シスカンパニー「鼬」の稽古と、とある執筆仕事の日々。
稽古が終わったら酒も飲まずに帰宅し、飯を食い、執筆し、ベッドで眠り、朝に起きて台本を覚え、主にやよい軒で飯を食い、稽古。その繰り返し。
何が言いたいかというと、「酒が飲みたい!」という事だ。

稽古場、キャストの中で年齢的に下から二番目。
若手っす。
こんな現場も昨今珍しい。
日々先輩がたの芝居に感心したり、打ちひしがれたり。
劇団では遠藤やら勢古やらはこんな気持ちなのだろうか。
ま、それでも仕事。日和ってる場合ではない。
頑張る。

「鼬」は12月1日~28日、世田谷パブリックシアターにて。
よろしくお願い致します!