THE SHAMPOO HAT の ブログ

THE SHAMPOO HAT 劇団員のブログです。

◆◆次回公演◆◆
 THE SHAMPOO HAT第29回公演『風の吹く夢』
 2014年9月10日〜23日 下北沢ザ・スズナリ
 作・演出・出演:赤堀雅秋
 出演:野中隆光 児玉貴志 日比大介 滝沢恵 遠藤留奈 勢古尚行/
    池田成志  黒沢あすか 駒木根隆介  銀粉蝶 

◆◆2007年本公演『その夜の侍』上演戯曲の映画化◆◆ 
 『その夜の侍』 2012年全国公開 
 監督・脚本:赤堀雅秋
 出演:堺雅人 山田孝之
    綾野 剛 谷村美月 高橋 努 山田キヌヲ/
    でんでん 木南晴夏  峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇/
    坂井真紀 安藤サクラ  田口トモロヲ 新井浩文
 主題歌:UA「星影の小径」

・第56回ロンドン映画祭
 ファースト・フィーチャー・コンペティション部門正式出品
・第36回モントリオール世界映画祭
 [ファースト フィルムズ ワールドコンペティション部門]出品 
・2012年度新藤兼人賞金賞受賞
・第34回ヨコハマ映画祭
 森田芳光メモリアル新人監督賞受賞

2010年09月

雨の日の劇場入り

9月らしく毎日雨雨雨ですね。

そんな雨の中、劇場入りしました。
明日から D-BOYS STAGE 2010 trial-3「アメリカ」が始まります!


ドキドキしちょります。




あ、ちなみに、今読みたい1冊は、桜庭一樹著「私の男」ですかね。

冒頭の雨のシーンがなんだか印象的でして。
薄曇りな雰囲気の物語。

雨の日に家の中でこもって読みたいなぁと。


ではでは。
失礼しました。【滝沢】

日比です、宣伝です。

只今、10月7日から始まるジェットラグプロデュース[ワカチアウ]の稽古中です。

芝居を始めて十数年…。劇団公演を含め数々の公演に携わってきました。今までは誰か一人は諸先輩がいらしたのですが、とうとう今公演、座組みの中で最年長になってしまいました。正確には[作]の楠野さんは年上ですが…とはいっても稽古場ではもれなく私が最年長。
皆を先導しているのか、足を引っ張っているのか(笑)…
何れにせよ、素晴らしい舞台になるよう必死にもがいております。皆様、是非とも劇場までお越し下さいませ。

ジェットラグプロデュース   [ワカチアウ]

【作】楠野一郎(プロペラ犬)
【演出】杉田鮎味(劇26.25団)

【出演】
三浦力 長澤奈央 和知龍範 日比大介(THE SHAMPOO HAT)

【会場】
銀座みゆき館劇場
〒104-0061 東京都中央区銀座6-5-17

【日時】
2010年10月7日(木)~13日(水)

10月7日(木)19:30
10月8日(金)19:30
10月9日(土)14:00、19:00
10月10日(日)14:00、19:00
10月11日(月・祝)14:00、19:00
10月12日(火)19:30
10月13日(水)14:00
※受付開始・当日券販売は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。

【チケット】
前売り 4,000円 当日 4,500円
<全席指定(税込)>

取り扱い
・ジェットラグ
http://www.jetlag.jp/ticket.html
(チケットページへ移動します)
・チケットぴあ
0570-02-9999
(Pコード406-196)
http://pia.jp/t

【お問い合わせ】
ジェットラグ
TEL:080-5076-0481
MAIL:info@jetlag.jp
WEB:http://www.jetlag.jp

いせゆみこサン

月曜日にこんにちは。吉牟田です。
今週は、一昨年のTHE SHAMPOO HAT本公演『葡萄』に客演して頂いた、いせゆみこさんからのお薦め本をご紹介致します!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

どうも。以前に「葡萄」でお世話になった、いせゆみこです。

まだ覚えてますか?
あ、忘れちゃった?

まぁいいか!よくないけど。

えと、吉牟田さんより
「演劇人にお勧めの本を」とのことで、
こちらのブログにお邪魔した次第で
ございます。
ていうか演劇人って私なんかより本とか
読んでるでしょと思い、どうしましょっ
て感じでしたが、そだなぁ。

もし自分が、地元の(あ、岩手なんですけど)
市民劇とかで若い子とお話をするなら、
きっと読んでほしいなぁと思う、
大好きな童話をご紹介させて頂きます。

「セロ弾きのゴーシュ」
地元、岩手の産んだ作家、宮沢賢治の作品です。

セロ弾き

このお話は町の活動写真館でセロを弾く
係のゴーシュという落ちこぼれ奏者が、
夜中家に訪れる動物たちと触れあう事で
無自覚に自分の音やリズムの狂いや感情
を音にのせる事をいつの間にか習得して、
成長するお話です。

