さて休演日。
我ながら良い休日を過ごす。
午前中に起き、掃除をして、何となく日の光を浴びたくて小一時間歩き、そんなに美味くないラーメンを食い、服を買おうとしたが「全然服とかいらねぇ」と思い店を出て、薬局で喉の薬を買い、帰宅して、テレビを見たりネットを見たり、湯船に浸かり、夕食は自炊して、BSで巨人戦を見て、ボクシングを見て、ま、今に至る。

本当に笑うくらい「無」の一日。
口は常に半開き。
スーパーのサミット、エスカレーターを降りる際に鏡に写る己の姿に「ふふ」と笑う。予想以上にオッサン。
いやこれでも役者などしてるので己の姿には相対的に自覚的で「かなりのダメな感じのオッサン」である自覚はあったはずだが、その自覚を遥かに越えたオッサンだった。

ま、だから何だという話。

明日からまた風の吹く夢。
噛みしめて、最後まで楽しむ。