりさんが、「勘三郎さんが生きてたら、こういうのをやりたい!ってきっと言うと思う」と、まぁ、身に余り過ぎる御言葉をいただき、まぁ、そりゃ嬉しいに決まってる。
頑張れる。
頑張る。
最後の最後まで。

殺風景日記17

日々客席で観る。こんなに己の作品を観るのは初めて。
たいてい自分も出演しているか、演出家のみの際は客席で観てると心臓が痛くなるので、ある程度芝居が落ち着いてきたらモニターなどで観る。
今回は、何故か、全ての回を観る。
幕間に楽屋の方に行ったら、瞳孔が開いてゼイゼイと荒い息の緑子さんと遭遇。
終演後に会う大倉君や近藤君は放心状態。
徳馬さん、荻野目さん、大先輩たちも、本当に、本当に日々全身全霊。
幕間に、休む暇なく衣装、メイク直しをしている八乙女に心を鬼にしてダメ出し。微塵も嫌な顔をせず、真摯に聞き入れる八乙女。
もちろん、他のキャスト、スタッフも戦っている。
自分で言うのも何だが、こんなに毎ステージ毎ステージ、全身全霊で戦っている商業演劇は稀有じゃなかろうか。
まだ客席に空席があるのが本当に悔しい。
観てくれ。観て欲しい。観て下さい。是非。

殺風景日記16

八乙女、Hey!Say!JUMPのコンサートを見に、東京ドームへ。
普段コンサートなどへは行かない自分としては約20年前にローリングストーンズを見て以来。
ま、なんというか、ま、感動しました。
語弊があるが、殺風景とは真逆のベクトルで戦っている八乙女の姿に、ただただ頭が下がる思い。

明日終演後に駒木根(刑事役)がちょっとでも疲れた感じでいやがったら、理不尽に殴ってやろう。

殺風景。
まだまだ続く。
よろしくお願い致します。

殺風景日記15

ようやく舞台上の役者が自由になってきたような気がする。こうして作品は演出家から離れていく。嬉しいやら寂しいやら。
もちろん最後の最後まで見届けますが。

ようやく喜劇になりつつある。
喜劇といっても、もちろん様々で、この作品は単純にアハハと笑えるものではない。
ある場面では大笑いする観客、哀しくて涙する観客、恐怖でおののく観客、様々だ。
僕はそんな反応が嬉しい。
僕自身も机である場面を書いている時は号泣しながら、同時に大笑いしているのだ。
端から見たらキチガイだ。

あるスタッフが台本を読んで「落語だね」と言った。
僕は落語に詳しくないが、なるほど、そうかもしれない。
立川談志が業の肯定と言っていた。
なるほど、そういう事を目指しているのかもしれない。

落語的な愚かな人間たちの愚かな様を笑って欲しい。笑うとは愛するという事。愛するとは己の愚かさを自覚するという事。

そんな理想を求めて、日々喜劇に昇華させたい。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