宮沢賢治、子供の頃からいろんな童話は
知ってるけど、この話は動物と音楽で
戯れる話みたいに記憶していて、で、
大人になって読み返してみたら、違う
物語が3Dみたいに浮き出るじゃありませんか。
すごく頷いちゃうんです。

欠点てのは受け入れ難く、受け入れられた時に産まれる慈悲が己の成長をもたらす。
なんてなね。

賢治の童話って、そういう3Dな面白さに
惹かれます。
学者さんの脳みそ、独特な感性ですね。
この作品は漢字も少ないし短い話だから
活字が苦手な私みたいなんにも、大変
読みやすくできております。
はい。

ちなみに今は、佐々木譲の「警察」シリーズに
ハマってます(笑)

警官の血

「警官の血」は日本、東京の戦後の
成り立ちまでも手に取る様にわかり、
下町散歩も読後の一興となりますよ。

では、失礼しました~!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

宮沢賢治か!大人になって読むと、また良さが変わってきそうですね。
でも、森ガールないせさんが「警官」シリーズにハマってるというのはちょっと意外でしたw
でも、確かにその本を読んで下町散歩というのは楽しそう!

先週の児玉さんお薦め「世に棲む日々」を読んで山口県を、そして、いせさんお薦め「警官」シリーズを読んで東京を歩いてみるというのも、読書の楽しみ方かもしれないですね。

吉牟田眞奈

児玉さんお薦め

先週の、ナイロン100℃の皆戸麻衣さんの予想通り、今週はTHE SHAMPOO HATの先輩からのお薦め本をご紹介したいと思います!

私の「なんか紹介して下さいよぉ~」というお願いに快く応えて下さった温かい先輩、児玉貴志さんからのご紹介です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、私の好みの小説としては、重くなく、それでいて軽くもかんがえたくないものです。なかなかそこに当てはまるものも少ないので、結局時代ものにはまってしまいますね。それも極力事実から外れていないもの。
で、結局、司馬遼太郎にたどりついてしまうのですが、最近また「世に棲む日々」を読み返しました。

世に棲む日々


僕の大好きな本なのですが、幕末の長州の話です。
吉田松蔭からはじまり、高杉晋作の死までです。
今、大河ドラマでやっている坂本竜馬と同じ幕末です。その時代を維新を成し遂げた長州の視点で書かれてます。
大事をなすために「狂」を用い、開国に導く松蔭の姿と、その松蔭の教えの基に、独自の発想で倒幕に向かう晋作の姿は感銘をうけます。
自分達には、100%は理解できない時代なのですが、そこに生きた人々の気持ちに少しでも触れられればと思わせる作品です。
竜馬伝を見ている方には是非オススメです。

児玉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上、児玉さんからのご紹介でした。
今「竜馬伝」熱いですよね!
実は私も幕末ファン(というか龍馬ファン)で、京都の寺田屋や長崎のグラバー邸を訪れた程。
この「世に棲む日々」も、興奮しそうです!

吉牟田眞奈

ただいま毎日

ただいま毎日 D-BOYS STAGE 2010 trial-3「アメリカ」 の稽古中でして。


なんだかあっという間に1日が過ぎてゆく。

もう9月も20日なのですねー。


1日があまりにあっという間に感じてしまい、気がつかないうちに秋が終わってしまいそうな勢い。



1日1日を頑張りたいものである。【滝沢】

タイトル発表!

次回のTHE SHAMPOO HAT第25回公演のタイトルが発表されました!

『砂町の王』です!!

以前にもお伝えした通り、客演に久保酎吉さん、村岡希美さん(ナイロン100℃)をお迎えしての公演になります!

2010/12/1(水)~12(日)
お馴染みの、下北沢ザ・スズナリにて!

チケットの一般発売は11/7(日)から開始です。

宜しくお願いします!!


吉牟田眞奈

はじめまして

皆戸麻衣と申します。
ご存じないと思いますが、
ナイロン100℃という劇団に所属しております。
この度は吉牟田さんにお誘いを受けまして。

このブログで何か薦めてくれよ!
何でも良いから、何か、何か薦めてくれよ!!

…あまりの形相に圧され、二つ返事で承諾してしまいました。
ナイロンのブログも滞りがちなのに…。
自分のブログも更新していないのに…。

しかも覗いてみれば、
シャンプーの劇団員の先輩方がまだ何も薦めていない…。

吉牟田よ。
こういうのは、まず劇団員がほぼ全員更新し、
次にシャンプー縁の役者に依頼し、
小劇場の人気者に飛び火した頃、
枯れ木も山の賑わい的に私にお鉢が回ってくるもんだぞ!

しかし吉牟田よ。
お前の気持ち、よく分かる。
若手は存在も意見も軽視されるからな~。
人気劇団の若手の気持ちは、人気劇団の若手にしか分からないぜ!

てぃや! ← 一肌脱いだ音

私のお薦めはコレだ!

e5aaa5c1ad18c9bd2757187905b4f81e


「愛のむきだし」(園子温監督)
できれば本を薦めてくれと言われたけど、無視!
まあ小説にもなっているけど。
登場人物達のむきだしを、是非演技で観て頂きたい!
観終わったあと、無性に走り出したくなって頂きたい!

