終わりました。
ああ…終わりました。

何だかあれやこれやと美辞麗句を語ろうと思ったが、うーん……やはり語らない。
なんというか、ま、語ってしまったら終わってしまいそうだから。

打ち上げ、二次会に行きたかったが辞めた。ま、一番は体力の問題だが、なんというか、ま、語りたくなかった。

千秋楽、本当に良い舞台だった。本当に貴重なセックスでした。

劇団、シャンプーハット。
本当に自分のわがままだが、少し休みたい。
理由は語れば8000字くらいになるので語らない。
ま、劇団自体は僕のものだけではないので来年以降どう活動するかはまだ未定ですが。
二年後後か三年後に劇団の皆と再会して、ま、考えたい。

当たり前だが、今回特に感じたが、劇団でしか出来ない表現は確かにある。
野中さん、児玉さん、日比、滝沢と、長年連れ添った面々は時折奇跡みたいな芝居をする。
それが世界中の誰よりも好きだし、世界中の誰よりも好きだから続けてきたが、ま、だからこそ休みたい。

酩酊のメールで明日後悔しそうだが、でも、ま、今の正直な気持ちです。

二年後、三年後に再会して野中さん、児玉さん、日比の旗揚げメンバー、もちろん僕自身の気持ちを照らし合わせて、ま、風の吹く夢。

とにかく、こんなにも難産の作品はありませんでしたが、それでも本当に本当に幸福な公演でした。
有り難うございました。

有り難うございました。

有り難うございました。