昼公演を終え、明日は念願の休演日。
コクーン『殺風景』のキャストの面々が来てくれて、飲みに行きたかったが、体の奥底が「今日は真っ直ぐ帰りなさい」と言うので皆に別れを告げ、まだ明るいうちに帰宅。
洗濯をし、湯船に浸かり、爪を切り、ソファに横たわりテレビを眺める。
全力で休む。
本当に本当に本当に久しぶりの休息だ。

気がつけば、もう折り返しか。
あっという間に終わるのだろう。

おかしな言い草だが、何だが思いの外評判がいい。もちろん賛否の否もある。
近年の殺伐といた作風を求めてきたら肩透かしにあった方々も少なくないと思う。
ただ自分としては今までの作品も今回の作品も背景というか奥底で蠢いてるものは差異はない。
それでも、それでもの物語。

ヤバイ。眠くなってきた。今寝たらおかしな時間に起きてしまいそうなので、頑張って11時までは起きていよう。
明日の休日は何をしよう。
ま、きっと何もしない。

風の吹く夢。
23日までです。約1時間50分の上演時間。
あまりカテゴライズするのは好きではないが、ま、喜劇なのだろう。

是非。