ちなみに私はこの映画を劇場で観て、
たいっへんに感銘を受け、DVDを購入。
しかし観ると興奮して寝られなくなるので、
DVDはパッケージすら開けられていない。

…そろそろどんな話か忘れてきてしまったので、
ご覧になったらどんな話だったか教えて下さい。


それではこの辺で。
最後に、

今度はブログではなく、
公演に出させて頂きたいな!

と、若手らしくアピールさせて頂いて、
終わりの言葉とさせて頂きます。

ナイロン100℃ 皆戸麻衣でした。

次回はきっと劇団員のどなたかか、
池谷のぶえさんが更新してくれるのだと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

あはは(笑)!
以上、ナイロン100℃の皆戸麻衣さんからのお薦めでした。
そう。しょっちゅう皆戸さん、池谷さんと遊んでますからねw
次回の投稿は皆戸さんの予想通りになりますでしょうか!
乞うご期待!!

【吉牟田】

チャップリンの独裁者

28d3a20c.jpg子どもの頃、映画好きな1つ年上の兄と夢中になって観た映画の中のひとつがチャップリン映画!


世界三大喜劇王の1人。
言わずと知れたチャールズ・チャップリン。


チャップリンの描く世界は滑稽で楽しくて可笑しくて。
切なくて愛しくて。

優しい悲喜劇。



「キッド」「ライムライト」「モダン・タイムス」「街の灯」「サーカス」「スケート」「犬の生活」などなど。
どの作品も大好き。



その中でも「独裁者」は特に繰り返して観た1本。

チャップリンの初のトーキー映画でもある「独裁者」


幼い時には、ただ楽しく観ていたのだけれど。

今改めて思うとすごい映画だ。


第二次世界大戦の真っ只中に、あのヒットラーを滑稽に皮肉っているこの映画。
チャップリンにはユダヤ人の血も混じっていること。

チャップリンの強い思いを改めて感じてしまう。



子どもの頃、アホな子どもの私には、ただただ楽しく観ていたのにね。

だけどきっと、幼な心にもそんな作品に込められている思いも、うっすらながらちゃんと感じていたんだと思う。
だからこそ、今でも心に残っている1本なのだと思う。


あまりに有名で偉大なチャップリンの作品を、おすすめですというのはおこがましくありますが。

今改めて「独裁者」、観たい、観てほしい1本であります。【滝沢恵】

今日のお勧め

こんばんは。吉牟田です。

突然ですが!!今日からこの場をお借りして、お勧めの本などをご紹介させて頂きます。
不定期ではありますが、劇団内外の方々からもお伺いして、続けていければと思っています。

まずは(恐縮ですが)記念すべき第1弾を私から!

ドン!!
557dcb74cd365c74
「きょうの猫村さん」

漫画かい!!というツッコミ、ありがとうございます(笑)!
そう。猫の家政婦、猫村さんが主人公のゆるゆる漫画です。
しかし、ゆるゆるだからと侮るなかれ!
読んでると尋常じゃないアルファ波が出ますから。
怒ってる上司にこれを差し出すと、仕事も丸く収まるでしょう。
ま、それは冗談ですが、本気でお勧めです。
たまには猫村さん読んで、ほっこりしましょう!

続きまして、2冊目!!
00627944
夏目漱石の「三四郎」。

大学時代に夏目漱石にハマった時期があったのですが、全てはここから始まりました。
まだ東京にも森が沢山あった時代。
描かれる女性の言葉遣いとか、それに翻弄される主人公の姿とか、ドキドキしながら読んだ覚えがあります。
あ~、久しぶりにもう1回読み返してみよう。
ちなみに、三四郎は絶対B型だと思う…。

そして最後に、3冊目!!
434604
角田光代さんの「くまちゃん」です。

恋愛短編集なのですが全てが連作になっていて、振った相手が次の章で別の相手に振られます。
振られても振られても物語りは続いていって、同時に主人公たちは、仕事に生活に、前向きに成長していきます。
7つのストーリーがあるのですが、必ず自分の思い出と重なる登場人物が出てくるのではないかと思えるところも面白くて、お勧めです。


以上が、吉牟田からの『今日のお勧め』でした。

突然始まりましたこの企画、お付き合い頂けると幸いです。
宜しくお願いします!!

児玉です。

撮影でここ何日か京都を往復してます。しかし暑い。
東京より断然暑いです。
撮影の合間に観光なんてとんでもない。一歩も出たくない状態です。
雨の中のシーンは気持ちよかったです。…死体なんですが。

児玉です。

携帯をiPhoneにしたのですが、電話とメールしか活用してません。
というより、活用の仕方がわからないですね。これがオヤジ化でしょう
か。
ツイッターもアカウントはとったものの、よくわからず。
現代機器にきき感のある私です。
これがオヤジなんだな。
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